福岡県筑紫野市04 注文住宅建築現場リポート⑧

2月4日(月)晴れ本日は、「立春」です立春は寒さが一番ピーク時期で、立春を超えるとと寒さが段々と和らぐと言われていますその通りの温かさでリポート日和となりましたでも、泊大工情報では、週末寒波がくるとのこと大工さんたちは、上棟式などあるのでお天気はかなり気にして確認しているそうです福岡工務店では、今週土曜9日は2家族様の上棟式と1家族様の地鎮祭を予定していますどうか、お天気でありますように・・(^^)/先ずは、福岡県筑紫野市Cの現場です

▼本日の現場です無事気密検査を終え、外壁工事がスタートしています
20190204 (1)-min - コピー

▼外断熱のキューワンボードには、縦の木材通気胴縁を取り付けています通気胴縁は、壁の板張りやボード張りなどを受けるための下地部材、外壁に通気層を設けるために施工します
20190204 (19)-min

▼早速足場を上がりますバルコニー周辺では、外断熱のキューワンボード➝通気胴縁取り付けした後、防水工法をとるためのウォーターガードを張っています
20190204 (2)-min - コピー

▼とっても広いL字バルコニー防水工事が進みました
20190204 (17)-min

20190204 (18)-min

▼外壁工事担当の坂本さんは、バルコニーの排水管の養生中です「こんにちは~お疲れ様です
20190204 (3)-min - コピー

20190204 (5)-min - コピー

20190204 (20)-min

▼棟梁の田口大工は、軒天ボードを張っています「こんにちは~お疲れ様です
20190204 (4)-min - コピー

▼それでは、中に入ります綺麗に整理整頓しています気持ちがいいですね
20190204 (6)-min - コピー

20190204 (12)-min - コピー

▼和室には色々な資材を搬入し、現場監督小屋町が1つ1つ分かるように手書きしています
20190204 (7)-min - コピー

▼田口大工の軒天張りをパシャリ
20190204 (8)-min - コピー

20190204 (9)-min - コピー

20190204 (10)-min - コピー

20190204 (11)-min - コピー

▼続いて2階へ天井と壁の下地が進んでいます
20190204 (13)-min

▼壁の下地はいつ見ても感動します
20190204 (14)-min

▼隙間は、現場監督がしっかり発砲ウレタンフォームを充填しています
20190204 (15)-min

20190204 (16)-min

それでは、次回のリポートをお楽しみに(^^♪

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください