各工程のスペシャリスト

住宅の建築には様々な職種が関わります。

福岡工務店がつくる家にも、多くの優秀な職人さんが力を貸してくださっています。職人さんなくして福岡工務店は存在しません。感謝の気持を込めて皆様方の働く格好いい姿をお届けします。

基礎工事

黒岩親方と職人の岩崎さん。スーツ姿の親方はとてもダンディーです。※福岡工務店のパーティー会場にて

地鎮祭設営

工事の安全と一家の繁栄を神にお祈りする地鎮祭。大地を表す円錐状の盛り土には相当の技術を必要とします。

足場組み

基礎工事が終わり大工さんの仕事が始まる頃「足場鳶(とび)」の職人さんによって足場が組まれます。足場は工事の安全を守る重要なもの。作業には細心の注意を払います。

クレーン操舵

上棟の日、圧倒的な迫力に道行く人も思わず見上げるのがこのクレーン。長いアームで木材等の材料を大工さんの許に届けます。操縦するのはクレーンオペレーター・野口さん。

電気設備工事

大工さんの作業に使う仮設電気工事に始まり、「電気屋さん」は長い期間現場で働きます。左上は山中さん。いつも黙々と仕事に取り組みます。右上は平川さん、中央は益田さん。右下は施主に説明をする上野さん。

給排水設備工事

給排水設備工事も長期間に渡り建築現場での作業があります。安達さんは親戚である正野建設の正野さんとチームを組みます。住宅完成後の施主インタビューに同席して頂いたことも…右下は美男美女の安達ファミリー。※福岡工務店のパーティー会場にて

左官工事

落語の噺家のようないぶし銀の味わいを醸し出すのは江藤親方。静かに材料を作り、運び、墨を付け、鏝で塗る…「職人」という表現がぴったりです。

外装工事

外の足場を使って外壁を設置するには、きっと脚力・腕力・身軽さが必要。スリム&マッスルでないと務まらない仕事かもしれません。

内装工事

クロス職人さんは、カッターとローラーを巧みに操り壁に隙間なくクロスを貼って行きます。手首のスナップが繊細な作業の決め手のようです。神経を使うため休憩時間はホッとくつろぎの表情に。

美装

完成に近付くと屋内外を綺麗に磨き上げる「部隊」が入ります。室内に組まれた足場を使って高い天井を掃除することもあります。右は富永さん。綺麗に磨き上げます。

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください