福岡県筑紫野市03 注文住宅建築現場リポート⑥ ~上棟式~

こんにちは昨日6月15日(木)、福岡県筑紫野市にて上棟式を執り行いました
昨日は、終始穏やかな天候で、日差しも強くなく、まさに作業がしやすい絶好の日でした

それでは早速、上棟式の様子をレポートさせていただきます

▼午前7時40分ごろ、施主ご一家が到着されました早速、現場監督の小屋町が、棟梁の高田大工を紹介します。
180614 (1)

▼挨拶のあと、建物の四方をお清めして回ります。まずは棟梁の高田大工がお塩を置きます
180614 (2)

▼奥さまに、お米を置いていただきました
180614 (3)

▼ご主人には、お神酒をかけていただきましたのこり3か所にも、同じようにお清めを行います。
180614 (4)

▼四方のお清めが終わると、施主ご一家や大工職人が全員集合工事が無事に完了すること、そして施主ご一家の益々のご繁栄を祈念して「乾杯」です
180614 (5)

▼乾杯のあと、上棟作業(建て方)がはじまりましたまずは、1階部分からスタート。前日までに運び入れていた柱などを所定の位置に置きます。
180614 (6)

▼1人で抱えるには重たい柱は、大工職人たちが力をあわせて運んでいきます
180614 (7)

▼作業スタートから約10分、1階の柱がほぼ立ちあがりましたこの短い時間で、次に設置する「梁」も所定の位置に置かれています。まさに早ワザです
180614 (8)

▼横架材「梁」の設置がスタートしましたここからは、梁を持ち上げるため「ラフタークレーン車」も加わり、現場の流れがよりスピーディーになります。
180614 (9)

▼高田大工が持っているのは、木製のハンマー「かけや」。金物と違い、直接、材木を叩いても跡が残りにくい優れモノです
180614 (10)

▼梁の設置があらかた完了しましたここから、大工職人たちは、梁の上へ上って作業を進めます。
180614 (11)

▼柱と梁をつなぐ「金物」の仮留めを行います
180614 (13)

▼2階の床を支える「骨組み」が見えてきました
180614 (15)

▼一方、1階では「建て入れ直し」という確認作業がはじまっていました建て入れ直しは、柱が垂直になっているか1本1本確かめる重要な作業ベテランの泊豊大工、高田大工の2人が一か所ずつチェックしていきます
180614 (17)

▼写真に写っているのは「下げ振り棒」。棒についている「振り子」が真下を指せば、「柱が垂直に立っている」証拠です
180614 (16)

▼ミリ単位での調整が必要となり、少しでもズレていると「屋起こし器」で修正していきますチェックの終わった箇所から、さきほど仮留めしていた金物を固定します
180614 (18)

▼全ての柱が垂直になったところで、2階の床板が運び込まれてきました
180614 (19)

▼まず図面を参考に、床板がきちんと敷き詰められるようにマーキングを施していきます
180614 (20)

180614 (21)

▼印にそって、床板を並べていきます
180614 (22)

▼床板を敷き詰め終わりました
180614 (23)

▼2階の柱が届くまで、すこしだけ休憩タイム大工職人たちの賑やかな話し声と、楽しそうな笑い声があちこちから聞こえます
180614 (25)

180614 (24)

180614 (29)

▼普段、真剣な表情で現場を支えている工事部。その笑顔もパシャリ
180614 (26)

▼2階部分の柱が届き、作業再開です。
180614 (27)

▼1階同様、所定の位置に部材を配置。同時進行で、外側の柱から立てていきます
180614 (28)

▼作業中にもなると、真剣な表情になる大工職人。ちょうど土崎大工が、厳しいまなざしで柱の様子をチェックしています
180614 (30)

▼こちらは、土崎大工のお父さん。親子二代で家づくりを支えてくれています
180614 (31)

▼現場のレポートに戻ります。2階天井部分の横架材がすべて設置し終わりました
180614 (32)

▼1階同様、建て入れ直しが行われます。
180614 (33)

▼金物のボルトを固定している様子。一か所ずつ手作業で留めていきます
180614 (34)

▼今回の住宅の屋根は、もっとも面積がある「大屋根」、そして玄関上にある小さい屋根の2か所。まずは大屋根の様子からチェックしていきましょう建て入れ直し、金物の固定が終わると、屋根を支える「小屋束」を立てていきます。
180614 (35)

▼次に、横架材の「母屋」「棟木」の取り付けがはじまりました
180614 (36)

▼「棟木」の取り付け風景ですこの棟木が付くと、「上棟」を迎えます
180614 (37)

▼小屋束と母屋、棟木に「かすがい」という金物を打ち込み、つなぎ合わせていきます
180614 (38)

▼小屋束の立っている角度が正しいか、泊好樹大工がチェックきちんと角度があっていれば、「雲筋交い」を打ち込み、正しい角度で柱が立てるようにします。
180614 (40) _2

180614 (39)

▼こちらは、玄関上の屋根を施工中です耐震面材に母屋の通る穴をあけて、加工しています
180614 (40)-1

▼重たい母屋を5人がかりで支えながら、固定していくまでの作業を一気に行います
180614 (40)-2_2

▼約15分ほどで完成息の合った職人同士だからできる、スピードと質を兼ね備えた仕事です
180614 (41)

▼大屋根のレポートに戻ります。屋根の傾斜を形作る「垂木」の取り付けが進んでいました
180614 (42)

▼垂木の先端には「鼻隠し」と呼ばれる部材を取り付けていきますこの鼻隠しはとても重要で、垂木などの構造体を隠すだけでなく、「雨どい」を取り付ける部材にもなります
180614 (43)

▼午後0時10時頃、待ちに待った昼食会が始まりました今回は、住宅コンシェルジュの平山が司会を担当。司会からのフリを快諾してくださった、施主のご主人による乾杯の掛け声では、集まった全員が自然と笑顔になりました
180614 (44)

▼昼食会の後は、恒例の現場見学会です図面と照らし合わせながら、今後の進捗予定などを話し合います。
180614 (45)

▼こちらは、お昼までの現場の進捗状態です。朝は土台だけでしたが、約4時間ほどでここまで進みました
180614 (46)

▼午後1時45分ごろ、楽しかった昼食会も終わり、午後の工程がスタート午前中に取り付けた垂木の上から、断熱材「キューワンボード」を取り付けていきます。
180614 (47)

▼屋根の形にフィットさせるため、パズルのようにキューワンボードを切り分けてはめ込んでいきます
180614 (48)

▼綺麗に形作りが終わったら、ボードの隙間を埋めるように「気密テープ」を貼り合わせていきます気密性能を高めるだけでなく、隙間をなくすことで雨水が入りづらくなり、家をしっかりと守る構造が出来あがります
180614 (49)

▼玄関上の屋根を覗いてみると、垂木の設置が完了していました。ここからは、大屋根同様に鼻隠しを取り付けていきます
180614 (49)_1

▼大屋根の方には、「通気胴縁」と呼ばれる部材が設置され始めていました!
180614 (50)

▼このあと、上棟式最後の工程「野地板」の施工が行われますさらに、専門のルーフィング業者の職人さんの手によって「防水シート」を敷き詰めるルーフィング作業が行われ、当日の全工程が終了となります。このたびの上棟式、誠におめでとうございますこれから本格的に始まる家づくりぜひぜひ楽しまれてください
180614 (51)

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください