福岡県筑紫野市02 注文住宅建築現場リポート① ~地鎮祭~

こんにちは

本日2月11日(日)、福岡県筑紫野市にて地鎮祭を執り行いました
予報では雪が降るとのことで、天気の崩れが心配されていましたが、なんと施主ご一家がいらしたタイミングで、綺麗な晴れ空が覗いてくれました
ご家族の温かさが伝わってくるような、優しい笑顔にも注目です

それでは早速、地鎮祭の様子をリポートさせていただきます。

▼午後1時半すぎ、会場の準備が整いました。「おっ!」石のスタンバイもばっちり
180211 (1)

180211 (2)

▼午後2時前、施主ご一家が到着です
180211 (3)

▼けいちゃん、初めてのお清めにチャレンジの様子です
180211 (4)

180211 (5)

▼手のお清めが終わったら、神主さんから本日の流れをご説明いただきます
180211 (6)

▼ちょうど「刈初の儀」の説明中です。一連の流れと、地鎮行事のお作法を丁寧に教えていただけます
180211 (7)

▼地鎮祭がはじまりましたまずは、ご神前にむかって一同大きく礼をします。
180211 (8)

▼神主さんが手に持っているのは「大幣(おおぬさ)」。次に、大幣を振るって全員のお清めをしていただきます
180211 (10)

▼シャン、シャンと紙が触れ合い、心地のいい音が響きます
180211 (11)

▼続いて、「降神の儀(こうしんのぎ)」「祝詞奏上(のりとそうじょう)」が行われます
180211 (12)

▼次は「四方祓いの儀(しほうはらいのぎ)」です。お神酒、お塩をもって一旦テントの外に出ます
180211 (13)

▼まず、神主さんが大幣で土地を清めます続いて、ご主人には、お神酒をかけていただきました
180211 (16)

▼奥様には、お塩を撒いていただきます
180211 (17)

▼四か所のお清めが終わったら、テントへ戻りますご主人様に「刈初の儀(かりそめのぎ)」を行っていただきました
180211 (18)

▼奥様には「鍬入の儀(くわいれのぎ)」をしていただきました見守っているご主人の笑顔も素敵です
180211 (28)

▼「杭打の儀(くいうちのぎ)」は、担当コンシェルジュの池田と平山がさせていただきました
180211 (27)

 

▼いよいよ、地鎮祭も大詰めです「玉串奉奠(たまぐしほうてん)」が続きます。ご神前へ玉串を捧げて「二礼二拍手一礼」をします
180211 (19)

▼福岡工務店からは、設計の石田が代表して玉串奉奠を行わせていただきました
180211 (20)

▼最後は、「昇神の儀(しょうしんのぎ)」を行い、神様へお戻りいただきます
180211 (21)

▼地鎮祭のしめは、全員でお祝いの乾杯です
180211 (22)

▼乾杯の後は、神主さんから「上棟札」が渡されます。この札はお家の梁に取り付けられ、完成すると壁などに遮られて見えなくなってしまいますが、最も身近な守り神様になってくれる存在です
180211 (24)

▼今後の日程の確認や、図面と照らしあわせながらの打ち合わせも行われました
180211 (25)

▼打ち合わせが済んだら、ご近所の方へご挨拶まわりに行ってきますスタッフも一緒に向かいますので、分からないことがあればその都度お尋ねください
180211 (26)

▼本日の地鎮祭、誠におめでとうございますこれから本格的に始まる家づくり、ぜひとも楽しまれてください
180211 (23)

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください