2019年06月03日 一覧

福岡県太宰府市C 注文住宅現場リポート③

6月3日(月)晴れ6月に入り、蒸し暑くなってきました。梅雨に入る直前、着々と工事は進んでいます。それでは福岡県太宰府市の現場をリポートさせて頂きます

 

▼本日の現場です本日は、基礎工事担当、田中土木さんによる型枠解体です「こんにちは~おじゃまします
190603太宰府C_0022-min

▼設計図を確認する田中さんです。暑い中ご苦労様です。
190603太宰府C_0014-min

▼土工事(根切り工事→砕石・転圧工事→捨てコンクリート打設)→配筋工事→型枠取り付け→コンクリート打設と進みました
190603太宰府C_0016-min
190603太宰府C_0023-min

▼外断熱住宅ですので、基礎の外側にパフォームガード(白い部分)が施されています。このパフォームガードは、防蟻性能は半永久的、人体や環境にも優しいというすぐれものです。「こちらをクリックすると詳しい解説がご覧いただけます
190603太宰府C_0004-min
190603太宰府C_0019-min

▼給排水管は、しっかり養生中されています
190603太宰府C_0010-min

▼「ハンマー」を使って枠を外し、「スクレーパー」というヘラのような道具ではみ出たコンクリートを剥がします
190603太宰府C_0008-min
190603太宰府C_0009-min
190603太宰府C_0006-min

▼型枠解体は、結構力が要るそう。特にコーナーは気を遣い解体しているということでした。約半日かけての解体作業です。しっかり水分をとって下さいね
190603太宰府C_0002-min

それでは次回のリポートをお楽しみに

 

 

 

 

 

 

 

 

福岡市西区B 注文住宅建築現場リポート②

6月1日(月)晴れ午前中は幾分涼しくリポート日和となりました午後からは汗ばむくらい暑くなりましたね中央区から西区の現場へ福岡工務店の平成最後の地鎮祭(4月28日)から約1ヶ月弱基礎工事が着工しています完成までしっかりリポートさせて頂きますので、どうぞ宜しくお願いいたします福岡市西区Bの現場です

▼本日の現場です現場監督によるやり方工事が終わり、田中土木さんによる基礎工事(土工事)の真っ最中です「こんにちは~お疲れ様です
20190603 (10)-min

▼周りの木が「やり方」です工事を着手する前に、建物の正確な位置・寸法・直角・地盤の水平を出すなど、建築では基礎工事完了までの重要なもので、福岡工務店では現場監督が施工しています
20190603 (1)-min

▼やり方には、高さを記しています
20190603 (5)-min

20190603 (7)-min

▼中まで入れなので分かりづらいですが、深基礎の部分です
20190603 (13)-min

▼パワーショベルはクルクル回りますので、注意してリポートします
20190603 (4)-min

▼土工事の根切り、砕石・転圧工事中です
20190603 (3)-min

20190603 (2)-min

▼見た感じとは違い優しく少しずつ削っていきます
20190603 (8)-min

▼ローテーティングレーザーです!基礎工事には欠かせない道具です
20190603 (12)-min

▼入り口には、次の工程の配筋工事の準備が進んでいます配筋の奥には、型枠と外断熱パフォームガードも搬入しているのが分かります
20190603 (11)-min

それでは、次回のリポートをお楽しみに(^^♪

福岡市中央区C 注文住宅建築現場リポート⑨

6月1日(月)晴れ午前中は幾分涼しくリポート日和となりました道中、体育会の振り替え休日だと思いますが、中学生が楽しそうに出かけている姿を目にしました晴れて良かったぁ~学生時代の耐力と気力に戻りたいものです福岡市中央区Cの現場です

▼本日の現場です施主立ち合いのもと、無事気密検査を終え外壁工事・電気工事・給排水管工事へと進んでいます
20190603 (17)-min

▼ちょうど休憩中ですので、中からリポートします床張りが終わっていますそして、天井を見上げると電気工事配線や給排水管工事ダクトが分かります
20190603 (1)-min

▼1階浴室が入りました
20190603 (2)-min

▼浴室から伸びる黒色のダクトは、24時間換気システム用だくと各部屋へと伸びています
20190603 (3)-min

▼こちらの住宅は、耐火構造住宅用施工をとっているので、24時間換気システム用ダクトの内側は燃えにくいアルミ仕様です
20190603 (10)-min

▼続いてウォークインクローゼットへ進みます「おっ!」2階の浴室が入っています
20190603 (4)-min

▼壁が出来る前に下からパシャリ
20190603 (5)-min

▼それでは、2階へ棟梁の高田大工と応援に来ている泊大工の声がしています「こんにちは~お疲れ様です」こちらも休憩中私も雑談に入れせて頂き、楽しい時間を過ごしましたその後、笑顔で作業再開~洋室には、壁になる石膏ボードを積んでいきます
20190603 (6)-min

▼こちらは書斎
20190603 (9)-min

▼2階の浴室です
20190603 (8)-min

▼浴室前の給排水管工事が、進んでいるのが分かります
20190603 (11)-min

▼そして泊大工は、テレビの下地強化中です
20190603 (7)-min

▼カットし張っていきます
20190603 (12)-min

▼下地を強化できるのも注文住宅ならではですね
20190603 (15)-min

▼棟梁の高田大工は、壁の下地を取り付けています
20190603 (13)-min

▼ベテラン大工お二人の笑顔と笑い声こちらまで幸せな気持ちになり、次の現場への活力にもなります
20190603 (14)-min

▼それでは、外壁工事のリポートへ縦の木材が通気胴縁で、壁の板張りやボード張りなどを受けるための下地部材、外壁に通気層を設けるために施工されます
20190603 (18)-min

▼カットした外壁を運んでいます土台水切りと通気胴縁の様子をパシャリ
20190603 (16)-min

▼裏側で、石田さんが外壁サイディングを取り付けています
20190603 (19)-min

20190603 (20)-min

それでは、次回のリポートをお楽しみに(^^♪