2010年12月24日

太宰府市・リポート⑫

今日は寒い! 太宰府は福岡の街中に比べて、更に寒い! だから空気がキ~ンと澄んでて、とっても気持ちいいですexclamation 猫は、肌がピリピリと痛くなる、こんな天気が大好き。 自宅を出た時はどんより曇り空でしたが・・・ 1224 いかにも冬空.jpg 福岡県太宰府市の現場に到着したときは、こんなにいい天気晴れ 山の稜線の、何とくっきり鮮やかなことるんるん 太宰府稜線くっきり.jpg 宝満山方面も、こんなにきれい。 1224宝満山方面.jpg

▼裏手の山もくっきり。空もきれいですぴかぴか(新しい)

山と太宰府物件.jpg ▼今日の外観、そして側面から見たところ。 1224太宰府概観.jpg 1224太宰府別角度外観.jpg

耳・・・でも、何の音もきこえません。 もしかして、もう完成しちゃったぁ~? エアコンの室外機が設置されてるし、プロパンも・・・ エアコン室外機.jpg プロパン.jpg

猫は、激しくドアをノックしましたexclamationが、応答はありません。  なぁんて、ウソ、ウソ。施主の方の大切な家ですもの、触ったりなんぞ いたしません。 太宰府玄関ドア.jpg ▲それにしても、ステキな扉ですねぇ揺れるハート  本日12月24日にぴったりの、クリスマスカラーではありませんかexclamation×2クリスマス  リースを飾りたくなりますね。 ▼中に入れないので、周辺をウロウロ。これは勝手口の網戸。  網戸に更にカバーが付いています。網戸ってすぐに痛むから、これは便利グッド(上向き矢印)

太宰府勝手口網戸.jpg

ところで、ここ太宰府市の現場リポートは、これで終了かしらん? 猫は完成したこの家の内覧会を、とっても楽しみにしているのですが・・・

 福岡の新築一戸建て.comはlコチラから

2010年12月17日

太宰府市・リポート⑫

昨日(12月16日)、猫が暮らす福岡市南区も、猫がOLしている天神も、雪はチラチラッとだけ。 でも、太宰府近辺は違ったようですよ。 ホラッexclamation地面に雪。 地面に雪.jpg 車にも雪。 車に雪.jpg そして、現場に向かう坂道から見た山も、うっすらと白くみえます。 1217太宰府への坂道.jpg

▼途中で見つけた赤い実。植物のことは、猫は分かりません。
千両?万両?それともこの季節クリスマスのヒイラギ(クリスマスのヒイラギは
正確にはヒイラギモチ=chinese hollyというんだって)?
ヒヨドリの鳴き声が聴こえるから、好物の南天かな?
南天か.jpg


何にしても、冬景色の似合う現場です雪

今日の外観と、側面からの姿。
1217太宰府概観.jpg
1217太宰府側面.jpg


中に入りま~す。
かわいいグッズ(?)見つけたるんるん洗面台のボウルですね。
かわいい洗面ボウル.jpg
設置すると、さらにかわいい揺れるハート
かわいい洗面所.jpg


▼先週紹介した煉瓦のキッチンは、周囲にサーモンピンクの
クロスが貼られ、ここも女性好みのいい感じにかわいい

今日はローストチキンを作るわね」なぁんて世界だ!
キッチンの煉瓦とピンク.jpg

▼1階の洋室は、このようなクロス貼り
太宰府1Fのクロス.jpg
▼これは2階です。無垢の木材が床に敷き詰められ、
梁はむき出し。クロスもそれにあわせたものです。
うん、これぞ山荘わーい(嬉しい顔)家

太宰府2F木の床とクロス.jpg
▲個人的には、ニスは塗らないでほしいなぁ・・・

以上、初雪に興奮した猫の、太宰府リポートでした!

 福岡の新築一戸建て.comはコチラから

2010年12月11日

福岡県太宰府市・リポート⑪

初めて福岡県太宰府市の現場をリポートしたのは、10月1日。 早いもので、2ヶ月半ほど経ちました車(セダン) 汗ダクで上った現場への坂道も、そろそろ冬に入ろうか・・・という感じ。 まだ幾分紅葉が見られますが・・・。 1211太宰府への道.jpg太宰府自然イメージ.jpg

さて、今日はどんな姿を見せてくれるかなぁ、とエッチラオッチラ坂を上ると。
オオッ、遂に・・遂に・・全貌が現れた演劇NEW
1211太宰府概観.jpg
 ↓ 横からみると・・
1211太宰府概観2.jpg

▼南区清水の現場にいなかった大工の田口さんは、ここでお仕事中でしたかわいい
田口さん木材貼り.jpg
▲ここは玄関を入ってすぐ左手にある小部屋。
施主(ご主人)の書斎になるそうです。
その壁面は、このように無垢財が張り巡らされるのですexclamation
なんと贅沢なexclamation×2

いよいよ内部の仕上げ工事が始まったということですね。
クロス貼りもかなり進んでいますよグッド(上向き矢印)では一気にお見せしましょう。
ジャジャジャーンぴかぴか(新しい)
▼1階のトイレ。かわいい柄です
太宰府壁紙1.jpg
▼キッチンカウンターから外を望む壁は、落ち着いた色調の
煉瓦風。触ってみると、表面は紙ではなく、本物の煉瓦を
加工したものでしたグッド(上向き矢印)
壁紙3.jpg

▼2階のトイレは木目調

壁紙4.jpg
▼2階の居室はすべて白樺風の壁紙で統一
壁紙5.jpg

▼アップです。山荘風exclamation

壁紙5アップ.jpg
▼まだまだこんなにクロスが待機中
沢山の壁紙.jpg

▼バルコニーの内側は、外壁と同じサイディングが貼られていました!

バルコニー内側.jpg

 福岡の新築一戸建て.comはこちらから

2010年12月 3日

福岡県太宰府市・リポート⑩

今日は12月3日。師走ですねぇ。 12月に入って初めての現場リポートは、寒い寒い太宰府から始まりますexclamation

政庁跡.jpg
▲これは福岡市内から太宰府に向かう途中。
猫の最もお気に入りの界隈、太宰府政庁跡の辺り。
どんよりとした冬の曇り空で、前方の山が見えません。

▼さあ、現地についたよグッド(上向き矢印)
猫がいつも上る坂です。
1203太宰府現場への坂.jpg
▼今日は、坂道の中腹から下を眺めてみようサーチ(調べる)
坂から下を望む.jpg

▼そして、現場の敷地内からの宝満山方面。
今日はどの写真を見ても、冬~って感じですねぇ。
紅葉も枯葉色になり、空も重たい。
でも空気は凛として、澄んでいます。
生活環境として、これは何よりも大切なことだと、猫は思うのでありまするかわいい
1203敷地内から宝満山.jpg


さて、その現場。
誰もいません。ドアはしっかりと施錠もうやだ〜(悲しい顔)

太宰府ドア.jpg
後で聞いたのですが、今日は「気密検査」(高気密住宅であることを
証明するための検査)の日。
だから、職人さんたちは、今日はここにはおりませ~んわーい(嬉しい顔)

・・・なので、外観写真だけです。
太宰府山荘風外観.jpg
▲前回も書きましたが、茶系のこのツートンがいいですねぇ。
山荘風の外観が、自然いっぱいのこの地にぴったり。
コロラド州のボールダー辺りにありそうな家です。
(なぁんて、猫行ったことないけどハートたち(複数ハート)

 福岡の新築一戸建て.comはコチラから

2010年11月26日

太宰府市・リポート⑨

ウウッ、寒いにゃ~ てなわけで、猫は太宰府の建築現場に向けて、少々大げさなジャケットを準備exclamation 何しろ“山あい”だかんね。 冬物ジャケット.jpg←これ!

福岡県太宰府市の現場近く。山々は先週よりも紅葉が進んでいました。
街中はイチョウの木が黄色の葉っぱをヒラヒラと落とし、「冬が近づいたなぁ」と
実感するのですが、太宰府の山は、まだ「晩秋」という言葉の方がふさわしいようです。
先週より紅葉.jpg

1126太宰府への道.jpg


▼11月26日、午前9時半の外観。
1126太宰府概観.jpg
▼そして側面(外観はすっぽり覆われて見えないですからね)
1126太宰府側面.jpg
▲▼なんともウッディーな外壁ではないですかわーい(嬉しい顔)

   しかも2色遣い。おしゃれですexclamation別荘感覚が深まってました。
ツートンカラーの外壁.jpg
▼この方達が、外壁担当の職人さんです(先週もいらっしゃいましたね~)
サイディング屋さん2人.jpg

▼「おっはようございまぁす」という猫の声がけに「もう金曜日かあ」と
答えてくれた、親方の田口さん。
今日も正面からの表情はなしexclamation・・・相変わらず照れ屋さんでするんるん

田口さん1.jpg


▼そして・・・泊親方の息子さん!今日は太宰府の現場ですか。
 神出鬼没です。
泊息子が太宰府に.jpg
▲階段下部分の収納庫用の木材をカンナで削っていました

▼そして、珍しい、田口親方と泊ジュニアとの2ショット。
 寸法のことでやりとりしてます。逆光でスミマセンふらふら
田口・泊息子.jpg

かわいい階段が取り付けられていたので、猫は2階へ!
太宰府に階段ついた.jpg


▼前回「屋根の勾配に沿って木が張り巡らされて・・・」と紹介
しましたが、ボードが貼られたので、分かりやすくなりましたよ。
屋根裏の木.jpg

 福岡の新築一戸建て.comはコチラから

2010年11月19日

福岡県太宰府市・リポート⑧

おっはよ~わーい(嬉しい顔)今日は快晴だぁexclamation×2 福岡県太宰府市の建築現場へ向かう坂道も、今朝はこんなにきれい。 1119太宰府坂道.jpg ▼裏手の山は、ところどころ紅葉してます。   すべてが紅葉する山ではないようだにゃ目 山も若干紅葉.jpg ▼宝満山方面の稜線も、今日はきれいexclamation 宝満山稜線くっきり.jpg

▼そして、今日の現場

1119太宰府概観.jpg ▼1階のキッチン辺り 1119のキッチン.jpg

▼1階用の壁面材が、出番待ちの待機中

1F用パネル待機中.jpg ▼親方の田口さん。  カメラを向けるとスウ~ッと視線をそらす、かなりシャイな人です。  今日は玄関周りの作業だそうです。 1Fで田口さん.jpg

▼2階に上がってみました。
これは屋根の内側部分。
すごいexclamation×2って思いませんかグッド(上向き矢印)
木材が見事に、美しく組まれています。
屋根下の木1.jpg
▼屋根の勾配に沿って木が張り巡らされていることが、
 この写真なら分かりやすいかなむかっ(怒り)
 しばしば触れていますが、むき出しのこの木によって、“別荘気分”が
 更に深まりますぴかぴか(新しい)
屋根下の木2.jpg


▼2階にいらっしゃった大工さん。
 そう石橋さん揺れるハート
 実はあと数日で他の工事現場に行ってしまうんです。
 猫が石橋さんに会えるのは、今日が最後たらーっ(汗)
「では記念に1ショットexclamation」と声をかけたら、こんな写真になってしましました。

お別れ石橋さん.jpg
▼気を取り直して、外にいる青年にご挨拶exclamation×2
 この方はサイディング屋さんです。
 サイディングを直接壁に取り付けることもありますが、
 木材に打ち付ける方法が一般的だそうです。
サイディング屋さん1.jpg

▼程よい長さにカットした木材を、所定の場所に設置していました。

サイディング屋さん2.jpg

 福岡の新築一戸建て.comはコチラから

2010年11月12日

大宰府市・リポート⑦

福岡県大宰府市の現場へは、小ドライブ気分で出かける猫。 いつもは現場リポートツアーの真っ先に大宰府に行くのですが、 (渋滞に巻き込まれないために、朝8時半に福岡市南区の自宅を出発)、 昼間の太宰府の雰囲気(天満宮のそばを通過するので、その賑わいぶりとか)に触れたくて、 今日は、ここを最後の現場にしました。

太宰府は・・・すっかり秋が深まっています。
ススキ.jpg
▼現場への坂道
大宰府現場への坂.jpg
▼残念なことに、黄沙で宝満山方面は視界不良バッド(下向き矢印)
黄砂で見えない宝満山.jpg
▼現場が見えてきましたexclamation
1112大宰府現場.jpg

▼正面から
 
1112大宰府概観正面.jpg
▼おやおや、石橋さんが木材をかついで外の空き地に運んでいます。
板運ぶ石橋さん.jpg
▼室内は木だらけ。何がなんだか・・
 シロウトの目には雑然というか、混沌というか・・・
木だらけの屋内.jpg
▼先ほど石橋さんが運んでいた木材。
 「国産品 杉ジャンボフローリング(無塗装)」と梱包に記載されていました。
 南区清水の家と同様、ここも地産地消の杉板フローリングになるようですひらめき
この木材を外に.jpg

▼1階リビング部分の、杉床を点検中の田口さん。

床貼り点検の田口さん.jpg
▼実は昼休み直前。
 石橋さん、田口さん、現場監督の田之上さんの3ショット。
 3人に無垢材のことを尋ねました。
 猫のマンションはチャチなフローリングですが、その類は厚さが薄いそうです。
 このリポートの帰りにホームセンターで(フローリング用の)無垢材をチェックしたところ、
 それは厚さが20ミリありませんでした。
 一方、ここ太宰府で使用されるものは、厚さ30ミリ。スゴイグッド(上向き矢印)るんるん
3人勢ぞろい.jpg

▼昼休み後、立てかけられたこれ等の杉板は2階に上げられ、
 床貼り作業が行われます。

外に置かれた木材.jpg

 福岡の新築一戸建て.comはコチラから

2010年11月 5日

大宰府市・リポート⑥

今朝も福岡県大宰府市はスッキリさわやかな、秋晴れ晴れ 車を停めて、周辺のこのような景色を楽しみながら、猫は現場まで歩きました。

大宰府近隣.jpg

▼晩秋・・・に近づいてるなぁ、と実感した、柿の実一つ(見えますかexclamation&question柿の実ひとつ.jpg

▼今日は車もあり、現場は人の気配が。
今日は人がいる.jpg


▼パネルが貼られ、住まいらしい外観になっていました。
1105大宰府概観.jpg

▼ちょうどサッシの搬入中。
サッシの搬送.jpg
▼1階部分に入ってみました。木材が沢山組まれています。
木組が進む.jpg

▼これはキッチン部分。接するリビングルームよりも20cm低く設計されています。
 なぜだろうexclamation&question どんなキッチンになるのか、楽しみになってきたぞッ猫
20cm下がったキッチン.jpg
次は2階へ。近頃脚立のことに頻繁にふれる猫ですが、この写真を見よexclamation
いかに恐怖と闘いながら、階上へ上っているかが、ご理解いただけるであろうあせあせ(飛び散る汗)
↓2階から見た脚立
2Fから見た脚立.jpg

▼その2階。天井がおっそろしく高いんだよるんるん

2Fの天井.jpg

しかし・・・何といっても猫の心を捉えたのは、6mもの長さのバルコニー。
6mのバルコニー.jpg

▼開放感もさることながら、眺望の良さといったら・・・最高ですハートたち(複数ハート)グッド(上向き矢印)

バルコニーからの眺め.jpg
▲施主の方は、この別荘感覚に惹かれて、ここに家を建てようと思ったのかニャァ

▼2階にも窓用のサッシが運ばれてきました。
 脚立をはずして行っているため、降りることもできず、“袋の猫”になってしまったダッシュ(走り出すさま)

2Fにサッシを運ぶ.jpg

演劇ここの大工は、南区清水のブログに登場したニヒルな田口さんと、“あの”石橋さん揺れるハート
外と内で、サッシの受け渡しの共同作業をしてましたexclamation
大工2人.jpg

外で石橋さん.jpg
 福岡の新築一戸建て.comはコチラから

2010年10月29日

大宰府市・リポート⑤

山々がどのように色づくのか・・・深まりゆく秋を探しに、 猫は大宰府市三条の現場に赴きました。 なぁんて、格調高く始めてみましたが、今朝の三条は、“深まりゆく”ではなく、 ブルッと寒かったexclamation晩秋の香りがし、ちょっぴりセンチメンタルな気分。  ↓ 現場から。寒さ、伝わるかな?

少し寒い今朝の大宰府.jpg

▼坂道を上る。囲いがひらひら揺れているような・・
大宰府現場への道1029.jpg

▼近づくと。風にひらひら揺れていたのは、工務店の横断幕でした。

近づくと.jpg

▼長期優良住宅ですよexclamation×2の垂れ幕も揺れていました。
横断幕.jpg

▼1週間前、建築資材をトラックで運んでいる場面に出合ったばかりだというのに、
 今日はもうこんな状態。上棟式も済ませ、屋根もしっかり乗っていまするんるん
家の木枠組.jpg

▼濃いレンガ色の資材が、出番待ち
屋根用材料.jpg
▲屋根用資材のようです。山の深い緑に溶け込む色遣いだにゃぁ~猫

 福岡の新築一戸建て.comはコチラから

2010年10月22日

大宰府市・リポート④

今日は10月22日。秋晴れです! 猫は、秋の朝が大好きさ。今日も楽しく現場へGOだッグッド(上向き矢印)

というわけで、午後9時。大宰府市三条の建築現場にやってきました。
今日の三条への道.jpg

いつものように、現場への坂道を歩いていると・・・。
▼オレンジ色のトラックが留まっています。
トラック停車中.jpg


▼木材とボードが積まれています。
 でも工事現場には誰もいません。
 「この荷物、どこに置けばいいんだろう」と困った運転手さん。
 会社経由で現場監督と(携帯電話で)話をしています。
 
 結局、トラック側から見て建築現場の反対側の空き地に降ろすことに・・・。
積荷は木材.jpg

覆いがかかる.jpg

どこに木材設置するか.jpg


▼今の位置では荷物が降ろせないと」判断した運転手さん。
 「一旦、下ります」と猫に。
 「エッ!それはバックでこの坂道を下り、バックで再び上ってくる・・ということですか?」
と驚愕(がく〜(落胆した顔))の猫

  しかし「オーライ、オーライ」と誘導する技量がない猫 。
「お疲れ様です。頑張ってください」と励まし、見守ることにしました。


去っていくトラック.jpg

▲去っていくトラック

▼足場が組まれていたので、外階段を上ってみました。
足場を上る.jpg
▼外階段から見た現場。ここは前回リポートの日曜日から変化はありません。
足場から見る.jpg


▼ピー、ピー、ピーと音がしたので、現場から少しくだった場所でトラックを出迎えました。

帰ってきたトラック1.jpg
▼バックで上ってきます。
トラック2.jpg
▼すごい運転技術ですわーい(嬉しい顔)
トラック3.jpg
▼上りきりましたモータースポーツ
トラック4.jpg
▼無事、現場に入っていきますハートたち(複数ハート)
トラック5.jpg
ホッと一安心の猫は、現場を後にしたのであります。

福岡の新築一戸建て.comはコチラから

2010年10月17日

太宰府市・リポート③

です。 秋らしい、すがすがしい日曜日です。 太宰府市三条の現場に向かう坂道からは、こんな景色が楽しめます。

 三条への入り口.jpgまだ若いススキ.jpg  まだ若いけど、ススキも見かけるようになりました。

   工事現場は、静かです。  型枠が取り外され、“躯体工事”を待つばかりです

  1017の三条現場.jpg  ▼これは玄関になる個所から・・  玄関から見る.jpg

   今日は、秋の休日にふさわしく、この現場の周辺景色をお見せしましょう。 ▼現場の庭(あたり)から裏山を臨むと、こう見えます。 三条の庭から裏山.jpg

▼この構図は今までにも紹介したことがありますが、宝満山方面です。 現場から宝満山方面見る.jpg 自然満喫のこの環境、いいですねぇ・・あこがれます! 締めくくりは、季節のおすそわけ  大宰府市三条の現場から福岡市方面に戻る途中、立ち寄りたいなあ・・と思うスポットが いくつかあります。 もちろん大宰府天満宮でしょ、そして観世音寺、戒壇院、大宰府政庁跡、水城跡などですが、 本日の「水城跡第二広場」(車が停められ、もある!)からの光景があまりに美しかったので、 思わず小休憩してしまいました  水城のコスモス.jpg 次回はキッチリ、工事現場を紹介しますね 福岡の新築一戸建て.comはコチラから

2010年10月 8日

太宰府市・リポート②

今日は、現場リポートを始めてから初の雨天・・・になりそう 本降りにならないうちにでかけなくっちゃ ・・ということで、は午前8時半に自宅を出発し、午後9時ジャスト、太宰府市三条の現場に 到着しました。 前回同様坂道を登ります。 ピッピッピッという音が聞こえてきました。 鳥のさえずりかな?と思ったけど、それは現場から聞こえます。 ▼10月8日、今日の現場です 101008三条現場遠くから.jpg

▼鋼板の型枠。高い所から眺めると、“要塞”みたい! 101008三条現場俯瞰.jpg ▼「ピッピッピッ」の正体は、やっぱりコレだったんだ。測量機器のオートレベルです。 三条オートレベル.jpg ▼何個所にも打たれた釘の、頭部分が同じ高さになっているかどうか・・・  職人さんがオートレベルと連動させてチェックを行っています。 職人レベルチェック中.jpg ▼高さがデコボコだった時は、カナヅチでトントントン 釘の高さで揃える.jpg 「ここに特殊なコンクリートを流し込むので、その上部が水平になっているかの目安になる」と 職人さん。 “土台”を支える仕事・・・職人さんは近寄りがたいほど、真剣な表情でしたよ 福岡の新築一戸建て.comはコチラから

2010年10月 1日

太宰府市・リポート①

ジャジャ~ン! 今までの現場リポートにはない、風景写真で始まりま~す

 
 三条山景色.jpg

ここは福岡県太宰府市の三条。8月30日の地鎮祭からちょうど2ヶ月たった今日、
久しぶりに現場を訪れたのです。素晴らしい景色でしょう?

 到着現場から.jpg
 ▼アッ、黒岩さんだッ!
 黒岩親方だ.jpg
 黒岩さんはが初めて現場リポートを行った際、井尻Bの現場で色々と教えてくださった親方。
  つまりの師匠でやんすな。
 土を掘削するのに強力なパワーを発揮するこの重機を「ユンボだよ」と教えてくれたのも、黒岩親方。
 現場監督の田之上さんに「バックホー」と言うことも教えていただきましたが、
今日は敢えて“ユンボ”と 呼びましょう!
ユンボを巧みに操る黒岩親方の姿を、とくとご覧あれ!!

  ▼基礎を設ける部分の土を取り除く作業にかかります
根切り作業1.jpg

根切り2.jpg
根切り3.jpg
根切り4.jpg
根切り5.jpg
根切り6.jpg
根切り7.jpg
根切り8.jpg
根切り9.jpg
 ▲ユンボで掘った土を隣に設けた場所に捨てる。
  この作業を繰り返すうちに、地面はアッという間に溝ができていきました。
 
  ▼三条の現場は、このように自然に恵まれた高台にあります。
  は下の方に車を停めて、現場までエッチラ、オッチラ歩きました。
  道は傾斜があるので少々きついですが、今後も下から歩くつもり。
  だって、空気がものすごくおいしいんだよ。
  鳥のさえずりも聞こえます。
  車でブ~ンとやって来て、ブ~ンと去るにはもったいない景色です。
  毎週、楽しみだにゃぁ
  
三条全体像俯瞰.jpg
 
 福岡の新築一戸建て.comはコチラから