福岡県朝倉郡筑前町東小田01 注文住宅建築現場リポート⑤ ~上棟式~

こんにちは!本日、6月2日(土)、福岡県朝倉郡筑前町東小田にて、上棟式を行いました

5月28日に梅雨入りが発表された福岡。
雨が心配されていましたが、清々しいほどの晴天に恵まれ、絶好の上棟日和となりました

では、本日の上棟式の様子をリポートしていきたいと思います

 

▼午前7時、上棟式の強い味方「ラフタークレーン車」が到着
180602 (1)-min

▼その後、ご主人が到着現場監督の小屋町が、棟梁の山﨑大工を紹介します
180602 (2)-min

▼挨拶が終わると、早速「四方固め」です。山﨑大工を先頭に、建物の四方を塩、米、お神酒でお清めしていく儀です。さっそく山﨑大工が、お塩を置きます
180602 (3)-min

▼次に、小屋町がお米を置きます。
180602 (4)-min

▼締めは、ご主人にお神酒を置いていただきました
180602 (5)-min

▼お清めが終わったら、小屋町が音頭をとり、全員で乾杯をしました施主ご一家の益々のご繁栄と工事の安全を祈念して「かんぱーい
180602 (6)-min

▼午前8時、上棟作業(建て方)がはじまりましたまずは、1階部分からスタート。前日までに運び入れていた部材を所定の位置に置いていきます。
180602 (7)-min

▼山﨑大工は、加工が必要な柱の作業に取り掛かっていました柱の根元を削り、台座へはめ込めるようにします。
180602 (8)-min

▼台座の大きさに合わせて、丸ノコや、ノミで細かく柱を削り…
180602 (9)-min

▼ピッタリとフィットしましたここまでなんと10分もかかっていません…
180602 (10)-min

▼1階のレポートに戻ります。ラフタークレーン車も参加し、重たい「梁」を効率よく運び上げていきます
180602 (11)-min

180602 (12)-min

▼梁の上には、別の大工職人が上がり、2人1組で声を掛けあいながら作業を進めます
180602 (13)-min

▼1階の柱、梁があらかた設置し終えたら、「建て入れ直し」という確認作業がはじまります。建て入れ直しは、柱が垂直になっているか1本1本確かめる重要な作業棟梁である、山﨑大工が一か所ずつチェックしていきます
180602 (14)-min

▼ピッタリ垂直を示しています振り子がこの状態になるまで、何度も調整を繰り返していきます。
180602 (15)-min

▼柱が正しい角度を保てるよう、柱に対して斜めに木材を走らせ、「仮筋交い」を施しているところです
180602 (16)-min

▼1階で建て入れ直しをおこなっている間、2階では、梁と梁を金物を仮留めする作業も同時平行します
180602 (17)-min

▼仮筋交いを施し終わったところから、専用の工具でしっかりと金具を締めます
180602 (18)-min

▼2階の床を支える「骨組み」が出来上がりました右下にある大きな空間は「吹き抜け」の空間です。今回の住宅は、広々とした吹き抜けが特徴のお家なんです
180602 (19)-min

▼骨組みがしっかりしたら、2階の「床板」を敷き詰めていきます
180602 (20)-min

▼午前9時30分ごろ、あっという間に2階の床板まで設置が完了しました
180602 (23)-min

▼部材が届くまで、少しの間休憩をはさみます作業中は、キビキビと動く大工職人ですが、休憩中はとても楽しそうな笑い声が聞こえてきます
180602 (24)-min

180602 (25)-min

▼部材が届き、作業再開2階の柱を立てていきます外側→内側の順で立ち上げていきます
180602 (27)-min

▼柱がすべて立ち上がったら、梁を設置していきます「せーの!」と、大工職人たちの声があちこちから響きます!
180602 (28)-min

▼午前10時30分、足場を降りてみました約2時間半で、ここまで作業が進んでいます。朝土台しかなかった空間に「家」が建っていく光景は、何度見ても感動モノです
180602-(29-1)-min

▼屋根のない今しか見られない光景と思い、吹き抜けの空間から上を見上げてみました屋根がついたらどうなるのか、とても楽しみです
180602 (30)-min

▼足場に戻ったところで、ちょうど2階の天井部分の骨組みも完成
180602 (31)-min

▼1階同様、柱と梁を金具で仮留めしていきます。
180602 (32)-min

▼2階部分の柱にも、建て入れ直しが入ります
180602 (33)-min

▼写真中央、斜めに走っている木材は「火打ち梁」地震などの揺れで、建物がゆがむのを防いでくれる大事な部材です。
180602 (34)-min

▼ここからは、屋根の施工に移ります必要な道具が運び込まれてきました。
180602 (35)-min

▼これは「水準器」。地面に対して、柱が水平に立っているかを調べる道具です。
180602 (36)-min

▼屋根の施工がはじまりました。まずは、屋根を支える柱「小屋束」を立てていきます今回の住宅は、屋根が複数あるので、もっとも面積の広い屋根「大屋根」に注目してレポートを進めていきます。
180602 (37)-min

180602 (38)-min

▼続いて、小屋束の上に「母屋」や「棟木」といった横架材を載せていきます
180602 (39)-min

▼写真中央に写っているのは「棟木」ですこの部材の取り付けが完了=「上棟」を迎えたことになりますおめでとうございます
180602 (40)-min

▼上棟作業がまだ続きますここからは、それぞれの部材の微調整ですまずは「かすがい」を打ち込み、小屋束と母屋・棟木を固定します。
180602 (41)-min

▼こちらでは、棟木の角度を調べています。大工職人の手に持たれているのは、先ほどご紹介した「水準器」です
180602 (42)-min

180602 (43)-min

▼調整が完了すると「雲筋交い」で部材同士を固定していきます
180602 (44)-min

180602 (45)-min

▼徐々に屋根の傾斜が見えてきました
180602 (46)-min

▼続いて、「垂木」を設置していきます時間はもうすぐ正午、そろそろお昼時です…
180602 (47)-min

180602 (48)-min

▼午後0時10時頃、待ちに待った昼食会が始まりました今回は、住宅コンシェルジュの広島が司会を担当。和やかな雰囲気の中、施主のご主人による挨拶などが行われました最高気温が30度を超えていましたが、家の中は涼しく、施主ご一家も「家の中がこんなに涼しいなんて不思議ですね」と嬉しそうにされていました
180602 (49)-min

▼昼食後は、恒例の撮影会も行いました。今回は、ご次男の可愛い笑顔をパシャリ
180602 (50)-min

▼午後1時30分ごろ、楽しかった昼食会も終わり、午後の工程がスタートこちらは、大屋根の裏側にあたる部分。写真中央に写っている「耐震面材」が貼られ、ほかの屋根を取り付ける準備が進んでいます
180602 (51)-min

▼大屋根に戻ります。外断熱材「キューワンボード」の施工が始まっていました
180602 (52)-min

▼取り付けたキューワンボードには、このように印が書かれていました。これは、釘を打ち込む位置を、どの大工職人が見ても分かるようにつけていく目印です
180602 (53)-min

▼再び、下に降りてみました
180602 (54)-min

▼吹き抜けの空間から見上げてみると、お昼前とは全く違う景色が広がっていました屋根が付いた方が、なんだか空間をより広く感じます
180602 (55)-min

▼大屋根の状況も、いよいよ佳境です。キューワンボードの上から、専用の「気密テープ」を貼り付けていきます
180602 (56)-min

▼これが、専用のテープです。このテープで貼り合わせることですき間をピッタリと埋め、雨から家を守ってくれます
180602 (57)-min

▼こちらでは、余分なボードをカットするために「墨出し」が行われていましたこれからの時期は、日差しが強いので、キューワンボードからの厳しい照り返しが…眩しそうにしながらも、丁寧に施工をしていきます。
180602 (58)-min

▼次は、「通気胴縁」の設置です。
180602 (60)-min

▼通気胴縁の設置が終わると、本日最後の工程。「野地板」の設置です
180602 (61)-min

▼野地板の施工まで無事に終了し、上棟式の全工程は完了しましたこのあと、専門のルーフィング業者の職人さんの手によって「防水シート」を敷き詰めるルーフィング作業が行われます。
本日の上棟式、誠におめでとうございますこれから本格的に始まる家づくりぜひぜひ楽しまれてください
180602 (62)-min

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください