足場仮設職人:川内 豪

プロフィール
名前 川内 豪
仕事内容 足場仮設職人
生年月日 昭和47年1月17日生まれ
住まい 糟屋郡宇美町在住

川内さんは元々は鳶職人で、ずっと足場組みの現場にいらっしゃったそうですね。

川内職人:10代だった20年くらい前、足場組み立ての現場を偶然目にして、「格好いいな」と憧れたのがこの世界に入るきっかけ。「見て、盗んで、覚えろ」が当たり前の、上下関係が厳しい時代だったので、自分のやりたいことを中々させてもらえず、「楽しくない」と思った時期もありました。でも元々好きな仕事なのでこうして続いています。現在は発注者との打ち合わせ、見積もり、資材の手配、現場の管理等を担当しています。「職人が安全に現場に入れる状況を作る」かつ「効率的に動ける環境を作る」を念頭に働いています。

どのようなことを打ち合わせるのですか?

川内職人:事前に頂く図面を元に、現場で敷地状況を確認しながら打ち合わせを行います。敷地面積や形状を見て「組み方はこんな風に行いましょう」と提案し、また建物の規格に合わせて資材の量を計算するのです。上棟の前日に足場組みを行いますので、工程表に基づき材料を発注します。現在行っているのは「クサビ緊結式足場」といって、敷地や建物の形状に対応しやすいものです。ハンマー1本で組み立てられるという利点があり強度もあります。

最も気を付けているのはどんなことですか?

川内職人:「安全」に尽きますね。高所作業なので職人自身もそうですが、災害の防止が何を置いても気を付けることです。例えば材料を落とすことによって、他の業者さんや通行人に災害が起こっては絶対にいけません。

常に緊張を強いられる業務ですね。休日はどのようにリフレッシュしていますか?

川内職人:強面に見えるのですが、意外なことに私はこう見えて片付けが大好きなんです。だから休みの日は家の片付けをしたり庭の草むしりを楽しんでいます。もう一つの楽しみは、3人の子供(小5長男、小1次男、年少長女)との探険ごっこ。家の裏が小川なので川遊びをしたり、一本松公園(昭和の森)までみんなで歩いて行って自然の中を駆け回っています。

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください