福岡県筑紫野市06 注文住宅建築現場リポート②

こんにちは7月24日(水)晴れ福岡県筑紫野市Eの現場です。地鎮祭から約一か月。基礎工事が始まり、今日は立ち上がりコンクリート打設がおこなわれます。

▼本日の現場です基礎立ち上がり部分の型枠を設置し、平面図どおりの基礎の形状が施工されています。この型枠の中にコンクリートを流し込んでいきます。

▼現場監督の小屋町と段取りを相談していきます。

▼この白いものが外断熱のオプティフォームです。黄色のものはレベルポインターで、コンクリートを打設する際、目印を出すために設置されています。

▼ミキサー車が到着しました。生コンクリートをポンプ車へ流し込みます。

▼基礎工事担当の田中土木の職人さん達が、流し込み作業と同時に、バイブレーターを使って、隅々まで空洞を作らぬよう攪拌作業をされます

▼腰のBOXはリモコンで、アームを器用に操作しながら、コンクリートを流し込んでいます

▼図面と照らし合わせ、確認しながら、アンカーボルトを設置していきます。

▼いよいよ梅雨明け暑い夏と工事が始まります。次回リポートをお楽しみに

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください