福岡県筑紫野市08 注文住宅建築現場リポート③

こんにちは。リポート担当の有村です。10月7日(水)晴れ。本日は上棟式前の土台敷きの様子を見ていきたいと思います。
それでは早速リポートしていきましょう。

▼本日の現場です。

▼配管部分にはウレタンが充填され隙間がふさがれています。

▼棟梁泊大工の弟子、ケント君が土台にアンカーを通すための穴をあけていきます。

▼棟梁の泊大工が先ほど穴をあけた土台をアンカーに通していきます。ぴったりはまるように微調整を行っていきます。

▼土台の下には基礎パッキンが挟み込まれています。
これにより通気層が確保され、床下に湿気がたまることがなくなります。

▼弟子のケント君を見守る親方泊大工。厳しく見えますが優しく丁寧に指導しています。褒められたケント君もこの表情。褒められるのは少し照れくさいようです。

この後、土台をアンカーに通していき、床合板を貼って土台敷き完了となり、上棟式を迎えます。
それでは次回のリポートをお楽しみに。

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください