福岡県筑紫野市01 リポート③

catで~す。

福岡県筑紫野市にやってきました。

本日10月28日(火)は、「立ち上りコン」の日ですhappy01

▼鉄の型枠と型枠の間に、

コンクリートを流し込む日なのですnote

141028chikushinoshi1.jpg

▼小屋町現場監督に、

catはいつもここを撮影しているね」と言われましたが、

無機質な鉄の枠の中に、

頭にクルクルを乗せた黄色のかわいらしい棒という

アンバランスさが、気にいっているのですheart01

141028chikushinoshi1-2.jpg

▼基礎工事の田中親方が型枠の内側に

オイルをスプレーし、コンクリートの流し込みに

備えています。

141028chikushinoshi1-3.jpg

▼コンクリートを流し込むためのポンプ車は、

長い“ゾウの鼻”を始動させました。

141028chikushinoshi1-4.jpg

▼ポンプ屋さん。

超アップで撮影したことを、喜んでくれましたhappy01

もうすぐ、本当にもうすぐ結婚するんだって。

だから奥サマに見せようと思ったのかニャheart02

141028chikushinoshi2.jpg

▼粉を入れています

141028chikushinoshi2-2.jpg

▼水も入れて、練っています。

「コンクリートが流し込まれるのに、何をしているんだろうsign02」という

catの心のつぶやきを察したポンプ屋さん。

教えてくれました。

「今つくっているのもコンクリート。流し込まれるのもコンクリート。

でも立ち上りコンに使用するコンクリートには砂利が混じっているため、

砂利が入っていないこのコンクリートでポンプ車のホースの内側に、

いわば膜を張っているのです。

こうすることで砂利によって途中でつまることを防ぎます」

141028chikushinoshi2-3.jpg

▼この滑らかなコンクリートが膜の役割ですshine

141028chikushinoshi2-4.jpg

▼こうしてポンプ屋さんの準備も完了sign01

141028chikushinoshi2-5.jpg

▼コンクリートミキサー車が到着しましたpunch

141028chikushinoshi3.jpg

141028chikushinoshi3-2.jpg

141028chikushinoshi3-3.jpg

▼コンクリートをポンプ車に流し込みます。

141028chikushinoshi3-4.jpg

▼ミキサー車の人。

141028chikushinoshi3-5.jpg

▼さあ、型枠への流し込みが始まったよ

141028chikushinoshi4.jpg

▼何キロの重さなんだろう…

141028chikushinoshi4-2.jpg

▼田中親方は、バイブレーターで攪拌し、

コンクリートが型枠内に隙間なく回るようにします。

141028chikushinoshi4-3.jpg

▼見守る小屋町現場監督。

141028chikushinoshi4-4.jpg

▼また小屋町現場監督は、このアンカーボルトを、

図面と照らし合わせながら、コンクリートに差し込んでいました。

141028chikushinoshi5.jpg

141028chikushinoshi5-2.jpg

▼コンクリートが流し込まれると、

あの黄色い棒は、クルクルの上部だけしか見えません。

これがこの棒の役割なのです。

この棒の名前は「天端レベルポインター」

天端=上面が真直ぐかどうかを確認するための

道具なのですheart02

141028chikushinoshi6.jpg

▼打設はまだまだ続きます…

141028chikushinoshi7.jpg

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください