2014年5月30日

福岡市西区下山門・リポート⑧~上棟前編

catです。

晴天sunの本日5月30日(金)、

福岡市西区下山門で上棟の日を迎えましたhappy01

▼出番待ちの木材達lovely

140530shimoyamato-joutou0.jpg

▼施主ご一家が到着しました。

ゆいちゃんが、この現場の棟梁を務める泊親方にご挨拶chick

140530shimoyamato-joutou0-2.jpg

▼この後幼稚園に行くため、制服姿ですpenguin

140530shimoyamato-joutou0-3.jpg

▼作業を始める前に、建物の四隅を清めます。

泊親方はお米をまきます。

140530shimoyamato-joutou0-4.jpg

▼田之上現場監督はお塩をまきます。

140530shimoyamato-joutou0-5.jpg

▼施主はお神酒で清めます。

140530shimoyamato-joutou0-6.jpg

▼工事の安全を祈ってお神酒で乾杯しますsign01

140530shimoyamato-joutou0-7.jpg

▼いよいよ作業がスタートsign01第一投ですup

140530shimoyamato-joutou1.jpg

▼みんなで黙々と柱を建てていきます。

140530shimoyamato-joutou1-2.jpg

▼最初の梁の取り付けです。

140530shimoyamato-joutou1-3.jpg

▼重く大きな梁を…

140530shimoyamato-joutou2.jpg

▼助け合って持ち上げますpunch

140530shimoyamato-joutou2-2.jpg

▼オヤッ、いつもと違う…気づきましたか?

140530shimoyamato-joutou2-3.jpg

▼実は足場の配置変更作業を併行して行っています。

そのため何とクレーンで梁を吊り上げず、

すべて“人力”でやっているのですhappy02

140530shimoyamato-joutou2-5.jpg

▼この臨機応変の対応力sign01

140530shimoyamato-joutou2-6.jpg

▼そして力sign01

140530shimoyamato-joutou2-7.jpg

cat、びっくりしちゃって…

140530shimoyamato-joutou2-8.jpg

▼ここで紹介する以外にもたっくさん撮影しましたsign01

140530shimoyamato-joutou2-9.jpg

▼ベテランの大工さんがいるというこは、本当に「安定」しているニャぁup

……にゃぁんて、手前味噌でしたbleah

140530shimoyamato-joutou2-10.jpg

▼ゆいちゃんも、マイチェアで見守ってくれましたnote

140530shimoyamato-joutou2-11.jpg

▼By the way, ところで…

本日はcatがいる場所と大工さんの位置が結構近いので、

大工さん達のアップ写真を

たくさん撮影しようって、決めてるんですhappy01

最初は若手の前田大工note

140530shimoyamato-joutou3.jpg

▼常に黙々と作業をするばかりではなく、

楽しそうな笑顔が見えたりもしますhappy01

140530shimoyamato-joutou3-2.jpg

▼梁と梁をつなぐ「頭つなぎ」の取り付けが始まりました。

この材料も人力で上げましたup

140530shimoyamato-joutou3-3.jpg

▼1階では泊親方と土﨑親方が梁の両端に木材を付けています。

140530shimoyamato-joutou3-4.jpg

▼それをクレーンで吊り上げますnote

140530shimoyamato-joutou3-5.jpg

▼ここでお待ちかね、クレーンが登場shine

140530shimoyamato-joutou3-6.jpg

140530shimoyamato-joutou3-7.jpg

▼バルコニー部分のようです。

140530shimoyamato-joutou3-8.jpg

▼金物で留めていきます。

140530shimoyamato-joutou3-9.jpg

▼そこに運ばれてきたのは床材wink

140530shimoyamato-joutou4.jpg

▼石橋大工が、いつも真っ先に床材を降ろします。

140530shimoyamato-joutou4-2.jpg

▼床がどんどん張られていきます。

140530shimoyamato-joutou4-3.jpg

▼床を張り終わると…

140530shimoyamato-joutou4-4.jpg

▼2階の柱、梁などを置く場所ができるため、

次々と材料がクレーンに吊られて飛んできますairplane

大工さん達がモデルさんのようなスタイルに見えるのは、

広角レンズで撮ったからsmile

140530shimoyamato-joutou4-5.jpg

▼やっぱりクレーンがあるといいねbleah

140530shimoyamato-joutou5.jpg

▼あっという間に材料が到着sign01

140530shimoyamato-joutou5-2.jpg

▼みんなで2階の柱を建てます。

140530shimoyamato-joutou5-3.jpg

▼ここまで建ったところで休憩に入ります。

140530shimoyamato-joutou5-4.jpg

▼シ~ンconfident

140530shimoyamato-joutou5-5.jpg

▼ゆいちゃんは幼稚園に行きました。

140530shimoyamato-joutou5-6.jpg

▼休憩中の大工さんたち。

140530shimoyamato-joutou5-7.jpg

▼そして再開up

140530shimoyamato-joutou6.jpg

▼肩に乗せて持ち上げる、端で、下で支える。チームワークですhappy01

140530shimoyamato-joutou6-2.jpg

▼しばらくこの梁の設置の仕方を見ていきましょう。

クレーンで運ばれた梁を、下の柱にはめ込みます。

140530shimoyamato-joutou6-3.jpg

▼クレーンのギャッジで宙づり状態のため、田口大工が腕を伸ばし、

金づちで引っ張ります。

140530shimoyamato-joutou6-4.jpg

▼上に立つ泊好樹大工が木製ハンマー(=掛け矢)でコン!と打つことで、

柱と梁の凸凹部分がかなりはまりました。

140530shimoyamato-joutou6-5.jpg

▼ここからは好樹大工の、シルク・ドゥ・ソレイユ的な動きですup

140530shimoyamato-joutou6-6.jpg

140530shimoyamato-joutou6-7.jpg

140530shimoyamato-joutou6-8.jpg

140530shimoyamato-joutou6-9.jpg

▼先ほどの梁と90度に別の梁を付けます。

140530shimoyamato-joutou6-10.jpg

▼両端で、交互に掛け矢を打つことで、

梁がキチンと納まります。

140530shimoyamato-joutou6-11.jpg

▼この状態になると、金物の取り付けにかかります。

140530shimoyamato-joutou6-12.jpg

▼斜めにはめ込むのは、火打ち梁。

140530shimoyamato-joutou7.jpg

▼2階では、“上棟名物”の建て入れ直しが行われています。

もちろん泊親方と高田大工のコンビです。

140530shimoyamato-joutou7-2.jpg

▼下げ振りを使って、仮筋交いをかけた位置の柱たちが水平に建っていることを

確認したところで、仮筋交いを釘で固定します。

140530shimoyamato-joutou7-3.jpg

140530shimoyamato-joutou7-4.jpg

▼そのころ上では…。

小屋束が建ちました。ここまでくれば、上棟に向けて猛発進だよっbullettrain

140530shimoyamato-joutou8.jpg

▼小屋束の上には母屋が付きます。

140530shimoyamato-joutou8-2.jpg

140530shimoyamato-joutou8-3.jpg

▼母屋の一番高い所が付きました。

ここが棟木なので、この時点で実は「上棟なった」わけですhappy01

140530shimoyamato-joutou8-4.jpg

▼でもみんな、あとひと仕事します。

田口大工が付けている金具は「かすがい」。

140530shimoyamato-joutou8-5.jpg

▼高田大工は黒い糸で、墨をつけています。

小屋束がすべて真直ぐかどうかの確認のためです。

140530shimoyamato-joutou8-6.jpg

▼足で小屋束を蹴っているわけではありませんcoldsweats01

小屋束のゆがみを正す、つまり人間建て入れ直し中note

140530shimoyamato-joutou8-7.jpg

▼こちらは若者3人組み。

140530shimoyamato-joutou8-8.jpg

▼田口大工

140530shimoyamato-joutou8-9.jpg

▼すすむ大工

140530shimoyamato-joutou8-10.jpg

▼泊大工

140530shimoyamato-joutou8-11.jpg

▼土﨑篤朗大工

140530shimoyamato-joutou8-12.jpg

▼石橋大工

140530shimoyamato-joutou8-13.jpg

▼みんなでここまで仕上ました。

垂木が整然と並び、きれいだニャheart02

さあ、ここでお昼up

140530shimoyamato-joutou8-14.jpg

▼施主のおもてなしの食事会が始まりました。

140530shimoyamato-joutou9.jpg

▼ご主人から温かい、ねぎらいの言葉を頂戴しました。

140530shimoyamato-joutou9-2.jpg

▼社長の阿久津が「乾杯sign01

140530shimoyamato-joutou9-3.jpg

▼おいしい食事をいただきましたぁup上棟、おめでとうございますsign01

140530shimoyamato-joutou9-4.jpg

 

 

2014年5月29日

福岡県糟屋郡・リポート⑭

catです。

福岡県糟屋郡の建築現場にやってきました。

今日は5月29日(木)ですhappy01

▼遠くから見ると…

真っ白の外壁がついていますeye

140529kasuya1.jpg

▼正面に回ると…。

大きな家なので、コチラ側のサイディングはまだまだですhappy02

140529kasuya1-2.jpg

▼まだこんなにたくさんサイディング材が置かれています。

外壁屋さん、頑張れぇup

140529kasuya1-3.jpg

▼室内には高田大工。

140529kasuya2.jpg

▼リビングに接する小上がりのようなフリースペースの床を貼っています。

140529kasuya2-2.jpg

▼凸凹なく納まるかをチェックし…

140529kasuya2-3.jpg

▼鉋をかけますpunch

140529kasuya2-4.jpg

▼こういう位置です。

140529kasuya2-5.jpg

▼さてここは2階。

cat、気づきましたshine

この部屋には入り口が2つあるゾッsign01

140529kasuya3.jpg

▼そぉっか、ここはキッズルームchickニャンだニャbleah

子ども達が大きくなったら、ワンルームを仕切ることができるように

設計されていたのですlovely

140529kasuya3-2.jpg

▼再び1階へ。

滑り止め付きの床材が付いていました。

140529kasuya4.jpg

▼1段目の板も貼ります。

140529kasuya4-2.jpg

▼完成sign01

140529kasuya4-3.jpg

▼音はするけど姿が見えず…だった、外壁屋さん達happy02

よろしくお願しま~すhappy01

140529kasuya5.jpg

 

福岡県朝倉郡筑前町・リポート⑧

catで~す。

5月29日(木)の午後1時。

暑いにゃあgawk

▼福岡県筑前町の建築現場近くの公園に車を止めましたcar

アア、この親水公園で遊びたいwave

140529chikuzenmachi1.jpg

▼この公園から、ニャ・ニャ・ニャ~ンと、現場が見えま~すup

140529chikuzenmachi1-2.jpg

▼本日の外観。

140529chikuzenmachi1-3.jpg

▼中では田口大工が黙々と仕事を行っていました。

140529chikuzenmachi2.jpg

▼今日は間柱を付ける作業のようです。

140529chikuzenmachi2-2.jpg

140529chikuzenmachi2-3.jpg

▼土台の凹にかませるのです。

140529chikuzenmachi2-4.jpg

140529chikuzenmachi2-5.jpg

▼きっちりとはまったら、ビスを打って固定します。

140529chikuzenmachi2-6.jpg

140529chikuzenmachi2-7.jpg

▼これは何だか分かりますか?

切り目が入った個所をノミで削り、窪みをつくります。

140529chikuzenmachi3.jpg

▼そうした細かい手作業によって、

間柱に筋交いがピタッとはまるのです。

140529chikuzenmachi3-2.jpg

▼芸術的ともいえるニャァnote

140529chikuzenmachi3-3.jpg

▼木がたわんでいないかをチェックしているところ…多分bleah

140529chikuzenmachi4.jpg

▼木村現場監督は何をしているのですかぁsign02

「金物のビスが正しく付けられているかどうかを

確認しています」とのことですhappy01

140529chikuzenmachi5.jpg

 

福岡市西区・リポート⑱

catです。

福岡市西区今宿の建築現場にやってきましたhappy01

今日は5月29日(木)です。

▼本日の外観

140529nishiku1.jpg

▼クロス工事が始まっていますhappy01

2階の子ども部屋ですchick

140529nishiku2.jpg

▼コチラは主寝室。

3段上がったフリースペースにブルーシートが置かれているため、

白いクロスなのですが、肉眼でも「天井のクロスは淡い水色かニャsign02」と

錯覚してしまいます。

白ってそういう効果があるから、

照明の使い方などでいろいろと楽しめるねnote

140529nishiku3.jpg

▼クロスは白で統一しているようですが…

140529nishiku4.jpg

▼よぉ~く目を凝らすと、微妙に色を変えていますbleah

140529nishiku4-2.jpg

▼1階。木を使った天井に合わせた、ウッディーなキッチンですhappy02

140529nishiku5.jpg

▼お掃除をするクロス屋さん。

小さなほこりも、クロス工事には大敵なので、

きれいに掃除をしますhappy01

140529nishiku6.jpg

▼こちらは、やさしい笑顔の親方ですwink

140529nishiku6-2.jpg

 

福岡市西区下山門・リポート⑦

catです。

上棟を明日に控えた本日・5月29日(木)、

福岡市西区下山門の建築現場にやってきましたhappy01

140529shimoyamato1.jpg

▼ちょうど足場屋さんが材料を運んでいるところでした。

140529shimoyamato2.jpg

▼この材料があるから、大工さんをはじめとする職人さん達は

安全に仕事を行うことができますwink

140529shimoyamato3.jpg

 

2014年5月28日

福岡市南区・リポート・21

catで~す。

福岡市南区の現場では、家が完成sign01

施主のご厚意により6月25日まで

モデルハウスとしてお借りすることになりましたhappy01

cute完全予約制による、お客さまお一人おひとりに対する

個別対応です。

見学をご希望の方は、福岡工務店へ

電話にてご予約ください。

電話092-586-7658

受付時間9:00~18:00(水曜日はお休みです)

140509minamiku4.jpg

140509minamiku4-3.jpg

140509minamiku5-2.jpg

 

140509minamiku6-2.jpg

▼こちらの地図を参考のご来場ください。

nakao-map1200.JPG
 

 

福岡工務店リポート・『おっ!』大会表彰式

catです。

福岡工務店と不動産福岡(=おっグループ)では、

2014年4月を「おっ!」月間」とし、さまざまな「おっ!」に

取り組んできました。

cuteその内容について、主宰した樋渡住宅コンシェルジュの

コメントを紹介させていただきますhappy01

 

みなさん、こんにちは。

「第1回『おっ!』大会」優勝の、住宅コンシェルジュ 樋渡です。

『おっ!』大会って何? そもそも『おっ!』って何?

…とお思いの方に、ご説明いたします。

福岡工務店・不動産福岡は

経営理念に「『おっ!』をつくる」を掲げています。

『おっ』とは驚きや喜びなど、

「すごい!」と感じた瞬間に発する言葉です。

この『おっ!』をコツコツと積み重ねることによって

大きな感動が生まれると信じて、

私たちは『おっ!』と感じた人に、

その理由を記載した「おっ!カード」を渡しています。

 

お客様には家づくりが始まる前に5枚お預けし、

『おっ!』と感じたスタッフ(大工さんをはじめとする職人さん、

インテリアコーディネーター、現場監督や設計、住宅コンシェルジュなど)に

渡していただくようにお願いしております。

 

そのスペシャル版として、先日「第2回『おっ!』大会」を行いました。

大会自体は不定期に行われますが、

前回の優勝者が好きな時期に開催できるというとても素敵なイベント

(桃鉄で言ったらサミットカードみたいなものでしょうか?)で、

前回の優勝者である私・樋渡は2014年4月の1ヶ月間と決めました。

大会の目的は

①理念の浸透

②普段見過ごしがちな、仲間の行動に「ありがとう」を感じてほしい

③チームワークの強化 です。

私自身は『おっ!』を意識した行動を心がけており、

その理想に近づくための行動は「ありがとうを集めることだ」と考え、

担当した建築現場では実践しています。

職人さんが仕事をしやすいように掃除や段取りなどをすれば

「ありがとう」と言っていただける。

お客様のためにと思うことを提案したら

「ありがとう」の言葉をいただくことができます。

そして完成した住宅をお客様に引き渡す時に、

お客様が職人さんや仲間の社員に

「おっ!カード」を渡してくれたらうれしいです。

何より、自分がいただいた時は最高に幸せです。

 

「この感情を社内で共有したい」「共に“ありがとう”を感じたい」と思い、

今回は社員だけではなくパートナーさん

(当社ではパート契約のスタッフをパートナーさんと呼びます)も巻き込み

全員で取り組みました。

期間中のみ有効のスペシャルカードを使い、

普段は渡さないような<ちいさな『おっ!』>に対しても渡し合う大会としました。

 

「第2回『おっ!』大会」の優勝者等は以下のスタッフです!

                福岡工務店 営業コンシェルジュ 樋渡 伸弘

 

こうして4月1日から30日までの1ヶ月間、スタッフ間で「おっ!カード」を渡し合いました。

結果は以下のとおりです。(敬称略)

1位……平山 啓貴(19枚)

        樋渡 伸弘(19枚)

3位……川嶋 大士(17枚)

4位……占部 亜紀子(12枚)

      木村 哲(12枚)

 

パートナー部門

1位……辻 真奈美(10枚)

 

スペシャル部門(最もたくさん「おっ!カード」を渡した人)

1位……川嶋 大士

 

▼前回優勝者・樋渡の司会で行いました。

140526o-hyosyo0.jpg

▼1位の平山設計士(右)と、同じく1位の樋渡住宅コンシェルジュ。

140526o-hyosyo1.jpg

▼パートナー部門の1位は辻真奈美さん。

140526o-hyosyo2.jpg

▼阿久津社長から金一封、いただきましたぁup

140526o-hyosyo3.jpg

▼スペシャル賞の川嶋住宅コンシェルジュ。

いろんな人に『おっ!』をたくさん感じたことが評価されました。

140526o-hyosyo4.jpg

▼みんなで記念撮影camera

140526o-hyosyo5.jpg

 

2014年5月25日

福岡県朝倉郡筑前町・リポート⑦~上棟後編

catで~す。

昨日5月24日(土)に福岡県朝倉郡筑前町で行われた

上棟の、昼食会の後の様子をお伝えしますhappy01

突然登場の、一人の女性kissmark

彼女は福岡工務店がお客さまの外装・内装・照明・

カーテン選びなどのお手伝いを依頼している、

インテリアコーディネーターの尾田さんです。

インテリアコーディネーターと聞くと、<見た目上>

だけのお手伝いと思われがちですが、

柱や梁が建ったばかりの、この状態での

打ち合わせも行うのです。

140524joutou1.jpg

▼大工さんが休憩をしているこの時間を活用し、

お客さまは2階にも上がって、

配線の位置などを現場監督たちと再確認をします。

三男のひろきくん、上がりま~すup

140524joutou1-2.jpg

▼お母さんも上がりま~すup

140524joutou1-3.jpg

▼打ち合わせの様子ですbleah

140524joutou1-4.jpg

catが聞き耳立てたことから判断するに、

今日は「どこに電気配線・コンセントをつけるか」「ニッチはどこにつけるか」という

お客さまの要望をお聞きする・再確認するのが目的のようですwink

140524joutou1-5.jpg

お客さまがおっしゃったことをコーディネーターの尾田さんが復唱し、

木村現場監督が「◎◎の位置にコンセントのスイッチ」と更に復唱しながら、

マジックで同様のことを書き込んだテープ(=ピンクがそれhappy02)を貼っていきます。

140524joutou1-6.jpg

▼お兄ちゃんたちは、大人の世界を堪能中shine

田之上現場監督・小屋町現場監督と談笑中です。

140524joutou1-7.jpg

▼休憩時間は、大工さんたちにとっては午後の仕事への英気を養う時間、

お客さまにとっては「今まで図面上でしか確認できなかったマイホームが

立体的になり、その現場で具体的な今後の工程を打ち合わせる」時間なのです。

catにとってはsign02……

初めて我が家の2階床に立ったお客さまの、感動のお顔に感動する時間ですsign01

ちょっとカッコつけ過ぎかニャup

でも本当に、上棟の度に思うんだニャhappy02

140524joutou2.jpg

▼さぁて、休憩後、作業が再会しました。

棟木部分の一辺は、上棟の日に壁を作ります。

その様子をお見せします。

下で泊親方がボードを適切な大きさにカットします。

それを受け取り持ち上げます。

140524joutou2-2.jpg

140524joutou2-3.jpg

140524joutou2-4.jpg

140524joutou2-5.jpg

▼梁の上を、細心の注意を払いながら歩きます。

140524joutou2-6.jpg

140524joutou2-7.jpg

▼設置に入ります。

140524joutou2-9.jpg

▼ボードを立てかけ…

140524joutou2-10.jpg

▼待ち構えていた高田大工がビスで留めていきます。

140524joutou2-11.jpg

140524joutou6.jpg

▼垂木の方には、屋根の断熱材・キューワンボードが届きました。

140524joutou3.jpg

▼キューワンボードを垂木の上に置きます。

140524joutou3-2.jpg

140524joutou3-3.jpg

▼近くで見ていると、この迫力ニャンだよぉpunch

140524joutou3-4.jpg

140524joutou3-5.jpg

▼どんどん貼られていきます。

140524joutou3-6.jpg

▼次はボードとボードのつなぎ部分に気密テープを貼る作業。

140524joutou4.jpg

▼美顔ローラーみたいなコロコロを使って隙間をなくします。

140524joutou4-2.jpg

▼こちらでは破風を取り付け中。

140524joutou4-3.jpg

▼同じ作業ですが、場所によって名称が違うんだよニャ。

ここは鼻隠し(sign02

140524joutou4-4.jpg

▼屋根断熱材・キューワンボードの表面に付ける

通気胴縁が届きました。

140524joutou4-5.jpg

▼ここでcatは現場を離れたのでありましたsign01

現場の様子は、これから毎週リポートしますぅlovely

140524joutou5.jpgsign01

 

2014年5月24日

福岡県朝倉郡筑前町・リポート⑥~上棟前編

catで~す。

今日(5月24日・土曜日)は、福岡県朝倉郡筑前町で

上棟で~すheart02

▼9人の大工さんが集合し、本日の段取りミーティングを終え、

和んでいるところに…

140524chikuzenmachi-joutou0.jpg

▼クレーン車が到着しましたrvcar

140524chikuzenmachi-joutou0-2.jpg

140524chikuzenmachi-joutou0-3.jpg

▼施主ご一家も到着note

140524chikuzenmachi-joutou0-4.jpg

▼棟梁を務める田口大工とのお引き合わせですhappy01

140524chikuzenmachi-joutou0-5.jpg

▼建築する四隅を清めます。

田口棟梁はお米を置きます。

140524chikuzenmachi-joutou1.jpg

▼木村現場監督はお塩を置きます。

140524chikuzenmachi-joutou1-2.jpg

▼施主はお神酒で清めます。

140524chikuzenmachi-joutou1-3.jpg

140524chikuzenmachi-joutou1-4.jpg

▼今日の工事が無事に進行することを祈って、全員で乾杯しますup

140524chikuzenmachi-joutou1-5.jpg

140524chikuzenmachi-joutou1-6.jpg

▼さあ、作業が始まりましたsign01石橋大工が本日の第一投を立てます。

140524chikuzenmachi-joutou2.jpg

▼クレーンオペレーターの石川さんは、

アームを伸ばして高さのチェックwink

140524chikuzenmachi-joutou2-2.jpg

▼9人でかかれば、柱が建つまではアッと言う間です。

140524chikuzenmachi-joutou2-3.jpg

▼下で支え、上で木製ハンマー(=掛け矢)を使って

コンコンコン。穴に差し込みます、

140524chikuzenmachi-joutou2-4.jpg

▼四隅のウチの2点をつなぐ位置に梁がつきました。

140524chikuzenmachi-joutou2-5.jpg

▼この場合、速やかに金物を付けて締め、梁とそれを支える柱たちが

グラグラしないよう固定します。

140524chikuzenmachi-joutou2-6.jpg

▼いろんな場所で、いろんな作業が同時進行してるのが分かりますか?

大工さんが柱や梁の取り付けを行っている時、

現場監督たちは閉じていた防護ネットを広げていきます。

140524chikuzenmachi-joutou2-7.jpg

▼梁は特に複数で協力して取り付けます。

クレーンのギャッジに梁をかませる人、下で柱を支える人、

方に梁を乗せてググッと上に持ち上げる人…。

140524chikuzenmachi-joutou2-8.jpg

▼これは最も太く大きい梁punch

140524chikuzenmachi-joutou2-9.jpg

▼梁は両端で交互に掛け矢を打ち込んで下の柱にかませていきます。

140524chikuzenmachi-joutou3.jpg

▼梁桁がざっくり出来上がりました。

140524chikuzenmachi-joutou3-2.jpg

▼クレーンに吊られて届いたのは短い木材。

梁の間に差し込んで、横ブレを防ぐための部材「頭つなぎ」です。

140524chikuzenmachi-joutou3-3.jpg

クレーンで吊り上げた石川さん、今日はあまりの晴天に、

サングラス姿bleah

140524chikuzenmachi-joutou3-4.jpg

▼頭つなぎを運び、設置する傍ら…

140524chikuzenmachi-joutou3-5.jpg

▼すすむ大工は金物を運んでいます。

140524chikuzenmachi-joutou3-6.jpg

140524chikuzenmachi-joutou3-7.jpg

▼金物の取り付けが始まりました。

手でキュッ、キュッ、と締めます。

140524chikuzenmachi-joutou3-8.jpg

▼電動で更にきつく固定します。田口大工はもっぱらコチラを担当。

140524chikuzenmachi-joutou3-9.jpg

▼そうこうしているうちに、

1階では恒例の建て入れ直しが始まりました。

140524chikuzenmachi-joutou4.jpg

▼下げ振りの目盛りを見ながら、高田大工が右手で一方向を示しています。

その方向の柱の真直ぐさをチェックする…という仕組みだと

catは解釈しております。

(間違っていたらゴメンニャサ~イcoldsweats01

140524chikuzenmachi-joutou4-2.jpg

▼おもりの付いた下げ振りの糸が真下にくるまで(=ゼロを示すまで)、

「一つ!」とか「半分!」とかの声を泊親方にかけます。

それを受けて泊親方は手にした長い棒を右や左に回転させます。

これで柱が真直ぐになるって、どういう仕組みニャンだぁ~up

何回見ても、何十回見ても、catには全く分かりませんbearing

140524chikuzenmachi-joutou4-3.jpg

▼ちょうどよい位置になったところで、

真直ぐの柱を維持するための仮筋交いに釘打ちをして固定します。

140524chikuzenmachi-joutou4-4.jpg

▼さて、2階です。

床用の合板の取り付けが始まりました。

140524chikuzenmachi-joutou4-5.jpg

▼「いろはにほへと」と数字を組み合わせた印によって、

どこに運べばよいのかが一目で分かるようになっています。

140524chikuzenmachi-joutou4-6.jpg

▼床が完成したら、2階の柱と梁が運ばれてきます。

140524chikuzenmachi-joutou4-7.jpg

▼さあ2階の建築だぁsign01

140524chikuzenmachi-joutou5.jpg

▼次々に柱が建っていきます。

140524chikuzenmachi-joutou5-2.jpg

▼柱を下で支える人、梁を持ち続ける人sign01

そして泊好樹大工は足場のバーに乗り、

超アクロバティックpunch

140524chikuzenmachi-joutou5-3.jpg

▼チームワークのすごさを、catはいつも上棟で実感します。

140524chikuzenmachi-joutou5-4.jpg

▼そして大工さんの力と技にも感動します。

140524chikuzenmachi-joutou5-5.jpg

140524chikuzenmachi-joutou5-6.jpg

140524chikuzenmachi-joutou5-7.jpg

140524chikuzenmachi-joutou5-8.jpg

140524chikuzenmachi-joutou5-9.jpg

▼ここで午前10時を過ぎました。一旦下に降りて休憩です。

140524chikuzenmachi-joutou5-10.jpg

▼田之上現場監督に質問中のご主人bleah

140524chikuzenmachi-joutou6.jpg

▼大工さんにお菓子の差し入れsign01「どうぞッ」happy01

140524chikuzenmachi-joutou6-2.jpg

▼約30分の休憩後、上棟に向けての仕事再開note

140524chikuzenmachi-joutou6-3.jpg

▼一部分床が敷かれます。これは小屋裏になる部分です。

140524chikuzenmachi-joutou6-4.jpg

▼斜めに渡した木材は「火打ち梁」。これを

金物を手で締めた後、電動でガガ―ッときつく固定しているのは、

土﨑篤朗大工。

140524chikuzenmachi-joutou6-5.jpg

▼高田大工が両手に持っているのは、「小屋束」。

140524chikuzenmachi-joutou6-6.jpg

▼小屋束が付くと、そろそろ上棟ですhappy01

140524chikuzenmachi-joutou6-7.jpg

140524chikuzenmachi-joutou6-8.jpg

▼小屋束に垂直に「母屋」が付きます。

この部分が屋根の“基礎”になります。こちらの家は屋根の形状が片流れのため、

小屋束の高さには違いがあり、傾斜ができます。

140524chikuzenmachi-joutou7.jpg

▼石橋大工とすすむ大工が付けているのが母屋です。

140524chikuzenmachi-joutou7-2.jpg

▼母屋の最も高い個所が棟木。

そうなんです、既に棟木が付いていますnote

140524chikuzenmachi-joutou7-3.jpg

▼均等の間隔でスーッ、スーッと伸びる垂木。

垂木ってきれいだなlovely

140524chikuzenmachi-joutou7-4.jpg

▼垂木を留めるのは、タルキックという名前のビスですhappy02

140524chikuzenmachi-joutou7-5.jpg

▼上棟しましたぁshine

140524chikuzenmachi-joutou7-6.jpg

▼正午過ぎ…。施主のおもてなしの昼食会ですwink

140524chikuzenmachi-joutou8.jpg

▼社長の阿久津が集まった皆さまにご挨拶。

140524chikuzenmachi-joutou8-2.jpg

▼続いて、担当の木村現場監督の挨拶。

140524chikuzenmachi-joutou8-3.jpg

▼ご主人が一気にここまで建築が進むことに

感動した旨を、お話ししてくださいました。

140524chikuzenmachi-joutou8-4.jpg

▼「これからの工事が安全に進みますように」との言葉をいただき、

おいしいお料理を大工さん・スタッフみんなで堪能しましたhappy01

上棟、おめでとうございますsign01

140524chikuzenmachi-joutou8-5.jpg

2014年5月23日

福岡県朝倉郡筑前町・リポート⑤

catで~す。

快晴sunの5月23日(金)、このお天気がとっても似合う

のどかな町・福岡県朝倉郡筑前町の現場にやってきましたhappy01

140523chikuzenmachi1.jpg

▼足場が組まれていましたwink

140523chikuzenmachi2.jpg

▼足場屋さんが今行っているのは、防護ネットの取り付け。

140523chikuzenmachi3.jpg

▼足場の更なる固定も行っています。

140523chikuzenmachi4.jpg

140523chikuzenmachi4-2.jpg

▼こちらはここを担当する、木村現場監督。

連日の屋外作業で、日焼けに磨きがかかり、表情が全く分からニャ~イcoldsweats01

140523chikuzenmachi5.jpg

▼明日はいよいよ上棟ですnote

140523chikuzenmachi6.jpg

 

 

福岡県糟屋郡・リポート⑬

catです。福岡県糟屋郡の建築現場にやってきました。

今日は5月23日(金)です。

▼本日の外観

140523kasuya1.jpg

▼これはインナーガレージから外を見た光景です。

140523kasuya2.jpg

▼玄関を入ると、斜めの板が目に飛び込んできましたsign02

140523kasuya3.jpg

▼オッ、階段ができていなんだニャhappy02

140523kasuya3-2.jpg

▼この階段は、リビングに接して2段上がった広いスペースから上がる仕組み。

大きな踊り場…と表現すればよいのでしょうかhappy01

140523kasuya3-3.jpg

140523kasuya3-4.jpg

▼その階段を上がって2階へup

140523kasuya3-5.jpg

140523kasuya3-6.jpg

▼2階でも作業音が聞こえますannoy

140523kasuya4.jpg

▼田口大工、発見note

140523kasuya4-2.jpg

▼クローゼットの枠を取り付けていました。

140523kasuya4-3.jpg

▼室内の様子。

140523kasuya4-4.jpg

▼1階に降りたら、小屋町現場監督がいたよbleah

140523kasuya5.jpg

▼高田大工と一緒に、石膏ボードを動かしていました。

140523kasuya5-2.jpg

▼いつの間にか田之上現場監督もいるよeye

140523kasuya5-3.jpg

▼表の足場には、外壁屋さんの田中・坂本義父子。

140523kasuya6.jpg

▼胴縁を付ける前に、防水シートを

ホチキスみたいな道具でパチン、パチンsign01

留めていましたnote

140523kasuya6-2.jpg

 

福岡県那珂川町西隈・リポート⑧

こんにちは、catです。

今日は5月23日(金)。

那珂川町西隈の建築現場にやってきました。

▼本日の外観happy01

外断熱材のキューワンボードが張られ、ピッカピカshine

140523nishikuma1.jpg

▼泊親方の姿を発見eye

140523nishikuma1-2.jpg

140523nishikuma1-3.jpg

▼庭側に回りました。コチラもピッカピカshine

泊好樹大工の姿も発見eyeどこにいるか、分かるかニャsearch

140523nishikuma2.jpg

▼ちょうどバルコニーの下に、いますwink

2人で、キューワンボードの上に気密テープを張っているのです。

本日中に完了する予定ですpunch

140523nishikuma2-3.jpg

▼室内の様子。

140523nishikuma3.jpg

140523nishikuma3-2.jpg

▼2階で作業をするために板を渡しているため、

よく分からないと思いますが、

ここは大きな吹き抜け部分ですsign01

140523nishikuma4.jpg

 

福岡市西区下山門・リポート⑥

catで~す。

良いお天気ですねsun今日は5月23日(金)。

福岡市西区下山門の建築現場では、

基礎工事が完了し、じっくりと養生されていましたhappy01

140523shimoyamato1.jpg

140523shimoyamato2.jpg

上棟の日を待ちわびるcatでしたbleah

2014年5月16日

福岡県糟屋郡・リポート⑫

catで~す。

明日と明後日、構造見学会を行う、

福岡県糟屋郡の建築現場にやってきました。

cute見学会の予約はコチラからsign01

https://www.fukuoka-k.jp/6oshirase/event/index.html

 

▼本日の外観

この写真の一番右側はインナーガレージです。

「福岡工務店」の宣伝幕と「おっ」の宣伝幕が重なる辺りの真下が

玄関ですhappy01

140516kasuya1.jpg

▼ここがガレージ。

敢えて壁で完全に塞がない設計です。

空間の向こうには田園風景が広がり、涼やかな風が流れてますnote

140516kasuya2.jpg

▼室内に入ってすぐ。高田大工の姿。

何をしているのかニャsign02

140516kasuya3.jpg

▼「2階ができあがっとるけん、まず見ておいで」と言われ、

catは2階へup

140516kasuya4.jpg

▼キッズルーム。

140516kasuya4-2.jpg

▼バルコニーが長~いゾッscissors

140516kasuya4-3.jpg

▼ほおらね、2室にまたがった長い長いバルコニーですwink

140516kasuya4-4.jpg

▼1階に降りましょう。

細長い枠を作っているようです。

140516kasuya5.jpg

cat分かったよ。ココは玄関です。

この窓の枠を作っているのでは…。

140516kasuya5-2.jpg

▼やっぱりhappy01

140516kasuya5-3.jpg

140516kasuya5-4.jpg

▼この家は窓のサイズや配置がユニークでカッコいいsign01

140516kasuya6.jpg

▼ユニークと言えば…。

この写真の手前はダイニングキッチンで、その向こうがリビングです。

そしてちょうど2階への脚立がかかっている手前に、

リビングと隣接して階段を2段分程の高さを上げたフリールームが

作られますsign01

140516kasuya6-2.jpg

明日・明後日は【構造】を見ていただく見学会ですが、

このフリールームのように、間取りを見ることも、

皆さんの家づくりに役立つと思いますhappy01

若干ですが、予約をお取りすることができますので、

今すぐ予約をしてねnote

https://www.fukuoka-k.jp/6oshirase/event/index.html

福岡県朝倉郡筑前町・リポート④

catで~す。5月16日(金)です。

麦がたわわに実ってきた、

朝倉郡筑前町にやってきましたhappy01

140516chikuzenmachi1.jpg

▼「今日は上棟前に大工さんが行う土台敷きのための、下準備をします」と

予め聞いていますwink

140516chikuzenmachi1-2.jpg

▼工事部2人組見っけeye

140516chikuzenmachi1-3.jpg

▼2人で基礎立ち上り部分の長さを測っていますpencil

140516chikuzenmachi2.jpg

140516chikuzenmachi2-2.jpg

140516chikuzenmachi2-3.jpg

140516chikuzenmachi2-4.jpg

▼1㎝(1ミリ?)の違いがあってもいけないのですpunch

140516chikuzenmachi3.jpg

▼この現場を担当する木村現場監督は、特に念入に図面と見比べますwink

140516chikuzenmachi3-2.jpg

▼次にレベル(=測量機器)をのぞきながら、天端の高さの確認です。

140516chikuzenmachi4.jpg

140516chikuzenmachi4-2.jpg

▼今日は給排水工事の安達さん親子も現場にいます。

140516chikuzenmachi5.jpg

▼排水管を埋め込む作業中の安達パパhappy02

140516chikuzenmachi5-2.jpg

▼2人が測量に使っていたメジャー。

「シュンッsign01」と一気に巻き取ることができるスグレものbleah

昨日福岡工務店に届いたばかりの新品で~すnote

140516chikuzenmachi6.jpg

 

福岡県那珂川町西隈・リポート⑦

catで~す。

5月12日(月)の上棟から4日が経った本日16日(金)、

那珂川町西隈の建築現場にやってきましたhappy01

▼本日の外観

140516nishikuma1.jpg

140516nishikuma1-2.jpg

▼泊好樹棟梁、パパの泊親方、小屋町現場監督が和やか~に休憩中heart02

140516nishikuma2.jpg

▼お陽サマの光が差し込むsun大きくて高い高い吹き抜けの

下にいたら、そりゃあ和むはずですhappy02

140516nishikuma2-2.jpg

▼「仕事ば再開しようかねsign01」と、脚立を上る親方。

140516nishikuma3.jpg

▼脚立が怖くて上れないcatは、下から見上げるばかりweep

吹き抜けがあるって、下から撮影ができるので、とっても便利だニャupbleah

上棟の日以外での、泊親子の2ショットは、最近ではとっても珍しい気がする…lovely

140516nishikuma3-2.jpg

▼重い重いボードを軽々と持ち上げます。

140516nishikuma3-3.jpg

▼それを親方が受け取ります。

140516nishikuma3-4.jpg

catも足場に上ったよup

140516nishikuma4.jpg

▼親子の連携sign01

140516nishikuma4-2.jpg

▼写真だと何てことなさそうに写ってしまいますが…

140516nishikuma4-3.jpg

▼力と技が必要です。

もちろんチームワークもねwink

140516nishikuma4-4.jpg

▼1階では小屋町現場監督がとっても真剣な表情。

140516nishikuma5.jpg

▼図面と付き合わせながら、確認作業を

行っていましたeye

140516nishikuma5-2.jpg

▼これはごく最近登場したコンプレッサー。

ピッカピカshine

140516nishikuma6.jpg

 

福岡市西区下山門・リポート⑤

catです。今日は5月16日(金)。

福岡市西区下山門の建築現場にやってきましたhappy01

▼基礎工事の型枠取り付けが完了している様子note

140516shimoyamato1.jpg

140516shimoyamato2.jpg

▼型枠の中の黄色いレベルポインターの位置まで

後日、コンクリートが流し込まれ(=立ち上りコンクリ―ト)、

この型枠を外したら、基礎工事はすべて終了という運びですbleah

140516shimoyamato3.jpg

 

2014年5月12日

福岡県那珂川町西隈・リポート⑥~上棟

catで~す。今日は5月12日(月)。

那珂川町西隈で、上棟の日を迎えましたsign01

▼スタートは、木材を守るために覆っていたブルーシートを

取り去ることから…happy01

140512nishikuma-joutou1.jpg

▼四隅の通し柱を建てます。

140512nishikuma-joutou1-2.jpg

▼施主ご夫妻が到着されたので、本日の工事の安全を祈って、

乾杯を行いましたconfident

140512nishikuma-joutou1-3.jpg

▼まずは柱を建てていきます。

140512nishikuma-joutou1-4.jpg

▼柱が建つと、次は梁の取り付けです。

140512nishikuma-joutou1-5.jpg

▼通常、大工さんは一人でコツコツと家づくりを行うのですが、

「建前」と呼ばれるこの日ばかりは仲間が集結し、

一致団結して上棟を目指すのですpunch

140512nishikuma-joutou2.jpg

▼チームワークってすごいなsign01…とcatが特に強く感じるのは、

このように高い位置に梁を取り付ける時ですlovely

140512nishikuma-joutou2-2.jpg

140512nishikuma-joutou2-3.jpg

▼梁の両端で、交互にハンマーを打ち降ろしながら、

徐々に柱にかませていきます。

140512nishikuma-joutou2-4.jpg

▼もちろん、下で支える人は不可欠。

140512nishikuma-joutou2-5.jpg

▼チームワークバッチリだから、梁の取り付けも早い、早いnote

140512nishikuma-joutou2-6.jpg

▼ピンクっぽいレインスーツのこの人は、渡邊大工ですeye

140512nishikuma-joutou3.jpg

▼短い木材を持ち…

140512nishikuma-joutou3-2.jpg

▼梁と梁の間に差し込みます。

140512nishikuma-joutou3-3.jpg

▼野中大工も同様に、木材にハンマーを打ち降ろして梁と梁をつなぎます。

140512nishikuma-joutou3-4.jpg

▼これは「頭つなぎ」と呼ばれる材料です。

140512nishikuma-joutou3-5.jpg

▼次は金物を使って固定させる作業。

140512nishikuma-joutou4.jpg

140512nishikuma-joutou4-2.jpg

▼金物は手で締めるだけではなく、

電動でギュイ~ンsign01しっかりと固定します。

140512nishikuma-joutou4-3.jpg

▼その頃1階では恒例の建て入れ直し。

140512nishikuma-joutou4-4.jpg

▼水平垂直を確認する「さげ振り」の目盛りを見ているのは、

棟梁を務める泊好樹大工。

トリオを組むのは永留大工とクレーンの西崎さん。

140512nishikuma-joutou4-5.jpg

▼ふと見上げると、新たな材料が2階に到着up

140512nishikuma-joutou5.jpg

▼床材です。

140512nishikuma-joutou5-2.jpg

▼電動でシュパン、シュパンsign01と勢いよく釘打ちをし、

少し飛び出したままの“釘の頭”は手動(=金づち)で打ちます。

140512nishikuma-joutou5-3.jpg

▼床ができたので、2階用の柱・梁をクレーンで吊り上げ、運びます。

140512nishikuma-joutou5-4.jpg

▼柱を建てます。

140512nishikuma-joutou5-5.jpg

▼ヒョイと持ち上げ軽々と運んでいるように見えますが、

この1本だけでも、ものすごく重いです。

catなら1ミクロンほども動かせませんcoldsweats01

140512nishikuma-joutou5-6.jpg

▼2階の梁も、協力し合って取り付けます。

140512nishikuma-joutou5-7.jpg

▼1階から見上げながら撮影をしていたら…

140512nishikuma-joutou5-8.jpg

▼材料が急接近sign01

140512nishikuma-joutou5-9.jpg

▼あわてて跳びのくcatなのでしたcoldsweats01

140512nishikuma-joutou5-10.jpg

▼只今の時間、午前10時30分。

休憩時間中です。若い大工さん達はスナック菓子が大好きwink

140512nishikuma-joutou6.jpg

▼マイホームを仲良く並んで見つめる、

施主ご夫妻lovely

140512nishikuma-joutou6-2.jpg

▼仕事が再開した11時過ぎ。

140512nishikuma-joutou6-3.jpg

▼2階の建て入れ直し中です。

140512nishikuma-joutou6-4.jpg

▼さあ、ここからは「上棟」に向けて猛スパートですpunch

140512nishikuma-joutou6-5.jpg

▼2階の上に建つこの柱は「小屋束」と呼ばれます。

小屋束に垂直にのっかるのは「母屋」と呼ばれます。

母屋の中で最も背の高いのが、「棟木」。

この写真の一番奥で2人の大工さんが梁を取り付けようとしていますが、

この部分が棟木ですhappy01

140512nishikuma-joutou6-6.jpg

▼棟木をつないでいます。

140512nishikuma-joutou6-7.jpg

▼この段階で棟木の取り付けが完了しましたsign01

そう、ここで「上棟なった」ということで~すhappy02

140512nishikuma-joutou6-8.jpg

▼きれいな片流れの屋根になるようだニャheart02

140512nishikuma-joutou7.jpg

▼小屋束と母屋は「カスガイ」という金物で固定します。

140512nishikuma-joutou7-2.jpg

▼上棟したので、ここで休憩sign01

140512nishikuma-joutou7-3.jpg

▼施主のおもてなしの昼食会が、福岡工務店の川嶋住宅コンシェルジュの

司会で始まりましたnote

140512nishikuma-joutou7-4.jpg

▼担当の小屋町現場監督がご挨拶。

140512nishikuma-joutou7-5.jpg

▼阿久津社長がご挨拶。

140512nishikuma-joutou7-6.jpg

▼好樹棟梁が施主ご夫妻にご挨拶。

140512nishikuma-joutou7-7.jpg

▼施主から大工さん達に温かい言葉をいただきました。

そして、おいしい食事会の始まり始まりぃ~happy01

140512nishikuma-joutou7-8.jpg

▼作業再開。最初に行ったのは、垂木の取り付けです。

140512nishikuma-joutou8.jpg

▼位置がずれないように、まずは釘で止めます。

140512nishikuma-joutou8-2.jpg

▼キチンと止めるために使うビスは、

垂木専用の、その名もタルキックhappy02

140512nishikuma-joutou8-3.jpg

▼垂木の上に貼る合板です。

140512nishikuma-joutou8-4.jpg

▼垂木の最先端に付ける板は「鼻隠し」と呼ばれます。

140512nishikuma-joutou8-5.jpg

140512nishikuma-joutou8-6.jpg

▼合板が付きましたwink

140512nishikuma-joutou8-7.jpg

▼そこに運ばれてきたのは、屋根の断熱材・キューワンボードsign01

140512nishikuma-joutou9.jpg

▼最初の1枚。

140512nishikuma-joutou9-2.jpg

▼どんどん貼ってきます。

140512nishikuma-joutou9-3.jpg

140512nishikuma-joutou9-4.jpg

▼専用の気密テープで止めているのは、田口大工。

いつも日焼け防止のタオルによって顔が見えませんが、

今日も見えませんcoldsweats01

140512nishikuma-joutou9-5.jpg

▼全員で気密テープ貼りnote

140512nishikuma-joutou9-6.jpg

▼キューワンボードの上に付ける胴縁を運び…

140512nishikuma-joutou9-7.jpg

▼取り付けていきます。

この写真の右端に映っているのは、本日の屋根部分の最後の作業、

ルーフィングを行う田平さん。早々と待機してくれましたhappy01

140512nishikuma-joutou9-8.jpg

cute本日の、上棟ブログはこれにてThe Endsign01

上棟、おめでとうございま~す。これからcatが毎週現場リポートを

していきますねぇ~lovely

2014年5月 9日

福岡県糟屋郡・リポート⑪

catです。今日は5月9日(金)。

福岡県糟屋郡の建築現場にやってきました。

▼本日の外観

140509kasuya1.jpg

140509kasuya1-2.jpg

▼チラリと見えるのは、木村現場監督eye

140509kasuya1-3.jpg

▼田之上現場監督は足場の上にup

140509kasuya1-4.jpg

▼では、中に入ります。

140509kasuya2.jpg

▼高田大工が床材を運んでいます。

140509kasuya3.jpg

▼床を貼る作業中です。

140509kasuya3-2.jpg

▼木を手にして、床材をトントントンnote隙間をなくします。

140509kasuya3-3.jpg

▼釘で固定。

140509kasuya3-4.jpg

▼床材はオーク。

140509kasuya3-5.jpg

▼2階の田口大工も床貼り。

電動ノコでカットhairsalon

140509kasuya4.jpg

▼貼ります。

140509kasuya4-2.jpg

▼田口大工もトントントンnote

140509kasuya4-3.jpg

▼釘で固定します。

140509kasuya4-4.jpg

▼木くずが出るので、きれいにお掃除することも怠りません。

140509kasuya4-5.jpg

▼下に降りたら、高田大工がいないbearing

140509kasuya5.jpg

▼田之上現場監督と打合せ中でしたhappy01 では、失礼しま~すbleah

140509kasuya5-2.jpg

▼車が1台増えていました。

今日は第3者検査機関による検査日。その会社の車でした。

検査員の方は、足場の上up見えないニャwink

この現場では、5月17日(土)18日(日)に構造見学会を行います。

福岡工務店が建てる家の“内側”を見るチャンスheart01

ぜひ、参加してねbleah

https://www.fukuoka-k.jp/6oshirase/event/index.html

140509kasuya6.jpg

 

福岡市南区・リポート⑳

catで~すhappy01

今日は5月9日(金)。

福岡市南区の建築現場にやってきましたsign01

工事の車が止まっています。

給排水工事の正野さんの車だと思いますhappy01

140509minamiku1.jpg

▼外構の小宮さんもいましたbleah

140509minamiku1-2.jpg

この家で、5月24日(土)25日(日)に完成見学会を行います。

https://www.fukuoka-k.jp/6oshirase/event/index.html

その前に、この家がどんな風に“おしゃれ”か、

お見せしましょうheart02

140509minamiku2.jpg

▼玄関を入って左手は、ワイドなシューズクローゼット。

140509minamiku2-2.jpg

▼ベビーカーごと入ることができますchick

140509minamiku2-3.jpg

▼洗面所の収納部分は、階段下を有効活用。

140509minamiku3.jpg

140509minamiku3-2.jpg

▼ゆったり入ることができるシステムバス。

140509minamiku3-3.jpg

▼そして、いよいよLDKに行くよhappy02

140509minamiku4.jpg

▼システムキッチンとおそろいのカップボードが

ありました。

140509minamiku4-2.jpg

▼床・見せ柱・キッチンの側面パネル…これらの色のコントラストが

シックだニャnote

140509minamiku4-3.jpg

▼LDK。壁にぴったりとつけてリビング階段があります。

140509minamiku4-4.jpg

▼斬新で、でも妙に落ち着く色合いの畳コーナーshine

140509minamiku5.jpg

▼畳の座ると、こういう「絵」が視界に入るのですcute

140509minamiku5-2.jpg

▼畳コーナーとリビングの2か所に、パティオにつながる窓があります。

140509minamiku5-3.jpg

▼そして、そしてsign01

開放感と言うものではない、ダイナミックな空間sign03

140509minamiku6.jpg

▼以前も書きましたが、catは南フランスあたりの

オーベルジュ(=宿泊ができるレストラン)を

イメージします(行ったことないけど…happy02

140509minamiku6-2.jpg

▼それは広い吹き抜けの効果だけではなく、吹き抜けに面した2階の

長い廊下や、廊下の腰壁にスリットを入れたことも

関係してると思うニャlovely

140509minamiku6-3.jpg

▼ホラッ、2階の各室がゲストルームに見えてきますshine

140509minamiku6-4.jpg

▼この部屋のクロスも、ゲストルームみたいでおしゃれsign01

140509minamiku6-5.jpg

ステキなこの家、あなたも見てみませんかsign03

https://www.fukuoka-k.jp/6oshirase/event/index.html

140509minamiku7.jpg

 

福岡市西区・リポート⑰

catです。

5月9日(金)です。

福岡市西区今宿の建築現場、どれだか分かりますかぁup

140509imajuku1.jpg

▼黒い外観がひと際目立つ…

140509imajuku1-2.jpg

▼ここでぇ~すhappy01

140509imajuku1-3.jpg

▼室内は、ボード貼りが完了していましたbleah

140509imajuku2.jpg

▼この家は木材の使い方が特徴的ですwink

140509imajuku3.jpg

▼天井もそうhappy02

140509imajuku3-2.jpg

▼「さて、幅木ば作ろうかね」と、泊親方。

140509imajuku3-3.jpg

▼幅木の材料。

140509imajuku3-4.jpg

▼かんなで削ります。

この家の幅木は既製品を使用していないので、鋭角的な角を少し削って

いるのだそうです。

140509imajuku3-5.jpg

▼庇の軒裏も、「木」ですsign01

140509imajuku4.jpg

 

福岡市西区下山門・リポート④

catです。

福岡市西区下山門の現場にやってきました。

5月9日(金)の午前11時30分です。

今日は基礎を設ける部分にコンクリートを流し込む

「捨てコンクリート」の日と聞いています。

▼まだ始まっていません。

基礎屋さんが準備をしていますeye

「別の現場に行ってから、午後また来ますねぇup」と声をかけ…

140509simoyamato1.jpg

▼午後2時。

ハハッhappy02もう終わってたぁ~coldsweats01

140509simoyamato2.jpg

▼きれいにコンクリートが流し込まれていました。

140509simoyamato3.jpg

▼これから基礎工事も佳境に入り、今月下旬に上棟を迎えますheart02

140509simoyamato4.jpg

 

 

2014年5月 2日

福岡市西区・リポート⑯

catです。快晴の5月2日(金)。

福岡市西区今宿の建築現場はとっても気持ちがいいッsign01

▼本日の外観

140502imajuku1.jpg

140502imajuku1-2.jpg

140502imajuku1-3.jpg

▼では室内へsign01

140502imajuku1-4.jpg

▼泊親方と田之上現場監督が、真剣な表情で打ち合わせ中でしたbearing

140502imajuku2.jpg

catの出る幕がないため、室内を撮影しようっとup

…というか、それがcatの仕事でしょpunch

140502imajuku3.jpg

▼ダイニングにあたるここには少し大きめのニッチがあります。

140502imajuku4.jpg

▼階段下の収納。

140502imajuku5.jpg

▼文字通り階段下の有効活用なので、

奥行きがすごくありますwink

140502imajuku5-2.jpg

▼階段と玄関タタキの仕切りは、

どんなふうになるんだろう…

ユニークな設計・デザインがいっぱいの家なので、

ここも「ホウ~、こんなふうになったんだsun」と

感動するんだろうニャlovely

140502imajuku6.jpg

▼2階に上がりましょう。

正面は子ども部屋。奥は主寝室。この写真の一番左手には

もう一つの子ども部屋があります。

140502imajuku7.jpg

▼ここは子ども部屋ではありません。主寝室ですhappy02

140502imajuku8.jpg

▼通常の床よりも少し上に眠るスペースがあります。

こんなつくり、子どもの頃あこがれたニャアup

140502imajuku8-2.jpg

▼手すりから床に飛び降りごっこをしたくなるねhappy01

140502imajuku8-3.jpg

▼ウオークインクローゼット。広いですsign01

140502imajuku8-4.jpg

140502imajuku8-5.jpg

▼この角度から見ても、「遊びたくなる部屋」ですsign03

140502imajuku8-6.jpg

▼こちらはキッズルームchickシンプルです。

140502imajuku9.jpg

▼もう一つのキッズルームpenguinシンプルです。

140502imajuku9-3.jpg

▼1階に降りてきたよhappy02左側はシューズククローゼット。

右手はコートが掛けられるクローゼット。

140502imajuku10.jpg

▼打ち合わせはまだまだ続きます。

2人共、楽しそうですねheart02

140502imajuku11.jpg

▼先ほどユニークな設計・デザインがいっぱいと書きましたが、

この畳の小上がりコーナーもユニークですshine

140502imajuku12.jpg

▼天井に注目sign01四角にくり抜かれた個所に照明器具が

設置されます。

140502imajuku12-2.jpg

▼ダイニングの天井も、クロス張りではありませんeye

140502imajuku12-3.jpg

▼初めてのデザインがいっぱいあって、

どんな家が完成するのか、catにはなかなかイメージできませんcoldsweats01

「大工は、ちゃんとイメージしながらつくりよるとよsign01」と、

泊親方に言われちゃいました。

カッコいい家になるということは、catにもイメージできるよッnote

140502imajuku12-4.jpg

 

福岡市西区下山門・リポート③

catで~す。今日は5月2日(金)。

福岡市西区下山門で基礎工事が始まったと聞き、

現場に出かけました。

テクテクと歩いていると、クレーンを発見search

140502shimoyamato1.jpg

▼あわてて走り寄ると…。

配筋工事用の鉄筋を吊り上げていたのですup

実はいつもこのようにして、鉄筋を現場に設置していたのだそうです。

catは今日初めて立ち会うことができましたbleah

140502shimoyamato1-2.jpg

▼基礎屋さんの田中土木・田中元治さんのユンボを使って、

適切な場所に移動しています。

画面がニュル~ッと揺れているのは、防護のネット越しに撮影したからcoldsweats01

140502shimoyamato1-3.jpg

▼鉄筋の搬入が完了したので、クレーン屋さんは去って行きましたdash

140502shimoyamato1-4.jpg

▼この方は田中元治さん。田中社長の弟さんですhappy02

140502shimoyamato2.jpg

▼今日行っているのは、基礎を設ける部分の土を取り除く作業。

「根切り」です。

これから基礎工事が本格化しますねsign01

140502shimoyamato3.jpg

 

福岡県那珂川町西隈・リポート⑤

catです。今日は5月2日(金)。

那珂川町西隈の建築現場にやってきましたhappy01

▼基礎工事は完了sign01

140502nishikuma1.jpg

▼あとは大工さんが土台敷きを行い、上棟の日を迎えるばかりですlovely

140502nishikuma2.jpg

 

2014年5月 1日

福岡県糟屋郡・リポート⑩

catです。福岡県糟屋郡の建築現場にやってきました。

今日は5月1日(木)です。

▼外は断熱材がぐるりsign01

銀色に輝いていますshine

140501kasuya1.jpg

▼車が3台。高田大工と田口大工と…あと一人は誰だろうsign02

140501kasuya2.jpg

▼田口大工はインナーガレージ部分にいました。

140501kasuya3.jpg

▼高田大工は外の足場の上up

140501kasuya3-2.jpg

▼2階に上がりました。

ここはバルコニー。只今防水工事中wink

140501kasuya4.jpg

▼この白い布のようなものは、グラスファイバー。

これをバルコニーに敷き込むのです。

140501kasuya4-2.jpg

▼グラスファイバーが乾いたのを待って、職人さんが戻ってきました。

そうか、もう一人は、この人だったんだニャbleah

140501kasuya4-3.jpg

▼ズックの底に養生テープを貼って、作業に臨みます。

140501kasuya4-4.jpg

▼塗布する液をつくります。

140501kasuya4-5.jpg

▼グラスファイバーの上に塗っていきます。

140501kasuya4-6.jpg

▼グラスファイバーとくっつき、固まったら防水の下地処理は完了ですnote

140501kasuya4-7.jpg

▼再び1階に戻りました。

田口大工が黙々と天井作業を続けていました。

140501kasuya5.jpg

▼田口大工は、またしても良く写せませんでしたbearing

140501kasuya5-2.jpg

 

福岡県朝倉郡筑前町・リポート③

catで~す。今日は5月1日(木)。

いつもは金曜日に現場リポートに出かけるのですが、本日、

朝倉郡筑前町の建築現場にやってきましたhappy01

▼現場近くの中学校から「ド~ン、ド~ン、ド~ン!」という太鼓の音が聞こえ、

その音に合せた舞踊の練習が行われていましたnote

体育祭の練習かニャsign02

140501chikuzen1.jpg

▼この写真も現場近く。

きれいな花々が、ワイルドに咲き誇っていましたbleah

花の強い香りが漂います。ハチがブンブン飛び交います。

豊かな田園風景…いいにゃあupこんな景色、cat大好きshine

140501chikuzen2.jpg

▼さて肝心の現場は…。

誰もいません。

140501chikuzen3.jpg

▼前回お邪魔した時は、砕石地業が終ったところでしたが、

この1週間の間に、捨てコンクリートがなされ、

配筋も完了していましたhappy02

140501chikuzen4.jpg

140501chikuzen4-2.jpg

▼次に行うのは、ここに置かれている鉄製の型枠を取り付けること。

その型枠の中にコンクリートを流し込む「立ち上りコン」という流れになります。

140501chikuzen5.jpg

▼「天端レベルポインター」と書かれた袋を見つけたよhappy01

140501chikuzen6.jpg

▼これは別の現場での写真ですが…。

この黄色く長い棒が“天端レベルポインター”だということが、

上の袋によって初めて分かりましたlovely

天端(=部材の最上部)の高さをそろえる目安になるから、

こういうネーミングなんだニャwink

140501archive.jpg