2011年7月30日

福岡県那珂川町・片縄北・リポート⑥

猫が今気になっているお宅があります。
それが、福岡県那珂川町片縄北で建築中のこの家。
若い夫婦の趣味が反映された設計のようなんじゃニャかわいい
取材・撮影した7月28日は、このように銀色に光り輝く
外観ぴかぴか(新しい)これこそが、福岡工務店お勧めの「外張り断熱」exclamation
外観_R.JPG
▼1階部分のかなりのスペースを占めるのが、ご夫妻の趣味である
バイクの、ガレージ。
ガレージ_R.JPG
▼ガレージの天井は摩訶不思議なデザイン。
 2階の床、つまりこの場所の天井には板がしっかりと貼られて
いるのに、これらの木材は、一体何なんだろうニャア~exclamation&question
追々、調べていくね。
ガレージ天井_R.JPG
▼じゃあ、2階へ上がろうexclamation…という目的の画像ではありません。
この脚立で分かるでしょ。
いかに天井が高いかを、お見せしたかったのでするんるん
脚立で分かる高さ_R.JPG
▼2階は広々。そして、泊ジュニアがいたexclamationハートたち(複数ハート)
ジュニア見っけ正_R.JPG
▼…が、すぐに外に移動。
「今日は朝から外張り断熱を貼っていました。今は、バルコニーを
作っているところです」とのこと。
<バルコニーを作る>って、シロウトにはこれまた“摩訶不思議な”
表現じゃニャア~。何でも作ってしまう、大工さんに、改めてわーい(嬉しい顔)手(チョキ)パンチ
ジュニアはバルコニーへ_R.JPG
▼設計図によると、2階は水回り(風呂、トイレ、洗面)以外は、
洋室1間とリビングダイニングのみexclamation
開放感あふれる空間になりそうですよかわいい
2階すっきり_R.JPG
▼LDKの上部には、このような立派な梁が…。
これまた設計図を見ると(柱に貼りつけている)、『梁あらわし』と
記入されています。
ジュニアに教えてもらいました。
この梁は、隠されることなく、このまま見えた状態になるんだって。
いいねぇ~、この自然感覚いっぱいの設計グッド(上向き矢印)
今後の進行が楽しみだニャ~ンexclamation×2
梁あらわし_R.JPG

 福岡の新築一戸建て.comはコチラから

福岡市南区的場・リポート⑤

福岡市南区的場では、7月28日(木)に“土間コン”というものが行われました。 コンクリートが流し込まれ、敷地内の地面が平らに、きれいにされる日です。 ▼現場近くでは、交通整理の方がいらっしゃいましたわーい(嬉しい顔) DSC_0045交通整理_R.JPG ▼赤い色の車が見えます。あそこが現場。  この1本道に通行の案内をしているのでするんるん 現場への道_R.JPG ▼赤い車はコンクリートミキサー車と、それを敷地に流すための 長いクレーンを持つ車でしたexclamation クレーンが_R.JPG コンクリートをクレーンに_R.JPG ▼赤いクレーンの先に、象の鼻みたいなものが… コンクリートが現場へ_R.JPG ▼象の鼻の先端を人が肩で支えながら、この鼻から出てくる コンクリートを敷地に流し込んでいるのですぴかぴか(新しい) 人がホースを支える_R.JPG きれいに均します_R.JPG ▼とっても重そうな、ホース。 この通り、大変敷地が広いので、作業にも時間がかかりますふらふら コンクリートを出す_R.JPG ▼田中土木の親方が、きれいにきれいに 均していきます。 お疲れさまでしたexclamation×2 均す_R.JPG

 福岡の新築一戸建て.comはコチラから

2011年7月29日

福岡市城南区友丘⑧

猫です。今日は7月29日(金)。
いやあ~、暑いニャア晴れそんな中ですが、明日と明後日(30日、31日)、
福岡市城南区友丘では、建築中の住宅の、構造についてバッチリ見ることができる
「構造見学会」が行われます。
住宅の見学って、いわばお化粧が施された状態を見ることが殆どだよね。
それって、後々「だまされた~!」と、人間のお付き合いの場合、思うじゃない。
住宅も、もしかしたら同じかもしれない…というわけで、「見た目」にだまされないための
構造見学会でニャンスexclamation 是非、お出かけくださいexclamation×2
どんなことを見ることが出来るかといえば……
▼ここが現場です
友丘外観_R.JPG
▼この太い梁グッド(上向き矢印)天井に張り巡らされた木々をチェックすることが
できます。
1階すっきり_R.JPG
▼オッ、田口大工だニャ。アレッ、お髭がない目すっきり。ハンサムじゃニャ~イるんるん
田口さんもすっきり_R.JPG
▼撮影日は29日のため、構造見学会で見ることができるかどうか、
ちょいと不安ですが…。
この木の右側。白いボードと黄色のボードが貼られているのが、
分かるかニャ?
筋交い代わり1_R.JPG
▼全景を撮影すると、こんな感じ。
ここはね、筋交いという「木を斜めに渡すことによる
強度安定の方法」を採用することができないため
(スペースの関係上)、面材を貼ることでその代わりを
行っているんだって。
筋交い代わり2_R.JPG
かわいいこうした「?」が、建築現場にはいっぱいあります。
それを実際に見て、プロに質問できるのが構造見学会。
今すぐ家を立てる予定がなくても、きっとこれからの参考になるよ。
ぜひ、おでかけくださいわーい(嬉しい顔)黒ハート

 福岡の新築一戸建て.comはコチラから

2011年7月25日

福岡市南区和田・リポート⑯

本日は7月25日(月)。福岡市南区和田の建築現場から久々に
リポートします。
実は先週来たんだけど、家が完成していて、職人さんんが誰もいなくて、
しかも玄関に鍵がかかっていたから、中に入れなかったんだニャァ~バッド(下向き矢印)
今日は「完了検査」というのがある、と田之上現場監督が教えてくれたので、
「じゃあ、中に入ることができるニャexclamation」とやって来たのでありましたグッド(上向き矢印)
黒ハート黒ハートでは完成した室内の模様をバッチリお見せしましょう揺れるハート
▼外観はこのとおり。
作業をしているのは、外構工事の方々です。
和田外観.jpg
和田外観1.jpg
▼玄関の収納棚。靴がたっぷり収納できますかわいい
玄関収納.jpg
▼玄関を入って右手にも収納扉があります(=タタキ部分)。
タタキ部分にドアが付いたような、不思議なつくりです。
実はここは、ベビーカーの収納を想定しての設計ぴかぴか(新しい)
これなら丸見えにならないねッexclamation
玄関ベビーカーも入る.jpg
▼リビングルームからキッチンの方を見たところ。
太陽の光が差し込んで、明るい晴れ
リビングからの畳.jpg
▼スペースを効率よく活用した、畳下の収納るんるん
畳下の収納.jpg
▼リビングから吹き抜けを見上げると、こうなります。
高いexclamation開放感いっぱいexclamation×2
リビングから吹きぬけ見る.jpg
▼キッチン。オール電化です。
キッチン.jpg
▼レモン色のシンクが、アクセントカラーとして活きていますわーい(嬉しい顔)
キッチンシンク.jpg
▼しかも使いやすい高さ、シンクの深さ、レバーの位置です。
身長160センチの猫(大きなネコだこと)にピッタリだニャァグッド(上向き矢印)
程よい高さのシンク.jpg
▼こちらは1階のトイレ。ここは全体的にシック。
1階トイレ.jpg
▼ペーパーホルダーや、手洗いボウルはスタイリッシュですNEW
ペーパーホルダー.jpg
トイレボウル.jpg
▼洗面台はビビッドなオレンジぴかぴか(新しい)
ビビッドな洗面台.jpg
▼浴室はパステルなピンクハートたち(複数ハート)
パステルな浴槽.jpg
▼浴室から洗面コーナーを望む。縦に長いので、
使い勝手がよさそうだよるんるん
バスルームから洗面所を見る.jpg
▼さて、この家で最も目を引くのが、この階段手すり部分。
以前も「これはすごい!」と触れましたが、腰壁というんだって。
淡いサーモンピンクが、とってもキュートなんじゃよ揺れるハート
腰壁1.jpg
▼アップ。クロスではなく、左官職人さんの手による塗装です。
四角い穴が、かわいらしさをグッド(上向き矢印)ていますかわいい
腰壁アップ.jpg
▼階段から見たところ。
階段から見た腰壁.jpg
▼2階に上がって、ここは廊下部分。
2階踊り場.jpg
▼落ち着いた色調の部屋は主寝室。
主寝室.jpg
▼主寝室奥のクローゼットルーム。
広いよぉ~。部屋が一つ作れそうじゃぁわーい(嬉しい顔)
主寝室のクローゼット1.jpg
▼収納スペースもバッチリ決定
主寝室のクローゼット2.jpg
▼ここは子ども部屋。
子ども部屋1.jpg
▼子ども部屋は、もう一室あります。
子ども部屋2.jpg
▼1階には、和室があります。
おじいちゃん・あばあちゃんが遊びに来られたときの部屋だろう
ニャンexclamation
入り口が2個所あります。写真の左手は玄関を上がったところに
ある、リビングルーム入り口と直角に面した引き戸。
写真右手は、洗面所に通じる位置にあります。これは便利exclamation×2
気兼ねなくトイレや入浴、洗面ができるということですもん揺れるハート揺れるハート
1階和室.jpg
▼じゅらく壁調の壁紙は若草色。窓から見える緑と相まって、
心和む空間を演出しています。
若草色の和室.jpg
▼これはキッチン右側にある2段分の階段。この先にも畳を
使用したスペースがあります。
キッチン脇の2段.jpg
▼縁がないので洋室とも調和する畳。琉球畳って言うんだったっけ?
間違っていたらごめんなさいふらふら
琉球畳.jpg
▼畳コーナーに座ると、視界はこんなふうでするんるん
琉球畳からリビングを見る.jpg
▼畳コーナーから吹き抜け天井を見上げると、こんな感じ。
琉球畳から吹き抜けを見る.jpg
▼「ママ~exclamation」と2階から子どもが顔を出すと、
こんな感じ(モデルさんはイメージです…)
吹き抜けから顔を見せるキッズ.jpg
ハートたち(複数ハート)いかがでしたかexclamation&question リポートでは伝えきれない
ことがたくさんあります(素材とか動線とか)。
それは直接あなたの目で確かめるしかニャ~イグッド(上向き矢印)サーチ(調べる)
…ということで、8月6日(土)、7日(日)の告知ですexclamation
完成見学会が実施されますので、ぜひお出かけください
ニャアぴかぴか(新しい)

 福岡の新築一戸建て.comはコチラから

2011年7月22日

福岡市東区松崎・リポート③~擁壁工事3

もうそろそろ擁壁工事は終わったかニャア~? …と福岡市東区松崎の現場に出かけた猫 ブッたまげただよォexclamation 本当に大変な仕事なんだなあ…と実感しました。 ▼前回訪問時は、このブロックをようやく1列設置していたところ だったから、かなり進行してはいます。 松崎現場.JPG ▼でも、この1個が何しろ超重いexclamation  脇に置かれたものを触ってみたけど、猫ごときが力を入れたって ビクともしませんふらふら 一つずつ積む.jpg ▼こうしてコツコツと設置していきます。 現在の2倍必要.jpg

▼まだ今の倍以上の高さに積み上げなくてはいけないことが わかりますねあせあせ(飛び散る汗)ダッシュ(走り出すさま)

縦に見る.jpg ▼道路に面した個所も赤土がむき出し状態。 「ここはコンクリート擁壁を行う」と職人さんがおっしゃいました。 明日からまた暑さが戻るそうです。 頑張ってくださいねexclamation×2 前面は擁壁を.jpg

福岡市城南区友丘・リポート⑦

福岡市城南区友丘の建築現場は、1週間後に迫った 構造見学会(7月30日、31日の土日)に向けて、超忙しく しているはずモータースポーツ 外観はこんな状態です。 友丘外観.JPG ▼表では外壁屋さんが茶色の外壁をカットして… 茶色の外壁.JPG ▼足場で待ち構える仲間に渡します。 全体にアイボリーの外壁ですが、バルコニーはこの茶色に なるようですよ揺れるハート 茶色を渡す.JPG ▼中では高田大工が床材をカットしていました。コンニチハグッド(上向き矢印) 高田さん床材をカット.JPG ▼田口大工は養生ボードを運んでいます。 この養生ボードって、床を貼った上に設置しているよねわーい(嬉しい顔) ということは、ここしばらくは床貼り作業かニャア~exclamation&question 「今日と明日で、それを終わらせる」とお二人。 田口さん養生ボードを運ぶ.JPG ▼階段ができていたので「じゃあ、猫は2階を見てきま~す」 「ごちゃごちゃして、何じゃこりゃ!、という状態よ」と二人が声を そろえましたが… 階段.JPG ▼何の何のるんるん ドア枠が完成し、部屋の 至る所で出番待ちをしておりました。 が、しかし…2階の床はまだまったく貼られていません。 大変そう~がく〜(落胆した顔)と心配しましたが、工程的には全然 問題ないんだって。プロってすごいニャァグッド(上向き矢印) ドア枠1.JPG

ドア枠2.JPG ドア枠3.JPG ▼2階のバルコニーでも、外壁屋さんがお仕事中。 ビスを打って凹凸ができた箇所(凹部分)にパテを 塗っているところでしたexclamation ビスにパテ塗り.JPG

 福岡の新築一戸建て.comはコチラから

福岡市南区的場・リポート④

福岡市南区的場の今朝(7月22日)の様子です。
的場現場1.JPG
▼閑静な住宅地ですが、意外に車の往来が激しく、またファミリー向けの
マンションが多いため子どもの通行も頻繁。
この網は安全面から、正解ですねexclamation
的場現場2.JPG
▼基礎工事が始まりましたグッド(上向き矢印)
基礎屋さんの「田中土木」が、ユンボを操りながら、土を掘り起こ
しています。これから動きが活発になるでしょうから、猫いっぱいリポート
しますだニャーンぴかぴか(新しい)
掘り起こし1.JPG
掘り起こし2.JPG
掘り起こし3.JPG

 福岡の新築一戸建て.comはコチラから

福岡県那珂川町片縄北・リポート⑤

猫です。福岡県那珂川町形縄北の建築現場に来ています。 上棟式からわずか4日ですが、もう既にこのように進行しています。 片縄北外観ひき.jpg ▼近くから…わーい(嬉しい顔) すっぽりと面材で覆われています。 外壁で覆われる.jpg どんっ(衝撃)るんるん今日は、ギュイーン、ギュイーンという“物を削る音”が2ヶ所から 聞こえます。泊親方とジュニアだろうと思い、屋内に入りましたが… ここは2階。実は照明がなく、暗かったニャンよあせあせ(飛び散る汗) 2階.jpg ▼どなたかが、いらっしゃいます。親方ではない、もっとずっと 若いexclamation 大工さんが集結する上棟式の日に必ずお見かけする、 泊ジュニアの次に若い大工さんだexclamation×2 お初の大工さん.jpg お初の大工さん2.jpg ▼土﨑篤朗(どさき・あつろう)さんとおっしゃるそうです。 ワ~イ、初めてお話ができて猫うれしいな。 でもこの現場は今日までニャンだって。 また別の現場で会えるといいなあグッド(上向き矢印) 土崎大工です.jpg ▼さて、泊ジュニアに本日の仕事内容をお尋ねしました。 ジュニア.jpg ▼「窓を開口して、サッシを取り付ける準備を行います」  ↓こういうことですかわいい 窓を開口.jpg ▼ところで。これは何?釘が付いた、明らかに“使用後”の木材が、 まとめて置かれているのです。 間違って発注した木材かなあ、返品するのかなあ…と心配しつつ、 恐る恐るジュニアに尋ねました。 「ああこれ?きちんと筋交いを打ち終わるとこの木材は不要なんです」 釘付き木材が.jpg

              ▼釘、見えますか?

釘アップ.jpg ▼つまり、上棟の日に大工さんがトントントントン打っていくこの 木材たちは正式なものではなく、仮押えのためだったんだニャ~ンexclamation×2 猫あんしんしましたるんるん これは仮.jpg

▼これが本物の筋交い。 建築現場に通い始めて1年。今頃知りましたもうやだ〜(悲しい顔)

本物の筋交い.jpg

 福岡の新築一戸建て.comはコチラから

2011年7月18日

那珂川町片縄北・リポート④

台風が接近中ですが、そのおかげでここ数日のようなカンカン照りが
なさそうな、本日7月18日(月・祝)「海の日」わーい(嬉しい顔)
福岡県那珂川町片縄北では、上棟式が行われましたグッド(上向き矢印)
朝8時_R.JPG
▲朝8時10分。現場に着くと、もう既に施主ご夫妻が来ておった。
ヤッベーあせあせ(飛び散る汗)猫、負けちゃったよ。集合時間に…。
施主既に到着_R.JPG
▼大工さんたちも働いておりますぅ~かわいい
朝8時2_R.JPG

朝8時3_R.JPG

1階床には木材が_R.JPG
▼でも、まだ建材が足りませんね。
木材はまだこれだけ_R.JPG
猫の目に見えるのはこれだけ。
2階床材_R.JPG
▼その貴重な建材をクレーンに吊って上げようとしています。
2階床材をクレーンで1_R.JPG
2階床材をクレーンで2_R.JPG
2階床材をクレーンで3_R.JPG
▼この建材は、梱包に「2階床材」と書かれていました。
2階床貼り1_R.JPG
▼大工さんたちがそれを運んで、今から2階の床を作るんだニャンexclamationるんるん
2階床貼り2_R.JPG
2階床貼り3_R.JPG
▼オッ、トラック到着exclamation木がいっぱい積まれていますよ揺れるハート
木材到着_R.JPG
▼早速2階部分にクレーンで運びます。
2階用を吊り上げる_R.JPG
▼2階での仕事にとりかかりますハートたち(複数ハート)
これから2階に取り掛かる_R.JPG
▼足場で道具(釘が入っているのかなexclamation&question)を運んでいる石橋大工を発見かわいい
道具を足場の少し上部に置き…
道具を徐々に上に1_R.JPG
▼自分自身が足場の階段を使って、先ほどの道具を更に上に
上げます。
石橋大工に限らず、ずっと観察していると、みなさん、道具を少しずつ
少しずつ上の階に上げていきます。
もちろんそれは木材の部材が打ち込まれ、どんどん上に行くに従ってです。
当然の流れでしょうが、横でじっと見物していると、そのシステマ
ティックさに、ある種のリズムを感じて、とっても楽しいるんるん
道具を徐々に上に2_R.JPG
▼そんな感動の現場から目を横の空き地に移します。
現場監督の田之上さん建材をブルーシートで覆い、風に飛ばされないよう、
木片で押さえていますわーい(嬉しい顔)
監督カバーリング_R.JPG
▼……が、しかしふらふら高田大工に何やら言われて、ブルーシートを
ほどき、クレーンで吊り上げることにしたようですあせあせ(飛び散る汗)
カバーほどく_R.JPG
▼高田大工は「板を上げて!」と伝えたのだ
そうです。
屋根板をクレーンに_R.JPG
屋根板を2階へ_R.JPG
▼それは、屋根部分に敷く板でしたぴかぴか(新しい)
猫の今までの上棟経験では、その作業は午前中に行われて
いませんでした。
田之上監督も「午後から行う」と認識していたそうです。
段取りの変更exclamation やはり、台風の影響を考慮してのことなのでしょうねグッド(上向き矢印)手(パー)
これは、今回“棟梁”を務めた泊親方の采配なんでしょうか晴れ
今日は、泊親方の「臨機応変」が他にもあったんだニャ~ンexclamation×2
ある部材の数が足りなくて、親方がグィーングィーンと木材を削って
作ったんだよ。クレーンの親方が「イマドキ、自分で作ろう、なんて判断し、
実際に作れる職人さんは少ないよ」と感動していましたハートたち(複数ハート)
屋根板作業_R.JPG
▼一旦ご自宅に戻られた施主ご夫妻が、再び登場exclamation
「すごい、朝は1階の床しかなかったのに、もうこんなにできているかわいい」と
大感激。奥さま、思わずパシャリカメラです。
奥さま撮影_R.JPG
▼さあ、棟上が完了しました。
屋根の土台が見えてきた2_R.JPG
▼施主ご夫妻のもてなしの昼食会が始まりました。
「今、北九州市に単身赴任中なのでなかなか現場を見ることは
できません。でも本日は朝から拝見して、職人さんたちの確かな
仕事ぶりに感動しました。事故なく、よろしくお願いします」と、
ご主人が挨拶をしてくださいましたるんるん
施主挨拶_R.JPG
▼食後は、施主による恒例の「棟上がり」ですハートたち(複数ハート)
 アッ、この言葉、今猫が作りました。山笠の台上がりを真似して、
 一言で表現できるように…と。
恒例の施主2階へ_R.JPG
▼足場で記念撮影をする施主を猫が激写パンチ
足場で記念撮影_R.JPG
▼ここは2階部分
2階部分_R.JPG
▼ここは屋根裏になります黒ハート
屋根裏_R.JPG
お二人に代わって、猫がしっかり足を運びリポートしますね目

 福岡の新築一戸建て.comはコチラから

2011年7月16日

福岡市南区的場・リポート③地鎮祭

7月16日(土)に行われた、福岡市南区的場での地鎮祭の模様をお伝えします。
施主到着_R.JPG
▼式の段取りを神官さんが施主ご一家に説明してます。
神官説明_R.JPG
▼「四方お祓いの儀」
 神官のお祓いの後、施主がお神酒で、施工者が塩で清めます。
四方お祓いの儀式¥_R.JPG
▼地鎮の儀の中の「仮初の儀」
エイ、エイ、エイッと声をかけ、最後は葦を刈り取ります。
仮初の儀_R.JPG
▼施主の息子さんによる「鍬入れの儀」。
鍬入れの儀_R.JPG
▼施工者が行うのは「杭打ちの儀」。
杭打ちの儀_R.JPG
▼これは「玉串奉奠」。施主の奥さまが行っています。
玉串奉奠母_R.JPG
▼息子さんに続き
玉串奉奠息子_R.JPG
▼奥さまのお母さまも、玉串奉奠を行いました。
玉串奉奠祖母_R.JPG
▼地鎮の儀のすべてが修了した後、神官さんが施主の奥さまに
「上棟札」を渡しました。
上棟札の説明_R.JPG
▼施主にとって、本日の、もう一つの大切な仕事が、近隣の訪問。
現場監督やスタッフとともに回ります。
近隣挨拶1_R.JPG
▼フウッと、汗をぬぐう施主奥さま。
近隣挨拶2_R.JPG
▼次の節目は「上棟」。それまでの作業の流れについて打ち合わせも、
この場で行いました。
今後の打ち合わせ_R.JPG

 福岡の新築一戸建て.comはコチラから

2011年7月13日

福岡市東区松崎・リポート②~擁壁工事2

猫です。今日も、いままでのリポートにない、珍しい写真だよ。
福岡市東区松崎は、今日も「擁壁工事」と呼ばれる工事の一環として、
間知積(けんちづみ)が行われています。
現場_R.JPG
▼こんなに深く掘られていましたかわいい
こんなに深く_R.JPG
▼これが間知ブロック。家を建てる前にこれを配置して、文字通り
「擁壁する」ということだニャンexclamation
間知積とは、「石垣工法の一種で、河川や住宅地の土留めなどに
よく用いられており、割石を用いて積んだ手法である」と、猫が調べた
ホームページには書かれていたよ。
海岸のテトラポットみたいだ目猫は思ったんだけど、コレ的外れじゃ
ないよねexclamation&question
間知ブロック_R.JPG
▼ピンクの糸が張られていました。これによって、石がずれることなく
まっすぐに並ぶんじゃグッド(上向き矢印)
ピンクの糸_R.JPG

水平を保つ_R.JPG
▼石の後方を、板で支えていきます
板で支える_R.JPG

板で支える2_R.JPG
▲最終的には、というか、本日のこの間知積の締めくくりは、
この石と板部分にコンクリートを流すことで、石を固定させ、
強度増すのだそうです。

 福岡の新築一戸建て.comはコチラから

福岡市城南区友丘・リポート⑥

 猫が福岡市城南区友丘の現場に向って車を走らせていると、 信号待ちの時に左車線から入り込んできた車がありました。 それがコレexclamation給配水管工事の安達さんですexclamation 同じく友丘の現場に向っている模様。 割り込み安達さん_R.JPG しかしは現場の隣に用意された関係者用の駐車場は、 坂道なので猫よう上りきらんがく〜(落胆した顔) …で、コインパーキングでモタモタしているうちに、安達さんは とっくに現場に。 大工の田口さん、高田さん、(この写真では見えませんが)電気工事の 山中さん、そして現場監督の田之上さんと、談笑中。 入り口で談笑中_R.JPG ▼これは、安達さんが自慢していた膝のプロテクター。  これがあるとガンガン仕事ができるそうなグッド(上向き矢印) 自慢の膝あて_R.JPG ▼この画像の奥の方にいるのが、山中さん。 山中さん作業に戻る_R.JPG ▼しばしの休憩タイムは終了。みなさん持ち場に戻りますかわいい みんなも作業に戻る_R.JPG ▼安達さん。プロテクターが両足に… 安達さん_R.JPG ▼もう何度も何度も現場リポートに登場している 山中さんですが、とてもシャイなため、顔がきっちりと 撮影できずにいます。猫、今度は頑張っていいショットを 撮るからねグッド(上向き矢印) 山中さん_R.JPG ▼金属を切断中の高田さん 高田大工_R.JPG ▼田口さんは2階バルコニーで不燃材の下地を張っています。 これが終わったら、FRP防水という加工が専門の業者さんによって 施されるそうです。 田口大工_R.JPG ▼田之上さんは窓枠のサイズの確認を行っていました。 田之上さん_R.JPG

今日、たくさんの人が集まったのは、外壁の吹き付けが始まったら
できなくなる配管や配線工事を済ませるため。
▼この光景が、近々もっと住まいらしい外観に変身します揺れるハート
友丘外観_R.JPG

 福岡の新築一戸建て.comはコチラから

那珂川町片縄北・リポート③

今日は朝から蒸し暑い!
もう、サッサと家を出ようダッシュ(走り出すさま)と思い、午前8時半、猫は福岡県筑紫郡
那珂川町片縄北の現場に向ったのであったよ。
▼7月13日の現場
片縄北現場_R.JPG
▼この片枠は、本日解体予定ですグッド(上向き矢印)
片枠_R.JPG
▼隣接する建築現場との境に、青いネットが張られています
隣接地にネット_R.JPG
▼そのアップexclamation
 隣の現場の仕業かexclamation当方(=福岡工務店)の仕業かexclamation&question
仮囲いアップ_R.JPG
▼当方の仕業であったのだニャァ~ン猫るんるん
 この青いネットを張り巡らせるために、職人さんが鉄の棒を
 置いていました
仮囲い用鉄棒を置く_R.JPG
▼この方が、その職人さん。「プレコ九州」の山本さんとおっしゃる方で、
現場の“仮囲い”を行っているのだそうです。
猫は約1年の現場訪問経験の中で、初めてこの囲いを見たゾ。
「作業員のいない時間帯に、例えばお子さんがこの現場に入って
遊び、事故でも起こっては大変ですから、その防護のためにも
必要なのです」と山本さん。
そっか、ここは開発団地の一角だから、確かに子どもたちがいるサーチ(調べる)exclamation
大切な措置だニャンぴかぴか(新しい)
それにしても、家を建てるためには、なんとさまざまな業種が
関わっていることかexclamation 猫感激しとります。
職人さん_R.JPG

 福岡の新築一戸建て.comはコチラから

2011年7月 9日

那珂川町片縄北・リポート②

本日(7月9日)は、午後2時からコンクリートを打つ…と田之上現場監督から
教えられ、約10分前に現場に到着しつつある猫が見たものはexclamation&question
オッ、 猫の前を行くこれこそコンクリートミキサー車ではないかぁグッド(上向き矢印)
ミキサー車発見_R.JPG
ミキサー車を追う_R.JPG

▼やっぱりexclamation一緒に那珂川町片縄北の現場に到着しました黒ハート
現場_R.JPG
▼しかし、もう既に4分の3の打設が終わっていました。
コンクリート屋さんの準備が早くできたため、午後1時から仕事に
かかったのだそうです。
あぶない、あぶないあせあせ(飛び散る汗)猫はもう少しで、コンクリート打設という、
今まで経験のない現場を撮影し損ねるとこだったニャンがく〜(落胆した顔)
1時に完成した個所_R.JPG
▼ジャリジャリしたものが、コンクリートミキサー車から出てきます。
これを大きな容器に入れます。
ミキサー車から容器へ_R.JPG
▼コンクリートが詰まった容器をクレーンで吊り上げます。
クレーンで吊り上げる_R.JPG
▼待ち構える基礎職人さんのところに降ろされます。
基礎屋さん受け取る_R.JPG

流し込む1_R.JPG
2_R.JPG
3_R.JPG
4_R.JPG
5_R.JPG
▼鉄の棒みたいなもので、かき混ぜています。
振動(電導バイブみたいな感じ)でコンクリートをコネコネしています。
こうすることで、石の塊を下に沈め、上面をきれいにならすことができる
んだってかわいい
振動を利用_R.JPG

棒のアップ_R.JPG
▼基礎屋さんの奥さま、かな?
運動場の砂場を均すような道具で、コンクリートの表面を
平らにしていきます。
トンボーでならす_R.JPG
▼これがその道具。「トンボ」と書かれていました。
でもなぜか職人さんたちは「トンボー」と呼ぶんだってわーい(嬉しい顔)

トンボー_R.JPG
▼この段階で、コンクリートの搬入作業が終わったクレーン操者と
ミキサー車の運転者は、それぞれの道具の洗浄にかかります。
清掃_R.JPG
▼そして…ミキサー車が去っていきました手(パー)手(パー)ダッシュ(走り出すさま)お疲れさまでしたexclamation
去っていくミキサー車_R.JPG
▼奥さまも、最後の仕上げにかかっています。
今行っているのは、車庫になる場所。
きれいに仕上げるために、トンボーで均した後、コテでもっときれいな
平面作りをおこなっているのです手(チョキ)
仕上げはコテで_R.JPG
▼自分の足跡をどうやって消すのか…数十分眺めた猫
完了_R.JPG
▲▼やっぱりexclamation×2想像はしてたよ揺れるハート
完了直前_R.JPG

 福岡の新築一戸建て.comはコチラから

福岡市城南区友丘・リポート⑤

7月1日の上棟式からちょいとばかり日が開いた、
福岡市城南区友丘の建築現場。
アアッ、なんちゅうこったふらふら の一番好きな「縦横無尽に木々が組まれ、
その間を風がそよそよと流れ込む」を過ぎ、もう壁面のボートで覆われているexclamation
田口大工、頑張り過ぎだよォ~
友丘外観_R.JPG
▼中に入ると…田口さんと田之上現場監督の姿あせあせ(飛び散る汗)
田口さんと田之上さん_R.JPG
▼電気工事の山中さんもいらっしゃいます。
今日の午前中は、施主を交えて電気工事の打ち合わせだったのだそうです。
電気工事の山中さん_R.JPG
▼1階の様子。サッシも既に運ばれています。
壁で覆われた1階_R.JPG
▼じゃあ、猫はちょっくら2階へグッド(上向き矢印)
じゃあ2階へ_R.JPG
▼木材がいっぱい立てかけられています。なんだか、今までの
建築現場よりも多い気がするのだがニャア~目気のせいexclamation&question
木がいっぱい_R.JPG
▼涼しさを求めて上がった2階だけど、暑いよォ~。
何しろ田口大工が頑張って壁面ボードを張っちゃったでしょ。
しかもこのようにブルーシートで覆われているんだもんバッド(下向き矢印)
ブルーシートで覆われる_R.JPG
フウッ、やっと風が流れ込む場所、発見かわいい
防護ネットが張られていても、やっぱ風は気持ちいいexclamation
これが高台の醍醐味ですよねexclamation×2
やっと涼しい風_R.JPG
▼1階に下りたら、まだ会合中。
では猫は失礼しますよ手(パー)
では頑張って_R.JPG

 福岡の新築一戸建て.comはコチラから

福岡市東区松崎・リポート①~擁壁工事

猫です。現場リポート初の、「福岡市東区」です。
ここは松崎。住環境として今注目の「千早駅」にも程近いところにあります。
落ち着いた住宅街でもあるんだニャ。…なあんて、なぜ知ってるかといえば、
猫が初めてОLしたときの上司の家が松崎だから。
▼ここが現場
こういう場所です_R.JPG
▼静止画像では分からないと思うけど、コレ、トラックがバックしてる
ところダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)
トラックがバック_R.JPG
▼赤土をバックホーでトラックに積んでいます。
トラックに赤土を積む_R.JPG
▼“引いて”撮ると、こんな状態。
全景_R.JPG
▼ちょうどお隣の方が出てこられてので、お許しをいただき、
お隣から撮影した図。
すっごいexclamationこんなに掘っていますexclamation×2
造成工事の醍醐味を感じますな~
何気なく撮ったけど、挿されたスコップの陰影がカッコよくないグッド(上向き矢印)
お隣から撮影_R.JPG

 福岡の新築一戸建て.comはコチラから

福岡市南区的場・リポート②

猫です。お昼直前に、福岡市南区的場の建築現場にやってきました。
…いや、ちょいと違うな。まだ建築前の、元あったコンクリートなどの
取り壊し現場です。
▼左側に、新たにブロックが築かれつつあります。
 これを境界に、画像の右手が、今回の建築現場になりますexclamation
持ち主との境界.JPG

ここが建築現場R.JPG
▼土もたくさん盛られています。
平屋の家ができると聞いています。
平屋……あこがれるニャア~グッド(上向き矢印)
その様子、リポートしていくねexclamation
盛り土R.JPG

 福岡の新築一戸建て.comはコチラから

福岡市南区和田・リポート⑯

見よ、このブルースカイサーチ(調べる)
ついに梅雨があけました晴れ
110709和田外観_R.JPG
福岡市南区和田の現場では、クロス職人の広田さんが、
壁をひたすら磨いていますあせあせ(飛び散る汗)
クロス屋さん_R.JPG
▼1階からの高い吹き抜けには、クロス屋さんの
仕事専用の足場が組まれていました。
吹き抜け脚立_R.JPG
▼同様に、2階の廊下にも足場が…
これらを使って壁を磨き、その「上にクロスを
貼っていくのですねるんるん
2階廊下脚立_R.JPG
▼クロス張りが完了しているのは、現在2階の主寝室だけです。
クロス済みの2階_R.JPG
▼前回紹介したパテ塗り。
なぜ、どんな個所に塗るのでしょうか? 広田さんにお尋ねしました。
「ボードとボードの継ぎ目や、ビスを打った個所にはへこみがあるため、
パテを塗ることで、平らにするのです」
なるほど、これによって、クロスをピーンときれいに張ることができる
のですねわーい(嬉しい顔)
パテ_R.JPG

▼いよいよ夏本番。
この扇風機だけが、暑さ対策。頑張ってくださいパンチかわいい
扇風機_R.JPG

 福岡の新築一戸建て.comはコチラから

2011年7月 5日

福岡県那珂川町片縄北・リポート①~地鎮祭

福岡県筑紫郡那珂川町の、片縄北。 なだらかな山々を望むことができる、心落ち着く地区です。 風景.jpg ▲地図で調べたところ、片縄山、もーもーランドがある油山市民の森 などが、稜線として見えているようじゃニャア~グッド(上向き矢印)

この地で、7月3日(日)、地鎮祭が行われました。
施主はバイク好きのご夫妻と伺っています。
バイクガレージのあるユニークな設計らしいexclamation
今回は地鎮祭の模様をお伝えしますわーい(嬉しい顔)
設営中.jpg

▲▼式開始の約1時間前。会場準備はほぼ完了exclamation
祭壇.jpg
▼神様へのお供え物です
祭壇アップ.jpg
▼地鎮の儀に使用する道具
 机の奥(画像の上部)にある“杭”は、施工担当の福岡工務店が
 神事の度にお世話になる春日神社に今回奉納したものです
地鎮の儀道具.jpg
▼施主ご夫妻の到着でするんるん
施主到着.jpg
▼土地のお世話を行ったスタッフや、設計者としばし談笑

談笑中.jpg
▼いよいよ地鎮祭の開始です。
 降神の儀、祝詞奏上と続き・・・
祝詞奏上.jpg

▼施主の最初の仕事、四方お祓いの儀です。施主がお神酒で、
 施工者が塩で、四隅を清めます

四方お祓い開始.jpg
▼お神酒で清める施主
施主がお神酒を.jpg
▼塩で清める施工者
施工者が塩を.jpg
▼神官が、角をお祓いします。四隅で繰り返すのです
角をお祓い.jpg
▼神官は「これより地鎮の儀」と伝えます

地鎮の儀開始.jpg
▼仮初めの儀を施主が行います
仮初め.jpg

▼鍬入れの儀を施主の奥さまが行います
鎌入れ.jpg
▼施工者が二人で杭打ちの儀を行います
鍬入れ.jpg
▼これは玉串奉奠を行う施主

玉串奉奠施主.jpg
▼続いて奥さまが・・・
玉串奉奠妻.jpg

▼設計を行った西川建築士

玉串奉奠設計者.jpg
▼施工者を代表して阿久津社長も玉串を奉納
玉串奉奠施工者.jpg
▼無事に儀式は終了しました。
この日は“地鎮”に最適な日であることや、祝いの言葉を神官から
頂戴し、施主夫妻は神妙な面持ちです
お神酒で祝う.jpg
▼列席者全員で、乾杯
乾杯.jpg
▼神官が手にしているのは、上棟の札。棟上が終わったら奉納する
お札です。これから施主に渡されます
お札.jpg
▼最後に記念撮影
 施主のお二人へ。おめでとうございますexclamation
 猫、これからガンガンリポートしますからねるんるん
3人で.jpg

 福岡の新築一戸建て.comはコチラから

福岡市南区和田・リポート⑮

もしかしたら、このまま梅雨明けするのかニャングッド(上向き矢印) ・・・思わせる、久々の晴天。猫ウキウキるんるん ホラッ、朝顔まで咲いちゃいましたよexclamation×2 あさがお.jpg

▼真っ青の空晴れこのコントラストも久々です

110705和田外観.jpg ▼オヤッ、外にバックホーが停まっています。・・・というか、ゴー ゴーと音がするから、誰かが動かしていますねダッシュ(走り出すさま) バックホーが・・.jpg

▼オッ、このシルエットは・・・exclamationもしかして、安達さんサーチ(調べる) 機械を動かす姿、初めて見ましたよぉ~ 安達さん曰く「久しぶりに操縦するので、ドキドキ。アッ、もちろん 免許はもっていますよ」 安達さん.jpg

▼では、室内に入りましょう。 玄関にはクロスが置かれています。

玄関にクロス.jpg ▼そして、リビングルームにいらっしゃったのは、クロス屋さんの 内田さんわーい(嬉しい顔) クロス屋さん.jpg ▼今からパテを作ります パテ作り.jpg

▼水を混ぜて、パテが完成exclamation

パテ完了.jpg ▼パテ塗りを始めます。 猫今日のような晴天晴れと、雨の日雨って、仕事のやりやすさは違うのかニャア? 「糊の乾きが早過ぎると困るので、私は湿度があったほうがやりやすいと 感じます。今日は晴天ですが、昨日降った雨が地面から水蒸気として 上がっているため湿度が高く、仕事をしやすいですよ」と内田さん。

パテを塗る.jpg
▼これは何をしているところexclamation&question
「物がぶつかりそうな角にテープを貼って、
“角補強”をしているのです。こうするとボードが
傷みにくいのです」
角補強.jpg
▼これが、補強テープハートたち(複数ハート)
コーナーテープ.jpg
▼では、室内の様子を見て回りましょう。ここは玄関。
収納スペースの扉はこげ茶色
玄関物入れ.jpg
▼ここはキッチン。カウンタートップやその周辺はアイボリー。
ダンボールを少しだけ動かして見てみました。システムキッチンの
扉はこげ茶色でしたわーい(嬉しい顔)
システムキッチン.jpg
▼楕円にカーブしているのは、2階に通じる階段の壁(というのかにゃ?)
右手に見えるドアもこげ茶色ですねグッド(上向き矢印)
階段手すり.jpg
▼カーブの裏側は、こんなふうになっています。
手すり.jpg
▼1階から見上げた吹き抜け。
青空が美しいぴかぴか(新しい)明るいぴかぴか(新しい)
1階吹き抜け.jpg
▼2階の部屋をつなぐ廊下部分。
ここも天井が高くって、気持ちいいぴかぴか(新しい)
2階廊下.jpg
▼外では、バックホーが静かになっていました。
その後の安達さん.jpg
▼さすが重機exclamation深さ1mほども、掘られていました。
深さ1m.jpg
▼本日、安達さんは雨水と下水の管を埋め込むそうですパンチ
雨水と下水.jpg


 福岡の新築一戸建て.comはコチラから

2011年7月 4日

福岡市南区的場①~解体

猫です。
この現場リポートに、新しい現場が増えました。
福岡市南区的場です。
ここは、土地を持っておられた方の区画の約半分を使って、新しく家を
建てる……ということで、元々どのような状態だったか、の時点から
画像でお見せするこができます。先週の6月24日はこんな光景でした。
0628解体前_R.jpg
▼これは本日、7月4日午前10時の状態ですわーい(嬉しい顔)
ブルドーザーが2台もいますexclamation
解体現場_R.JPG
▼ガガーッと掘り起こしたコンクリート(?)がトラックに積まれ
出てくるトラック_R.JPG
▼去っていきました
トラック去る_R.JPG
▼さて、現場に目を向けて…
この青いブルドーザーの先はペンチみたいです。
そのペンチを使ってコンクリートを砕いているようです。
ブルが石砕く_R.JPG
▼この男性は、コンクリートの中の鉄筋を、スパナみたいなもので
切っています
鉄筋を切る_R.JPG
▼これがその工具。スパナ?違うexclamation&question
猫 、工具のこと分からないんだニャア~もうやだ〜(悲しい顔)
鉄筋切る道具_R.JPG
▼待機していた赤いブルドーザーも動き始めました。
こちらは多分、地面の困苦ちー路やその下の固い土を砕く役割。
赤いブルも_R.JPG
▼右側は職人さん、左は“ブロック塀診断士”の資格を持つ、
「高原工房」の高原浩二さん。
高原さんによると、本日含め約3日かけて既存の基礎部分、アプローチ
部分、塀の解体を行うそうです。
職人さんと高原さん_R.JPG

 福岡の新築一戸建て.comはコチラから

2011年7月 1日

福岡市城南区友丘・リポート④

昨日が大雨だったので、猫は心配で心配でたまらんかった。 だって、今日は福岡市城南区友丘で、上棟式が行われる予定 なんだもんふらふら でも雨も上がり、猫ほっexclamationかわいい 友丘午前9時半.jpg 上棟に向かって、大工さんたちが猛スパートをかけるのみexclamationです。 ▼これが、上棟に向かってどう変化してくか・・・お楽しみくださいるんるん 9時半現在の2階.jpg ▼7月1日(金)午前9時半の全体像です 傾斜のある角地・・クレーン車はどうやって登ってくるんだろう? と、こんなことまで心配してたですが、ちゃんと来てました(当たり前 じゃにゃ猫 クレーン既に到着.jpg ▼でも平坦な土地ではないため、こんなもので固定されてました。 クレーン固定.jpg ▼タイヤが地面についていないexclamation×2 宙に浮いたクレーン車.jpg

▼朝早くから一仕事をした大工さんたちは、今しばしの休憩中。 何とT大工の揺れるハートお手製の、おにぎりやゆで卵、鶏肉唐揚げの旨煮 などなど・・・猫も食べたかったニャア~ 大工さん一時休憩中.jpg

▼今日は、交通整理のスタッフもいました 交通整理もいます.jpg

▼木材店が面材料を運んできました 田辺木材到着.jpg

 ▼面材の積み下ろし中

面材を搬入.jpg ▼さあ、大工さんたちは仕事再開グッド(上向き矢印) 大工さん仕事再開.jpg

 ▼木材も到着しました 木材到着.jpg

▼本日のクレーンの操縦は、濱崎興業の平田さん。 周辺は狭く勾配のある道なのですが、「全くダイジョウブっすよ」と 頼もしい回答でしたパンチ オペレーター平田さん.jpg

 ▼その木材をクレーンで吊り上げます 到着木材もクレーンで.jpg

到着木材もクレーンで2.jpg 到着木材もクレーンで3.jpg

▼今後1階で使用する木材は、今日のうちに1階部分に運んで おきます 1階での使用木材を運ぶ.jpg ▼クレーンのオペレーションが一段落した平田さんも 手伝ってくれましたわーい(嬉しい顔) 平田さんも手伝う.jpg

 ▼ここからは、大工さん達の仕事っぷりをお見せします。 この友丘の現場は、お向かいのお宅が高台にあるため、 大工さんの上棟の仕事をほぼ同じ高さで撮影することが できましたexclamation撮影することを許可してくださったお向かいの方に、 感謝申し上げまするんるんぴかぴか(新しい)猫 大工さんあちこち.jpg   大工さんあちこち2.jpg

▼久しぶりの石橋大工exclamation 石橋大工.jpg

 

木材渡したり.jpg

ハンマーで打ち付ける.jpg

 ▼これはジュニア
ジュニアが歩いてくる.jpg
 ▼ジュニアのアップ。留め金(?)をあちこちに
設置して回っていました

ジュニアアップ.jpg
▼施主のご一家、登場でするんるん
施主一家がやってきた.jpg

 ▼見上げていますグッド(上向き矢印)
施主一家見上げます.jpg
 ▼それもそのはず。こんなに高い所での作業なのですから・・・
この高さで仕事中.jpg
 ▼ところで、これは何?
この道具を使っているところを猫は発見exclamation

90度の確認はこれで.jpg
▼赤い部分が横木にひっかかっていますね。そこからチェーンが
斜め下に伸びています。
これは土台と柱が90度(垂直)になっているかを測るため。
90度の確認2.jpg
▼屋根の土台になる勾配ができてきました。
いよいよ上棟完了ですわーい(嬉しい顔)
そろそろ上棟完了.jpg

 ▼施主の方のおもてなしによる、食事会が始まりました。
猫も豪華で、おいしいお弁当をいただきましたハートたち(複数ハート)

食事会.jpg
▼食事が終わったら、恒例の“施主による初登頂”
福岡工務店の社長に、長男のD君はヘルメットをつけてもらいました。
ボクもヘルメットを.jpg
▼「こわくないよぉダッシュ(走り出すさま)
上がります.jpg
▼ママだって平気手(チョキ)
ママも上がります.jpg
▼2階から見上げた天井と、空晴れ
天井部分.jpg
▼この見晴らしが、もうすぐ日常になるのですexclamation
この見晴らしが.jpg
▼ここはバルコニーになる場所。「こわくないよぉ~」
バルコニー部分.jpg


 福岡の新築一戸建て.comはコチラから