福岡県福津市D 注文住宅建築現場リポート① ~祝・地鎮祭~

こんにちは

昨日10月21日(土)、福岡県福津市にて地鎮祭を執り行いました
可愛い二人のお子様にスタッフ一同癒された和やかな地鎮祭となりました

それでは、早速、地鎮祭の様子をリポートしたいと思います

▼午後1時15分頃、テントの準備が整いました。あとは施主ご一家のご到着を待ちます
181021 (1)

▼施主ご一家が到着しましたまずはテントに入る前にまずは手を清めます
181021 (3)
181021 (2)

▼地鎮祭を執り行う前に、神主さんより作法の説明があります。初めてという方でもどうぞご安心ください
181021 (4)

▼午後1時30分、地鎮祭スタートです。施主ご一家とスタッフでご神前に向かって大きく一礼です
181021 (5)

▼神主さんが神様をこの地にお招きするための「降神の儀(こうしんのぎ)」、お招きした神様へ祝詞を捧げる「祝詞奏上(のりとそうじょう)」と続きます
181021 (8)

▼神主さんの朗々と読み上げる祝詞にキリっとした雰囲気になります
181021 (6)

▼「祝詞奏上」の後は、テントの外に出て「四方祓いの儀(しほうはらいのぎ)」をおこないます
181021 (9)

▼神主さんが大幣でお清めをした後は、ご主人によってお神酒をかけていただきます
181021 (10)

▼続いてお塩によるお清めはお子様におこなっていただきました
181021 (11)

▼テントに戻ってきました次に「刈初の儀(かりそめのぎ)」です大地に生えている草を刈って、これから家を建てるということを神様にお披露目するための大事な儀でもあります。
181021 (12)

▼草を刈ったあとは、「鍬入の儀(くわいれのぎ)」です。土を耕し整地するという意味が込められています
181021 (13)

▼「杭打ちの儀(くいうちのぎ)」は、担当コンシェルジュの池田と、設計士の朴がおこないました
181021 (14)

▼続いては、「玉串奉奠(たまぐしほうてん)」です。玉串奉奠は、工事の無事竣工やご家族の健康、お子様の健やかな成長など、数々の思いを玉串(榊に紙垂をつけたもの)によせ、ご神前に捧げるものです
181021 (15)

▼玉串を備えると、ご神前に向かって二礼二拍手一礼をします
181021 (16)
181021 (17)

▼福岡工務店からは、コンシェルジュの池田と設計士の朴が玉串奉奠をさせていただきました
181021 (18)

▼最後は「昇神の儀(しょうしんのぎ)」を行い、神様へお戻りいただきます。地鎮祭の始まりと同じくご神前に向かって大きく一礼をします
181021 (19)

▼地鎮祭の締めは、これからの工事安全と家内安全を祝って全員で祭壇のお神酒で乾杯です
181021 (20)

▼乾杯を行った後は、神主さんから「上棟札(じょうとうふだ)」が手渡されます家とご家族の皆さんを守ってくれる、大切なお札です
181021 (21)

▼ご主人と神主さんがお話している最中にニッコリ笑顔をカメラに向けてくれました
181021 (22)

▼地鎮祭が終わると、設計士の朴を中心に建物の配置の確認を行います。スケール(巻き尺)を当てながら敷地の境界から建物までの距離を説明しています
181021 (23)

▼配置の確認が終わると、ご近所へ挨拶まわりですスタッフも一緒に向かいますので、分からないことがあればその都度お尋ねください
181021 (24)

▼この度は地鎮祭、誠におめでとうございますこれから本格的に始まる家づくり、ぜひとも楽しまれてください
181021 (25)

福岡県太宰府市青葉台 注文住宅建築現場リポート① ~祝・地鎮祭~

こんにちは

昨日10月21日(土)、福岡県太宰府市青葉台にて地鎮祭を執り行いました
朝から爽やかな青空が広がる、心地よいの地鎮祭日和となりました

それでは、早速、地鎮祭の様子をリポートしたいと思います

▼午前8時30分、テントの準備が進み、あとは祭壇ができるのを待つのみです
181021 (1)

▼午前8時50分ごろ、施主ご一家が到着しました
181021 (2)

▼テントに入る前に、敷地の神様に会う準備として施主ご一家とスタッフは手のお清めをします
181021 (3)

▼地鎮祭を始める前に、まず神主さんから今日の流れ、そしてお作法のレクチャーがありました
181021 (4)

▼午前9時ちょうど、地鎮祭がはじまりました。まずは、ご神前へむかって大きく一礼です
181021 (5)

▼神様をお招きする前に、まず「大幣(おおぬさ)」を振るい、祭壇や参列者全員をお祓いします
181021 (6)

▼その後、神様をお招きする「降神の儀」。神様に祭祀(さいし)の意義や目的を申し上げる「祝詞奏上(のりとそうじょう)」が行われ、その間ご神前に向かってご低頭をします
181021 (7)

▼一旦、テントの外に出ました。地鎮祭行事の中で土地の四方をお清めする「四方祓いの儀」です。敷地全体にお塩とお神酒を撒きます
181021 (8)

▼その間、神主さんは大幣を使って土地の四方のお祓いします。ちょうど太陽が当たって神々しいですね
181021 (9)

▼テントに戻ると、「地鎮の儀(じちんのぎ)」です。まずは「刈初の儀(かりそめのぎ)」が行われます
DSC_0049

▼続いて「鍬入れの儀(くわいれのぎ)」です「この敷地を整地しますよ」と神様にお披露目する意味があります
181021 (10)

▼地鎮の儀の最後は「杭打ちの儀(くいうちのぎ)」。こちらも引き続きお子様も一緒におこなってもらいました
181021 (11)

▼続いては、「玉串奉奠(たまぐしほうてん)」です。玉串奉奠は、工事の無事竣工やご家族の健康、お子様の健やかな成長など、数々の思いを玉串(榊に紙垂をつけたもの)によせ、ご神前に捧げるものです
181021 (12)

▼福岡工務店からは、代表の阿久津が玉串奉奠を行わせていただきました
181021 (13)

▼地鎮祭行事の最後の「昇神の儀」では、祭壇に大きく一礼をして神様にお戻り頂きます
181021 (14)

▼地鎮祭の最後は、全員で「乾杯」祭壇のお神酒を全員で分け合い、これからの工事安全と家内安全を祈りますお酒なので飲む形をとるだけでも大丈夫です
181021 (15)

▼神主さんから「上棟札(じょうとうふだ)」が手渡されましたこれから建てる家で陰ながら家族を守ってくれる心強い守り神様です
181021 (16)

▼地鎮祭のあとは、設計の石田を中心に建物の配置の打ち合わせがおこないました
181021 (17)

▼これからお世話になるご近所の方々にあいさつ回りへ向かいます
181021 (18)

▼この度の地鎮祭、誠におめでとうございますこれから本格的にはじまる家づくり、ぜひとも楽しまれてください
181021 (19)

福岡県福岡市南区五十川C 注文住宅建築現場リポート① ~祝・地鎮祭~

本日10月22日(月)福岡市南区五十川にて、地鎮祭を執り行いましたお天気にも恵まれ快晴の過ごしやすい陽気の中無事地鎮祭を執り行うことが出来ました

早速地鎮祭の様子をリポートさせて頂きます

▼午前9時30分、テントの設営はバッチリです後は施主ご一家様のご到着を待つばかり

20181022 (2)-min

20181022 (5)-min

▼お清めの為の手水用具です
20181022 (3)-min

▼施主様ご一家の到着です本日はどうぞよろしくお願いいたします
20181022 (6)-min

▼まずはテントに入る前に手を清めて頂きます
20181022 (8)-min

▼お子様達もしっかりお清めしてくれました
20181022 (10)-min 20181022 (11)-min

▼もちろん工務店スタッフも全員お清め致します
20181022 (13)-min

▼まだおじい様、おばあ様が到着されていませんでしたが、施主様に先に神主さんより地鎮祭の作法の説明がありました初めての方も丁寧に説明いたしますのでご安心くださいね
20181022 (14)-min

▼おじい様、おばあ様も到着されたので、お清め頂きます
20181022 (15)-min

▼修祓(しゅばつ)」と声が発せられ、地鎮祭がはじまりましたまずは、神主さんによって祭壇や参列者全員をお祓いします
20181022 (17)-min

▼このように神主さんが「大幣(おおぬさ)」を振るいます
20181022 (19)-min

▼続いて、神様をこの地にお招きするための「降神の儀(こうしんのぎ)」、お招きした神様へ祝詞を捧げる「祝詞奏上(のりとそうじょう)」と続きます
20181022 (18)-min

▼一旦テントを出ると、「四方祓いの儀(しほうはらいのぎ)」をおこないます
20181022 (21)-min

▼お兄ちゃん、お姉ちゃん、おじい様、おばあ様も、皆で土地にお神酒、お塩、お米と撒いていきます
DSC_0056-min

▼皆様が撒いてお清めしてくれている間に、神主さんが地面に立っている「御幣(ごへい)」に向かい、大幣を大きく左右に振ります
20181022 (23)-min

▼テントに戻ると、地鎮行事である「刈初の儀(かりそめのぎ)」をご主人と長男、次男のお子様、そしておじい様と男性陣におこなっていただきました
20181022 (24)-min

▼続いてお母様、お姉ちゃん、妹さんと今度は女性陣で「この敷地を整地しますよ」と神様にお披露目する意味がある「鍬入れの儀(くわいれのぎ)」をおこなって頂きました
20181022 (25)-min

▼続いて「杭打ちの儀」住宅コンシェルジュの池田と現場監督の古藤とが、杭を打ち込む動作をさせていただこうとしたら、お子様達もやりたいと一緒に参加して行ってくれました
20181022 (26)-min

▼続いては、「玉串奉奠(たまぐしほうてん)」です玉串奉奠は、工事の無事竣工やご家族の健康、お子様の健やかな成長など、数々の思いを玉串(榊に紙垂をつけたもの)によせ、ご神前に捧げるものです皆真剣に玉串に願いを込めています
20181022 (27)-min

20181022 (30)-min

20181022 (31)-min

▼福岡工務店からは代表して設計を担当した朴が「無事にお家が完成しますように」と工務店スタッフ一同玉串に込め願いを込めて行わせていただきました
20181022 (32)-min

▼「昇神の儀(しょうしんのぎ)」を執り行い、お招きした神様へお戻りいただくよう、お見送りをしますこれにて、地鎮祭の神事がすべて終了いたしました
20181022 (33)-min

▼式が無事に終了したことと、これから本格的に動きはじめる家づくりを祝って、乾杯です
20181022 (34)-min 20181022 (35)-min 20181022 (36)-min 20181022 (37)-min

▼「乾杯
20181022 (38)-min

▼神主さんから「上棟札(じょうとうふだ)」が手渡されましたこれから建てる家の梁に取り付けるお札で、完成すると見えなくなってしまいますが、陰ながら家族を守ってくれる心強い守り神様ですお姉ちゃんが受け取ってくれたので記念にパシャリ
20181022 (41)-min

▼この後、設計の朴を中心に図面と実際の土地を見ながらの打ち合わせが行われました
20181022 (42)-min

▼現場監督の古藤からも施主様にご挨拶
20181022 (43)-min

▼打ち合わせの間テントの中では、ご子息とおじい様、おばあ様がご歓談されています私がカメラを構えているとお兄ちゃんが「撮ってみたい」と言うのでしっかりレクチャーしながら写真を撮ってもらいました
20181022 (45)-min

▼これがお兄ちゃんが撮ってくれたおじい様、おばあ様の写真ですカメラ初めて触る~と言っていたけどとっても上手私が撮影していた時に引き出すことの出来なかった表情をお二人がされていますおじい様もおばあ様もとっっってもいい笑顔です
20181022 (46)-min

▼そしてテントの外では、一番下の妹さんが、担当コンシェルジュの池田と何やらとっても楽しそうに遊んでいます
20181022 (48)-min

▼これからお世話になるご近所の方々にあいさつ回りへ向かいます福岡工務店のスタッフが一緒に回りますので、分からないことがあれば随時お聞きください
20181022 (49)-min

▼本日の地鎮祭、誠におめでとうございますこれから始まる念願の家づくり、ぜひお楽しまれてくださいね
20181022 (39)-min

1 2 3 4 397