2010年10月29日

福岡市博多区諸岡・リポート④

カンカンカン、カンカンカン。 福岡市博多区諸岡の現場近くで、車を降りるとと共に聞こえてきました。 かなづちの音です。 そう、今日は「上棟式」の日。 上棟式恒例の、クレーンも見えてきました。 上棟式名物クレーン.jpg

▼現場への入り口はこんな感じ
諸岡現場への公道.jpg

▼クレーンによる木材パネルの上げ下ろし作業を見てみましょう目
 吊り上げてるヨッ
材料吊り上げ.jpg

▼2階の屋根部分に降ろそうとしています
材料降ろす.jpg

▼パネルのフック(かな?)をはずしています
大工さん待ちうける.jpg

大工さん複数.jpg

▼大工さんは何人いるのでしょうか・・
 道善や清水など、各地で仕事を行っている大工さん達が集結し、
今日はココ、諸岡の上棟式に、一致団結して臨んでいるのですひらめき
ワラワラと大工さん.jpg

▼“チーム大工”が力を合わせた結果、棟木が取り付けられ、建物の
骨格ができました。
大工さん達が2階(や屋根)から降りてきます。
大工さんが降りてくる.jpg

ぴかぴか(新しい)さあ、上棟式の始まりですexclamation
 施主ご夫妻が、工事の無事を、そして建物が立派に完成することを
願ってごあいさつ。工事関係者にねぎらいの言葉をかけてくれます。
施主夫妻の挨拶.jpg

▼お茶とノンアルコールビールで「乾杯exclamationビール
お茶で乾杯.jpg

▼施主が準備してくださったおいしいお弁当を
みんなでexclamation 猫もご馳走になりましたわーい(嬉しい顔)
おいしいお弁当1.jpg

おいしいお弁当2.jpg

▼祝宴終了後、設計担当者と現場監督が施主ご夫妻を2階へ案内。
いざ2階へ.jpg

2階に到着.jpg

何やら相談中.jpg
▲何やら相談中。
 実は、双子のお子さんのために“作りつけのブランコ”ができないかな、と
 いう話し合いなのです。
 棟上げができたこの場所で、いろんな夢が広がるのでしょうね。
 猫も、これからのリポートが更に楽しみになりましたむかっ(怒り)るんるん

 福岡の新築一戸建て.comはコチラから

福岡県那珂川町道善・リポート⑯

太陽の光を浴びて、神々しく輝く、那珂川町道善の建物です晴れぴかぴか(新しい)

1029道善外観.jpg

今日は大工さんが不在のため、室内には入ることができません。
外壁を見てみましょう。
サイディング進行中1.jpg
サイディング進行中2.jpg

▲ゴージャスexclamation
 まだまだ作業途中ですが、これが完成すると、まさに“邸宅”といった
雰囲気の外観になるに違いないexclamation×2猫は考えます。

▼バケツに入った塗料みたいなものを発見。
 色から判断するに、サイディングのボードとボードのつなぎ目の補強材だと
 猫は思います。
つなぎの塗料.jpg

  福岡の新築一戸建て.comはコチラから

福岡市南区清水・リポート⑮

福岡市南区清水の現場です。
外観写真です。
1029清水外観.jpg

サッシ窓が取り付けられています。
窓ができると、『家の表情』が豊かになったような気がしますねexclamation
▼これは2階のバルコニー。長い、長いバルコニー。
 『風とともに去りぬ』の主人公、スカーレット・オハラの、タラの邸宅を
猫はイメージしました。
サッシ窓とバルコニー.jpg

▼玄関から中に入ると・・廊下が長い!
 壁にパネルが張られています。
 どんどん仕切られ、部屋らしくなっていきますね。
玄関入ると.jpg

▼2階に上ってみました(例の、垂直脚立を使って・・)。
 今日は大工さんはいらっしゃいません。
 電気工事屋さんが作業中でした。
 大きな家なので、工事期間も、通常の2倍ほど要するんですって。
電気工事の人.jpg

 福岡の新築一戸建て.comはコチラから

福岡市南区井尻A・リポート⑬

福岡市南区井尻Aの現場です。 青空が広がってきました。 真っ白なお家とのコントラストがまぶしいね!(猫眼鏡

1029井尻A外観.jpg

▼イケメン大工さん、今日は1階で作業中。
「こんにちは~」と入っていくと、
「先週から、あんまり進んでいませんよ」と、おっしゃいました。
大工さんが猫に声をかけてくれたのは、初めてexclamation(うれしかったッス)
今日は1階で作業の大工さん.jpg

▼前回紹介した2階ウォークインクローゼットをお見せしましょう。
ハンガーレールが取り付けられていました。3辺にレールです。
wik1.jpg


wik2.jpg

wik3.jpg
▼ここがウォークインクローゼット部屋
wik4.jpg

▼さて、1階に戻りましょう。
 ここはリビングルームの奥、キッチンの隣に位置する和室。
 床下収納が作られていました。
和室床下収納.jpg

▼これも和室。キッチンとの境目は“掘りごたつ”のような、
 足が伸ばせる設計になっています。
 和室とキッチンに、どのように関係性を持たせた住まいができるのか・・・
 興味が今まで以上にわいてきました
 (ちょっと真面目に語る猫であった)
和室足入れ.jpg

▼外に目を向けようね。
 このお兄さん(この人もイケメンだったぞッグッド(上向き矢印))は左官工事の人。
モルタルを塗っています。
「はばき」と言うのだそうですが、どんな漢字なのか、調べたけど
猫の持ってる本では分かりませんでした。
モルタル塗り.jpg

 福岡の新築一戸建て.comはコチラから

福岡市南区井尻B・リポート⑮

福岡市南区井尻B号地の建設現場からリポートを届けてきましたが、 今日は最終回。 ついに完成exclamation明日は施主ご一家のお引越しなのだそうです。 ワ~イ、パチ、パチ、パチぴかぴか(新しい)演劇 施主のご主人が、引渡し前の検査をされていました。 今日の現場です揺れるハート 

1029井尻B外観.jpg
引渡し前チェック.jpg

黒ハート完成、おめでとうございますexclamation×2

今回は、室内は紹介していませんが、「中のデザインが見たいなぁ」等
気になる方は、℡092-574-4124へお問い合わせ下さい!

 福岡の新築一戸建て.comはコチラから

大宰府市・リポート⑤

山々がどのように色づくのか・・・深まりゆく秋を探しに、 猫は大宰府市三条の現場に赴きました。 なぁんて、格調高く始めてみましたが、今朝の三条は、“深まりゆく”ではなく、 ブルッと寒かったexclamation晩秋の香りがし、ちょっぴりセンチメンタルな気分。  ↓ 現場から。寒さ、伝わるかな?

少し寒い今朝の大宰府.jpg

▼坂道を上る。囲いがひらひら揺れているような・・
大宰府現場への道1029.jpg

▼近づくと。風にひらひら揺れていたのは、工務店の横断幕でした。

近づくと.jpg

▼長期優良住宅ですよexclamation×2の垂れ幕も揺れていました。
横断幕.jpg

▼1週間前、建築資材をトラックで運んでいる場面に出合ったばかりだというのに、
 今日はもうこんな状態。上棟式も済ませ、屋根もしっかり乗っていまするんるん
家の木枠組.jpg

▼濃いレンガ色の資材が、出番待ち
屋根用材料.jpg
▲屋根用資材のようです。山の深い緑に溶け込む色遣いだにゃぁ~猫

 福岡の新築一戸建て.comはコチラから

2010年10月22日

福岡県那珂川町道善・リポート⑮

福岡県那珂川町道善の、建築現場外観。 今日(10月22日)も変化なし! と思ったが、何しろ前回の訪問が先々週の金曜日だったため、外壁の サイディングがかなり進んでいました。

今日の道善.jpg
サイディングがわかる.jpg
▼外壁加工のアップです
サイディングを近くで.jpg

るんるん迷路のようだったこの家も、ボードが貼られて部屋ごとに仕切られたたため、
 もう迷子にならずに済みそうです。
 ▼部屋らしくなってきました(1階部分)
1階奥の部屋.jpg


▼以前紹介した中2階もボードが貼られ、部屋らしく。
 ここはロフト付きだということが、今回判明手(チョキ)
中2階はロフト付.jpg


▼これも中2階の部屋。
「窓は高い位置にあるほうが、部屋が均一に明るくなる」
「面積が同じなら、横より縦長窓のほうが部屋の奥まで光が差し込む」
・・・と、インテリア雑誌に書かれていました。
なるほど、理想的な窓ではありませんかexclamationこの部屋はexclamation×2

小窓が6つ.jpg

▼ここは、この家で最も広いリビングルーム(右奥は開け放すと
リビングと一体化する和室)
大変大きな家の中で最も広い部屋だから、その広さといったらexclamation
野球サッカーバスケットボール位置情報(キャッチボールやフットサルやミニバスケやパットゴルフ)が
できるくらい。
2階のリビング.jpg


▼さて、別棟の階段を上って2階へ・・・

別棟の階段.jpg
▼更に上ると
更に階段.jpg


▼そこは屋根裏部屋というか、ロフトというか。
やっぱり迷子になりそうな、でもかくれんぼが楽しめそうな、
ステキな空間でしたグッド(上向き矢印)

3階.jpg

3階2.jpg

 福岡の新築一戸建て.comはコチラから

福岡市南区清水・リポート⑭

本日の、福岡市南区清水の建築現場。 威風堂々とした3階建てが、道行く人の注目を集めています。

今日の清水.jpg

▼玄関も、重厚感あるものになりそうな予感・・

立派な玄関.jpg

玄関2高価そうな木.jpg

▼2階に向かって、脚立が置かれていました。
見よ、180度に近い脚立の開脚(早口言葉みたいexclamation
脚立を上る.jpg


▼大工の田口さん。3階に向けて、吹き抜けになっている
のが、わかりますよね。
高い高い天井ですぴかぴか(新しい)

田口さんと吹き抜け天井.jpg

▼吹き抜けのダイナミックさを、とくとご覧あれexclamation×2
2階から見た3階.jpg

別角度.jpg

▼3階への道も、脚立です。これは完全に180度開脚ふらふら
3階への脚立.jpg


▼脚立の途中で撮影した3階。
 (怖くて3階に上がりきることができませんでした)
 屋根の傾斜部分に使用された木材・・・猫はシロウトなので詳しくは
知りませんが、どうやら上質のものらしいですよ。
木の組み合わせが、デザイン的にもステキですね。

脚立ごしの3階.jpg


▼降りる猫 脚立がゆらゆら揺れましたあせあせ(飛び散る汗)

揺れる脚立.jpg

 福岡の新築一戸建て.comはコチラから

福岡市南区井尻A・リポート⑫

10月22日。本日の、福岡市南区井尻A号地の建築現場です。 ホワイトのサイディングが、すがすがしい。 優しい印象の住まい作りが、着々と進行しています。 本日の井尻A.jpg

この家は、もう随分前からハンサムな大工さんが、黙々と仕事をしています。
▼リビングルーム(になる予定)の窓から室内を撮りました。
 左側はキッチン、右側は和室(多分)です。
リビング窓から覗く.jpg

▼人の気配がするので、階段を上って2階へ。
階段1.jpg

 

階段2.jpg

▼大工さんがいらっしゃいました。
石膏ボードのサイズを計り
ボードのサイズチェック.jpg

 ▼必要なサイズにカットした石膏ボードを取り付けます。

ボードを張る.jpg

▼大工さんが作業していたのは主寝室。仕切りドアでつながる隣の
部屋は、ウォーク・イン・クロゼット。広いですかわいい
wic1.jpg
▲本当に、歩いて入って ▼クロゼットが右手に・・・
wic2.jpg


ぴかぴか(新しい)ところで。猫が数年前から「不思議だなぁ~」と思っていたこと。
 それは、最近の洋風の家は、「窓が小さいなあ」ってこと。
 小窓がたくさん、という家が多いようです。
 この井尻Aもそうバッド(下向き矢印)
 以前インテリア雑誌で「外に閉じ内に開くをコンセプトに、とある
建築家が設計した家」の写真を見たことがありますが、この志向が
今の流行なんだね。
  猫は、面全体が窓で、それがあちこちにあって、柱が立てられない
・・・という家に住みたいなあ。(ありえないけど、そんな家)

▼しかし、確かに小窓が上下とか左右とかに配置されてると、
 アートっぽくて、カッコいいですねぇ。
小窓1.jpg

小窓2.jpg

 福岡の新築一戸建て.comはコチラから

福岡市南区井尻B号・リポート⑭

猫の現場リポートは、毎週金曜日が原則ですが、先週は都合がつかず、 福岡市南区井尻B号地の建築現場を訪れることができませんでした。 つまり、大好きな大工の石橋さんに「さようなら」が言えないまま、石橋さんは この現場の仕事を終えてしまったのです。たらーっ(汗)たらーっ(汗)

本日の井尻B.jpg

▲サッシ窓も玄関もきっちりと施錠され、石橋さんの仕事の跡を“辿る”ことも
叶いませんもうやだ〜(悲しい顔)

・・・なァんて、感傷的になってはいけません。猫はリポーターですもの。
仕事をやり遂げることが、猫の指名キスマークイヤイヤ使命。

正面に立って右手の方で作業をしている方が2人。
▼こんなボードがありました。
つまり水道管工事の方々です。
水道工事の黒板.jpg

▼灰色の管に添って歩いています。
水色の人管をうろうろ.jpg

▼管を凝視し、何かをチェックしています。
 「“とおり”を見ているのです」と、この男性。
 管が曲がらす、まっすぐに通っているかの確認だったのです。
水色のチェック中.jpg


▼どうですかexclamation&questionまっすぐですね。
まっすぐな管.jpg

▼この灰色の管は下水道管。横の黒く細い管が
上水道管だそうですよexclamation
上下水道管.jpg

▼チェックが終わったので、土をかけて埋め込みます。
土を埋め戻す.jpg

▼おやぁ、水道管工事と反対側でも、何やら掘り起こし作業が
 行われています。
反対側でも穴掘り.jpg バッド(下向き矢印)
 溝の中のこの黄色い物体は、さて何でしょうか目
 答えはガス管。正しくは「ガス用ポリエチレンパイプ」と言います。
 “ガス管”という言葉の響きから、鋼鉄製の頑丈な管をイメージしていたのですが、
 実際は、このようなフニャフニャ。
 「鋼管は腐食もするし、阪神大震災以降、これが一般的になりましたよ」と
 ガス工事の方が教えてくれました。

 
黄色の埋め物.jpg
 
▼これが車に積まれたガス管です。

車に積まれたガス管.jpg

 福岡の新築一戸建て.comはコチラから

福岡市博多区諸岡・リポート③

こちらは博多区諸岡の現場です。 前回のリポート、10月17日(日)から目立った変化はありません。 前回は現場のお隣の奥さんと仲良くなりましたが、茶のみ友達になるわけには いかんので、今日は声がけをしませんでした。 ▼今日の現場 今日の諸岡.jpg ▼アップで見ると 近づくと.jpg

サーチ(調べる)  工事現場には誰もいないので、あれこれ間取りを想像してみました。
  ここは水周りかなexclamation&question 

水周りか.jpg
ひらめき(発見マークのつもり)
 なぜかと言うと、↓このような管がたくさん出っ張っていたから。
 これは水道管ではないか・・・と思ったわけです。
 間違っていたら、ゴメンナサイあせあせ(飛び散る汗)
  水道管の元アップ.jpg

▼ここは多分リビングルーム。
 イヤイヤ、違うexclamation
 1間分の押入れと半間分の物入れが上に作られそうな土台があるから、
主寝室かもしれません。
こんなふうに色々と思い描くと、今後の現場訪問が楽しみになるのです猫わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

多分リビング.jpg

 福岡の新築一戸建て.comはコチラから


 

大宰府市・リポート④

今日は10月22日。秋晴れです! 猫は、秋の朝が大好きさ。今日も楽しく現場へGOだッグッド(上向き矢印)

というわけで、午後9時。大宰府市三条の建築現場にやってきました。
今日の三条への道.jpg

いつものように、現場への坂道を歩いていると・・・。
▼オレンジ色のトラックが留まっています。
トラック停車中.jpg


▼木材とボードが積まれています。
 でも工事現場には誰もいません。
 「この荷物、どこに置けばいいんだろう」と困った運転手さん。
 会社経由で現場監督と(携帯電話で)話をしています。
 
 結局、トラック側から見て建築現場の反対側の空き地に降ろすことに・・・。
積荷は木材.jpg

覆いがかかる.jpg

どこに木材設置するか.jpg


▼今の位置では荷物が降ろせないと」判断した運転手さん。
 「一旦、下ります」と猫に。
 「エッ!それはバックでこの坂道を下り、バックで再び上ってくる・・ということですか?」
と驚愕(がく〜(落胆した顔))の猫

  しかし「オーライ、オーライ」と誘導する技量がない猫 。
「お疲れ様です。頑張ってください」と励まし、見守ることにしました。


去っていくトラック.jpg

▲去っていくトラック

▼足場が組まれていたので、外階段を上ってみました。
足場を上る.jpg
▼外階段から見た現場。ここは前回リポートの日曜日から変化はありません。
足場から見る.jpg


▼ピー、ピー、ピーと音がしたので、現場から少しくだった場所でトラックを出迎えました。

帰ってきたトラック1.jpg
▼バックで上ってきます。
トラック2.jpg
▼すごい運転技術ですわーい(嬉しい顔)
トラック3.jpg
▼上りきりましたモータースポーツ
トラック4.jpg
▼無事、現場に入っていきますハートたち(複数ハート)
トラック5.jpg
ホッと一安心の猫は、現場を後にしたのであります。

福岡の新築一戸建て.comはコチラから

2010年10月17日

太宰府市・リポート③

です。 秋らしい、すがすがしい日曜日です。 太宰府市三条の現場に向かう坂道からは、こんな景色が楽しめます。

 三条への入り口.jpgまだ若いススキ.jpg  まだ若いけど、ススキも見かけるようになりました。

   工事現場は、静かです。  型枠が取り外され、“躯体工事”を待つばかりです

  1017の三条現場.jpg  ▼これは玄関になる個所から・・  玄関から見る.jpg

   今日は、秋の休日にふさわしく、この現場の周辺景色をお見せしましょう。 ▼現場の庭(あたり)から裏山を臨むと、こう見えます。 三条の庭から裏山.jpg

▼この構図は今までにも紹介したことがありますが、宝満山方面です。 現場から宝満山方面見る.jpg 自然満喫のこの環境、いいですねぇ・・あこがれます! 締めくくりは、季節のおすそわけ  大宰府市三条の現場から福岡市方面に戻る途中、立ち寄りたいなあ・・と思うスポットが いくつかあります。 もちろん大宰府天満宮でしょ、そして観世音寺、戒壇院、大宰府政庁跡、水城跡などですが、 本日の「水城跡第二広場」(車が停められ、もある!)からの光景があまりに美しかったので、 思わず小休憩してしまいました  水城のコスモス.jpg 次回はキッチリ、工事現場を紹介しますね 福岡の新築一戸建て.comはコチラから

福岡市南区諸岡・リポート②

今日は10月17日、日曜日です。 普段は金曜日に現場に出かける牢なのですが、15日は所要がございまして・・・ 失礼いたしました。 福岡市南区諸岡の、本日の現場はこんな感じです秊 日曜日なので、工事の人は だ~れもおりません。

 笹原入り口から見ると.jpg

▼これは“アンカーボルト”。建築関係者でなくても、この言葉は知ってますよね。  「アンカーボルトは、基礎と上部構造をつなぐ重要な役割を果たしている」と物の本に 書いてありました。 牢も地震の報道で、この言葉を知ったように思います。

アンカーボルト.jpg

▲前回のリポートで、このお宅は10回もの検査を受けると書きましたが、 その中にもアンカーボルトの検査という項目があったなぁ・・ ▼これは現場のあちこちで見つけた蓋。 牢のこのブログが載っている不動産会社の社長さんに尋ねたところ、 多分“雨水枡”だろうとのことでした。 これまた物の本によると「流される水などの条件に合った径を選択すること」とのこと。 牢、思わず「ウンウン」とうなずきました。・・というのも、牢のマンションは、この 径が適切じゃなかったんですねぇ。大雨の時に水があふれて大変なことになったんです、 特に1階に住む牢は大被害輦  雨水枡.jpg雨水枡1.jpg ▼さてこの写真はちょっと角度が違います。 ちょうどお隣の奥さんが洗濯物を干すために出てこられたので、コンニチハ璉 「コチラから撮影していいですよ」と言ってくださったので、この角度になりました。 笹原隣から撮影.jpg ▲右に見える緑色のものは、お隣に植えられたサツマイモ。  「ワァ~、いいですねえ。私は芋づるが大好きです!」と言ったら、こんなことに烈 隣の奥さん.jpg 芋づる.jpg 撚今日の晩ご飯は、芋づるのキンピラに決定!  ブログ用の取材をいいことに「私利私欲に走った」感のある牢ですが、JRの駅のそばにも 関わらず大変静かな環境だということ、車道から少し奥まったところにあるのでゴミゴミ していなくて、空気もきれいなこと等をちゃ~んとリサーチしましたよ!

 

福岡の新築一戸建て.comはコチラから

2010年10月 8日

那珂川町道善・リポート⑭

牢は今日も近くのコンビニに車を停め、那珂川町道善の現場までテクテク歩きました。 「変わんないなぁ~、外観」

 101008道善外観.jpg

 いや、どこか違うゾッ! そうだ、屋根の一部分の色が違う! これは太陽光パネルではないかッ

昨日施工されたそうです。 太陽光パネル設置.jpg

屋内は「造作工事」といわれるものに、取り掛かっていました(牢は専門書を図書館で借りたので、 こんな言葉も使えるようになりました)。 ▼先週はなかった、階段の手すり 手すりが突いた階段.jpg ▼扉の枠も取り付けられていました  ドア枠.jpg ▼そして、これは襖(ふすま)かな? 襖の枠.jpg ▼親方の泊(とまり)さんは、和室を作っていました。   襖をはめ込み、移動する部分に、木製(紙かもしれないけど・・・)のテープを  張っていました。  “敷居すべり”を張っているのだそうです。 敷居すべりを張る.jpg ▼使用が終わった敷居すべりをケースにしまう作業がうまくいかず、  苛立つ泊親方(意外に不器用?秊) 苛立つ泊親方.jpg ▼この方は、親方の息子さん。親と一緒に働く若者の姿って、いいですねぇ~。  「ボクはタイガー」のCMソングでお馴染みの、ボードを張っています。  このボードは、すべての壁と天井に張られます。 親方の息子さん.jpg 天井タイガーボード.jpg ▼さて、最後に・・・。  外にはサイディングボードが積まれていました。  いよいよ外壁工事が始まるのですね。  サイディング屋さん(左にちょっと写っている)、若い!劣  「来週お邪魔しますので、よろしくぅ鍊」と声をかけ、牢は現場を後にしたのであります。 サイディングボードも.jpg 福岡の新築一戸建てはコチラから

