2011年10月30日

福岡市南区和田2丁目・リポート⑤

上棟翌日、10月29日の福岡市南区和田2丁目…。

どうなっているかにゃ、と訪れたcat

アッ、緑色の屋根がかすかに見えるsign01

201129wada2_gaikan.jpg

▲▼長い長い梯子の上に、急降下直前のジェットコースターの箱みたいに

屋根の材料が乗っています。

屋根を敷く作業って、今まで一度も見たことがニャ〰イnote

せっかく足場もあることだし、上って見学しようっとhappy01

201129wada2_yanezai.jpg

▼大工さんもそうですが、職人さんたちはどうしてこの急斜面に「フツーに」立って

いられるんでしょうねcoldsweats02

201129wada2_sotodan1.jpg

▼これは屋根を横からみたところ。

一番下に昨日の上棟前に敷かれた野地板があり、その上(白く見える個所)に

外張断熱のキューワンボードが張られ、さらにその上に屋根が敷かれている

んですねeye

201129wada2_sotodan2.jpg

▼この銀色が外張断熱材。

右の職人さんは、ほとんど屋根工事が終わったため、空気をブンブン出すドライ

ヤーみたいな機械で木くずなどを払い落し、きれいにしていますbleah

201129wada2_sotodan3.jpg

▼滅多に見られない作業を拝見させていただきました。

ありがとうごにゃいますsign01catでしたぁ〰。

201129wada2_yanekannryou1.jpg

2011年10月29日

福岡市南区和田2丁目・リポート④〰上棟

10月28日、福岡市南区和田2丁目の建築現場が

上棟しましたsign01めでたいにゃあup

catは訳あって、午前10時までしか現場におられん

かったんじゃ。…なので、前後編に分け、資材の搬入業者

さんの働きっぷりをcatの前編で、田之上現場監督が撮影した

大工さんによる「家ができていく様子」を後編でお伝えします。

heart01前編の始まりぃ〰

▼午前8時20分。

20111028wada2_toutyakuji.jpg

20111028wada2_toutyakuji2.jpg

▼大工さんは、柱や梁の上に立っているだけではありません。

道具を取りに、自分の車に走るdash

20111028wada2_hasirudaiku1.jpg

20111028wada2_hasirudaiku2.jpg

歩く人も…

20111028wada2_hasirudaiku3.jpg

20111028wada2_hasirudaiku4.jpg

▼そうこうしているうちに、木材を積んだトラックが到着sign01

20111028wada2_qhautoutyakui.jpg

▼現場監督が積み荷を下ろす場所などを伝えます。

20111028wada2_qhautsuminiorosu.jpg

▼木材を結束する運転手さんと、それを吊り上げるクレーンオペレーター・野口

さんとの作業光景だよnote

20111028wada2_qhau_noguchi1.jpg

20111028wada2_qhau_noguchi2.jpg

20111028wada2_qhau_noguchi3.jpg

20111028wada2_qhau_noguchi4.jpg

▼その間の大工さん。

1階が終わり、2階の床を張ろうとしていますcatface

20111028wada2_2fyukahari.jpg

▼先ほどのトラックを荷降ろしを完了。間髪入れずやってきたのは田辺木材。

20111028wada2_tanabe_toujou.jpg

▼田辺木材のスタッフ・青木さんは、スリムな体なのに(というか、スリムだから

かなsign02)チャッチャカチャsign01と荷をほどき、指定の場所に置くために、野口オペ

レーターーと迅速に作業を進めます。

その模様を数カットnote

▼針金を使って、吊り上げ用のひもを向こう側に通す。

20111028wada2_aoki1.jpg

▼大工さんの様子を眺めて状況把握。

20111028wada2_aoki2.jpg

▼ものすごいスピードで行います。

20111028wada2_aoki3.jpg

20111028wada2_aoki4.jpg

20111028wada2_aoki5.jpg

20111028wada2_aoki6.jpg

catが現場を離れる時間になりました。

その時の大工さんの様子ですsign01

20111028wada2_time10daiku1.jpg

20111028wada2_time10daiku2.jpg

20111028wada2_time10daiku3.jpg

heart01ここからは後編だよ

catが去った後からの、上棟に向けた大工さんたちの

仕事っぷりをとくとご覧あれeye

20111028wada2_kantoku1.jpg

20111028wada2_kantoku2.jpg

20111028wada2_kantoku3.jpg

20111028wada2_kantoku4.jpg

20111028wada2_kantoku5.jpg

20111028wada2_kantoku6.jpg

20111028wada2_kantoku7.jpg

20111028wada2_kantoku8.jpg

20111028wada2_kantoku9.jpg

20111028wada2_kantoku10.jpg

▲野地板を敷く作業までを行い、上棟なったsun

▽みんなで、楽しく昼食notes

20111028wada2_kantoku11.jpg

▽しばしの休憩後、屋根の作業に戻ります。

銀色のパネルを張っていきます。

これが外張断熱sign01

20111028wada2_kantoku12.jpg

▽断熱材を張り終わると、屋根の通気垂木を付けます。

20111028wada2_kantoku13.jpg

20111028wada2_kantoku14.jpg

▽その上に屋根の下地となる板を敷き詰めていきますscissors

20111028wada2_kantoku15.jpg

福岡市南区若久・リポート④

福岡市南区若久で建築中の住宅は、店舗設計のプロで

ある施主の思い・構想を福岡工務店の設計士が形にした

もの。

だから、今後リポートの度に、「すごいsign01」が待ち受けて

いるだろうと、catは予測しているんだニャぁよ。

その外観。銀色に覆われているsign01

これが、外張断熱なんだにゃんnote

20111029wakahisa_gaikan.jpg

前回、超ワイドなバルコニーを紹介しましたが、写真ではうまく伝えきれず…。

これはいかがcoldsweats01

20111029wakahisa_gaikan2.jpg

▼玄関を入ってすぐ左手。

長~い、大きな部屋ができそうです。

20111029wakahisa_genkanleft.jpg

▼大きな部屋といえば、これは1階をいくつかの角度から撮ったもの

ですが、本当に広いsign01

しかも単に面積が広いだけではなく、やたらスッキリとしているような気が

するのは、catだけにゃんかニャsign02

20111029wakahisa_hiroi1.jpg

▼暗くてスミマセンsad

20111029wakahisa_hiroi2.jpg

▼本日から配線工事に入った山中さんと比較してね。

20111029wakahisa_hiroi3.jpg

▼…だから、きっと2階もアッと驚くような設計なんだろうなup

でもこの脚立では、catは上がれません。

20111029wakahisa_kyatatsu.jpg

▼そこで足場の階段から2階へ行ったのですが、もう大工さんが帰っていて、

中から鍵がかかっているため、入れませんでしたweep

驚きのリポートは、来週までお待ちくださいhouse

20111029wakahisa_nozoku.jpg

▼最後に紹介するのは、空を見上げ、天候を心配していた「ゼロップ」の親方・

坂本さんと、職人の田口さん。

20111029wakahisa_oyakatan.jpg

20111029wakahisa_syokunin.jpg

▼今日は、外壁を張る前の下地である胴縁を取り付ける(と表現するのかにゃ?

専門用語は、名詞を受ける動詞がわからにゃ〰い)予定だそうですが…。

rainが心配。

これが胴縁の材料です。

20111029wakahisa_dobuchimokuzai.jpg

福岡県春日市上白水・リポート⑥

そろそろ内装が始まったと聞き、catは福岡県

春日市上白水の建築現場に行きました。

▼本日、10月29日(土)の外観。

真っ白の清潔感あふれる外観ですが、角度を

少し変えると、さらに素敵だニャ。

20111029kamisirouzu_gaikan.jpg

20111029kamisirouzu_gaikan2.jpg

cat、ちょっくら横に回ってみようかニャン。

オオッ、防犯もバッチリの、中が透けて見えないすりガラス。

20111029kamisirouzu_glass1.jpg

▼勝手口も同様。

20111029kamisirouzu_glass2.jpg

▼さてここは1階のLDKshine

20111029kamisirouzu_1floor.jpg

▼ダイニングには板が渡っています。電気コードを使う道具のための

ような気がするwink

20111029kamisirouzu_dining_syuunou.jpg

▼そしてこれはシステムキッチン。シックな色味なのが、横から

見えてわかるニャheart04

20111029kamisirouzu_kitchen.jpg

▼リビングに接して設けられた畳コーナー。床と同じ高さのフラットな畳は、

お年寄りなどは立ち上がるのに苦労するけど、このように少し高さをとっていると

動きやすいね。しかも畳の下には収納スペースも確保できるしscissors

20111029kamisirouzu_tatamijpg.jpg

▼では2階を見てみましょう。

ここは主寝室。

そもそもこの家のクロスは全体にホワイトなのですが、今クロスが貼られて

いないこの1面だけは、色が違うんだって。どんな色にゃんだろう…。

次回の訪問が楽しみだニャア〰up

20111029kamisirouzu_2f_syusinnsitsu.jpg

▼主寝室のウォークインクローゼット。

2か所ありますsign01

どの部屋も、あちこちに収納への工夫が見られます。

20111029kamisirouzu_closet.jpg

20111029kamisirouzu_closet2.jpg

▼2階には寝室が3部屋ありますが、ここはその真ん中。

きっと甘えん坊さんの妹ちゃんの部屋だよlovely

20111029kamisirouzu_kidroomjpg.jpg

福岡市東区松崎・リポート⑨

catです。久しぶりに福岡市東区松崎の建築現場に行ったよ。

防護ネットで覆われ分かりにくいですが、外壁が貼られ、外観からは

すっかり「完成sign01」の雰囲気だニャ。

20111029matsuzaki_gaikan.jpg

外壁をアップで見ようねheart02

20111029matsuzaki_gaihekiup.jpg

さて、玄関を開けて、こんにちは〰happy01

20111029matsuzaki_genkannhairutosuguni.jpg

…と、すぐそばにいるのは、田口大工。

▼階段の両脇(「ささら桁」と言うそうです。田之上現場監督に教えてもらったbleah

を取り付けているところでした。

20111029matsuzaki_taguchidaiku_ga.jpg

 20111029matsuzaki_kaidann_torituke.jpg

▼この角度から見ると分かるねnote

20111029matsuzaki_kaidann_torituke3.jpg

 ▼ささら桁のアップ。足が乗っかる板がはめ込みやすよう、あらかじめ

このように切り込みが入れられた状態で納品されるんだって。

でも長~い板のまんま来るから、大工さんが現場でカットします。

20111029matsuzaki_kaidann_precutup.jpg

 ▼1階を“引きめ”で撮ってみました。階段の位置が分かるでしょeye

エッ、チリトリが目立つってsign02

田口大工のきれい好きを、併せて紹介したかったのだニャ。

20111029matsuzaki_zenkei.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

2011年10月18日

福岡市南区若久リポート③

猫です。10日前に上棟した、福岡市南区若久の現場。
どうなっているかにゃグッド(上向き矢印)きっと今頃は面材が貼られて家らしく
なり、窓が付く箇所はくりぬかれているよ。
▼ほらねるんるん
111018若久外観.jpg
▲でも、外から見た印象が、今までの“現場”とどこか違うような…
▼そうだ、窓が多いexclamationしかも大きいexclamation×2
1階外に向けて窓.jpg
▼これは1階の、最も小さな窓。でも70〰80センチくらいの幅は
あったよかわいい
1階の一番小さな窓.jpg
▼では恒例の「脚立で2階へGO」
……ですが、左右に猫の体を支える柱がなく、
怖くなったため退散ダッシュ(走り出すさま)
脚立.jpg
▼足場の階段を使って上りました。
足場から2階へ.jpg
▼2階も窓が広いexclamationしかも1,2,3個所も窓が並んでいますかわいい
窓がいっぱい.jpg
▼その先は、長〰い長〰いバルコニー。3部屋がバルコニーと
並行して作られているのですぴかぴか(新しい)
その先はバルコニー.jpg
▼これが、そのバルコニー。
「全室バルコニーあり」…まるでリゾートホテルの広告みたいるんるん
長いバルコニー.jpg
▼ちなみに2階には背丈ほどの窓もありました。
ここは一体どのような設計なんだろう…
これからが楽しみだニャ揺れるハート
長い窓が2階.jpg

 福岡の新築一戸建て.comはコチラから

福岡市南区和田2丁目・リポート③

10月8日の地鎮祭から約10日。
そろそろ基礎工事。今日は“捨てコンクリート”の日と聞き、
時間的に少し早いかな…と思いつつ、福岡市南区和田2の
現場に向う猫であった。
▼ホラッ、基礎工事の準備が始まっている模様わーい(嬉しい顔)
111018現場.jpg
▼鉄筋も用意されています。
配筋用.jpg
▼青年がホースで水をまいていますたらーっ(汗)たらーっ(汗)
意外に気温が高い秋晴れ。湿度も低いので、猫思わず聞いちゃいました。
「今日は捨てコンですよね?乾燥防止のために、水をまいたりする
のですねグッド(上向き矢印)
水をまいている.jpg
▼振り返った青年。
「イエ、私はシロアリ駆除の薬剤を噴霧しているのです」
水ではないと説明.jpg
▼アチャァ~、猫恥ずかしいふらふらバッド(下向き矢印)
そうこうしているうちに、地面全体の噴霧完了exclamation
噴霧完了.jpg
▼青年は後片付けを済ませ、立ち去ったのでしたダッシュ(走り出すさま)
DSC_0015.jpg

 福岡の新築一戸建て.comはコチラから

2011年10月13日

福岡市東区松崎・リポート⑧

10月13日、午後2時半。
福岡市東区松崎では、電動のこの音が響いています。
今日は田口大工がいる模様グッド(上向き矢印)
▼今日の外観
外観1.jpg
▼少し角度を変えると、かなり奥行のある家だとういうことが、
分かるね(猫
外観2.jpg
▼先週訪れた時はボードで覆われていただけでしたが、
今日は透湿防水シートが貼られていましたexclamation
防水シート.jpg
▼1階にいたのは、高田大工。
何してるのですか?
「胴縁」
高田さん.jpg
▼1階の様子
1階の様子.jpg
猫は2階に上がりました。この空洞から上ったんだよがく〜(落胆した顔)
ここから2階へ.jpg
▼2階にいたのは田口大工。
田口さん.jpg
▼そして電気設備工事の山中さん。
電気工事さん.jpg
▼ドアが付くと思しき場所。同じ高さに太い梁が…。
これはいずれ隠れるのかにゃexclamation&questionこのままexclamation&question
低い位置に梁が2.jpgるんるん
▼天井はすごく高いです。
脚立に乗った田口さんから想像してね
天井が高い.jpg
▼山中さんも脚立に上って作業かわいい
電気工事さん脚立で仕事.jpg
▼ところで田口さんは何をしているのですか?
「壁の下地を作ってる」
田口さんと高田さんは同じ作業をしていたのであったるんるん
田口さんは壁の下地.jpg

 福岡の新築一戸建て.comはコチラから

2011年10月 9日

福岡市南区若久・リポート②〰上棟

猫です。昨日行われた、福岡市南区若久の上棟の模様を
お伝えしま〰すexclamation
この日のために借りた臨時駐車場(何しろ大工さん達の車だけで
7,8台確保せねば…)からフッと見やると、派手な「福岡工務店」の
横断幕サーチ(調べる)おかげで道に迷うことがありませんわーい(嬉しい顔)
遠目にも目立つ.jpg
猫が到着したのは、午前7時45分。しかし手(チョキ)施主は既に
いらっしゃいましたexclamation

朝一番で施主到着.jpg
▼建築現場は坂を少し上ったところにあります。
坂を上る.jpg
▼7時45分現在。
1階の柱がポンポンと建っています。
到着時の状態.jpg
▼8時。四方を清めます。
棟梁の泊大工(中央)がお米をまきます。
お祓い棟梁.jpg
▼施主はお神酒を…
お神酒施主.jpg
▼お清め完了exclamation大工たちは持ち場に戻ります手(グー)パンチ
仕事再開2.jpg
▼施主は熱心に現場を見つめるだけでなく、時々撮影も。
熱心な施主.jpg
▼2階床になる部分が、あっという間に組まれていきます。
床あっという間.jpg
▼大工さん達と同じ高さに上ったので、特定の大工さんの動きに
着目して撮影しました。
石橋大工ですかわいい下から渡された金物を数箱置きます。
石橋大工1.jpg
石橋大工2.jpg
石橋大工3.jpg
▼そして取り付ける場所に置いていきます。
石橋大工4.jpg
▼次に着目したのは、田口大工。木材(桁?)を置いていきます。
田口大工1.jpg
田口大工2.jpg
田口大工3.jpg
田口大工4.jpg
田口大工5.jpg
田口大工6.jpg
▼田口大工(ほかの大工さんも担当していた)が置いて行った
木材を、木製のハンマーでコーン、コーンと打ちつけ、受け皿となる
木材との凹凸によってしっかりと差し込まれます。
ジュニア1.jpg
ジュニア2.jpg
ジュニア3.jpg
ジュニア4.jpg
▼あちこちで、同様の光景が見られます。
ハンマー打ち1.jpg
▼上棟のときは、木製のハンマーがやたら多いな、と以前から
思っていたんだけど、「軸組工法は、各種の軸材の組み合わせで
構成され、軸材同士は何らかの方法で接合される」から。でもって、
一方に突起を作り、もう一方にこれを受ける穴を作る「ほぞ差し」
だからなんだニャ。さらにハンマーで打ちつけて接合するからだニャア。
猫、今日も“ものの本”で一生懸命調べたよグッド(上向き矢印)
ハンマー打2.jpg
▼部材をアップ。どこに使う部材か、っていうのは、このように
ナンバリングでわかるようになっている。
「あいうえお」じゃなくて「いろはにほへと」なんだよわーい(嬉しい顔)
「い一」「い二」「い三」とか…。ホゥ~、日本だにゃ。
木材にはナンバリングが.jpg
▼さて、ここからは2時間経過後の写真(和田2の地鎮祭に猫は行って
ましたexclamation
10時半戻ると.jpg
▼お客さんが増えてます。
施主の上司と、お兄さんだそう。
上司兄も参加.jpg
▼施主がお兄さんを連れて、足場へ。
実はお二人とも、この業界の人なのです。
兄弟上へ.jpg
▼施主の奥さまと息子さん(T君)も到着るんるん
妻子到着.jpg
▼太い梁がクレーンで所定の場所に置かれようとしています。
梁が届く1.jpg
hが理が届く2.jpg
梁が露独3.jpg
▼それをこれまたハンマーでコーン、コーン。
梁をハンマーで打つ.jpg
▼凸凹はこんな感じ眼鏡サーチ(調べる)
凸凹見せます.jpg
▼ずらりと並んだ、凸。ここに今から凹を持つ垂木が取り付けられます。
行うのは土﨑大工(パパのほう)。
垂木取り付け前.jpg
土﨑大工1.jpg
土﨑大工2.jpg
土﨑大工3.jpg
土﨑大工4.jpg
▼話変わって、これは「鎹(かすがい)」。
カスガイ箱の中.jpg
▼じっくり観察してみると、場所によって鎹の打ち方が異なるようです。
カスガイ1.jpg

カスガイ2.jpg
▼そうこうしているうちに、垂木はほとんど完了exclamation
垂木がほぼkannryou.jpg
▼ハイ、上棟なったよ揺れるハート
上棟なった.jpg
▼1階はこんな感じ。
上棟なった2.jpg
▼これから上棟を祝っての食事会です。施主がご挨拶
(画像が暗くて、ごめんなさいもうやだ〜(悲しい顔)
施主挨拶.jpg
▼食事後、じっとしていられない盛りのT君は、ヘルメットをかぶって
探検るんるん
T君.jpg
▼大工さんもまっ青の、身軽さexclamation生まれながらの鳶は、何と
まだ幼稚園の年長さんぴかぴか(新しい)
T君2.jpg
▼現場は気になって仕方ないけど、「邪魔しちゃダメ」とママに
言われ、自転車で去っていきました手(パー)
T君に代わって、猫がリポートするからねぇ~
ママの自転車に.jpg

 福岡の新築一戸建て.comはコチラから

2011年10月 8日

福岡市南区和田2丁目・リポート②

9月13日に初リポートして以来、27日目。
福岡市南区和田2丁目で、ついに地鎮祭が行われました。
施主一家の到着exclamation
カジュアルなファッションがいつもキマッテいる夫妻ですが、
本日はドレスアップわーい(嬉しい顔)
施主到着.jpg
▼(地鎮祭とは関係ない話ですが)、奥さまの
ビーズのバッグ、かわいかったニャ(猫)。
施主妻子到着.jpg
▼式は列席者全員が起立、低頭して始まります。
式開始.jpg
▼神官さんが一人ひとりをお祓いしてくれます。
開始のお祓い.jpg
▼施主が最初に行う“仕事”は、敷地の四隅を清める、
「四方祓いの儀」。神官さんのお祓いに続き…
四方祓い神官.jpg
▼ご主人がお神酒をまきます。
四方祓い夫.jpg
▼ママは塩で清めます(ボクもママと一緒に行いましたexclamation
四方祓い妻.jpg
▼式場よりも外が好きなボクは超ごきげんるんるん
四方祓い後戻る一家.jpg
▼続いて「地鎮の儀」の中の「仮初の儀」。
「エイ、エイ、エイッ」という掛け声とともに、パパが
葦を刈り取りました。
仮初めの儀.jpg
▼ママも「エイ、エイ、エイッ!」。ママが行った
のは、大地を耕す「鍬入れの儀」。
鍬入れの儀.jpg
▼施工者は「杭打ちの儀」を行います。」
杭打ちの儀.jpg
▼多分、施主が最も緊張し、また思いを込めるのが、「玉串奉奠」
ではないかな。神妙な面持ちです。
玉串奉奠.jpg
▼神前に二礼します。
玉串奉奠一礼施主.jpg
▼二拍手。ボクはママと一緒に…。
柏手施主一家.jpg
▼施工者の玉串奉奠は、社長が代表して神前で、現場監督と
担当営業マンは後方で行います。
柏手施工者1.jpg
▼3人の息はピッタリ。
柏手施工者2.jpg
▼「降神の儀」によって挙行された儀式は、「昇神の儀」によって
完了します。
昇神の儀.jpg
▼列席者全員でお神酒をいただきます。
乾杯.jpg
▼神官さんが手にしているのは「上棟札」。
今日ここでいただきました。完成の暁には、このお札を
棟木に取り付け、家内安全を“見守って”もらうのです。
上棟札の説明.jpg
▼さあて、いつもはキッズが活躍する「近隣挨拶」。でもボクは
現場リポートに登場したキッズの中の最年少。
ママに抱っこされてのお仕事でしたわーい(嬉しい顔)
近隣挨拶1.jpg
▼周辺のお宅の挨拶を済ませたパパに抱っこされて、ご帰還かわいい
近隣挨拶2.jpg
▼近所にはワンワンがいっぱいいて、「楽しかったね」と“お散歩”
満喫のボクでした犬
地鎮祭、おめでとうございますぴかぴか(新しい)
記念撮影.jpg

 福岡の新築一戸建て.comはコチラから

2011年10月 5日

福岡県那珂川町片縄北・リポート⑪

猫です。実に約1か月振りの福岡県那珂川町片縄北の
現場でするんるん
もうほとんど完成していると聞き、とっても楽しみに現場に
出かけましたexclamation2週間程前、設計の事務所で壁のクロスを
選んでいる施主ご夫妻をお見かけし、「アッ、それもアリですねぇ。
よし、そうしましょう」とか「いっちゃいましょう!」という奥さまの
キビキビとした決断が聞こえたから…。
あの時の選択は、どんな形になっているんだろうかわいい
楽しみだニャア〰exclamation
揺れるハート本日の(というか、全貌を現した)外観です。
前回まではドアが覆われていたため、ま・ま・まさか、このような
色遣いだとは思わなかったゾッ、猫は。
スッゴイexclamationステキだぁグッド(上向き矢印)
111005片縄北外観.jpg
▼大胆ぴかぴか(新しい)
赤いドア.jpg
▼何度も書きますが、ここは施主夫妻が趣味にしている
バイクのガレージ。
バイクガレージ.jpg
▼ガレージとその奥の部屋の間には、大きなガラス窓が
はめ込まれています。
バイクガレージの窓.jpg
▼さあ、室内に入りましょう。
1階の廊下の突き当たりの右手はトイレ、左側は洗面所です。
1階廊下.jpg
▼トイレはごくごくシンプル。
トイレ.jpg
▼洗面化粧台もシンプル。
洗面化粧台.jpg
▼洗面スペースの、その奥に見えるのは…
洗面所の奥は.jpg
▼バイクガレージの窓から見えた部屋がココexclamation
床と窓面は無垢材ですが、1面だけは大胆な色遣いexclamation
この紫が、実にステキなんだニャ。大人の色キスマーク
主寝室.jpg
▼この主寝室の奥は広いクローゼットになっています。
主寝室奥のクローゼット2.jpg
▼写真で見ると分からないだろうけど…。
かわいいサイズの階段が、主寝室の上の小屋裏に通じています。
小屋裏への階段.jpg
▼小屋裏はご主人の趣味のためのスペース。
小屋裏.jpg
▼では“本物”の階段で2階へグッド(上向き矢印)
階段を上る.jpg
▼2階は高い高い天井と太い梁が山小屋をイメージさせる
リビングルームわーい(嬉しい顔)
リビングルーム修正.jpg
▼なぜか木目にしっくりとなじむ、鮮やかなオレンジイエローの
システムキッチンぴかぴか(新しい)
SK.jpg
▼少し見にくいかも…(ゴメンナサイ)。コンセントをワークトップの
壁面に取り付けたため、リビングとの接点に位置するカウンターが
通常より高くなりました。
SKのコンセント.jpg
▼ネッexclamation
高いカウンター1.jpg
▼きっとここはバーカウンターみたいに使われるに違いニャ〰イるんるん
猫は思ったので、そのポースバーを田之上現場監督にとってもらったが、
猫のイメージとかけ離れてしまったニャバッド(下向き矢印)
高いカウンター2.jpg
▼ステキがいっぱい詰まったこの家のハイライトは、キッチン上の
ロフト…に上るための梯子。
建具屋さんによるオリジナルです。
ロフトへの梯子1.jpg
▼木の風合いが梁や床とぴったりとマッチしていまするんるん
ロフトへの梯子2.jpg
▼梯子のアップ。
たった1本のビスで留めていますサーチ(調べる)
というのは、踏み板と両脇の板は凹凸できっちりと挟み込んで
いるから手(グー)
梯子アップ.jpgぴかぴか(新しい)
▼室内探検を満喫し、階段を降りようとしたら…。
ここからの玄関ドアの眺めもカッコいいにゃあわーい(嬉しい顔)
2階から見た玄関ドア.jpg

揺れるハートこの家の良さは、ブログでは十分に伝えきれない…
そこで、10月15日(土)、16日(日)に「完成見学会」を
行うことが決定! みんな、ぜひ見にきてね揺れるハート

 福岡の新築一戸建て.comはコチラから

福岡市南区松崎・リポート⑦

9月24日(土)の上棟以来、11日ぶりに福岡市東区松崎の 現場にきました。 家のフォルムが分かるくらいに進展していますグッド(上向き矢印) 111005松崎外観.jpg

猫です。こんにちはexclamation昨日は超快晴だったのに、今日は
あいにくの雨。大工さんはこの雨の中、仕事をしているようですが、
猫が訪れたのがちょうど正午過ぎだったため、食事にでかけたかニャ?
いらっしゃいません。ちょっくらお邪魔しますねわーい(嬉しい顔)
ワオッ、1階は材木だらけ。
木がいっぱいの1階.jpg
▼外装用の面材は、小屋組みのところがちょっとだけ残っていました。
今は窓台の取り付けをやってるのかニャexclamation&question
窓台取付中.jpg
▼サッシの窓が待機してるもん手(チョキ)
窓が待機.jpg
▼2階に上がってみました。
2階.jpg
2階2.jpg
▼ここは奥行きのあるバルコニー。
奥行きのあるバルコニー.jpg
▲▼このバルコニーに、下の窓が取り付けられるんだろうニャるんるん
すごくワイドだよ。太陽の光は“サンサンと”どころじゃないかもニャ晴れ晴れ
大きな窓ガラス.jpg
▼2階には、さらに上の作業をするための脚立がありました。
更に上への脚立.jpg
ちなみの、ここ松崎の大工は田口さん。
「また会えるといいね〰」(この言葉がわかる人は、
ダイスケ君犬のファンだニャかわいい

 福岡の新築一戸建て.comはコチラから

2011年10月 1日

春日市上白水・リポート⑤

先週、9月24日(土)に、春日市上白水では断熱材の吹きつけが行われました。
その日猫は午後5時半に現場に行きました。中に入れなかったので、外観をパチリexclamation
9月26日5時半外観.jpg
▼何気なく窓を撮影したのですが、これが本日
行われた「気密検査」のヒントになるんだよるんるん
9月26日窓.jpg
ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1) さてここからは、10月1日(土)の、上白水の
写真ですexclamation
外観はさほど変化を感じませんね。
111001上白水外観.jpg
▼さて、外から撮った小窓。
換気扇みたいなのが隙間テープでピシッと
固定されてるサーチ(調べる)
窓に設置の機械を外から.jpg
▼室内で、その換気扇みたいな物体の全景を
捉えたゾッ手(チョキ) これjは気密性を検査するための
機械ニャンだってわーい(嬉しい顔)
機械全体像.jpg
▼検査に当たるお兄さんが、施主に説明しています。
「大きな換気扇だと思ってください(換気扇だって。猫と同じこと、
言ってるグッド(上向き矢印))。これを使って室内の気圧が外よりも低い状態を
作ります。このときここから外に出ていく空気の量を測定するのです」
「国が定めた“気密性の高さ”基準」をクリアしているかどうかの、
調査なんだニャ。
ちなみにその基準は「1平方メートル当たり5平方センチ以下」だそうな。
検査員が施主に説明.jpg
▼またまた“ちなみに”、このお兄さんは硬派な仕事とは真逆の、
やさしい人でした。施主の長女に「運動会、終わった?]とか、
ニコニコ笑顔で話しかけていたよかわいい
検査員が長女に声掛け.jpg
▼測定中
検査中.jpg
▼測定器を正面から見た。「ビクターの蓄音器」みたいな上部が
風量計。
機械正面から.jpg
▼検査結果を伝えています。
その数値は「0.2」。
すごいexclamation 冷暖房の効率がよくなるねグッド(上向き矢印)
検査員結果を施主に報告.jpg
▼しかし、プリントアウトされた数値結果を見るだけでは実感が
わかないだろう……ということで、実験パンチ
気圧を下げた家のドアは開けにくいのです。
長男が実験。(思いっきり力を入れて開けたので「開けにくくなかったよ」)
気密度実感長男.jpg
▼ママが実験。こちらは「アッ、ホントだ!開けにくいです」と、
施工者がホッと胸をなでおろす感想を言ってくださいましたわーい(嬉しい顔)
気密度実感妻.jpg
▼その後はセキュリティーの打ち合わせ。
セキュリティーのパンフレットや資料を元に、どれを取り入れたら
より安全性が高まるかを、検討しました。
セキュリティ用品の打ち合わせ.jpg
▼施主は現場監督と一緒に、窓のサイズを計測。
施主が監督とサイズを測る.jpg
▼現場監督の説明に、施主は真剣な眼差し。
監督が施主に説明.jpg
▼そうそう、先週撮影し損なった断熱材の吹きつけはこれ。
断熱材吹きつけ1.jpg
猫、今まで大工さんがこの仕事をしているのかと思ってた。
小さな作業は大工さんもするけど、基本的には専門の業者さんの
役割。大工さんが使うものより大きな、ホースみたいなのを使って
噴霧するんだって。
(泊親方談)
断熱材吹きつけ2.jpg
▼こうして吹き付けた断熱材の上を、大工さんがボードで覆うという
ことじゃニャ。
断熱材吹きつけ3.jpg
猫は2階に上がりました。泊ジュニアが一人黙々と仕事中。
いつ会っても、真面目な好青年ですゥ〰揺れるハート
ジュニア.jpg
▼ジュニアが作業をしていた(多分)子ども部屋には、主寝室に
もつながるバルコニーがあります。長いね。広いね。
洗濯が楽しくなりそうでするんるん
広いベランダ.jpg
▼ここが主寝室。
主寝室.jpg
▼外に目を向けましょう。外装屋さんが、これまた黙々と
仕事に励んでおられます。
外装屋さん1.jpg
▼白い紙で壁を覆い、ホチキスでパチン、パチンと留めていました。
まあ、正式にはホチキスではないですが…。「タッカー」と言うんだって。
タッカーで固定する.jpg
▼紙のアップ。
透湿防水シートでしたexclamationこれで家全体を包むのですね。
防水シートアップ.jpg
▼最後に、外装屋さんのニッコリ笑顔かわいいるんるん
笑顔の外装屋さん.jpg

 福岡の新築一戸建て.comはコチラから