福岡県筑紫野市08 注文住宅建築現場リポート⑥

こんにちは。リポート担当の有村です。11月4日(水)晴れ。本日は、外装職人の施工が始まった様子を見ていきたいと思います。
それでは早速リポートしていきましょう。

▼本日の現場です。

▼キューワンボード貼りが完了し、通気胴縁の施工が行われていました。

▼外装職人がサイディングを固定する金物の取り付けを行っていました。丁寧にカットを行って、通気胴縁の上から取り付けていきます。サイディングはこの金物にはめ込むような形で取り付けるので、釘やビスを使うことなくきれいな仕上がりになります。

▼1階部分です。

▼壁や天井の下地作りが完了していました。この上から石膏ボードを貼っていきます。

▼ユニットバス取り付け部分には石膏ボード貼りが完了し、24時間換気システムや電気工事が進んでいました。

▼2階部分です。

▼1階同様に床材貼りが完了し、養生ボードで傷や汚れが付かないように施工されています。

▼隙間ができそうな部分には現場監督がウレタンを充填し、しっかりと塞いでいます。細かいように見えますが、この細かさこそ福岡工務店の高性能住宅を作り上げています。

▼担当現場監督の古藤がちょうど現場の様子を見に来ていました。棟梁の泊大工や弟子のケント君と図面を見ながら打ち合わせを行っています。現場を把握するためにこまめに監督が現場に出てくるのも福岡工務店のこだわりの1つですね。

この後、外ではサイディング貼りが行われ、内部では石膏ボード貼りがスタートします。

それでは次回のリポートをお楽しみに。

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください