性能とデザイン、そして
全国1位の施工技術にこだわる
福岡の注文住宅専門店

小柳さんファミリー

小柳さんファミリー
「必ず他社と比較してください」とお願いされて、他社の悪口を言わないところに惹かれました。」
インタビュアー:樋渡
木造在来工法2階建て
竣工 2017年11月
屋根 外張り断熱工法
現場発泡ウレタン
敷地面積 約169㎡(約51坪)
延床面積 約98㎡(約29坪)
施工床面積
お引渡しから2か月後。福岡市南区の小柳様邸を訪ねました。小柳様は、不動産福岡が取り扱っている福岡市南区の土地情報のお問合せ頂いたことをきっかけに、福岡工務店にご興味を持っていただいたお客様です。そんな小柳様に、福岡工務店に決めた理由やスタッフの対応についてインタビューをしました。

家が完成して「一番気に入っているところ」はどこですか?

s-0V9A7611

ご主人:私は、ムダがなく、本当に必要なものだけがギュッと凝縮できたところが一番気に入っています。この狭い土地で妻がよく考えてくれて、設計の方と二人三脚でこれだけのものを完成させてくれたことに感謝しています。

奥さま:私は、結構好き嫌いがはっきりしている方で、設計の段階から私の中ではかなりイメージが定まっていました。完成してみたらそのイメージどおりにでき上がっていたのが嬉しかったです。

もう1つは、吹き抜けがなくても明るい室内です。本当は、吹き抜けから光が差し込むのある明るい家に憧れていたのですけど、敷地の広さが足りなくて諦めたんです。でも、南面の2つの窓のおかげで十分明るくて本当に嬉しいです(笑)。

キッチンも初めは狭いかなと心配していたんですけど、住んでみたら全然狭く感じません。むしろ動線がよくて機能的です。洗面台も家に帰ってきたらすぐに手を洗える位置ですし、脱衣室を別につくったのも、子どもたちが大きくなったときのことを考えると良かったなと思います。

 

家を購入しようと思ったきっかけはどんなことでしたか?

奥さま:時期的に言うと、3年半ぐらい前からです。

ご主人:そのときはすぐに欲しいということもなくて、長男が小学校に入るまでにはどこかに決められればいいなと思っていました。

 

福岡工務店を知っていただいたきっかけを教えてください。

奥さま:お友達が南区で家を購入したんです。それで、「いいなあ」と思って「福岡市南区」で土地を検索してみたんです。そしたら南大橋の土地が出てきました。見晴らしのよさそうな土地でしたし、ちょっと見に行ってみようと思ったんですよね。

それで土地を扱っている会社として電話したのが福岡工務店のグループ会社の(株)不動産福岡さんでした。主人は仕事が忙しい時期でしたので、初めは私と子どもだけで見に行っていましたね。

何社ぐらいのハウスメーカーを回られましたか。

s-0V9A7571奥さま:正直、うちは私が「予選人」みたいな感じだったんですよ(笑)。とりあえず私がたくさん見て回って、予選通過したものを主人に見てもらうという段取りでした。土地にしても会社にしても、私が10件見た中から主人に見せるのは2、3件ぐらいだったと思います。結構のんびり回っていましたね(笑)。

完成見学会だけのところも含めると、D&Hさん、安成工務店さん、山根木材さん、シンケンスタイルさん、SAI建築社さん……まだあったと思います。

その中で、一番迷ったのは山根木材さんでした。3回ぐらい見に行ったんじゃないかと思います。そこは建売だったんですけど、建売ならすぐ住めるし、と気持ちが揺れたこともありました。今は、やっぱり注文住宅にしてよかったと思っています(笑)。

 

福岡工務店を選んでいただいた理由を教えてください。

ご主人:皆さんの人柄が良かったということが一番ですね(笑)。打ち合わせの時に子どもの面倒を見てくださったりするんですけれど、その様子が仕事だからやっているというのではなく自然な感じで安心して預けることができました。お客さんへの対応がマニュアル化されてない、そういうアットホームな社風なんだろうなと感じましたね。

奥さま:私は、営業さんの余裕のある雰囲気です。他のハウスメーカーの営業さんって、皆さん、「他にはどこをご覧になりましたか?」って聞いてくるんですよね。それはいいとして、答えると必ず「ああ、あそこですか。あそこはここがダメですもんね」とか「ここが弱いですよね」と悪口を言うんです。

自分たちの良いところだけを言えばいいのに、よそを落としにかかるでしょう。そういうのって私はすごく苦手で。福岡工務店さんは、そんなことが全くなくて余裕のある雰囲気に惹かれました(笑)。

あとは、工務店さんで施工技術そのものを売りにしているところというのが意外に見当たらなかったんですが、福岡工務店さんはその点を前面に出されているところが安心感につながりましたね。

ohike-071

今までの家にどんな不満がありましたか?

ohike-051ご主人:前の家は社宅でしたので、多少の気づまりはありましたね。

奥さま:子どもたちの立てる物音で下の階の方に迷惑をかけているだろうと、常に申しわけない思いを持ちながら生活していました。あとは、北側の窓が結露するのには困っていました。下の子にアレルギーがありますので、カビっぽいのは本当に嫌でしたね。

 

新居でそれらの不満は解決できそうですか?

ご主人:子どもたちには、雨の日も家の中で伸び伸びと遊ばせてやれますね(笑)。

奥さま:外断熱工法で結露は起きないと伺っています。結露が起きなければカビにもならないと思いますので、いろいろと改善されるのを楽しみにしています。

 

建築前や建築中の不安や悩み、ご苦労はありましたか?

ご主人:不安だったのは、最初の方で、条例か何かで建てられる面積が少し狭くなってしまいますというお話があったときですね。建ってみたら結果的には大丈夫だったわけですが、ただでさえ狭い土地なのに、これ以上狭くなって住めるようなものに仕上がるんだろうかと不安に感じました。

奥さま:工期が少し延びたこともあり、最後の方は現場の方は大分バタバタしていたみたいでしたよね。一生懸命急いでくださるのはありがたいのですが、急ぎ過ぎて支障は出ないのかなという漠然とした不安はありました。

ohike-065

私たちの対応について、悪かったところ、残念だったことを教えてください。

ご主人:先ほどもお話ししましたが、工期が延びたことは残念でしたね。あとは、建築途中で変更箇所があったり仕様を変えたりするたびに細かく計算が変わってきますよね。そこの部分の連絡がうまくいっていなかった部分があって、最新の情報をこちらが把握しきれていなかったということがありました。それで、「この部分の支払いを明日お願いします」みたいなお話を急にいただいたこともありました。お金の用意は間に合ったので問題はなかったんですけれども、大事なことですのでもう少し前もって伝えてほしかったなと思ったのは事実です。

 

逆に、私たちの対応で良かったことを教えてください。

ohike-056

奥さま:設計の段階で、いろいろ無理な注文を出したと思いますが、柔軟に対応してくださいました(笑)。

ご主人:建てている最中に現場を見に行ったときも、大工の高田さんとお話ししながら「ここはもうちょっとこうしてもらえますか」などとこちらは言うわけです。それに対して嫌な顔もせずに、都度マメに手直ししてくださいましたね。

奥さま:会社のことよりも私たちの立場になって考えてくださる姿勢を皆さんが共通して持っていることがよく伝わってきました。あれこれ融通も利かせていただきましたし、とにかくいつもフレキシブルな対応をいただきました。そこが、大手のハウスメーカーさんには真似のできない福岡工務店さんの良さだなと思いました。

大手だと希望を伝えても「うちではそういうのはできないんです」とバッサリ言われることもありました。何かもう最初から決まっていて、その枠から外れることについては考えられもしないのかなという印象を受けましたね。

それに対して福岡工務店さんの場合は、どうやったら私たちのイメージに近づけられるかということを熱心に考えてくださいました。そういう根本的な姿勢は、他ではなかなかないと思います。

ohike-005

マイホーム借り上げ制度についてはどう思いましたか?

奥さま:転勤族の私たちには、すごく心強かったです。正直言うと子どもが小学校のうちはマイホームは建てない方がいいかなと思っていたんです。でも、この制度を知ってとても安心できました。

ご主人:私も、それまでの不安材料が取り除かれる感じがあって、安心して家を建てることができましたね。

これから、どんなライフスタイルを歩んでいきたいですか?

ohike-050奥さま:私は何でも作ることが好きなので、自分達が住みやすいように家や庭に手を加えながら、もっともっと私たちらしい家に育てていけたらと思っています。

主人もDIYに目覚めてくれたのは、新しい家に来てからの嬉しい誤算でした(笑)。ウッドデッキが完成したら、次は自転車小屋に取りかかります!

あと、東側のダイニングルーム、南側のリビングルームというのがずっと私の理想でしたので、その理想が実現して幸せです。収納も私の身長に合わせてつくりつけてもらえたので、フル活用できますし。花粉の時期なんかには洗濯物を室内干しできるようにという願いも、狭い家にもかかわらずかなえていただきました。

狭い狭いとずっと言っていますが、この間、お友達が集まってくれたとき、「全然狭く見えないよ」って言ってもらえたのが嬉しかったです。みんな、本当にうちよりも広い敷地に家を建てた方ばかりでしたので。

ご主人:妻が一生懸命考えてくれただけあって、かゆいところに手が届く感じで、どこもかしこも本当によく考えてつくってあるなと思います。快適な家で、これからさらに快適な暮らしが送れるものと思います。

 

これから家を建てられる方にアドバイスなどありましたらお願いします。

奥さま:初めてお話ししたとき、「必ず他社と比較してください」ってお願いされたのを覚えています。私はその通りにしたんですけど、自分が納得できるまでそうしたほうがいいと思います。

ご主人:福岡工務店さんは親身になって一緒に考えてくれるので、「どうかな?」と思うことでも相談してみたほうが良いと思います。その通りにピッタリはできなくても必ず何か代案を出してくれるので、あきらめてしまわずに小さなことでも相談することをおススメします。

ohike-024


須賀さんファミリー久保さんファミリー
更新日時 
2019年6月29日
190707_sidekengakukai_banner_190803190406_ishida
新建築現場リポート福岡工務店・LINE公式アカウントbnr_telcatalog_btn
施工例55施工例69菊池さんファミリー山本さんファミリー中本さんファミリー森山さんファミリー施工例62施工例88熊谷さんファミリー石田さんファミリー②施工例46仲西さんファミリー施工例65瀧口さんファミリー永末さんファミリー児玉さんファミリー施工例モデルハウス野副さんファミリー藤木さんファミリー倉掛さんファミリー