kouhou 一覧

福岡県宗像市B 注文住宅建築現場リポート⑦

9月18日(火)晴れ福岡県宗像市Bの現場ですお天気に恵まれ絶好のリポート日和となりましたところで、先日ランチをした時の事です混んでいたので、大きなテーブルの相席でのランチとなりましたが、途中で「本日は、御相席いただきまして本当にありがとうございました。デザートかお飲み物のお礼させて頂きたいと思います」と、心を込めての「おもてなし」とてもいいランチを頂き、今度はゆっくり足を運びたくなりました

▼本日の現場です無事気密検査を終え、外壁工事がスタートしています外断熱のキューワンボードが、キラキラ光っています
20180918 (28)-min

20180918 (27)-min

20180918 (26)-min

▼坂本さんが、外壁サイディング張りの真っ最中です「こんにちは~お疲れ様です
20180918 (1)-min

▼カットしています涼しくなったとは言え日向は汗ばみますリポート行った頃は、ちょうど日陰で作業しやすそうでした
20180918 (2)-min

▼縦の木材は通気胴縁です通気胴縁とは、壁の板張りやボード張りなどを受けるための下地部材、外壁に通気層を設けるために施工します。外壁サイディングを取り付ける前段階の作業として、基礎と外壁の間に雨水の浸入を防ぐ土台水切も付ています
20180918 (3)-min

▼足場を上がり東側へ坂本さんは、外壁を取り付けています
20180918 (4)-min

▼外壁サイディングは、このように通気胴縁に金具で内側から固定するので、釘が貫通することなく美しい仕上がりになります
20180918 (6)-min

20180918 (7)-min

▼キッチンの換気用ダクトです外壁サイディング工事が入ると見れなくなる貴重な部分です福岡工務店では、通気層では気密防水テープでしっかり止水対策を施しています外部からの入水を防ぐという意味とは別に、高い気密性能をも実現させています。福岡工務店では、現場監督が特にシビアにチェックしていきます
20180918 (5)-min

▼24時間換気用ダクト外壁を張るとこのようにこのあと、カバーが付きます
20180918 (8)-min

▼さらに上がり、屋根下をパシャしっかり気密防水テープを貼っています
20180918 (9)-min

▼大きなFIX窓のある2階洋室を外側よりパシャリ
20180918 (10)-min

▼玄関上部には、防水工事用のウォーターガードを張っています
20180918 (12)-min

20180918 (11)-min

▼それでは、中へ入ります気密検査が終わり電気工事が進んでいます白色のダクトは、24時間換気システム用ダクト各部屋に伸びています
20180918 (13)-min

▼24時間換気システム本体は、浴室天井に設置
20180918 (14)-min

▼ここからたくさんのダクトが伸びています
20180918 (15)-min

▼LDKへ天井と壁の下地が進んでいます
20180918 (16)-min

▼和室より1階全体をパシャリ整理整頓された現場は、とても気持ちがいいですね
20180918 (17)-min

▼先ほどリポートしたキッチンダクトの内側ですダクト周りには、発砲ウレタンフォームを充填していますこれも高断熱・高気密住宅ならではの施工です
20180918 (21)-min

▼24時間換気システム用ダクトの内側です
20180918 (22)-min

▼電気工事のスイッチやコンセントの位置が分かるようになりました
20180918 (23)-min

▼続いて2階へ床張りが終わっています
20180918 (18)-min

▼2階も天井と壁の下地が進んでいます
20180918 (19)-min

20180918 (20)-min

▼棟梁の土﨑大工は、石膏ボードをカット中です「こんにちは~お疲れ様です」いよいよこれから壁が付き、日本住宅ならではの木工事も見えなくなります
20180918 (24)-min

20180918 (25)-min

それでは、次回のリポートをお楽しみに(^^)/


福岡市南区J 注文住宅建築現場リポート②

9月14日(金)曇り福岡市南区Jの現場です明日から3連休ですね幼稚園・保育園のお子さんは、運動会の方もいらっしゃるのでは(^^♪事務所近くの幼稚園では、「ピイッピイッ」と笛に合わせて練習していました我が子の成長を楽しんでくださいね7月14日の地鎮祭よりちょうど2ヶ月着工しました完成までしっかりリポートさせて頂きますので、どうぞよろしくお願い致します

▼本日現場です福岡工務店のこだわりでもある現場監督による「やり方工事」ですなかなか立ち会うことが出来ないのでしっかりリポートさせて頂きます現場監督小屋町と古藤と工事部の中村の3人が作業しています「お疲れ様です~(^^♪」
20180914 (1)-min

▼まず、杭打ち今朝の一雨で地盤が少し湿っているので、打ち込みやすいようです
20180914 (2)-min

▼工事部の中村ですシャイな中村・・(^^;)現場リポートでは、横顔が多かったのですが真正面からパシャリ
20180914 (3)-min

▼杭打ちは、意外と力仕事です
20180914 (4)-min

▼続いて、現場監督小屋町と古藤による基礎天端の計測がスタート
20180914 (11)-min

▼ここで活躍するのが、レベルです高さなどを計測す時には欠かせない機械です
20180914 (5)-min

▼小屋町の計測を確認しながら、基礎天端の高さを決めていきます
20180914 (6)-min

20180914 (7)-min

▼続いて、アルミスタッフに目印をつけています
20180914 (8)-min

▼もう一度確認します
20180914 (9)-min

▼杭に印をつけていきます
20180914 (10)-min

▼小屋町と確認しながら、全部の杭に印をつけていきます
20180914 (12)-min

20180914 (16)-min

▼小屋町の最高の現場監督姿をパシャリ現場で働くお父さんの姿をお子さんにも見せてあげたいものです
20180914 (14)-min

20180914 (13)-min

▼対面の古藤に色々なポーズで指示を出す小屋町
20180914 (15)-min

20180914 (17)-min

▼現場監督2人の作業は、まだまだ続きますお昼前になりましたので、私はお先に失礼します~
20180914 (18)-min

それでは、次回のリポートをお楽しみに(^^)/


福岡市南区五十川B 注文住宅建築現場リポート⑦

9月14日(金)曇り福岡市南区五十川Bの現場です明日から3連休ですね幼稚園・保育園のお子さんは、運動会の方もいらっしゃるのでは?事務所近くの幼稚園では、「ピイッピイッ」と笛に合わせて練習していました我が子の成長を楽しんでくださいね

▼本日の現場です9月1日の上棟式から約2週間中から大きな笑い声がしています
20180914 (1)-min

▼笑い声に引き込まれ・・・現場監督古藤と棟梁の西大工と工事部の中村の3人が打ち合わせ中です
20180914 (2)-min

▼なにやら、頭を使っています
20180914 (3)-min

20180914 (4)-min

20180914 (5)-min

▼打ち合わせ中ですので、私は2階のリポートをさせていただきます途中までですが、耐力面材張りが進んでいます
20180914 (6)-min

▼斜めの木は「筋交い」です筋交いは、家の柱が横方向に傾くのを防ぐ重要な柱です。現在では、プレカットによる工場での加工が主流となっていますが、福岡工務店では、大工さんによる加工にこだわっています
20180914 (7)-min

20180914 (9)-min

▼筋交いプレートです地震に強い家を造るうえで、金物は非常に重要な役割を果たします筋交いに対しては、筋交い用の専用金物を、既定のビス、既定の本数を取り付けなければなりません。金物検査で現場監督が全部しっかりチェックしていきます
20180914 (8)-min

▼続いて、足場を上がりますバルコニー側です
20180914 (10)-min

▼さらに、1番上まで上がり屋根をパシャリ片流れのガルバリウム鋼板です
20180914 (11)-min

▼緩やかな傾斜です
20180914 (12)-min

▼耐震性能の耐力面材をアップ耐震性能については「こちら」から詳しくご覧いただけますので、クリックしてみてください
20180914 (13)-min

▼耐力面材張りをパシャリこの後外壁は、耐力面材→外断熱キューワンボード→通気胴縁→外壁サイディング張りと進んでいきます
20180914 (14)-min

▼この部分は耐力面材張りが途中ですがなかなかお目にかかれないのでパシャリ
20180914 (15)-min

それでは、次回のリポートをお楽しみに(^^)/


1 2 3 4 236