顧問弁護士 藤田祥行氏

福岡工務店は非常にコンプライアンスについても積極的に考えていこうという姿勢がありました。 顧問弁護士 藤田祥行

インタビュアー:有馬

福岡工務店でどのような仕事をしていますか。

藤田氏: 主に法律関係の仕事です。契約書のチェックであったりとか、取引先と法的問題があった場合に、「どのような形で解決すればいいのか?」というようなアドバイスをしています。

法律関係の仕事ととして例えば今までどんな内容の案件がありましたか。

藤田氏: 施工した建物について、少しお客様との間でトラブルが発生し「どのような形で解決をしたらいいか」ということについて相談にのったことがありました。やはりお金だけではなく、これから会社が成長し、多くの客様から信頼を得ていかなければならない状況において、コンプライアンスを守り、多方面からアドバイス致しました。

fujitashi_01

なぜ福岡工務店の顧問として応援してくれているんですか?

藤田氏: やっぱり、代表である阿久津社長が語られる「会社の理念」というものに非常に感銘を受けまして、やっぱり、「いいものをお客様に提供していこう」という姿勢を、「できれば法的にサポートしたい」と思って顧問をさせていただいています。

私たちの会社を見たときの第一印象はどんな感じでした?

藤田氏: 会社に行かせて頂いた時に何か皆さん和気あいあいとされていて、「活気のある会社だな」と感じました。社長を中心に、社員が一丸になっている感じです。何て言うんでしょうか、若さがあって、勢いのある会社だなと思いました。そういう「前向きさ」というのを、お客様にもちゃんと伝えっれており、いいことだなと思っています。

弊社代表である阿久津のイメージを教えてください。

藤田氏: 普通に考えると出来ない様なことを「やってのける」というところが阿久津社長の凄いところです。会社を率いていく人間として、私もいろいろな経営者を見ていますけれども、経営者として必要な資質を持っている人だなと思います。

私たち、社員のイメージを教えてください。

藤田氏: 皆さんすごく真摯に対応してくれて、非常にわかりやすく説明していただけるというのが印象です。例えば以前、設計の平山さんと建築に関していろいろな話を聞いたんですけれど、非常にわかりやすく、法律家の私にでも、専門的な事をわかりやすい様に詳しく説明してくれました。

福岡工務店って、他の建築会社に比べるとどんなところが良いですか?

藤田氏: もちろん全てのお客様との対応について私が見ているわけではないのですが、よくある大手ハウスメーカーと比べると、やっぱりお客様に密着して、お客様の意見をできるだけ吸いあげて、「どのような建物をつくろうか」ということをお客様と一緒に考えていくという姿勢はやっぱり、福岡工務店さんの特徴なのかなと思っています。

fujitashi_02

逆に、他の建築会社に比べて足りないところ、劣っているところもあれば教えてください。

藤田氏: やっぱり会社としてまだ人数がそろっていない事もあるんでしょうけれども、1人1人の社員が、いろいろな仕事をやらなければいけないということで、手が回らない部分も、若干はあるのかなという気はしています。もう少し会社が大きくなっていけば、そういうところを補っていけると思いますので、そういう意味では、会社が今、順調に発展しているので、非常に期待しています。

大工などの職人の方々や、資材を搬入する業者の方々など取引業者さんに顧問から何かメッセージをお願いします。

藤田氏: 主に私は法的なことを扱っていますので、私がきちんと法的関係を見て、トラブルがないように努めていますので、福岡工務店と安心して頂き取引してもらえればと思います。
特に取引を開始する時には、相手方に失礼に当たるかもしれないことであっても「十分に話を聞くというのが重要」だとアドバイスしています。最初の段階で曖昧だと、トラブルが起こる原因になってしまいますので、取引をされる場合は、不明な点や取引の条件でわからないこと等があれば十分に、福岡工務店に聞いていただき、その上で適切な判断をしていただければいいなと思っています。

これから家を建てる一般の方に弁護士として何かアドバイスをお願いします。

藤田氏: 家を建てるというのは、普通の人にとっては一生の仕事になりますので、先ほどの話と重複しますが、十分に話を聞いて、納得のいく形で進めるようにして下さい。よくあるトラブルとして、十分に説明をしないまま建築作業を進めようという業者さんもいらっしゃいます。福岡工務店は「どのような家をつくっていくか」ということをお客様の意見を取り入れながらつくるので、最初の段階から十分に話をされて進められるといいですね。

福岡工務店のコンプライアンスへの対応はどうでしょうか。

藤田氏: 以前、私自身が経営学の大学院で研究の為に、福岡工務店のコンプライアンスについて調査したことがありました。「お客さまの苦情についてどのように対応するか」ということについてコンプライアンスを含めて研究しました。福岡工務店くらいの規模の中小企業ですと、なかなかコンプライアンスについて気が回る会社はありませんが、福岡工務店は非常にコンプライアンスについても積極的に考えていこうという姿勢がありました。
お客様の苦情というのは、やはりトラブルのもとになりますので、「苦情というものを社内に積極的に取り入れて、どうやって正しい道筋で解決していくのか」ということを会社内で整理していただくように一緒になって取り組んでおります。

fujitashi_03

林さんファミリー瀧口さんファミリー施工例69施工例42菊竹さんファミリー施工例49下釜さんファミリー中本さんファミリー久場川さんファミリー施工例59施工例60永末さんファミリー谷口さんファミリー石田さんファミリー②井上さんファミリー藤澤さんファミリー施工例48山田さんファミリー園田さんファミリー施工例51