2012年4月28日

福岡県糟屋郡篠栗町・リポート⑥

ゴールデンウイーク初日の、本日4月28日(土)は、

晴天に恵まれ、現場リポートに向かう道は交通渋滞rvcarcargawk

やっとこさたどり着いた福岡県糟屋郡篠栗町の現場で、

何と、catは外観写真を撮影し忘れたsign01

屋根を撮りたかったのですが、これで我慢してね、皆様coldsweats01

120428sasaguri_gaikanyane.jpg

▼泊好樹大工が、外張り断熱材をカットしていましたwink

120428sasaguri_jr.jpg

▼それを、こうして張りますshine

120428sasaguri_haru.jpg

▼ここは1階。2階への脚立がかかっているので…

120428sasaguri_1f.jpg

▼2階へ。

天井がきれいだニャァup

120428sasaguri_2f.jpg

▼2階には窓がトン、トン、トンと3つ。

この先は長いバルコニーがあるに違いにゃぁいsign01

120428sasaguri_2fmado.jpg

▼ホラね、catの読みが当たりましたnote

120428sasaguri_balcony.jpg

表に出ると、相変わらず好樹大工が断熱材をカット中punch

モデルさんのお肌をきれいに見せるレフ板と同じ効果により、

好樹大工の顔が白かったです。

今日は紫外線が強いから、日焼けしないようにねbleahsun

120428sasaguri_jr_terikaeshi.jpg

福岡県大野城市乙金台・リポート⑥

catです。

今日は4月28日(土)。世の中はGWの初日note

晴天に恵まれてよかったですね、皆さんsun

福岡県大野城市乙金台も、こ~んなに空がきれいsign01

120428otoganedai_gaikan.jpg

▼カンカンカンと、軽い高音がするので近づくと…

瓦屋さんですhappy01

120428otoganedai_rengawo_hakobu.jpg

cat「これは何という瓦ですか?」

職人さん「ウ~ン、何て言うんかなあ。通称はルーガ」

軽くて、割れにくくて、さびないそうです。

120428otoganedai_rengaup.jpg

▼屋根に取り付けている途中のようです。

120428otoganedai_yane.jpg

▼中に入りました。

今日は大工の泊親方がおりませんなぁ~gawk

脚立がかかっていないため、

こわがりcatは2階に上がれず、退散だニャdown

120428otoganedai_wide_window.jpg

▼…で、表に出たら、瓦職人さんが屋根に上っていましたshine

120428otoganedai_yane_shokunin1.jpg

▼金槌でコンコンと打った後、瓦を置いていきます。

瓦を叩いているのか、どこを叩いているのか、下からは見えにゃぁいsign01

今度、現場監督に尋ねてみるねwink

120428otoganedai_yane_shokunin2.jpg

 

 

2012年4月20日

福岡県大野城市乙金台・リポート⑤~上棟

福岡県大野城市乙金台では、4月19日(木)、

めでたく上棟が行われましたnote

catが現場に到着した午前7時半、

不思議な光景が…

120419otoganedai1.jpg

▲▼施主の長女さんでしたbleah

120419otoganedai2.jpg

▼学校に行く前に、ご両親と上棟朝の様子を見に来ていたのですsign01

お兄ちゃんは遠方の高校に自転車通学をしているため、

残念ながらパスgawk

120419otoganedai3.jpg

▼さあ、土台を覆っていたシートがはがされました。

120419otoganedai4.jpg

▼上棟の日の大切な神事、四方をお清めすることから始まります。

120419otoganedai5.jpg

▼棟梁を務める泊親方が米を。

120419otoganedai5_2.jpg

▼田之上現場監督が塩を。

120419otoganedai5_3.jpg

▼施主がお神酒を敷地にまきます。

120419otoganedai5_4.jpg

▼工事の安全を祈願して、全員で乾杯happy01

120419otoganedai5_5.jpg

▼出番待ちの木材が静かに横たわっていましたが…

120419otoganedai6.jpg

▼柱が立てられ始めました。

120419otoganedai6_2.jpg

▼「時間だよぉ~」とお向かえに来た同級生とともに、

少女は去って行ったのであったcat

120419otoganedai6_3.jpg

▼早いsign01もう梁に取り掛かっているpunch

2コマ前の写真は7時51分。

この写真は8時3分happy02

120419otoganedai6_4.jpg

▼8時4分。

120419otoganedai6_5.jpg

▼太い大きな梁はクレーンで吊って、大工さんの元に届けます。

120419otoganedai7.jpg

▼ハンマーでトントントンannoy

120419otoganedai7_2.jpg

▼こちらでも同様のことが…

120419otoganedai7_3.jpg

120419otoganedai7_4pg.jpg

▼そのころ、新たな木材が到着sign01

120419otoganedai8.jpg

▼2階部分(というか、1階梁というか)の取り付けに入った大工さんたちは、

物言わず、自分の役割を黙々と果たしますconfident

泊好樹大工が上の人に木材を渡します。

120419otoganedai9.jpg

▼石橋大工は使用する金物を一段上の足場に置きます。

120419otoganedai9_2.jpg

120419otoganedai9_3.jpg

▼ここでも大きな木材はクレーンでwink

120419otoganedai9_4.jpg

120419otoganedai9_5.jpg

120419otoganedai9_6.jpg

▼釘打ち機やノコなど、電動式のものを使用することが

多いため、延長コードを土埼ジュニアが持ってきました。

120419otoganedai9_7.jpg

120419otoganedai9_8.jpg

▼金物を、要所要所に持っていきます。

120419otoganedai9_9.jpg

120419otoganedai9_10.jpg

▼そのころ1階では…。

作業が完了したから、こんなにきれいlovely

120419otoganedai10.jpg

▼と思いきや、そうではにゃ~いsign01

例の、建入れ直しが始まりました。

120419otoganedai10_2.jpg

120419otoganedai10_3.jpg

120419otoganedai10_4.jpg

120419otoganedai10_5.jpg

120419otoganedai10_6.jpg

120419otoganedai10_7.jpg

▼格子状できれいnote

120419otoganedai11.jpg

▼黒い線を付けています。何の印だろうsign02

120419otoganedai11_2.jpg

120419otoganedai11_3.jpg

▼2階の床になるパネルをみんなで運び、所定の位置へ。

さっきの墨付けは、きっとこのパネルとパネルが接する部分に

関係するのだろうニャ(ホント?)

120419otoganedai11_4.jpg

▼パネルを置く。

電動釘打ちでグイングインと打つ。

それを金槌でさらに打ち込む。

そんな作業を行っていますwink

120419otoganedai11_5.jpg

▼2階の柱や梁を、設置する場所の近くに置いていきます。

120419otoganedai12.jpg

▼パネルにも、柱にも、位置を示す記号が付けられているから、

どこに置けばいいのかが分かるんだよup

壁面ボードも、空からやってきているねcloud

120419otoganedai12_2.jpg

▼柱を立て始めました。

この光景を見ると、catの頭には「パルテノン神殿」という言葉が浮かぶ。

120419otoganedai12_3.jpg

▼本物は見たことないけど、写真で見るパルテノン神殿って、

こんなんじゃなかったっけhappy02

120419otoganedai12_3_2.jpg

▼“下界 ”には、屋根断熱材が到着。

120419otoganedai13.jpg

▼びとまず仮置き。

120419otoganedai13_2.jpg

▼田辺木材のトラックも到着。

120419otoganedai13_3.jpg

▼大工さん達は10時頃に、休憩を取ります。

ちょうどその時間帯だったので、降りてきていた田口大工も

ちょっとお手伝いhappy01

120419otoganedai13_4.jpg

▼休憩中はこんな感じ。

施主の奥さまが、飲み物とお菓子を用意してくれました。

ありがとうございますsign01

大工さんって、甘いお菓子が好きな人が多いですheart04

120419otoganedai14.jpg

▼休憩完了sign01仕事再開sign03

120419otoganedai15.jpg

▼母屋が運ばれてきました。

120419otoganedai15_2.jpg

▼この家の木材は、細工が複雑なような気がしてならにゃいよcat

120419otoganedai15_3.jpg

▼いよいよ上棟に向けて、仕事は佳境に入りますshine

金槌でトントン

120419otoganedai16.jpg

120419otoganedai16_2.jpg

▼ハンマーでドスドス

120419otoganedai16_3.jpg

▼両端からコンコンnote

120419otoganedai16_4.jpg

▼こうやってきれいにかませていきますhappy02

120419otoganedai16_6.jpg

▼屋根の形も、今までの福岡工務店の家とは、

ちょっと違うような…

120419otoganedai16_7.jpg

▼出来上がってきつつありますsign01

120419otoganedai16_8.jpg

▼きれいだにゃぁup

120419otoganedai16_9.jpg

▼そうそう、屋根には、例の親方3人衆がいませんでした。

彼らは壁面を取り付けていましたよbleah

120419otoganedai16_10.jpg

▼さあ、上棟だッsign03

120419otoganedai16_11.jpg

▼大きな家なので、大工さんやクレーンの野口さん、警備の青年、施主ご一家、

福岡工務店スタッフの全員がこのようにズラッshine

施主から温かい言葉を頂戴しましたhappy01

120419otoganedai17.jpg

▼乾杯の発声は、施主のお父様heart02

「最近の家はすごい。きれい。フローリングとか畳とかいらんよ。

この床だけで十分sign01」なんて、おっしゃって…。

隣に座ったcatは、お父様と楽しくおしゃべりをさせていただきましたnote

上棟、おめでとうございますsign01

120419otoganedai17_2.jpg

▼これは午後からの、仕事再開の写真。

ナ・ナ・何と、3人衆の手仕事により、窓台も出来ているsign01

120419otoganedai18.jpg

▼そして野地板貼りも、どんどん進行していきました。

ここでcatは退場sign03

120419otoganedai18_2.jpg

福岡県糟屋郡篠栗町・リポート⑤

catです。

今日は4月20日(金)。

rain降りそう…って、天気予報では言ってたけど、

降らなかったにゃ。

気温は予報より高かったんじゃないかにゃ。

半そでTシャツ1枚になって、福岡県糟屋郡篠栗町まで

ドライブしたよ。

もとい、建築現場リポートにでかけたよcar

▼今日の現場。

泊好樹大工はどこだ~up

120420sasaguri1_dokoniiru.jpg

▼いたッheart012階にいたよsign01

120420sasaguri2_imasita.jpg

▼1時を待たずに、午後の仕事を再開していましたhappy01

120420sasaguri7_major.jpg

▼好樹大工の仕事材料が、どっさりとwink

120420sasaguri3_ippai.jpg120420sasaguri4_ippai2.jpg

▼1階には窓のサッシもどっさりbleah

120420sasaguri5_mado1.jpg

 ▼大きなサッシもあったよ。

ここは緑溢れる地にあります。

だから大きな窓は開放感が増して、心地よいだろうなnote

120420sasaguri6_mado2.jpg

 ▼階段の踊り場(になる予定のところ)から2階を撮影しました。

高い天井も、開放感があって、いいにゃぁshine

壁が貼られる前の状態なので、風が吹き抜けて、

それも気持ちよかったですclub

120420sasaguri8_odoribakara1.jpg

120420sasaguri9_odoribakara2.jpg

2012年4月14日

福岡県糟屋郡篠栗町・リポート④〰上棟

catです。

4月14日(土)です。

福岡県糟屋郡篠栗町の現場は、本日上棟の日を迎えましたsign01

昨日あれほどsunをお祈りしたのに……weep

rain女のcatは、現場に雨を運んでしまいましたgawk

でも、雨なんか吹き飛ばそうsign01

元気に上棟を行うぞッsign03(なぁんて、catが大工さんするわけじゃないですが)

午前7時38分。

cat到着。

でも施主一家は既にスタンバイcoldsweats01

cat、ドべだったんですcoldsweats02

120414sasaguri_1.jpg

▼8時。さあ、始まります。

120414sasaguri_2_1.jpg

▼ブルーシートを取り外すと、そこには整然と並ぶ木材shine

120414sasaguri_2_2.jpg

▼まずはお清めです。

施主がお神酒を、棟梁がお米を、現場監督が塩を、家の四隅にまいていきます。

120414sasaguri_3.jpg

▼工事の安全を祈って、みんなで乾杯up

120414sasaguri_3_2.jpg

▼そして、記念すべき1本目の柱が立ったheart04

120414sasaguri_4.jpg

▼次々に立っていきますsign01

120414sasaguri_5.jpg120414sasaguri_5_2.jpg120414sasaguri_5_3.jpg120414sasaguri_5_4.jpg120414sasaguri_5_5.jpg

▼雨は上がったかと思うと、また空が暗くなってポツポツときたり…。

rainを連れてきたcat、責任感じちゃいますgawk

120414sasaguri_6.jpg

▼木材を積んだトラック到着。

120414sasaguri_7.jpg

▼田辺木材のトラックも到着。(右が田辺木材の青木さん)

120414sasaguri_9_2.jpg

▼クレーンで、その木材を吊り上げます。

120414sasaguri_9jpg.jpg

▼さてさて、1階では「ゆがみを直し、仮の筋交いを打つ」ための建入れ直しが

行われています。

今回は、棟梁を務める泊好樹大工がその役割を担っていますhappy01

120414sasaguri_8.jpg120414sasaguri_8_2.jpg120414sasaguri_8_3.jpg

▼2階は床が敷かれようとしていますbleah

120414sasaguri_11.jpg

120414sasaguri_11_2.jpg

▼床を敷き終わると、2階の柱が運ばれてきましたsign01

120414sasaguri_12.jpg

▼みんなが所定の位置に柱を運び立てていきます。

120414sasaguri_12_2.jpg

▼『西遊記』の沙悟浄が持つ“さすまた”みたいなこれはニャ二ィ~sign02

木材のてっぺんにこれを当てて、クイクイッと差し込んでいきます。

120414sasaguri_12_3.jpg

▼軒桁を数人で取り付けますpunch

120414sasaguri_13.jpg120414sasaguri_13_2.jpg120414sasaguri_13_3.jpg120414sasaguri_13_4.jpg

▼少しだけ青空が見えてきましたheart02

120414sasaguri_14.jpg

▼オッ、絶妙のコンビネーションsign01

120414sasaguri_15.jpg

▼そしてそしてsign01

なんと空がホラッ、青空だァ~note

そのおかげではないでしょうが…仕事が進む、進むup

120414sasaguri_16.jpg120414sasaguri_16_2.jpg120414sasaguri_16_3.jpg120414sasaguri_16_4.jpg

▼母屋の端の墨付け。

120414sasaguri_17.jpg

▼そして上棟sign01

120414sasaguri_18.jpg

▼施主一家、親戚、友人たちも到着ですwink

120414sasaguri_19.jpg

120414sasaguri_19_2.jpg

▼上棟を祝う食事会が始まりましたcherry

120414sasaguri_19_3.jpg

▼棟梁の挨拶。

120414sasaguri_20.jpg

▼「朝から拝見し、どんどんと家が建ちあがっていく様に感動しました。

これからも安全に気を付けてください」と、施主からねぎらいの言葉happy01

120414sasaguri_20_2.jpg

▼大工さん達です。

写真右はクレーンオペレーターの野口さん。

ゴメンナサイ、柱で顔が見えませんcoldsweats01

120414sasaguri_20_3.jpg

▼1時間後に散会。

120414sasaguri_21.jpg

▼今後の打ち合わせを現場監督と行っているところです。

後ろは施主の弟さん(お兄さんにそっくりだニャnote)に抱かれるTちゃんchick

120414sasaguri_21_2.jpg

▼大工さん達は、仕事を再開します。

120414sasaguri_22.jpg120414sasaguri_22_2.jpg

▼これはおまけの写真。

指先の少し斜め上に白い物体。見えるかニャsign02

実はパラグライダーなんですsign01

篠栗はパラグライダーで有名ニャンだよshine

数機飛んでいました。

みんな、晴れるのを待っていたんだろうねwink

120414sasaguri_23.jpg

▼さらに進む、進む。

120414sasaguri_24.jpg120414sasaguri_24_2.jpg120414sasaguri_24_3.jpg

▼が、しかし…。

このブログを書くために、catは現場を後にしたのであった。

上棟、おめでとうございますsign03

120414sasaguri_25.jpg

 

 

2012年4月13日

福岡県糟屋郡篠栗町・リポート③

福岡県糟屋郡篠栗町は、篠栗四国八十八ヶ所で有名な、

お遍路さんの地。

緑溢れる清流の里。

この篠栗町での「建築現場リポート」で、

現場だけを紹介するのはもったいニャ~イnote

と考えたcat

時々、周辺リポートもしていくねwink

第一弾はコレだッsign01

120413sasaguri_taiso2.jpg

まもなく桜が散ろうかという4月9日(月)の、写真です。

若杉山麓にある太祖神社下宮のすぐ近くで撮りました。

こんなに、のどかな光景がみられますnote

やさし~い、気持ちになるねconfident

120413sasaguri_taiso1.jpg

では、建築現場へと足を運びましょうsign01

同じく4月9日(月)です。

120413sasaguri_zenkei.jpg

▲大工さんの仕事が始まりました。

泊ジュニアが土台敷きを行っています。

▼そして本日4月13日(金)の現場ですsign01

120413sasaguri_zenkei2.jpg

▲▼足場が組まれ、職人さんが上のほうで防護ネットを取り付けています。

お疲れさまですsign03

そうなんです、いよいよ明日は上棟です。sunになりますよーにlovely

120413sasaguri_ashibashokunin1.jpg

 

福岡県大野城市乙金台・リポート④

catです。

何だかすっきりしない天気の週末。

4月13日(金)です。

福岡県大野城市乙金台の建築現場に来ています。

rain本降りになりそうだ、と心配しながら、

給排水管の埋め込み工事が行われていましたconfident

120413otoganedai_zenkei.jpg

▼掘る人、埋め込む人のペアですheart04

120413otoganedai_pair2.jpg

▼こちらもペアですねsign01

120413otoganedai_pair.jpg

▲阿吽の呼吸ですheart02

帽子の男性が、「彼女募集中と宣伝してねhappy01」と、相方を思いやった(?)

コメントをcatにくれたよ。

よっしゃ、一肌脱ぎましょうかpunch

「ではとっておきの笑顔をくださいsign01」とcat

120413otoganedai_smile.jpg

▼でも仕事は真剣ですshine

120413otoganedai_shinken.jpg

2012年4月 5日

福岡県糟屋郡篠栗町・リポート②

catです。

福岡県糟屋郡篠栗町に来ていますbleah

今日は4月5日(木)。

3月17日(金)の地鎮祭以来です。

現場が始動しているよsign01

120405sasaguri_zenkei1.jpg

▼型枠が付き、その中にコンクリートが流し込まれているよheart01

120405sasaguri_zenkei2.jpg

▼ホラッshine ちょこっと触ってみました。

もう乾いていますhappy01

120405sasaguri_tatiagarikon.jpg

▼コンクリートによって型枠が広がらないよう、

棒で固定しています。

120405sasaguri_tatiagarikon_sasae.jpg

▼これは敷地の全景。

前面は駐車スペースになるのかにゃwink

来週から大工さんの仕事が始まりますnote

120405sasaguri_parking_kana.jpg

福岡県大野城市乙金台・リポート③

こんにちは、catです。

今日は4月5日(木)。

一昨日の強風により、かなり桜の花びらが舞い散る中、

福岡県大野城市乙金台の現場へhappy01

▼福岡市博多区西春町の、出店も並んで毎年賑やかな

桜並木の横を通って、catは現場に向かいましたsign01

120405otoganedai_sakura.jpg

▼現場到着sign01

人の気配がしませんが…

120405otoganedai_zenkei.jpg

▼いえ、基礎屋さんの田中さんが、黙々と作業を行っていましたlovely

120405otoganedai_tanakasan.jpg

▼レベルという測量機器

120405otoganedai_leveler_up.jpg

▼田中さんが手にしている棒とレベルが連動しています。

ピーピーピーと音を出して、設定した正しい高さを教えてくれる仕組みのようですnote

120405otoganedai_mark1.jpg

▼写真中央の鉄筋に、黄色の印が付いているのが、分かるかにゃup

レベルと棒で測定する度に、こうして印をつけていきます。

120405otoganedai_mark2.jpg

▼このすべてに、行うのですsign01

120405otoganedai_mark3.jpg

▼別角度から…広いsign03

土間コン(クリート)の位置を決める大切な作業です。

お疲れさまですhappy02

120405otoganedai_hiroi.jpg