建売住宅と注文住宅の違い

●土地と建物がセットで販売されている分譲住宅のことを建売住宅と呼びます。

一般的に大きな土地をいくつかに分割して、同じような建物を何棟かまとめて建築して販売されていますので街並みが綺麗な所が多いです。価格が明確なので諸費用を含めた総費用が算出しやすく、資金計画が立てやすいメリットがあり、仕上がりのイメージが分かりやすいという利点があります。

しかし、間取りやデザインや施工方法などは自由に選べず、追加やちょっとした変更もできないことが多いので、ある程度の妥協は必要となります。また、建築過程や施工中の管理などは見ることができないため、建物の構造に不安が多い部分もあります。特に壁の内部に関しては目に見えない分、注意が必要です。

建売住宅と注文住宅の違い

●土地に合わせてゼロから設計し建物を建築する新築住宅のことを注文住宅と呼びます。

自身の要望に合わせた住宅の広さや間取り、外観や内装のデザイン、住宅設備などを自由に選択することができるので、理想のマイホームを手に入れるには最適です。細かい仕様まで考える必要があるので検討時間はかかりますが、予算を調整できるという利点があります。

また、断熱や気密、換気や耐震など住宅の性能にこだわることができるという大きなメリットがあります。さらに、注文住宅なら建築現場を自身の目で見れるため、進捗状況や状態を常に把握することができ、建物の構造や壁の内部まで安心して施工を任せることができます。

建売住宅と注文住宅の違い

建売住宅と注文住宅のどちらが良い?

建売住宅も注文住宅もどちらにもメリット・デメリットがありますので、どちらがいいかは考え方で変わります。住宅へのこだわりが強い方や施工の安心を重視する方は注文住宅、時間や手間をかけずにすぐに住みたい方は建売住宅になるでしょう。

福岡工務店では、創業より新築注文住宅だけにこだわって建築しておりますが、お客様の考え方やライフスタイルを伺い、建売住宅と注文住宅のどちらがいいのかなど、他社も含めて最適なご提案をさせていただきますので、ぜひ一度お気軽にご相談ください。