福岡県筑紫野市04 注文住宅建築現場リポート⑥

1月7日(月)晴れ新年あけましておめでとうございます今年もよろしくお願いいたします初の現場リポートは、とてもいい天気に恵まれぽかぽか陽気のリポート日和となりました福岡県筑紫野市Cの現場です

▼本日の現場です年末年始をはさみましたが、耐力面材張りへと進んでいます棟梁の田口大工は、ちょうど朝休憩中でした「明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします」と新年のご挨拶
20190107 (1)-min

20190107 (2)-min

▼耐力面材張りをアップ
20190107 (11)-min

▼耐力面材「あんしん」は、耐震性、防耐火性、耐久性を兼ね備えています。年初の熊本地震も心配でしたね耐震性能について「こちらより」詳しくご覧いただけますので、クリックしてみてください
20190107 (5)-min

▼早速、足場を上がります風もなくとても気持ちがいいです屋根は段違いのコロニアル葺きです奥の緑色のシートは、アスファルトルーフィングで防水の役目があります福岡工務店では、250ミリ以上の巻き返しです。長さが短いと隙間からの雨漏りや雨漏りが原因で釘などの金属も錆びたりします。
20190107 (3)-min

20190107 (4)-min

▼それでは、中へとても広い吹き抜けです窓枠が分かるようになりました
20190107 (6)-min

▼「筋交い」が進んでいます筋交いは、家の柱が横方向に傾くのを防ぐ重要な柱です。現在では、プレカットによる工場での加工が主流となっていますが、福岡工務店では、大工さんによる加工にこだわっています
20190107 (7)-min

▼そして、筋交いプレート地震に強い家を造るうえで、金物は非常に重要な役割を果たします。筋交いに対しては、筋交い用の専用金物を、既定のビス、既定の本数を取り付けなければなりません。更に福岡工務店では、中間検査で現場監督がしっかり検査を行います。
20190107 (8)-min

▼1階全体をパシャリ
20190107 (9)-min

▼続いて、2階をパシャリ窓枠と耐力面材張りが途中まで進んでいます
20190107 (10)-min

▼今年も「おっ!」がこもった代表阿久津の直筆とスタッフ手作りのしめ飾りで、2019年をお迎えさせて頂きましたどうぞよろしくお願いいたします
DSC_0002-2

それでは、次回のリポートをお楽しみに(^^♪

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください