2014年2月28日

福岡市城南区長尾・リポート⑬

catです。

福岡市城南区長尾で、

明日・明後日の3月1日(土)2日(日)、

建物完成見学会を行いますnote

ここはリタイアされたご夫妻が、

趣味の家庭菜園・園芸を楽しむ家ですsign01

詳しくは、見学会で体験してくださいsign03

予約、まだまだ間に合いますよhappy01

▼1LDKのかわいい家です。玄関もかわいいbleah

140228nagao1.jpg

▼夫婦2人には十分過ぎるシューズクローゼットです。

140228nagao2.jpg

▼玄関タタキとホールの間に式台を設置することで、

段差を少なくしました。

また作りつけのイスがあるので、ここに座って靴の着脱が

容易にできます。

140228nagao3.jpg

▼ホールにはクローゼット。

丈の長いコート類は、玄関近くに収納すると便利ですよねhappy02

140228nagao4.jpg

▼外構工事屋さんが作った菜園コーナー。

どんな野菜を育てるのでしょうか…

140228nagao5.jpg

▼菜園がある庭には、ウッドデッキから、また写真右側(=スロープが

ある個所)の扉から行くことができます。

140228nagao6.jpg

▼上の写真の扉の先には、作業場があるのですnote

野菜の泥を落としたり洗ったりの作業場です。

だから床は土間。簡易洗面台も設けました。

140228nagao7.jpg

▼作業場の上には小屋裏収納スペースが。

保存できる野菜を保管するのに便利ですね。

140228nagao8.jpg

▼そして、何と、作業場とキッチンは隣り合わせsign01

泥のない状態でキッチンに野菜を運ぶことができます。

140228nagao9.jpg

▼こちらは3帖分の畳の小上がりがある和室。

寝室を兼ねています。

140228nagao10.jpg

▼最後にお見せするのは、この家のメインsign01

広く、天井の高いリビングルームですshine

140228nagao11.jpg

▼明るい日差しが差し込む、とっても心地よい空間です。

あなたの目で実際に見てほしいニャ。

見学会の予約はコチラからどうぞ。

https://www.fukuoka-k.jp/6oshirase/event/index.html

140228nagao11-2.jpg

 

福岡市南区・リポート⑫

catです。

今日は2月28日(金)。

明日からいよいよ3月ですねぇnote

▼福岡市南区の、今日の様子happy01

140228minamiku1.jpg

▼庭に向かって2個所に付けられた窓。

施主の奥さまがブログで「雨の日にカーテンを開けて眺めるのが好き」って

書いてたけど、その気持ちcatも同感heart02

catもシトシトと降る雨を「ボーッ」と見ていたい派ですhappy01

お庭には優し気な花が植えられてると素敵だニャhappy02

140228minamiku2.jpg

▼さて、この窓を外から見てみると…

白い窓枠に黒(?)っぽいサイディングが、とてもシャープshine

140228minamiku3.jpg

▼一方玄関側は、清楚なホワイトですnote

140228minamiku4.jpg

▼遮熱透湿防水シートの上に付けられた通気胴縁(=木)の上に、

サイディングが張られていくのです。

140228minamiku5.jpg

 

 

福岡市東区・リポート⑥

catで~す。

福岡市東区の建築現場にやってきました。

今日は2月28日(金)です。

壁に耐力面材が張られていました。

140228higashiku1.jpg

▼室内に入ります。整然としています…。

泊好樹大工は本日いませんwobbly

140228higashiku2.jpg

▼白い窓枠が、取り付けられる日を静かに待っていますcatface

140228higashiku3.jpg

 

2014年2月24日

福岡市西区⑦~上棟

catで~す。

2月22日(土)に、福岡市西区今宿で行われた

上棟の模様をお伝えしますsign01

▼早朝。catよりも早く(いつものことです…)、大工さんは全員集合happy01

140222imajuku-joutou1.jpg

▼クレーンが到着punch

140222imajuku-joutou1-2.jpg

▼施主ご夫妻も到着wink

140222imajuku-joutou1-3.jpg

▼これから建物が建つ場所の隅を清めていきます。

140222imajuku-joutou1-4.jpg

▼棟梁を務める泊親方は、お米を置きます。

140222imajuku-joutou1-5.jpg

▼田之上現場監督は塩を置きます。

140222imajuku-joutou1-6.jpg

▼施主はお神酒で清めます。

140222imajuku-joutou1-7.jpg

▼工事の安全を祈って、全員でお神酒をいただきます。

140222imajuku-joutou1-8.jpg

▼さあ、上棟に向けての仕事が始まりましたsign01

140222imajuku-joutou2.jpg

▼大きな木材はクレーンで吊り上げて所定の位置に持っていきます。

140222imajuku-joutou2-2.jpg

▼小さな木製ハンマー(手掛矢)をあてがい、

凸凹がきちんとはまる位置に誘導します。

140222imajuku-joutou2-3.jpg

▼そしてコンコンコンと打ち込みます。

140222imajuku-joutou2-4.jpg

▼梁の両端で、交互に打ち込みます。

140222imajuku-joutou2-5.jpg

▼あっという間にこの状態。

140222imajuku-joutou3.jpg

▼梁と梁の間をつなぐ短い木材を入れていくのです。

140222imajuku-joutou3-2.jpg

▼金物の取り付けが始まりました。

140222imajuku-joutou3-3.jpg

▼1階では、恒例の建て入れ直し。

今日のメンバーは、泊親方、高田大工、そして宮﨑大工です。

140222imajuku-joutou3-4.jpg

catが建て入れ直しを見ている間に、2階には床が張られていました。

140222imajuku-joutou3-5.jpg

▼材料が次々にクレーンで運ばれてきます。

140222imajuku-joutou3-6.jpg

▼2階の柱、完了sign01 これはみんなが午前10時の休憩に入った時間帯。

140222imajuku-joutou3-7.jpg

▼約20分後、作業再開sign01

140222imajuku-joutou4.jpg

▼金物を置いていきます。

140222imajuku-joutou4-2.jpg

▼金物の取り付け。

140222imajuku-joutou4-3.jpg

▼火打ち梁を運んで…

140222imajuku-joutou4-4.jpg

▼取り付け。

140222imajuku-joutou4-5.jpg

▼手でギリギリと回して付けた金物を、電動でギュイ~ンと締めます。

140222imajuku-joutou4-6.jpg

▼2階でも建て入れ直し。

140222imajuku-joutou4-7.jpg

▼この床材は、小屋裏用です。

140222imajuku-joutou4-8.jpg

▼小屋束が建ちました。

140222imajuku-joutou5.jpg

▼小屋束の上に母屋を乗せます。

140222imajuku-joutou5-2.jpg

▼こうして、母屋の取り付け完了sign01上棟なったよhappy02

140222imajuku-joutou5-3.jpg

▼かすがいを付けていきます。

140222imajuku-joutou5-4.jpg

▼水平垂直を確認した後、その位置を固定するために、仮筋交いを付けます。

140222imajuku-joutou5-5.jpg

▼斜めに渡した板が仮筋交いです。

140222imajuku-joutou5-6.jpg

▼施主のご家族が全員そろったようですeye

高いところから失礼しま~すhappy01

140222imajuku-joutou5-7.jpg

▼施主おもてなしの、食事会が始まりました。

140222imajuku-joutou6.jpg

▼社長・阿久津の挨拶。

140222imajuku-joutou6-2.jpg

▼田之上現場監督の挨拶。

140222imajuku-joutou6-3.jpg

▼泊棟梁の紹介。

140222imajuku-joutou6-4.jpg

▼そして施主のご挨拶。

140222imajuku-joutou6-5.jpg

▼「いただきま~す」

140222imajuku-joutou6-6.jpg

▼今日は何と、お野菜たっぷりの

ホカホカ豚汁もありますdelicious

140222imajuku-joutou6-7.jpg

▼豚汁は、おかわりする人が続出。

140222imajuku-joutou6-8.jpg

▼上棟うれしい!食事おいしい!…で、ニッコリhappy01

140222imajuku-joutou6-9.jpg

▼施主奥さまのお兄様の横にいるのは、施主の長男・こうし君。

140222imajuku-joutou7.jpg

▼特製のお弁当に舌鼓chick

140222imajuku-joutou7-2.jpg

▼上棟、おめでとうございますsign03

140222imajuku-joutou7-3.jpg

 

2014年2月23日

福岡県糟屋郡・リポート①~地鎮祭

catです。

2月22日(土)、福岡県糟屋郡で地鎮祭が行われましたsign01

空気がおいしい~confident

140222kasuya-jichinsai1.jpg

▼全員低頭で、式が始まりました。

140222kasuya-jichinsai2.jpg

▼敷地の四隅を清める、四方祓いの儀です。

最初に神官さんが大幣を使って清めます。

140222kasuya-jichinsai3.jpg

▼施主がお神酒で清めます。

140222kasuya-jichinsai3-2.jpg

▼施主の奥さまがお塩をまいて清めます。

いつはちゃんと、あおいちゃんも、お手伝いchick

140222kasuya-jichinsai3-3.jpg

▼「地鎮の儀」の中の「刈初の儀」。萱を刈り取ります。

140222kasuya-jichinsai4.jpg

▼奥さまたちが行っているのは、「鍬入れの儀」。整地の意味を持ちます。

140222kasuya-jichinsai4-2.jpg

▼福岡工務店の社長・阿久津と樋渡現場監督は、

「杭打ちの儀」を行いました。

140222kasuya-jichinsai4-3.jpg

▼続いて玉串奉奠。あおいちゃん、神殿へのお供えが上手にできましたwink

140222kasuya-jichinsai5.jpg

▼二礼二拍手一礼を行います。

140222kasuya-jichinsai5-2.jpg

140222kasuya-jichinsai5-3.jpg

▼施主ご夫妻のお父様、お母様達も行います。

140222kasuya-jichinsai5-4.jpg

▼阿久津は神妙な面持ちです。

140222kasuya-jichinsai5-5.jpg

▼『建築現場リポート』に初登場の平山設計士。

140222kasuya-jichinsai5-6.jpg

▼式が終了。これからの工事の安全と、家内安全を祈って、

お神酒で乾杯sign01

140222kasuya-jichinsai6.jpg

▼地鎮祭、おめでとうございます!

工事委が始まったら、catがリポートします。お楽しみにsign01

140222kasuya-jichinsai7.jpg

 

 

2014年2月22日

福岡市西区・リポート⑥~上棟ダイジェスト

catです。晴天に恵まれた本日2月22日(土)、

福岡市西区今宿で上棟しましたsign01

▼大工さん達の車がズラリhappy01

140222imajuku-joutou-digest1.jpg

▼1階の柱。スタートしてからアッという間ですwink

140222imajuku-joutou-digest2.jpg

▼母屋の一番高いところ、棟木が上がりましたsign01

詳しくは後日、リポートしま~すbleahお楽しみにsign03

140222imajuku-joutou-digest3.jpg

 

2014年2月21日

福岡市東区・リポート⑤

catです。

今日は2月21日(金)。一昨日上棟した、

福岡市東区の建築現場にやってきましたhappy01

▼本日の外観

140221higashiku1.jpg

▼作業音はするのですが、1階に人の気配はありません。

140221higashiku2.jpg

▼苦手な脚立を使って、cat、2階に上がったよup

140221higashiku3.jpg

▼見つけたsign01泊好樹大工。

140221higashiku4.jpg

▼ちょっと、天井をお見せしますね。屋根のてっぺん部分が、棟木です。

140221higashiku5.jpg

▼その天井に近い辺りと図面を見比べている好樹大工。

140221higashiku6.jpg

▼おもむろにステンレス性の棒を取り出しました。

140221higashiku6-2.jpg

▼それを取りつけます。

140221higashiku6-3.jpg

▼ビスで固定します。

140221higashiku6-4.jpg

▼物差しで水平位置になるよう測ります。

140221higashiku6-5.jpg

▼そして反対側も固定します。

140221higashiku6-6.jpg

▼できたsign01 そう、これは火打ち梁。

木材の火打ち梁の取り付けが難しい個所には、

こうして金属製のものを設置するのですbleah

140221higashiku7.jpg

 

福岡市西区・リポート⑤

catで~す。福岡市西区今宿の建築現場にやってきましたsign01

今日は2月21日(金)です。

▼今日の現場。

140221imajuku0.jpg

▼あっ、泊親方だッsign01

140221imajuku1.jpg

▼そして“鎮座まします”梁…。

そうです、明日は上棟ニャァ~のだsign01

140221imajuku3.jpg

▼長い木材をカットする親方。

140221imajuku4.jpg

140221imajuku4-2.jpg

「破風(はふ)」の部分に使用する木材だそうです。

140221imajuku4-3.jpg

▼田之上現場監督と木村現場助手は、

上棟を前に、打ち合わせに余念がありませんhappy01

140221imajuku2.jpg

 

福岡市南区・リポート⑪

catです。

今日は2月21日(金)。

薄緑色の防湿シートが張られた、

福岡市南区の建築現場の、外観。

青空に似合うにゃあup

140221minamiku1.jpg

▼玄関に木が斜めにかかっています。

140221minamiku2.jpg

▼枠がきっちりと固定するように、こうして“固めて”いるのです。

140221minamiku2-2.jpg

▼1階には高田大工。

140221minamiku3.jpg

▼天井のボードは取り付け完了happy01

140221minamiku4.jpg

▼2階には田口大工eye

140221minamiku5.jpg

▼ではcatの苦手な脚立を使って上りますcoldsweats01

140221minamiku5-2.jpg

▼この箱は階段用の材料。来週は階段ができてるといいニャアbleah

140221minamiku5-3.jpg

▼2階の天井もボード張り完了happy02

140221minamiku6.jpg

▼設置する個所に合せてボードをカットhairsalon

140221minamiku7.jpg

▼それを運びます。すっごく重いんですよpunch

140221minamiku7-2.jpg

▼今行っているのは壁部分なんですね。

140221minamiku7-3.jpg

▼トン、トンとはめ込んで…

140221minamiku7-4.jpg

▼ビスを打ちますrock

140221minamiku7-5.jpg

140221minamiku7-6.jpg

▼1階に降りました。

高田大工は木材をカットしていますが、どの個所につけるのかはcatには「?」

でしたhappy02

140221minamiku8.jpg

 

2014年2月19日

福岡市東区・リポート④~上棟

catで~す。

最近すっきりしないお天気が続きましたが、

今日はsunマークが出たよup

本日、2月19日(水)、福岡市東区の建築現場が

上棟の日を迎えましたhappy01

▼クレーン車が到着。

140219jouotu1.jpg

▼迎える大工さん達happy02

140219jouotu1-2.jpg

▼施主ご一家も到着heart02

長女のゆづきちゃんは今日が何の日か分かってるんだってlovely

次女のまひろちゃんは「着いたよsign01」と起こされ、実はまだ半分夢の中状態bleah

140219jouotu1-3.jpg

▼大切な行事、四隅のお清めです。

棟梁の泊好樹大工がお塩で清めます。

140219jouotu1-4.jpg

▼樋渡現場監督がお米で清めます。

140219jouotu1-5.jpg

▼そして施主はお神酒で清めます。

140219jouotu1-6.jpg

▼工事の安全を祈って、全員で乾杯します。

140219jouotu1-7.jpg

140219jouotu1-8.jpg

▼さあ、上棟に向けて、仕事のスタートだッsign01

140219jouotu2.jpg

▼2階まで届く“通し柱”の、1本目punch

140219jouotu2-2.jpg

▼柱が次々に立っていきます。

140219jouotu2-3.jpg

▼梁の取り付け第1号sign01

140219jouotu2-4.jpg

▼梁を支える柱は、何本にもまたがるため、

上と下に複数の大工さんが集まって、力を合せるのです。

140219jouotu2-5.jpg

140219jouotu2-5-2.jpg

▼木には、このように切り込みが入っています。

140219jouotu2-6-2.jpg

▼こちらは凸。切り込み=凹と、この凸をかませるのですwink

140219jouotu2-6-3.jpg

▼さて、上棟恒例の「建て入れ直し」が始まりましたbleah

棟梁の好樹大工と、高田大工のコンビ。

140219jouotu3.jpg

▼以前はチェーンが付いた赤い鉄製の道具を使って柱を真直ぐに

していましたが、今回は新しい道具が登場note

高田大工が手にしているのがそれ。

好樹大工が“さげ振り”の目盛りを見ながら、

「まだまだ」とか「もう少し」とか言います。

それに応じて、高田大工がこの棒を90度、前や後ろに回すのです。

140219jouotu3-2.jpg

▼ほどよいところで、仮筋交いを釘打ちして、

柱を真直ぐに固定させます。

この新しい道具があれば、今まで3人で行っていた

建て入れ直しが2人でできちゃうhappy02

140219jouotu3-3.jpg

▼さげ振りの目盛りを見ているところ。

140219jouotu3-4.jpg

cat、遂に「さげ振りとは何ぞやsign02」という

長年の疑問を解決したゾッsign01

こんなに近くで見るのは初めてです。

ネッ、上に目盛りがついてるでしょeye

140219jouotu3-5.jpg

▼2人で仮筋交いに釘打ちrock

140219jouotu3-6.jpg

▼そのころ、上では金物の取り付けが始まりました。

手で締め…

140219jouotu4.jpg

▼電動でガガガッと固定します。

140219jouotu4-2.jpg

140219jouotu4-2-2.jpg

▼クレーンが吊り上げているのはニャンだろう…

140219jouotu5.jpg

▼2階に到着sign01

140219jouotu5-2.jpg

▼2階の床ですね。

140219jouotu5-3.jpg

▼ドンドン」張られていくよhappy01

140219jouotu5-4.jpg

140219jouotu5-5.jpg

▼しかし…。床が張り終わると、下から見上げているcatは、

もう上の様子を知ることができなくなります。

そこで何とか這い上がって…

140219jouotu5-6.jpg

▼一つ上の足場にたどり着くと、こんなになってましたwink

140219jouotu6.jpg

▼小さな箱をヒョイっと上段の足場に上げる渡邊大工。

140219jouotu6-2.jpg

▼まるで空箱のように見えますが、

重いです、コレcoldsweats02

140219jouotu6-3.jpg

▼野中大工の「ヒョイッ!」も…

140219jouotu6-4.jpg

▼実は大変に力が必要ですwobbly

140219jouotu6-5.jpg

▼さてさて、到着したのは2階用の梁。

140219jouotu6-6.jpg

▼荷をほどき、急いで所定の位置に運びます。

140219jouotu6-7.jpg

▼なぜなら、すぐに柱が到着したから。

140219jouotu6-8.jpg

▼柱をグイグイと揺らして立てていきます。

140219jouotu6-9.jpg

▼四角にカットした穴に差し込むのです。

140219jouotu7.jpg

140219jouotu7-2.jpg

▼1階同様、梁の取り付けは力を合わせて行います。

140219jouotu7-3.jpg

▼偶然、バレエダンサーのような優雅なポーズになりましたが…。

片手で持ちあげているのは重い重い梁coldsweats02

140219jouotu7-4.jpg

▼木製のハンマーを梁に打ちおろし、柱にきちんと入ると…

140219jouotu7-4-2.jpg

▼役割を終え、次の梁に向かいます。

140219jouotu7-4-3.jpg

▼土﨑篤朗大工の一連の動作も、

ものすごい力が必要なのです。

140219jouotu7-5.jpg

140219jouotu7-5-2.jpg

140219jouotu7-5-3.jpg

140219jouotu7-5-4.jpg

▼だから使える場所では“さすまた”という

便利な道具を使用します。

140219jouotu7-5-5.jpg

▼これがさすまた。

140219jouotu7-5-6.jpg

▼多くの大工さんが小屋束と母屋にかかっている時、

異なる作業を行っている3人。

140219jouotu8.jpg

▼田口大工は木片をカット。

140219jouotu8-2.jpg

▼好樹大工も脚立の上でバランスよく作業。

140219jouotu8-3.jpg

▼高田大工がサイズを測って作っているのは…

140219jouotu8-4.jpg

▼柱や梁の出っ張りに合せて、

ボードをいろんな形に切っているのです。

140219jouotu8-4-2.jpg

▼田口大工がカットしていた木片は、

小屋束と小屋束の間の、間柱でした。

140219jouotu8-5.jpg

▼この作業にかかるということは、

そうですsign01棟木が上がった、つまり「上棟なった」のですhappy01

140219jouotu8-5-2.jpg

▼ホラッ、上棟していますbleah

140219jouotu8-6.jpg

140219jouotu8-7.jpg

▼施主のおもてなしの食事会が始まりました。

140219jouotu9.jpg

▼大工さんとクレーン屋さん。

140219jouotu9-2.jpg

▼施主から心温まる言葉をいただきましたconfident

140219jouotu9-3.jpg

▼遠方から駆けつけてくれたおじいさまが一緒なので、

ゆずきちゃんは楽しそうbleah

140219jouotu9-5.jpg

▼まひろちゃんは、おばあさまの隣でうれしそうlovely

140219jouotu9-6.jpg

▼これが上棟した屋根。きれいだにゃnote

140219jouotu10.jpg

140219jouotu10-2.jpg

▼約1時間の休憩時間が終わり、午後の仕事再開sign01

屋根の断熱材を上げます。

140219jouotu10-3.jpg

140219jouotu10-4.jpg

▼断熱材が張られていきます。

140219jouotu10-5.jpg

140219jouotu10-5-2.jpg

140219jouotu10-5-3.jpg

▼田口さんの壁も進んでますup

140219jouotu10-6.jpg

▼断熱材の張りつけは、ほぼ完了note

140219jouotu10-7.jpg

▼長い木がたくさん見えます。

これは断熱材・キューワンボードの上に張る胴縁です。

140219jouotu10-8.jpg

▼きれいに、丁寧に気密テープを張っているところ。

140219jouotu10-9.jpg

▼胴縁にビスを打っている、篤朗大工。

140219jouotu10-9-2.jpg

cute本日は、上棟、おめでとうございますnote

これからもcat、頑張って現場リポートをいたしますhappy01

 

 

 

 

 

 

 

2014年2月14日

福岡市西区・リポート④

catです。

今日は2月14日(金)。

福岡市西区の建築現場にやってきました。

午後から立ち上りコン(クリ―ト)と聞いたので、

12時50分に到着sign01

140214nishiku1.jpg

▼基礎屋さんがアンカーボルトを所定の位置に運びますhappy01

140214nishiku2.jpg

140214nishiku2-2.jpg

▼置かれたアンカーボルト。

140214nishiku2-3.jpg

140214nishiku2-3-2.jpg

▼アンカーボルトを固定します。

140214nishiku2-4.jpg

140214nishiku2-5.jpg

140214nishiku2-6.jpg

▼取り付けたことろ。

140214nishiku2-7.jpg

▼ポンプ屋さんが到着ですdash

140214nishiku3.jpg

▼今日はこの型枠の中にコンクリートを流し込む日です。

流し込んだコンクリートが平らになっているかどうかは、

黄色い棒で測りますeye

…というのは知ってるけど、つまり黄色の頭の位置が

すべて同じじゃないと目印にはならないsign01

どうやって頭の高さをそろえるんだろうsign02

140214nishiku4.jpg

▼その謎の答えを、今日catは知ろうとしていますsign01

レベルという機械(黄色いやつ)を使います。

140214nishiku4-2.jpg

▼ポンプ屋さんが手にした棒とレベルが連動します。

まずピッ、ピッ、ピッ、ピッ、ピッと音が鳴り、

設定した高さになると音が「ピー」に変わりますnote

言葉じゃ分かんないニャwink

140214nishiku4-3.jpg

▼黄色い棒の頭に、レベルと連動した長い棒をくっつけます。

クルクル回しながら高さを変えるのです。

音が「ピー」に変わったところで、止めますpunch

140214nishiku4-4.jpg

140214nishiku4-4-2.jpg

140214nishiku4-4-3.jpg

140214nishiku4-4-4.jpg

140214nishiku4-4-5.jpg

140214nishiku4-4-6.jpg

▼田之上現場監督が到着sign01

140214nishiku5.jpg

▼先ほど設置したアンカーボルトよりも太くて長い棒を持って置いていきます。

140214nishiku5-2.jpg

▼それを基礎屋さんが手にしました…

図面が置かれていますが「HD用アンカー」と書かれていました。

この大きな棒は“ホールダウン用アンカー”というのかニャsign02

その設置用の図面を見ながら計測し…

140214nishiku5-3.jpg

▼取り付けます。

140214nishiku5-4.jpg

140214nishiku5-5.jpg

▼ポンプ屋さんが、ポンプ車を作動させる準備にかかりました。

140214nishiku6.jpg

▼ホースをつなぎます。

140214nishiku6-2.jpg

▼つないだホースがグーンと上がっていきます。

140214nishiku6-3.jpg

▼お待ちかね、コンクリートミキサー車がついに到着up

140214nishiku7.jpg

▼ポンプ屋さんが誘導happy01

140214nishiku7-2.jpg

140214nishiku7-3.jpg

▼コンクリートを流し込む準備。

140214nishiku7-4.jpg

▼コンクリートがポンプ車に流し込まれます。

140214nishiku7-5.jpg

▼いよいよポンプ屋さんが型枠の中にコンクリートを流していきます。

140214nishiku7-6.jpg

▼基礎屋さんがもっているのはバイブレーター。

中の空気を抜き、コンクリートのすき間をなすくのです。

140214nishiku7-7.jpg

▼アップで見てみましょうsign01

140214nishiku7-8.jpg

▼こうして“立ち上りコン”が進められていきますhappy01

140214nishiku7-9.jpg

 

 

 

福岡市南区・リポート⑩

catです。

福岡市南区の現場にやってきました。

今日は2月14日(金)です。

▼本日の外観。

緑色のシートで覆われています。

これは“遮熱透湿防水シート”。

「遮熱性が高かけん、断熱効果も大きいよ」と

高田大工が教えてくれましたhappy02

140214minamiku1.jpg

▼さて、これは1階。

床材を張ると、すぐに養生シートで覆ってしまうため、

完成後しか床を見ることができません。

以前そんな話をcatがしたため、

田口大工と高田大工が、養生シートを張らずに待ってくれてましたbleah

やさしい色合いのオークですclub

140214minamiku2.jpg

140214minamiku2-2.jpg

▼和室からリビングルーム側を見たところ。

和室には庭に出るための窓があります。

140214minamiku3.jpg

▼リビングにも庭に出るための窓があります。

隣接した2室に、90度の角度で窓…。

庭にお花が植えられたりすると、景色がとってもきれいだろうニャtulip

140214minamiku3-2.jpg

▼先週解説した、ここは吹き抜け。

板を臨時的に張って、2階での作業がしやすいようにしています。

140214minamiku4.jpg

▼脚立を使い、今日は頑張って2階に上ったよup

140214minamiku4-2.jpg

catが立っているここは吹き抜けbleah

そうです、catは空中にいるのですcoldsweats01

140214minamiku4-3.jpg

▼吹き抜け部分に立ち、室内を見渡したところ。

向かって右側は主寝室。左側は子ども部屋chick

140214minamiku4-4.jpg

▼子ども部屋はワンルームですが、中心から左右対称に設計されていて、

将来は2室に仕切ることができるようになっています。

大きなバルコニーにつながっていますhappy02

140214minamiku5.jpg

▼ホラッ、これが大きなバルコニー。

廊下からも出入りできるので、便利ですhappy01

140214minamiku5-2.jpg

▼こちらは主寝室。ここにもバルコニーが作られていましたbleah

140214minamiku5-3.jpg

▼1階に降りる途中の位置から、田口大工をcamera

140214minamiku6.jpg

▼カットした床材を固定しています。

140214minamiku6-2.jpg

▼高田大工は…作業の邪魔にならないよう、木材をお片づけshine

140214minamiku6-3.jpg

 

福岡市東区・リポート③

catです。

今日は2月14日(金)。バレンタインデーだにゃheart02

福岡市東区の建築現場にやってきました。

2月19日(水)に上棟を予定しているので、

大工さんがいるはずsign01

▼プレカットされた土台が用意されていましたhappy01

140214higashiku1.jpg

▼土台の上に敷く、1階の床材も準備万端bleah

140214higashiku2.jpg

▼いたっsign01泊好樹大工wink

140214higashiku3.jpg

▼アンカーボルト用の穴をあける位置を測って、印をつけているところ

…だと思いますnote さあ、もうすぐ上棟の日だぁup

140214higashiku4.jpg

 

2014年2月 6日

福岡市東区・リポート②

catで~すsign01

福岡市東区の建築現場にやってきました。

今日は2月6日(木)ですhappy01

▼上の方から見てみましょう。

配筋が完了sign01

140206higashiku1.jpg

▼給排水工事の正野さんが、管を設置しています。

140206higashiku2.jpg

▼ミセス正野は、管を切断していますhairsalon

歯医者さんのギーンという、あの削る臭いがするよbleah

140206higashiku2-2.jpg

▼カットした管が収まるかどうか確認しています。

140206higashiku2-3.jpg

▼こちらは基礎屋さん。外周部の型枠を設置しています。

140206higashiku3.jpg

▼ブルーの人も基礎屋さんですnote

さあ、これから工事がドンドン進みましよhappy01

140206higashiku3-2.jpg

 

福岡市西区・リポート③

catです。

今日は2月6日(木)。

福岡市西区今宿の建築現場にやってきました。

今日はだ~れもいませんhappy02

▼捨てコンが終わっていましたhappy01

140206imajuku1.jpg

140206imajuku1-2.jpg

▼鉄筋が出番を待っていますbleah

140206imajuku2.jpg

 

 

福岡市南区・リポート⑨

catです。

いつもは金曜に現場リポートをしますが、

今日は2月6日の木曜日bleah

福岡市南区の建築現場を訪れましたhappy01

▼耐力面材「あんしん」が張られ、窓も付き、

すっかり家らしくなっていますwink

140206minamiku1.jpg

▼玄関扉。全体を養生ボードが覆っていますが、

ドアノブの所だけは中身が見えますeye

140206minamiku2.jpg

▼この色のドア、cat、初めて見ましたnote

扉と外壁とのカラーコーディネートが、がぜん楽しみになってきたよup

140206minamiku2-2.jpg

▼1階。

広角レンズで撮っているとはいえ…広いゾッsign01

でも、どこかが違うsign01気になるsign03

140206minamiku3.jpg

▼そうです。あの広い吹き抜けがなくなっているんだニャcoldsweats02

なぜにぃ~wobbly

140206minamiku3-2.jpg

▼1階和室天井の断熱材に気密テープを貼っていた高田大工に尋ねました。

140206minamiku4.jpg

▼「心配線でよかと。上で作業をするために、安全のために床を張ってるの。

作業が終わったらちゃ~んと、元の吹き抜けになると」

140206minamiku4-2.jpg

▼ホッと安心のcat

脚立で2階に上って見ると…

こういうことですね。仮の床を張ったことで、まるで1階にいるように

田口大工のお仕事がスムーズですhappy01

140206minamiku5.jpg

▼まぐさを差し込むために入れた間柱の切り込み(=凹)を、

カンカンッと削り飛ばしていますhappy02

140206minamiku5-2.jpg

▼実は脚立から2階に移動することはできませんでした。

だって支えになる柱が近くにないから…。

これは脚立の途中で撮った2階の様子ですcatface

140206minamiku6.jpg

▼では1階の高田大工の仕事ぶりを紹介しましょうhappy01

簡単なように見えて、場所が場所だけに、気密テープを貼るのは

とっても難しいと思います。

140206minamiku7.jpg

▼でもホラッ、こんなにきれいですshine

140206minamiku7-2.jpg

▼窓の周辺の気密テープも、きれいだにゃnote

140206minamiku7-3.jpg