10福岡県筑紫野市 一覧

福岡県筑紫野市C 注文住宅建築現場リポート⑦

1月21日(月)晴れ昨日は大寒でしたが、九州は暖かい一日でしたねでも、北海道では猛吹雪いつもニュースを見ながら、寒い地方の方々に福岡工務店の高気密・高断熱住宅を提供できるようになるといいなぁ~とつい思ってしまいますそれでは、福岡県筑紫野市Cの現場のリポートをさせていただきます

▼本日の現場です耐力面材張りが終わり、外断熱のキューワンボード張りへと進んでいます窓も入っていますね
20190121 (1)-min

▼お天気が良いので、外断熱のキューワンボードがキラキラ光っています
20190121 (2)-min

▼外断熱のキューワンボードについては、「こちらから」より詳しくご覧いただけますクリックしてみてください
20190121 (3)-min

▼私の姿が映り見苦しいのですが・・・窓枠周りは、しっかり気密防水テープで密閉していますテープの張り方にも緻密さが光っています下⇒両横⇒上の順番にすることで、通気層に水が入ってきても下に流れるようになっています
20190121 (4)-min

▼それでは、1階全体をパシャリ窓が入りました
20190121 (5)-min

▼とても広い吹き抜けです
20190121 (6)-min

▼続いて2階へ
20190121 (7)-min

▼2階から吹き抜けをパシャリ開放的ですよね
20190121 (8)-min

それでは、次回のリポートをお楽しみに(^^♪

福岡県筑紫野市C 注文住宅建築現場リポート⑥

1月7日(月)晴れ新年あけましておめでとうございます今年もよろしくお願いいたします初の現場リポートは、とても良い天気に恵まれぽかぽか陽気のリポート日和となりました福岡県筑紫野市Cの現場です

▼本日の現場です年末年始をはさみましたが、耐力面材張りへと進んでいます棟梁の田口大工は、ちょうど朝休憩中でした「明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします」と新年のご挨拶
20190107 (1)-min

20190107 (2)-min

▼耐力面材張りをアップ
20190107 (11)-min

▼耐力面材「あんしん」は、耐震性、防耐火性、耐久性を兼ね備えています。年初の熊本地震も心配でしたね耐震性能について「こちらより」詳しくご覧いただけますので、クリックしてみてください
20190107 (5)-min

▼早速、足場を上がります風もなくとても気持ちがいいです屋根は段違いのコロニアル葺きです奥の緑色のシートは、アスファルトルーフィングで防水の役目があります福岡工務店では、250ミリ以上の巻き返しです。長さが短いと隙間からの雨漏りや雨漏りが原因で釘などの金属も錆びたりします。
20190107 (3)-min

20190107 (4)-min

▼それでは、中へとても広い吹き抜けです窓枠が分かるようになりました
20190107 (6)-min

▼「筋交い」が進んでいます筋交いは、家の柱が横方向に傾くのを防ぐ重要な柱です。現在では、プレカットによる工場での加工が主流となっていますが、福岡工務店では、大工さんによる加工にこだわっています
20190107 (7)-min

▼そして、筋交いプレート地震に強い家を造るうえで、金物は非常に重要な役割を果たします。筋交いに対しては、筋交い用の専用金物を、既定のビス、既定の本数を取り付けなければなりません。更に福岡工務店では、中間検査で現場監督がしっかり検査を行います。
20190107 (8)-min

▼1階全体をパシャリ
20190107 (9)-min

▼続いて、2階をパシャリ窓枠と耐力面材張りが途中まで進んでいます
20190107 (10)-min

▼今年も「おっ!」がこもった代表阿久津の直筆とスタッフ手作りのしめ飾りで、2019年をお迎えさせて頂きましたどうぞよろしくお願いいたします
DSC_0002-2

それでは、次回のリポートをお楽しみに(^^♪

福岡県筑紫野市C 注文住宅建築現場リポート⑤~祝・上棟式~

こんにちは(^^♪

さて一昨日12月21日(金)から昨日12月22日(土)にかけて、福岡県筑紫野市にて上棟式を執り行いました

こちらの現場は、建物がとても大きいため珍しく2日にわけて上棟作業を実施しましたそれでは、早速上棟式の様子をリポートさせていただきます

▼12月21日午前11時、現場に到着です。1階の柱と梁の設置まで作業工程が進んでました
181221 (1)

▼足場に上ってみると、碁盤目のよう梁の上を歩き、大工職人みんなで金物の設置をしていました
181221 (2)

▼一方1階では、高田大工が「建て入れ直し」と呼ばれる作業をおこなってました建て入れ直しは、柱が垂直になっているか1本1本確かめる重要な作業です
181221 (3)
181221 (4)

▼2階の床板が搬入され、一斉に所定の位置に運びます。大きな一枚の板なのでとっても重たいのですが、普段から鍛え上げた大工職人はひょいっと持ち上げて梁の上をスタスタと歩いていきます
181221 (5)
181221 (6)

▼2階の床板を貼り終えたところで、2階の柱や梁をクレーン車で搬入します
181221 (7)

▼午後0時20分、たくさんの材料を搬入したところで、この日の現場リポートは一旦終了です
181221 (8)

▼そして翌日の上棟式。12月22日午前8時頃に現場に到着。既に棟木がついて、屋根の形状もわかるようになっていました
181222 (1)

▼この日は、施主ご一家にお越しいただけたので「四方固め(しほうがため)」をおこない工事の安全を全員で祈念しました。まずは、棟梁の田口大工が塩を置きます
181222 (2)

▼そしてお子様のあっくんにはお米、ご主人にはお神酒をかけていただきました
181222 (3)
181222 (4)

▼四方固めが終わると、お神酒で乾杯です。ご家族の幸せとこれからの工事の安全を祈願して「乾杯
181222 (5)

▼2日目の上棟作業スタートです。屋根を支える柱「小屋束」の上に「母屋」という横架材が設置されたところから始まりました
181222 (6)

▼写真の大工職人が取り付けているのは、「かすがい」という金物です
181222 (7)

▼ホッチキスのような形をしており、小屋束と母屋をしっかりと固定します
181222 (8)

▼きちんとまっすぐ母屋が設置されているか、現場監督の小屋町が真剣な表情で確認します
181222 (10)
181222 (9)

▼午前9時半、母屋の設置も無事に終わり、「垂木」の搬入です。安全に搬入するために慎重に合図をだします
181222 (11)

▼垂木の施工が終わると「構造用合板」の施工が始まりました。さらにその上に福岡工務店ならではの外断熱材「キューワンボード」を施工します
181222 (12)
181222 (15)

▼午前12時20分、昼食会の準備が整い、施主ご一家、スタッフ、大工職人みんなで美味しいお弁当をいただきました
181222 (18)

▼昼食会の後は、現場監督の小屋町と設計士の石田を中心に建物の確認をしていただきました
181222 (19)
181222 (20)

▼一方その頃、あっくんはコンシェルジュの池田とタッチごっこに夢中です
181222 (21)
DSC_0339

▼打ち合わせの後、工事の再開まで少し時間があったのでヘルメットをかぶり・・・
181222 (22)

▼クレーン車に乗せてもらいました本当に運転してるみたいでとってもかっこいいです
181222 (23)

▼さて、午後の作業がスタートし、キューワンボードの上に、通気層を設けるための「通気胴縁」が設置されました
181222 (25)
181222 (26)

▼そしてその上に屋根の下地材となる野地板を施工し、ルーフィング専門の業者によって、屋根の防水処理「ルーフィング」がおこなわれます
181222 (27)

▼本日の上棟作業はここまでです。この度の上棟式、誠におめでとうございますこれから本格的に始まる家づくり、ぜひ楽しまれてください
DSC_0298

1 2 3 4 14