福岡市南区井尻B号・リポート⑬

10月8日。今日の福岡市南区井尻B号地現場です。 外観は変わりません。

 101008井尻B外観.jpg

中に入りました。 大工の石橋さんが、「いいものを見せてあげる!」と牢を2階に招きました。

101008石橋さん.jpg   ▼「これ!」と指し示したのは、遮音シート。ここは小学生の長男くんの部屋です。

遮音シート.jpg ▲遮音シートが張られた壁の隣には、もう一つ部屋があります。 ▼隣の部屋との仕切りは、壁だけ。  押入れが間にあれば、隣の部屋の物音も遮断できるでしょうが、ここは壁一つなので、 ボードを張る前に遮音シートを取り付けることで、解消を図っているのです。 部屋を仕切るのは壁だけ.jpg ▼もちろん隣の部屋にも遮音シートが張られています。 その上に、ボードが張られました。 ボードを張った後.jpg 漣牢に遮音シートを見せようと、石橋さんは、ここの作業を後回しに してくれていたのです! 牢、大感激です劣    ニュース!このB号地の住宅も、気密検査を受け、「0.7平方メートル」という 超気密住宅であることを実証しました!!   福岡の新築一戸建て.comはコチラから

 

福岡市南区井尻A号・リポート⑪

今日の福岡市南区井尻A号地は静かです。 窓も閉まっています。 大工さんは所要があって、お休みです。 だから外観写真をド~ン!!とお見せします。  101008井尻A外観.jpg    ▲分かります?今までなかった垂れ幕(と言うのかな?)

 長期優良住宅の上には「高気密・高断熱」の文字が見えます。  実は、この住宅は先日、気密検査を受けたのです。  それが以下の写真。施主の方、検査機関、施工業者などが参加して行われました。

   ↓ 検査の方  P1060637.jpg

   ↓ 施主の方と設計、施工担当者 P1060648.jpg    ↓ これが測定器具

P1060639.jpg    床面積1平方メートル当たりにどの位の割合の隙間があるか・・・それが気密測定値。 その値が5平方メートル以下のものを「気密住宅」といいます。 ところが、ここ井尻A号地の住宅は、先日の検査で、何と何と「0.5平方メートル」という 数値だったのです烈スゴイですねぇ連劣秊

垂れ幕が、誇らしげに風にそよぐはずです!

福岡の新築一戸建て.comはコチラから  

福岡市博多区諸岡・リポート①

牢のリポートに、もう一つ現場が加わりました。 福岡市博多区諸岡にある現場です。 ここはJR笹原駅に程近い、閑静な住宅街の一角。 笹原駅周辺や、そこから西鉄・井尻駅に通じる界隈はお店も多く、 子育て真っ最中の若いファミリーには牢は絶対にオススメ連劣   今日初めて、その現場に行きました。 ちょうど“検査機関”による「基礎配筋の状態検査」が行われていました。

「こんにちはッ」牢の声に振り返ったのは、ブログに度々登場する、現場監督の田之上さん (牢の指南役です)。その隣の女性は、田之上さんの後輩の野口さん。かわいい女子です鍊秊 こんにちは.jpg ▼検査を請け負う業者の方々です。 配筋検査1.jpg 配筋検査2.jpg 諸岡のこの現場では、今日の「基礎配筋の検査」に始まり、「基礎出来型」、「土台伏せ」、 「金物」(いずれもなんのこっちゃ?牢にはサッパリ)、「外壁」など、合計10回の検査を “任意で”受けるんですって。 すごいですねぇ~。 さあ、動き始めた諸岡。これから毎週リポートしていきますね! 福岡の新築一戸建て.comはコチラから

福岡市南区清水・リポート⑬

牢です。 福岡市南区清水の現場に近づくと・・。前回は木の枠だけだった家にパネルが覆われ、 大きさが実感できるようになりました。  清水現場近づく.jpg

▼正面です。ビニールシートが目立ちます。  2階で仕事をしているのは、大工の田口さん。  「田口さ~ん、ブルーシートは雨除けですかぁ~?」・・・叫ぶ牢に「そうですッ!」と 答えてくれました。田口さんがシートを下から押し上げると、雨水がドドドッと落ちてきました。 101008清水外観.jpg ▼1週間前はなかった連玄関に軒が! 玄関屋根木枠.jpg ▼「お邪魔しまぁす!」と1階の建物に入ります。  「もう1週間経ったんかねぇ」と笑顔で迎えてくれたのは、親方の高田さん。 今までチラチラとは登場していましたが、正面の写真は本邦初公開です璉 高田さん初正面写真.jpg              「高田さん、今日はどんな作業をするんですか?」(牢) 「1階と2階の出窓を作ろうと思ってたけど、天気が悪いから今日は屋内作業です」(高田さん) ・・・というわけで、出番待ちの木材があちこちに。 出番待ちの木材1.jpg 出番待ちのもう材2.jpg ▼そうそう、家作りを支えるとってもとっても大事な存在に、牢は今頃になって気づきました。 配電盤があることに気づいたのです。 「基礎工事の時から照明は必要だから、早い時期に電力会社に依頼しますよ」 モノノ本によると、仮設工事の時点で設置するんだって。 配電盤.jpg 福岡の新築一戸建て.comはコチラから

 

太宰府市・リポート②

今日は、現場リポートを始めてから初の雨天・・・になりそう 本降りにならないうちにでかけなくっちゃ ・・ということで、は午前8時半に自宅を出発し、午後9時ジャスト、太宰府市三条の現場に 到着しました。 前回同様坂道を登ります。 ピッピッピッという音が聞こえてきました。 鳥のさえずりかな?と思ったけど、それは現場から聞こえます。 ▼10月8日、今日の現場です 101008三条現場遠くから.jpg

▼鋼板の型枠。高い所から眺めると、“要塞”みたい! 101008三条現場俯瞰.jpg ▼「ピッピッピッ」の正体は、やっぱりコレだったんだ。測量機器のオートレベルです。 三条オートレベル.jpg ▼何個所にも打たれた釘の、頭部分が同じ高さになっているかどうか・・・  職人さんがオートレベルと連動させてチェックを行っています。 職人レベルチェック中.jpg ▼高さがデコボコだった時は、カナヅチでトントントン 釘の高さで揃える.jpg 「ここに特殊なコンクリートを流し込むので、その上部が水平になっているかの目安になる」と 職人さん。 “土台”を支える仕事・・・職人さんは近寄りがたいほど、真剣な表情でしたよ 福岡の新築一戸建て.comはコチラから

2010年10月 1日

那珂川町道善・リポート⑬

牢です。 福岡県那珂川町道善の建築現場にやってきました。 もうここは、全く外観に変化がありません。

  道善外観1001.jpg 

中に入っても、シロウトの目には、先週との違いが分かりません蓮 (先週の訪問時は鍵がかかって中に入れなかったんだけどね輦)

 道善1階.jpg

   今日は階段を上って、上の階に行きました。 なぜ「上の階」と表現したかというと・・・。 これを見ておくんなさい女

 ▼1階に作られた階段です。上りま~す!   1階の階段.jpg   ▼2階に着きました。    2階に着く.jpg      ▼階段横に、中2階の小部屋がありました。    大きな小部屋です  中2階.jpg     ▼3階へとつながる階段の「一つ」です璉  中2階の階段.jpg  ▼ウロウロしていたら、また別の階段を見つけました!   これは1階の別棟に通じる階段です。  別棟につながる階段.jpg  ▼2階の数ある部屋の幾つかを望みます。  2階数ある部屋の・・.jpg  部屋を仕切る壁もまだないのに、牢は今回、この家で迷子状態になりました。  2階、中2階、3階(ロフト?)、別棟との設計上のつながり・・・皆目分かりません。  この家に住む人たちがここで迷子にならいか・・牢は心配です。  福岡の新築一戸建て.comはコチラから

福岡市南区井尻A・リポート⑩

福岡市南区井尻のA号地です。 ピカピカと光るシルバーの外壁(いやいや、これがサイディングではないですよ)。 ブルースカイに映えて、まぶしい   井尻A外観1001.jpg

  ▼1階では電気工事の人が・・・

  電気工事.jpg  ▼大工さんは2階で作業中  DSC_0068.jpg  ▼これは2階の中央部。図面を見ると「フリールーム」と書かれていました。    どんな部屋になるのかな?連  2階フリールーム.jpg

  ▼そしてここは、フリールームの向かいに設置されたベランダ。両サイドは洋室。

  この洋室分の奥行きがあるので、広々。   洗濯物もいっぱい干せそうです。いいねぇ  DSC_0072.jpg  撚最後に・・・。裸電球のカバー。ちょいとカッコいい!!と思ったので、パチリ。   「どこに行けば手に入るのですか?」って電気工事の人に尋ねたら、   「はあっ?、どこででも売っとるよ、ホームセンターに行けばね」と言われてしまいました。   これがLoftとかだったら、何千円もしそうなんだけどなぁ・・・   電球カバー.jpg   福岡の新築一戸建て.comはコチラから

福岡市南区井尻B・リポート⑫

   福岡市南区井尻B号地の現場です。  外観からは、もう完成したみたい!ですね。  玄関から、お邪魔しました。    井尻B外観1001.jpg  玄関から入る.jpg

 真っ先に目に飛び込んできたのは、階段鍊  勾配が緩やかで、足の踏み外しの心配もなさそうな奥行き。

 井尻B階段.jpg  階段緩やか.jpg  ▼2階に到着する少し手前に踊り場があります。   その壁面に窓が2つ。  いい感じの明かりとりになりそう烈しかも手が届く位置にあるから、掃除もラクラク。  階段吹き抜けの高い位置に窓を取り付けている家をよく見ますが、  「窓も照明器具も掃除できないよね」と、常々思っていた牢は、  この家の、この窓の位置はおおいに気に入りました。  階段窓.jpg  ▼コチラは1階。カウンターテーブルのあるキッチンになるんだね。  キッチン.jpg   ▼キッチンに作られた勝手口と窓。   マンション暮らしの牢にとって、キッチンの窓はうらやましい限り。     キッチン窓.jpg  福岡の新築一戸建て.comはコチラから

   

福岡市南区清水・リポート⑫

 牢です。 ちょうど1週間前、福岡市南区清水の現場では上棟式が行われました。 だから今時分は、建物の骨格が出来上がり、柱や梁が、沢山張り巡らされているはず。   うれしいにゃぁ~璉今日は2階にも上がれるにちがいにゃい。 牢のコレの、デビューの日じゃぁ烈烈

  マイヘルメット.jpg 

 牢、ついにマイヘルメットをゲットしました。あこがれの、職人さんになった気分。  早速、現場へGO獵     1001清水外観.jpg

 

 外環からは分かりにくいかもしれませんが、大きな家です。  ここが玄関部分。

 

  清水玄関部分.jpg  ▼1階内部。天井が高そうですよね秊

背の高さ分かる.jpg        ▲  親方の高田さんが「2階に上がっていいよ」だって。     ヘルメットの出番じゃあ!

 ▼脚立を使って2階に上がります。   脚立で2階へ.jpg

 ▼広々とした2階。

  キッチンや寝室等、生活の主たる場は2階です。 2階.jpg    2階右が階段になる.jpg                        ▲ここが脚立がかかっていたところ。

                        いずれは階段が取り付けられます。

  ▼ルーフバルコニー。広いです烈  ルーフバルコニー部分.jpg

  ▼3階もあります! 屋根の傾斜がどのように設計に生かされているのか・・・

   工事の進行が楽しみです。  3階.jpg  

 福岡の新築一戸建て.comはコチラから    

太宰府市・リポート①

ジャジャ~ン! 今までの現場リポートにはない、風景写真で始まりま~す

 
 三条山景色.jpg

ここは福岡県太宰府市の三条。8月30日の地鎮祭からちょうど2ヶ月たった今日、
久しぶりに現場を訪れたのです。素晴らしい景色でしょう?

 到着現場から.jpg
 ▼アッ、黒岩さんだッ!
 黒岩親方だ.jpg
 黒岩さんはが初めて現場リポートを行った際、井尻Bの現場で色々と教えてくださった親方。
  つまりの師匠でやんすな。
 土を掘削するのに強力なパワーを発揮するこの重機を「ユンボだよ」と教えてくれたのも、黒岩親方。
 現場監督の田之上さんに「バックホー」と言うことも教えていただきましたが、
今日は敢えて“ユンボ”と 呼びましょう!
ユンボを巧みに操る黒岩親方の姿を、とくとご覧あれ!!

  ▼基礎を設ける部分の土を取り除く作業にかかります
根切り作業1.jpg

根切り2.jpg
根切り3.jpg
根切り4.jpg
根切り5.jpg
根切り6.jpg
根切り7.jpg
根切り8.jpg
根切り9.jpg
 ▲ユンボで掘った土を隣に設けた場所に捨てる。
  この作業を繰り返すうちに、地面はアッという間に溝ができていきました。
 
  ▼三条の現場は、このように自然に恵まれた高台にあります。
  は下の方に車を停めて、現場までエッチラ、オッチラ歩きました。
  道は傾斜があるので少々きついですが、今後も下から歩くつもり。
  だって、空気がものすごくおいしいんだよ。
  鳥のさえずりも聞こえます。
  車でブ~ンとやって来て、ブ~ンと去るにはもったいない景色です。
  毎週、楽しみだにゃぁ
  
三条全体像俯瞰.jpg
 
 福岡の新築一戸建て.comはコチラから