福岡工務店の断熱施工について⑦

前回は日本の省エネ規準についてお話ししました。今回は省エネな住宅での光熱費についてお話しさせていただこうと思います。

省エネ住宅の光熱費

各家庭のエネルギー消費量を削減するということは、高熱費を削減するということになります。住宅購入を考えていらっしゃる方は、月々の住宅ローンの支払いが気になっているかと思いますが、月々の光熱費も家計に大きく関わってくることではないでしょうか。そこで今回は実際に住んだ方の光熱費について見てみましょう。

※福岡工務店ではご承諾いただいたオーナー様から引っ越し前と引っ越し後の光熱費のデータをいただいております。下記のお客様は4人ご家族です。月によって差はありますが合計でみると以前の家に比べておよそ半額になっています。

金額の差は歴然としていますね。一般的にローコスト住宅と呼ばれる家を購入した場合、確かに購入時の費用は安くなります。しかし断熱性能や気密性能が悪いため、光熱費や住宅維持管理費は間違いなく高くなります。住宅購入は一生に一度の大きな買い物です。長持ちする家(長期優良住宅)だからこそ、住宅ローンの支払いだけではなく月々にかかってくる光熱費も考えて、住宅にかかるトータル費用を安く抑えるツボを押さえていただきたいと考えています。

TOP