2014年12月 9日

福岡市西区泉・リポート⑲

catです。

ついに、福岡市西区泉の家が完成しましたsign01

外構工事も完了したこの家を、

本日12月9日(火)訪れましたnote

12月13日(土)14日(日)には、完成見学会を行いますsign03

⇒ https://www.fukuoka-k.jp/6oshirase/event/2014121314.html

▼外構も完了shineステキな外観です。

141209izumi1.jpg

▼かわいい植物も植えられています。

植物の名称が書かれた「名札」も付いていますsign01

外構のデザインを行う高原さんは、いつも名札を付けてくれるのですhappy01

141209izumi1-2.jpg

▼この手すりは、見ためもシンプルでステキだし、

何より高齢の人や小さな子どもの落下防止になるのでうれしいねheart02

141209izumi1-3.jpg

▼さあ、中に入ってみようup

141209izumi1-4.jpg

▼玄関を入るとすぐ目の前には

落ち着いた雰囲気の鏡。

そして和モダンなイメージのクロスが貼られたニッチshine

141209izumi2.jpg

▼リビングに接して、畳の小上がりがあります。

141209izumi2-2.jpg

▼窓の向こうは、お隣さんのお庭。

これがまたいいんですhappy01

141209izumi2-3.jpg

▼なぜかって言うと、「和風の庭木を借景だッheart02

141209izumi2-4.jpg

catのお気に入りは、ここです。

階段下の収納スペース。クロスが可愛いlovely

141209izumi3.jpg

▼しかも階段下は、玄関側の収納スペースにも

なっているスグレ物。

141209izumi3-2.jpg

▼なぜこんなに可愛いクロスを貼ったかというと、

2人のキッズ達chickpenguinが、

「楽しみながら自分でオモチャのお片づけができるように」

…というパパ・ママの思いがあったからなんですlovely

141209izumi3-3.jpg

▼キッズ達はこの辺りでゴロゴロしながら遊ぶんだろうね。

床は杉の無垢材。目の前の階段も木がふんだんに使われている…

こんな環境で育つと、自然を慈しむことができる大人になるに

違いニャ~イpunchclub

141209izumi3-4.jpg

▼階段の手すりの隙間は、キッズの安全に配慮しています。

141209izumi3-5.jpg

▼そうそう、キッズが(大人も)喜びそうなのが、

バスルームの床。足にやさしいポニョポニョした感触ですnote

141209izumi4.jpg

▼では2階でGOup

141209izumi5.jpg

▼扉の向こうは主寝室。

141209izumi5-2.jpg

▼この部屋は、なんと布クロスを使用していますsign01

接着剤は、安全性を考えた植物由来のもの。

141209izumi5-3.jpg

▼これは布製のクロス。味がありますよconfident

141209izumi5-4.jpg

▼作りつけの階段、その上にハシゴ…

さらにその上は小屋裏です。

141209izumi5-5.jpg

▼このハシゴは建具屋さんの手作りです。

141209izumi5-6.jpg

▼小屋裏も、転落防止を考えて手摺りをつけました。

141209izumi5-7.jpg

catが5歳だったら、可愛いクロスが貼られたキッズルームにも

大感激するに違いニャイheart02

141209izumi6.jpg

141209izumi6-2.jpg

141209izumi6-3.jpg

▼一方、大人目線でチェックしました。

バルコニーは主寝室とホールの2カ所から

出入りができます。これは便利sign01

141209izumi7.jpg

▼水道も設置。2階に水道があると、これまた何かと便利ですhappy02

141209izumi7-2.jpg

▼もう一つ。

階段上の3つの窓のうち、一つは開閉ができます。

141209izumi7-3.jpg

▼外のさわやかな風を送り込みたい…そんな思いが叶いましたshine

141209izumi7-4.jpg

 

2014年11月13日

福岡市西区泉・リポート⑱

catで~す。

今日は11月13日(木)。

福岡市西区泉の建築現場にやってきましたhappy01

▼本日の外観sign01

141113izumi1.jpg

▼外構工事が始まっていました。

141113izumi1-2.jpg

▼シューズクローゼットに、かわいいグッズを発見sign01

141113izumi2.jpg

▼レトロモダンなフックです。

コート掛け?帽子用かニャnote

141113izumi2-2.jpg

▼さて今日はクロスに着目したいと思います。

この階段下収納には…

141113izumi3.jpg

▼シャボン玉みたいなクロスが貼られていましたsign01

キッズ達chickchickの秘密基地になりそうhappy01

141113izumi3-2.jpg

▼リビングに隣接して畳の小上がりコーナーがあります。

141113izumi4.jpg

▼そのアクセントクロスです。

141113izumi4-2.jpg

▼アップで見ると、和紙テイストup

141113izumi4-3.jpg

▼この写真は、襖の使い方に注目sign01

141113izumi4-4.jpg

▼3枚の襖で完全に締めきることができます。

141113izumi4-5.jpg

▼締めきると言えば、小上がりとリビングの間も、

洋風の襖で締めきることができます。

141113izumi4-6.jpg

▼この襖の柄も可愛いよlovely

141113izumi4-7.jpg

▼可愛いのは、何といってもキッズルーム。

2人の男の子に合わせて、きれいなぺパーミントグリーンと黄緑の

クロスがアクセントとして使われていますshine

141113izumi5.jpg

141113izumi5-2.jpg

▼そして、この家の最大の特徴が、主寝室のクロス。

布製のクロスで、使用した糊はでんぷんのりという天然由来sign01

健康に配慮した、福岡工務店の新たな試みですsign03

141113izumi6.jpg

 

141113izumi7jpg.jpg

 

2014年11月 6日

福岡市西区泉・リポート⑰

catで~すsign01

福岡市西区泉の建築現場にやってきましたhappy01

今日は11月6日(木)です。

▼本日の外観

141106izumi1.jpg

▼この可愛い玄関から中に入るねbleah

141106izumi1-2.jpg

▼玄関を入って右側にはワイドなシューズクローゼットが

あります。

141106izumi2.jpg

▼ベビーカーごと入れるので楽チンlovely

141106izumi2-2.jpg

▼玄関タタキをはさんで左側にも、

収納スペースが見えますeye

141106izumi2-3.jpg

▼ホラッsign01

141106izumi2-3-2.jpg

▼室内へ…。

キッチン前の収納&お勉強コーナーsign02

この家は、あちこちに木がふんだんに使われています。

141106izumi3.jpg

▼勝手口の扉周りも木製です。

141106izumi3-2.jpg

▼キッチン奥に作った、小物収納スペースの上のカウンターも大工さんが

作りましたhappy02

141106izumi3-3.jpg

▼ココはモダンな和室。

141106izumi4.jpg

▼襖を閉めると、こうなりますnote

141106izumi4-2.jpg

▼この階段も大工さんの手によります。

2階へGOup

141106izumi5.jpg

▼主寝室には小屋裏に通じる固定の階段があります。

でも途中までしか階段がないよぉwobbly

どうやら壁に立てかけている梯子が、その上に置かれるようです。

141106izumi5-2.jpg

▼これです。

141106izumi5-3.jpg

▼小屋裏に上がったら、美装屋さんがお掃除中でした。

141106izumi6.jpg

▼こちらでは窓の掃除を行っていました。

141106izumi6-2.jpg

▼さてここはキッズルームpenguin

現在はワンルームですが、2室に仕切られるようになっていて、

両端のクロスの色が違いますchick

141106izumi7.jpg

141106izumi7-2.jpg

▼ここで登場したのは、元現場監督の樋渡コンシェルジュ。

窓についてcatに解説してくれました。

141106izumi7-3.jpg

▼2枚の写真を見比べると分かるのですが、

片開き戸と引き違い戸(下)では、

窓台の奥行きが違ってきます。

どの窓タイプを選ぶかで、窓台の使い方も

変わってくるねhappy02

141106izumi7-4.jpg

141106izumi7-5.jpg

 

 

2014年10月28日

福岡市西区泉・リポート⑰

catで~す。

今日は10月28日(火)。

福岡市西区泉の建築現場にやってきましたhappy01

▼本日の外観

141028izumi1.jpg

▼今日は人がいっぱいheart02

表には左官の江藤親方でしょ…

141028izumi1-2.jpg

▼にこやかな笑顔はクロスの小島親方wink隣は木村現場監督。

141028izumi1-3.jpg

▼このバケツに水をたくさん入れ、

モルタルづくりに取り掛かります。

141028izumi2.jpg

▼小分け用のバケツに水を入れ、モルタル材の粉を

入れます。

141028izumi2-2.jpg

▼江藤親方が手にしているのは、ミキサーsign01

これは、ケーキミックスを混ぜるのと同じだニャheart02

141028izumi2-3.jpg

▼料理器具のブレンダ―を巨大にしたようなミキサーで攪拌し、

水を追加し…

141028izumi2-4.jpg

▼粉も追加する…というわけですbleah

141028izumi2-5.jpg

▼再び攪拌して完成noteホットプレートでおいしく焼けそうな…

141028izumi2-6.jpg

▼では室内へ。

前回、キッチン奥にはスパイスコーナーができると書きましたが、

キッチンのパネルと同素材のきれいなパネルが貼られると…

ウ~ン、スパイスコーナーになるのかどうか、

cat、自信がなくなってきたよsad

141028izumi3.jpg

▼田口大工です。

141028izumi4.jpg

▼畳コーナーの収納棚をつけているところです。

141028izumi4-2.jpg

▼高田大工は、階段下の収納スペースを作成中。

141028izumi4-3.jpg

▼2階には、電気工事の増田さんの姿が…。

141028izumi5.jpg

▼これは、きちんと通電しているかどうか、

チェックしているところですhappy02

141028izumi5-2.jpg

▼この階段は小屋裏に通じています。

そこから物音がするのです。

141028izumi5-3.jpg

▼そう、さっき表にいた小島さん。

141028izumi5-4.jpg

▼クロスを貼る前に下地作業、パテ塗りを行っていましたhappy01

141028izumi5-5.jpg

▼ではお二人さん、バイバ~イsign01

141028izumi6.jpg

▼このモルタルは、どこに使われるのでしょうか…

141028izumi7.jpg

▼ここですsign01

基礎の周囲のモルタル塗り作業です。

まずは江藤息子さんが下塗りをします。

141028izumi7-2.jpg

▼その表に江藤親方が“寒冷紗(かんれいしゃ)”と呼ばれる

布のようなものを貼ります。

141028izumi7-3.jpg

▼その上からきれいに均すように塗ります。

ここで終わりではなく、乾いた後に、もう一度塗るんだってlovely

141028izumi7-4.jpg

 

2014年10月24日

福岡市西区泉・リポート⑯

catで~す。

福岡市西区泉の建築現場にやってきましたhappy01

今日は10月24日(金)です。

▼足場が取れ、すっきりと美しい外観が姿を現しましたshine

141024izumi1.jpg

▼みなさん、缶コーヒーで、ちょっと休憩wink

141024izumi2.jpg

▼その間に室内に入りました。

壁のボードはほぼ張り終わっています。

141024izumi3.jpg

▼この写真の右側は、キッチンに接する収納カウンター。

その左側も収納バッチリですhappy01

141024izumi4.jpg

▼段差を付けた棚。

「ここには何々を置くから…」と、どのお客様も

本当に詳細まで考えて設計依頼をします。

この棚は、どうなるんだろうニャアnote

楽しみですゥup

141024izumi4-2.jpg

▼この棚の最上段なんて、使用目的が決まっていないはずがないsign01

そんな高さですよねwink

141024izumi4-3.jpg

▼こちらはキッチン側。

リビングダイニングからは見えない位置にも収納スペースを設けています。

catはスパイスコーナーと予測したよlovely(誰でも分かるよね)

141024izumi4-4.jpg

▼では2階へGOhappy01

141024izumi5.jpg

▼大工さんの手による、見事な階段が完成していましたbleah

141024izumi5-2.jpg

141024izumi5-2-2.jpg

▼では吹き抜けに面した、この腰壁は今後どんな形に変化するのでしょうか…

これも楽しみsign01

141024izumi5-3.jpg

▼2階ホールに設けることが多いカウンター・書棚は、この位置ですwink

141024izumi5-4.jpg

▼表に出ました。

田口大工の後方に、今まさに長~い脚立に上ろうと

している男性の姿がcoldsweats01

141024izumi6.jpg

▼凄技を披露(?)しているのは、

アンテナ工事の職人さんですhappy02

141024izumi6-2.jpg

▼「お疲れさまで~すsign01

141024izumi6-3.jpg

 

2014年10月17日

福岡市西区泉・リポート⑮

catで~す。

福岡市西区泉の建築現場にやってきましたhappy01

今日は、快晴の10月17日(金)ですsun

▼近くまで来たら、現場の屋根の上に人の姿が

見えましたeye

今日は、太陽光パネル設置工事の日なんですwink

141017izumi1.jpg

▼木村現場監督も上にいましたup

141017izumi1-2.jpg

▼では、この可愛~い玄関から中に入るねbleah

141017izumi1-3.jpg

▼田口大工見っけhappy01

141017izumi2.jpg

▼道具が見えないて残念なのですが…

シュッ、シュッとカンナで削っていました。

141017izumi2-2.jpg

▼その後、ボードを取り付けました。

カンナで平らにしていたんだニャnote

141017izumi2-3.jpg

▼ビスで固定していきます。

141017izumi2-4.jpg

141017izumi2-5.jpg

▼まずビス孔をあけます。

141017izumi2-6.jpg

▼その上にグイ~ンとビスを差し込むのです。

141017izumi2-7.jpg

▼では2階へUPnote

141017izumi3.jpg

▼ここは主寝室です。

音はするけど、人の姿なし…catface

141017izumi3-2.jpg

▼聞こえてくるのは、この天井の方からです。

141017izumi3-3.jpg

▼小屋裏に通じる脚立を、cat、頑張って上ったよup

141017izumi3-4.jpg

▼その先には、高田大工shine

141017izumi4.jpg

▼小屋裏にボードを貼っているところです。

モンゴルのゲルみたいな雰囲気だニャhappy02

141017izumi4-2.jpg

▼ここも2階。ワンルームだけど、扉が2つ。

つまりココは、2人の子どものためのキッズルームですchickpenguin

最初はワンルームとして使い、子ども達が大きくなったら真ん中で仕切って、

2室として使うというわけですsign01

141017izumi5.jpg

▼1階に降りましたdown

先ほど張っていたボードの右側に、幅の狭いボードを

取り付けています。

141017izumi6.jpg

141017izumi6-2.jpg

▼では表へ…。

見慣れないこれらは、太陽光工事の職人さんの道具箱です。

141017izumi7.jpg

▼屋根が見える位置に、足場を使って上がりました。

141017izumi7-2.jpg

▼パネルの取り付けは明日です。

そのための、部材を設置しているところeye

141017izumi7-3.jpg

▼レールをネジで固定してます。

141017izumi7-4.jpg

▼木村現場監督は下に降りていました。

141017izumi8.jpg

▼サイディングの細かな補修を行っています。

141017izumi8-2.jpg

 

2014年10月10日

福岡市西区泉・リポート⑭

catです。

福岡市西区泉の建築現場にやってきましたhappy01

きょうは、旧体育の日baseball10月10日(金)です。

▼本日の外観

141010izumi1.jpg

141010izumi1-2.jpg

▼シンプルな外観のアクセント壁はドア回りheart02

141010izumi1-3.jpg

▼では室内へ…。

141010izumi2.jpg

▼これは先週の写真です。

窓部分は「一旦フルサイズのボードを貼り、その後、繰り抜くのです」と

前回解説しました。

141010izumi3.jpg

▼ホラッ、正解だったニャheart02

141010izumi3-2.jpg

▼ここは2階です。

天井裏部分の電気配線を終わらせたら

台の上に置いているボードを天井に貼ります。

141010izumi4.jpg

catの力では1枚を1㎝動かすこともできないほど

重いですwobbly

141010izumi4-2.jpg

▼2回の別室。

ここには小屋裏に通じる階段が付きます。

壁に斜めに木材が置かれていますが、

これと同じくらいの角度で付くんだそうですnote

今日は昼休みに到着してしまい、

大工さんも、他の職人さんもだ~れもいない

現場でしたcoldsweats01

141010izumi5.jpg

 

2014年10月 3日

福岡市西区泉・リポート⑬

catです。

今日は10月3日(金)。

福岡市西区泉の建築現場にやってきましたhappy01

▼本日の外観。

断熱材・キューワンボートの上に、

通気胴縁が付いていますeye

141003izumi1.jpg

▼外壁の取り付けも始まっています。

141003izumi1-2.jpg

▼職人さん、いましたwink

141003izumi1-3.jpg

▼では室内へ…。

141003izumi2.jpg

▼今日も田口大工は1階に。

壁の面材を運んでいますpunch

141003izumi2-2.jpg

▼壁に置きます。

141003izumi2-3.jpg

▼ビスで留めます。

141003izumi2-4.jpg

▼カットした面材も無駄にはしません。

ビスを留める時の、面材を支えるためであり、

ビスを打つ位置の目安にもなるのですhappy01

141003izumi2-5.jpg

▼次はその隣の位置。

この窓の下に面材を貼るために、今寸法を

測っているところです。

141003izumi2-6.jpg

▼では2階へ行ってみようup

141003izumi3.jpg

▼高田大工も面材をカット、取り付け中ですnote

141003izumi3-2.jpg

▼ヒョイヒョイと歩いていますが、

ここは吹き抜けの最上部に近い位置の窓ですwobbly

141003izumi3-3.jpg

▼こういう位置です。

141003izumi3-4.jpg

▼2階の壁の取り付けはほぼ完了していましたcatface

来週、高田大工はどの場所にいるのかニャsign02

141003izumi3-5.jpg

▼では1階へ…。

オヤオヤッ、窓がなくなっているcoldsweats02

そっか、一旦全面にボードを貼り、窓の部分を繰り抜くのですねhappy02

141003izumi4.jpg

 

 

2014年9月26日

福岡市西区泉・リポート⑫

catで~す。

快晴sunの9月26日(金)、

福岡市西区泉の建築現場にやってきましたhappy01

▼本日の外観

140926izumi1.jpg

▼室内。1階。奥に田口大工の姿が見えますeye

140926izumi2.jpg

▼もう一人は、電気工事の増田さんwink

140926izumi2-2.jpg

▼長~い角材を外に出そうとしています。

140926izumi2-3.jpg

▼田口大工が1階にいるということは、

高田大工は2階だニャbleah

140926izumi2-4.jpg

▼木村現場監督も一緒heart02

140926izumi3.jpg

▼きれいな床材sign01

140926izumi3-2.jpg

▼二人して、木材談義に花を咲かせていましたheart04

140926izumi3-3.jpg

▼床材は、トン、トンと押して隙間をなくした後、釘を斜めに打ち込んで

固定させます。

140926izumi3-4.jpg

▼吹き抜けに立てかけていた木材が、

2階用の床材だったようです。

140926izumi4.jpg

▼次に敷く板を選ぶ高田大工。

140926izumi4-2.jpg

▼木目のチェックsign01

catの今までの経験から推測すると、曲がりがないか

どうかの確認だと思うニャhappy02

140926izumi4-3.jpg

▼そして高田大工と言えば、笑顔happy01

140926izumi4-4.jpg

▼床材を運んで行きました。

140926izumi4-5.jpg

▼1階に降りると、増田さんが作業中。

140926izumi5.jpg

▼電気コードを束ねるステープルを金づちで固定しているところですpunch

140926izumi5-2.jpg

▼田口大工は、どうやら外にいるようですnote

140926izumi6.jpg

▼玄関にいたよup

140926izumi6-2.jpg

▼これも「下地をつくっている」と言うのかニャあwobbly

140926izumi6-3.jpg

▼天井軒裏に張るボードの下地となる

木材に釘打ちをしているところです。

140926izumi6-4.jpg

▼今日は日差しが強いです。

紫外線も強いですsun

お肌がデリケートな田口大工、日焼け止めは

塗らなくても大丈夫かにゃ~catface

140926izumi6-5.jpg

▼では、頑張ってくださいhappy02

140926izumi6-6.jpg

 

 

 

2014年9月19日

福岡市西区泉・リポート⑪

catです。今日は9月19日(金)。

福岡市西区泉の建築現場にやってきました。

▼本日の外観。

家全体が、外張断熱材のキューワンボードで覆われましたbleah

ピカピカですshine

140919izumi1.jpg

▼1階。

部屋の中心にデンッと置かれた材料は…

140919izumi2.jpg

▼床材。杉無垢材ですwink

140919izumi2-2.jpg

▼2階に上がってみようup

140919izumi3.jpg

▼間柱の間に渡した中差しを、クランプで締めつけています。

140919izumi3-2.jpg

▼これも“養生”って言うのかニャぁgawk

140919izumi3-2-2.jpg

▼2階はこんな様子です。

140919izumi3-3.jpg

▼田口大工は1階にいました。

140919izumi4.jpg

▼浴室になる場所で作業中です。

140919izumi4-2.jpg

▼基礎の上、土台に接する部分に木材を付けています。

140919izumi4-3.jpg

▼四方を作っていきます。

140919izumi4-4.jpg

▼残るはこの1面。

140919izumi4-5.jpg

▼下地の板を、まずは張るようですhappy02

140919izumi4-6.jpg

 

 

2014年9月12日

福岡市西区泉・リポート⑩

catで~す。

福岡市西区泉の建築現場で~すhappy01

今日は9月12日(金)で~すbleah

▼本日の外観

140912izumi1.jpg

▼では室内へ…。

この家は玄関がとっても広いですwink

140912izumi2.jpg

▼多分ベビーカーごとシューズクローゼットに入れるように

考えているのだと思いますheart02

140912izumi2-2.jpg

140912izumi2-3.jpg

▼1階。シーン…静かです。

140912izumi3.jpg

▼そこでこの階段を使って2階へup

140912izumi3-2.jpg

▼先週作業を行っていた個所には、窓が付いていましたhappy02

140912izumi3-3.jpg

▼ここはバルコニー。

外張断熱材のキューワンボードが置かれています。

140912izumi4.jpg

▼このように外側をすっぽりとキューワンボードで覆っていくのですshine

140912izumi4-2.jpg

▼田口大工がキューワンボードのカット作業を行っています。

140912izumi4-3.jpg

▼墨で印を付けます。

140912izumi4-4.jpg

▼墨で付けた線のとおりに丸ノコで切っていきます。

140912izumi4-5.jpg

140912izumi4-6.jpg

▼それを持って…

140912izumi5.jpg

140912izumi5-2.jpg

140912izumi5-3.jpg

▼この窓の横に付けるようです。

140912izumi5-4.jpg

▼はめ込みます。

140912izumi5-5.jpg

▼手でトントンと押し込みます。ピッタリsign01

140912izumi5-6.jpg

catも足場に上がったので、ここから田口大工の様子を見てみようbleah

140912izumi6.jpg

▼ゴンゴン、グイッという音が聞えます。

140912izumi6-2.jpg

▼雨避けのため(sign02)に張っていた合板を

はずしています。

140912izumi6-3.jpg

140912izumi6-4.jpg

140912izumi6-5.jpg

▼キューワンボードを室内に移動させていますdash

今からここにサッシ窓を設置するためだそうですhappy01

140912izumi6-6.jpg

 

2014年9月 4日

福岡市西区泉・リポート⑨

catで~す。

福岡市西区泉の建築現場にやってきました。

▼本日9月4日(木)の外観。

140904izumi1.jpg

▼田口大工が足場に立ってボードの取り付けを

行っています。

140904izumi2.jpg

▼横で写真を撮ることが本当に申し訳ないcoldsweats01

…そんな気持ちになるほど、

力のいる作業なのです。

140904izumi2-2.jpg

▼自分の背丈よりも長いボードなので、

コンコンとはめ込むのもひと仕事ですhappy02

140904izumi2-3.jpg

▼キチッと納まったところでビスを打っていきます。

140904izumi2-4.jpg

▼左側が浮かないよう、金づちではめ込みます。

140904izumi2-5.jpg

▼ボードの中央をビス打ちしますpunch

140904izumi2-6.jpg

▼室内に入ると、木村現場監督の姿がありました。

“やらせ”のポーズに見えますが、実はそうではニャ~いhappy02

まだまだ照れがあるため、ポーズがぎこちなく

なってしまうのですbleah

140904izumi3.jpg

▼この画像は先週撮影したもの。

田口大工が作業を行っていたここは、今日どうなっているでしょうかsign02

先週のお約束どおり、結果発表ですsign01

140829iizumi4-2.jpg

▼ジャ~ンheart02

窓台が付き、ボードも張られています。

140904izumi4.jpg

▼ここでcatは気づいたよ。

取り付け前の窓は、設置場所近くに置かれます。

この写真の場合、左下の窓が、先週田口大工が

一生懸命作業を行っていた場所に取り付けられるということです。

…ということは、一旦ボードを張りつつも、窓のサイズに合わせて

ボードをカットするという手間がかかっているということです。

140904izumi4-2.jpg

▼大工仕事は表に見えない部分でも、

たくさん作業があるんだニャァwobbly

 

 

 

2014年8月29日

福岡市西区泉・リポート⑧

catです。

4日前に上棟した、福岡市西区泉の現場にやってきました。

8月29日(金)の午後1時少し前ですhappy01

▼本日の外観

140829iizumi1.jpg

▼大工さんって、チョイチョイっと、便利グッズを作成するねhappy02

140829iizumi2.jpg

▼作業道具を置くための、ちょっとしたカウンターですhappy02

140829iizumi2-2.jpg

▼昼食休憩を終えた田口大工が戻ってきましたdash

140829iizumi3.jpg

▼「読み込む」と表現したいくらい入念に図面を見ます。

140829iizumi3-2.jpg

▼水平を示す機械・オ―トラインレーザーのスイッチを入れます。

140829iizumi3-3.jpg

▼この小さな機械が、赤いレーザービームを発するのですnote

140829iizumi3-4.jpg

▼これから作業を行う間柱にレーザーが当たっています。

140829iizumi3-4-2.jpg

140829iizumi3-4-3.jpg

▼レーザーの光を基準点にして、

メジャーで印を付けます。

140829iizumi3-5.jpg

▼お手製の作業台を運びます。

140829iizumi4.jpg

▼まず作業をするのは、右側の柱。

140829iizumi4-2.jpg

▼道具を持って…

140829iizumi4-3.jpg

▼作業台に「よいしょsign01

140829iizumi4-4.jpg

▼切り目を入れていきます。

140829iizumi4-5.jpg

▼このように切り目が入りました。

140829iizumi4-6.jpg

▼同じ柱の下部にも印を付けます。

140829iizumi4-7.jpg

▼ここにも丸ノコで切り目を入れます。

140829iizumi4-8.jpg

▼再びオ―トラインレーザーのスイッチを入れます。

140829iizumi5.jpg

▼左側の柱にレーザービームが当たっています。

こちらでも、差金を使って測ります。

140829iizumi5-2.jpg

▼そして切り目を入れます。

140829iizumi5-3.jpg

140829iizumi5-4.jpg

▼再び右側の作業にかかるため、台に上ります。

140829iizumi6.jpg

▼さきほど切り目を入れたところに、ノミを当てます。

140829iizumi6-2.jpg

▼削っていきます。

140829iizumi6-3.jpg

▼四角い凹ができました。

cuteこの後、どんなふうになるのかニャsign02

それは次週のお楽しみwink

140829iizumi6-4.jpg

 

 

2014年8月28日

福岡市西区泉・リポート⑦~上棟後編

catです。

福岡市西区泉での、8月25日(金)午後の

作業をリポートしますhappy01

▼施主のおもてなしの昼食会が終わり、大工さん達は仕事を再開sign01

140825izumi-joutou-a.jpg

▼午後一番にやってきたのは…

140825izumi-joutou-b1.jpg

▼第三者検査機関「ホームリサーチ」の検査員の方です。

140825izumi-joutou-b2.jpg

▼一体何カット撮っているんだろうsign02…と思うほど、

あらゆる個所の作業の“出来”を入念にチェックの上、写真撮影しますcamera

140825izumi-joutou-b3.jpg

▼屋根の先端の「鼻隠し」と呼ばれるものを取り付けています。

140825izumi-joutou-c.jpg

140825izumi-joutou-c2.jpg

▼垂木の上に張る屋根断熱材「キューワンボード」が

届きましたdash

140825izumi-joutou-d.jpg

▼流れ作業で、屋根の反対側に運びますbleah

140825izumi-joutou-d2.jpg

▼それを設置します。

140825izumi-joutou-d3.jpg

140825izumi-joutou-d4.jpg

140825izumi-joutou-d5.jpg

▼屋根に断熱材を張るころ、そこに姿がない大工さん。

その一人は高田大工。

140825izumi-joutou-e.jpg

▼ボードをカットしていますhairsalon

140825izumi-joutou-e2.jpg

▼これは外壁材ですねwink

140825izumi-joutou-e3.jpg

▼この部分の外壁材は、上棟の日の作業として行われますeye

140825izumi-joutou-e4.jpg

▼屋根にいないもう一人の大工さん、それは泊親方です。

高田大工が加工した外壁材を張るのが、

泊親方の仕事ですhappy01

140825izumi-joutou-e5.jpg

140825izumi-joutou-e6.jpg

▼「オ~イ、これば持って行っちゃってぇsign01」と、高田大工が泊親方を呼びます。

140825izumi-joutou-e7.jpg

▼「こげな狭か所で、回れるわけがなかろうもん。

ブツブツブツ…」と泊親方bearing

140825izumi-joutou-e7-2.jpg

140825izumi-joutou-e7-3.jpg

▼この角ッこが難しいsign01

140825izumi-joutou-e7-4.jpg

▼「アッ、回れたsign01」と泊親方bleah

140825izumi-joutou-e7-5.jpg

140825izumi-joutou-e7-6.jpg

▼そうしているうちに、上では断熱材にテープを張る作業が始まっていましたhappy01

140825izumi-joutou-f.jpg

▼不要な個所はカットしますshine

140825izumi-joutou-f2.jpg

140825izumi-joutou-f3.jpg

140825izumi-joutou-f4.jpg

140825izumi-joutou-f5.jpg

▼先端部分は太い気密テープを使用するため、

二人がかりの作業ですscissors

140825izumi-joutou-f6.jpg

▼お掃除をする木村現場監督。

先ほど好樹大工がカットした断熱材の細かい材料片が残っていると、

きれいに気密テープを張ることができないため、

掃除も重要な作業の一つなのですshine

140825izumi-joutou-f7.jpg

▼屋根断熱の上には、通気胴縁が付けられました。

140825izumi-joutou-g.jpg

▼屋根の反対側でも、その作業が始まりました。

140825izumi-joutou-g2.jpg

▼通気胴縁の上には、この合板が張られ、

上棟日の大工さんの仕事は完了となります。

140825izumi-joutou-g3.jpg

▼合板の上には、防水のためのアスファルトルーフィングが、

屋根屋さんによって施されますhappy01

140825izumi-joutou-g4.jpg

 

2014年8月25日

福岡市西区泉・リポート⑥~上棟前編

catで~すsign01

天気予報が見事にはずれ、雨にうたれることなく、

福岡市西区泉で、本日8月25日(月)、上棟しましたlovely

▼作業を始める前に材料を覆っていたブルーシートを取ります。

材料が整然と並んでいるよconfident

140825izumi-joutou0.jpg

▼施主ご一家が到着しましたheart04

140825izumi-joutou1.jpg

▼ご主人のご両親と一緒ですwink

140825izumi-joutou1-2.jpg

▼建物が建つ四隅を清めます。

140825izumi-joutou1-3.jpg

▼棟梁を務める田口大工がお米を置きます。

140825izumi-joutou1-4.jpg

▼施主と長男のなおや君が、お神酒で清めます。

140825izumi-joutou1-5.jpg

▼木村現場監督は、お塩をまきます。

140825izumi-joutou1-6.jpg

▼今日の工事の安全を祈って、お神酒で乾杯ですsign01

140825izumi-joutou1-7.jpg

▼午前8時過ぎ、上棟に向けての工事が始まりましたsign01

140825izumi-joutou2.jpg

▼約5分でこの状態になります。

140825izumi-joutou2-2.jpg

▼柱が建つと、そこに梁をつないでいきます。

140825izumi-joutou2-3.jpg

▼梁は何本もの柱に差し込むため、柱の上から木製ハンマー(=掛け矢)で

打ち込んだり、横から打ち込んだりして、柱全てにはまるようにします。

140825izumi-joutou2-3-2.jpg

▼クレーンで吊り上げた柱に対して、大工さんがいかに機敏な動きをするか、

赤いシャツのススム大工に着目するとよく分かりますeye

140825izumi-joutou2-4.jpg

▼脚立をスッと運び…

140825izumi-joutou2-4-2.jpg

▼脚立に上がります。

140825izumi-joutou2-4-3.jpg

▼柱を片手で支えながら…

140825izumi-joutou2-4-4.jpg

▼柱の上部の凸に梁を沈めます。

140825izumi-joutou2-4-5.jpg

▼先ほどの梁と90度の位置につける細い梁を

手にして、脚立を移動させます。

140825izumi-joutou2-4-6.jpg

▼梁を持ち上げます。

140825izumi-joutou2-4-7.jpg

▼こうしている間にも、多くの大工さんがそれぞれに

梁を柱にかませています。

140825izumi-joutou2-4-8.jpg

▼複雑に接続された柱と梁です。

140825izumi-joutou2-5.jpg

▼こうして作業のスタートから25分後には、床に置かれた材料は

ほとんどなくなっていました。

140825izumi-joutou2-5-2.jpg

▼木材同士をうまくかませるために、凸凹を事前に作っておきます。

(=プレカット)

140825izumi-joutou2-6.jpg

▼泊好樹大工は、掛け矢を使って、梁を引き寄せます。

140825izumi-joutou2-6-2.jpg

▼いい位置にくると、スッと梁が沈み込むのです。

140825izumi-joutou2-6-3.jpg

▼でもそれだけでは完全にはまっているとは言えません。

掛け矢で打ち込んでいきます。

140825izumi-joutou2-6-4.jpg

▼若い大工が上に上がり、

ベテランが下から材料を上げます。

140825izumi-joutou2-7.jpg

140825izumi-joutou2-7-2.jpg

140825izumi-joutou2-7-3.jpg

140825izumi-joutou2-7-4.jpg

▼梁の取り付け完了wink次は金物です。

140825izumi-joutou3.jpg

▼金物で締めていくために、土﨑親方が準備をしています。

140825izumi-joutou3-2.jpg

▼黙々と金物を取り付けます。

140825izumi-joutou3-3.jpg

▼体が柔らかい石橋大工は、このような姿勢で付けますhappy02

140825izumi-joutou3-4.jpg

▼取り付け後。

140825izumi-joutou3-5.jpg

金物をは、手で締めるだけでは緩いので、

電動でガガーッと締めていきます。

140825izumi-joutou3-6.jpg

▼梁ができると、2階の床材が運ばれてきます。

140825izumi-joutou3-7.jpg

▼それを運んで敷き込みます。

140825izumi-joutou3-8.jpg

▼床ができると、2階の柱梁が運ばれます。

140825izumi-joutou3-9.jpg

▼2階柱の第一投happy01

140825izumi-joutou3-10.jpg

cat、ちょっと下に降りてみました。

奥様のご両親もやってきて、とってもにぎやかですnote

140825izumi-joutou4.jpg

▼下から見上げるの図。

140825izumi-joutou4-2.jpg

▼再び足場に上がると、こんな状態up

140825izumi-joutou4-3.jpg

▼柱に梁をかませる、前田大工。りりしい表情ですpunch

140825izumi-joutou4-3-2.jpg

▼力仕事もニコニコ顔は、泊親方happy02

140825izumi-joutou4-4.jpg

140825izumi-joutou4-4-2.jpg

▼そして、梁の上にスックと立つ土﨑篤朗大工。

140825izumi-joutou4-5.jpg

▼好樹大工と一緒に梁を降ろします。

140825izumi-joutou4-6.jpg

▼そして掛け矢を打ちつけますannoy

140825izumi-joutou4-7.jpg

▼泊親方は超ベテランですが、ヒョイヒョイッsign01

140825izumi-joutou4-8.jpg

140825izumi-joutou4-8-2.jpg

140825izumi-joutou4-8-3.jpg

140825izumi-joutou4-8-4.jpg

▼こうして2階の梁も取り付けが終わりました。

“頭つなぎ”と呼ばれる横架材を差し込んでいきます。

140825izumi-joutou5.jpg

140825izumi-joutou5-2.jpg

140825izumi-joutou5-3.jpg

▼泊親方と高田大工コンビによる、上棟恒例の「建て入れ直し」。

下げ振りを柱に取り付け、その柱と左右の柱を床と垂直に建てる…という作業。

140825izumi-joutou5-4.jpg

▼泊親方が手にした「屋起こし№1」をギュギュッとねじることで、

柱が真直ぐに建つのです。

140825izumi-joutou5-4-2.jpg

▼ちょうど良いところで、仮筋交いに釘を打って固定させます。

140825izumi-joutou5-4-3.jpg

▼さて上では…。

小屋裏の床部分が敷かれています。

140825izumi-joutou5-5.jpg

▼そこに運ばれてきたのは、

上棟に向けての木材sign01

小屋束と母屋です。

140825izumi-joutou5-5-2.jpg

▼その荷ほどきをします。

140825izumi-joutou5-5-3.jpg

▼ピョンピョンと建つのが、小屋束。

140825izumi-joutou5-6.jpg

▼小屋束に乗っかった梁が母屋。

この一番高い位置の母屋が「棟木」です。

140825izumi-joutou5-7.jpg

▼この時点で「棟木が上がった」という状態になりましたhappy01

140825izumi-joutou5-8.jpg

▼石橋大工が付けているのは、仮筋交い。

小屋束・母屋を垂直・水平に建たせるためです。

140825izumi-joutou6.jpg

▼そして木と木をつなぐこの金物は「カスガイ」。

「子はカスガイ」と同じ意味ですねぇconfident

140825izumi-joutou6-2.jpg

▼田口大工と好樹大工が、真直ぐかどうかの“とおり”を、

母屋の両端で見ています。

140825izumi-joutou6-3.jpg

▼母屋が付いたら、いよいよ垂木の取り付けです。

140825izumi-joutou6-4.jpg

▼垂木を設置する部分が、

たまたまプレカット処理されていなかったため、

その場でノミを使って削っている石橋大工。

140825izumi-joutou6-5.jpg

140825izumi-joutou6-5-2.jpg

▼そこに垂木を付けます。

 

140825izumi-joutou6-6.jpg

▼ススム大工は垂木を釘で留めます。

140825izumi-joutou6-7.jpg

▼要所要所はタルキックという名称のビスで留めます。

140825izumi-joutou6-8.jpg

▼こうして垂木の取り付け完了sign01

上棟なったよぉheart02

140825izumi-joutou6-9.jpg

▼正午過ぎ。

昼食会が始まりましたlovely木村現場監督がご挨拶。

140825izumi-joutou7.jpg

▼田口棟梁がご挨拶。

140825izumi-joutou7-2.jpg

▼施主が大工さん達に温かい言葉をくださいました。

140825izumi-joutou7-3.jpg

▼福岡工務店社長・阿久津の発声により、お茶で乾杯shine

140825izumi-joutou7-4.jpg

▼おいしい食事に、penguinなおや君もピース

140825izumi-joutou7-5.jpg

▼大工さんたちも、施主のおもてなし料理に下鼓を打ちましたheart02

140825izumi-joutou7-6.jpg

2014年8月23日

福岡市西区泉・リポート⑤

catで~す。

本日8月23日(土)に、catは福岡市西区の建築現場に行きましたhappy01

▼人の動きを感じるよsign01

140823idumi1.jpg

▼田口大工ですsign01

8月25日(月)予定の上棟を前に、作業を行っていますwink

140823idumi2.jpg

▼「土台敷き」はもちろん完了してます。

今行っているのは、大工さん言葉で言うところの「材料を配っているところ」。

上棟の日に大工さん全員で行うこともありますが、

田口大工は棟上げがスムーズに進むように、こうして段取りをしているのですbleah

140823idumi3.jpg

▼こうして明後日、上棟を迎えます…note

140823idumi4.jpg

 

2014年8月18日

福岡市西区泉・リポート④

catです。

今日は8月18日(月)です。

福岡市西区泉の建築現場では、

今朝、第三者検査機関ホームリサーチによる、

基礎工事の検査が行われたそうです。

▼その時間には、間に合わなかったぁwobbly

140818izumi1.jpg

▼木村現場監督が何かをチェックしています。

「立ち上りコンクリートの上部の高さが均一かどうかを

調べています」

140818izumi2.jpg

▼全体に、金物がニョキニョキと立っています。

140818izumi3.jpg

▼この金物が立っている個所が、立ち上りコンクリートが

打たれたところです。

140818izumi4.jpg

▼黄色の小さなポッチが見えますか?

これが上部の目印。

飛び出していてもいけないし、埋まっていてもいけないのです。

バッチリですねnote

140818izumi4-2.jpg

▼これは別の現場で撮った写真ですが、

黄色いポッちは、実はこのような長い棒です。

ここにコンクリートを流し込むというわけなのですhappy02

140818izumi4-2-imajuku.jpg

 

2014年8月 8日

福岡市西区泉・リポート③

catです。

今日は8月8日(金)。

▼福岡市西区泉の現場にやってきました。

140808izumi1.jpg

▼基礎工事の工程の一つ、

「立ち上りコンクリート」が完了し、

只今“養生中”happy01

140808izumi2.jpg

▼最も外側が、鉄製の型枠。その内側の白いものが断熱材。

その内側がコンクリートです。

養生が終ったら、型枠が取り外されますwink

140808izumi3.jpg

 

 

2014年8月 1日

福岡市西区泉・リポート②

catで~す。

今日は8月1日(金)。

福岡市西区の現場が始動していますhappy01

▼本日の模様。

「捨てコンクリート」完了sign01

140801izumi1.jpg

▼基礎に鉄筋を入れるための「配筋」が控えています。

その前に墨を打つ作業を行っているところです。

140801izumi2.jpg

140801izumi2-2.jpg

▼鉄筋と鉄筋の間隔を測っているのは、小松さん。

今日は顔が見えませんcoldsweats01

140801izumi2-3.jpg

▼右側の鉄の棒が、配筋に使う鉄筋。

左側が、型枠です。

140801izumi2-4.jpg

 

2014年6月28日

福岡市西区泉・リポート①~地鎮祭

catです。

今日は6月28日(土)です。

福岡市西区泉で、めでたく上棟の日を迎えましたhappy01

140628izumi-jichinsai1.jpg

▼式が始まりました。

全員起立。低頭します。

140628izumi-jichinsai1-2.jpg

▼神主さんが大幣を振ります。

140628izumi-jichinsai2.jpg

▼列席者を大幣を使って清めてくれます。

140628izumi-jichinsai2-2.jpg

▼施主が行う最初の行事は「四方祓いの儀」。

神主さんからお神酒が渡されます。

140628izumi-jichinsai3.jpg

▼敷地の四隅を清める「四方祓いの儀」。

神官さんの先導によって、表に出ます。

140628izumi-jichinsai3-2.jpg

▼施主がそれに続きます。

140628izumi-jichinsai3-3.jpg

▼神官さんが大幣で清めます。

140628izumi-jichinsai3-4.jpg

▼全員が見守る中…

140628izumi-jichinsai3-5.jpg

▼施主が御神酒で清めます。

140628izumi-jichinsai3-6.jpg

▼福岡工務店の社長・阿久津がお塩で清めます。

140628izumi-jichinsai3-7.jpg

▼これを四隅で行います。

長男のなおやくんも、パパと一緒に清めますchick

140628izumi-jichinsai3-8.jpg

▼テント内に戻り、「地鎮の儀」を行います。

施主が行うのは、地鎮の儀の「刈初の儀」。

エイッ、エイッと声を出し、萱を刈り取るのです。

140628izumi-jichinsai4.jpg

▼なおやくんも、一人でできましたpenguin

140628izumi-jichinsai4-2.jpg

▼ママと一緒に「鍬入れの儀」を行いました。

140628izumi-jichinsai4-3.jpg

▼「杭打ちの儀」は福岡工務店が…。

社長と木村現場監督がコンビを組みます。

140628izumi-jichinsai4-4.jpg

▼続いて「玉串奉奠」。

玉串を祭壇にお供えし、二礼二拍手二礼を行います。

140628izumi-jichinsai5.jpg

▼施主のご両親です。

140628izumi-jichinsai5-2.jpg

▼阿久津が代表して、祭壇に入りました。

140628izumi-jichinsai5-3.jpg

▼こうして地鎮祭が終了しました。

140628izumi-jichinsai6.jpg

▼最後も全員起立。低頭note

140628izumi-jichinsai6-2.jpg

▼神主さんからお神酒をいただき、これからの工事の安全と家内安全を

お祈りしましたwink

140628izumi-jichinsai6-3.jpg

▼神主さんが手にしているのは「上棟札」。

これに氏名を書き、上棟の日に棟木(柱の一番高い所)に

取り付けるのです。

140628izumi-jichinsai6-4.jpg

▼最後はご近所にご挨拶note

140628izumi-jichinsai6-5.jpg

▼地鎮祭、おめでとうございますsign01

ここで初めてお顔が見えたのは、次男のけいごくんで~すchick

これからcatがリポートしていきますねぇbleah

140628izumi-jichinsai7.jpg