瀧口さんファミリー

87takiguchi-family-top
インタビュアー:池田
木造在来工法2階建て
竣工 2017年7月
屋根 外張り断熱工法
外張り断熱工法
敷地面積 約212㎡(約64坪)
延床面積 約113㎡(約34坪)
施工床面積
2017年7月、お引渡し当日、福岡県太宰府市の瀧口様邸を訪ねました。ご家族の人生設計に基づいた家づくりのビジョンを明確に持っておられ、下請けなどを使わず、堅実に活動している工務店を探していらっしゃったという瀧口様。そんな瀧口様に、福岡工務店に決めた理由やスタッフの対応についてインタビューをしました。

家が完成して「一番気に入っているところ」はどこですか?

87takiguchi-family-1ご主人:私は、やっぱりリビングのこの吹き抜けですね。家族そろって鼻炎なのですが(笑)、吹き抜けのおかげで開放感がある上に、空気もフレッシュな感じがします。

奥さま:私が一番気に入っているのは、家事動線の使い勝手のよさです。二番目はサンルーム、三番目は階段ですね。

ご主人:初めは木の格子にするつもりだったのをフラット板に変えて、稲妻階段にしました。見学会で見せていただいた家の階段の感じが参考になりましたね。稲妻にしなかったら、ここの部分が壁でふさがれてしまうわけですから、見た目の印象が全然違ったと思います。おしゃれですっきりしていて、とても気に入っています。

家を購入しようと思ったきっかけはどんなことでしたか?

87takiguchi-family-3ご主人:私は戸建ての実家で育ちましたので、家を持つならマンションではなく一軒家と決めていました。ですから、住宅展示場なども随分前からあちこち見に行っていましたよ。子どもが幼稚園のときですから、もう6年ぐらい前からです。ヒット展示場にも行きましたし、春日フォレストシティにも行きました。

奥さま:行ったのはいいけど、まだ家電のお店が出来たばっかりなくらいで、「これからいろいろできますよ」と言われてもピンと来ませんでした。

ご主人:でも、本当にできちゃいましたね(笑)。そう思うと、最初に家を見に行ったときから考えれば結構年数はたっています。それと妻から、「30歳になるまでに建てたい」と言われていたのもありますね(笑)。

奥さま:それは、結婚する前からの私の人生設計だったんです。

福岡工務店を知っていただいたきっかけはどんなことだったのでしょうか?

ご主人:去年の春ぐらいに初めて、ホームページで見つけました。実はその前に他の工務店である程度話が進んでいたんです。そこも福岡工務店さんと同じく、外張り断熱工法でした。

奥さま:つくりは、似ていましたよね。

ご主人:そこで土地も当たってもらっていたという段階ではあったんですけど、何かしっくりこなくて、自分の中ではちょっと暗礁に乗り上げていたような感じだったんです。それで、ほかのところも少し見てみようと思ってあちこちホームページを見ていたら、福岡工務店さんを見つけたんです。

87takiguchi-family-6

 

その中で福岡工務店を選んでいただいた理由を3つ教えてください。

87takiguchi-family-10ご主人:一番に信頼感が決め手でした。完成した家の目に見えない部分の良し悪しがプロでも判断しづらいって聞いて、まず自分が信頼できる会社にと思ったんです。建売には、どうしても中身が判断しづらい点で不安を感じました。家を建てた後の心配を限りなく少なくするには、「施工技術の高い会社で建てたい」とも思ったんです。そう考えたときに私の中では、失礼ですけど大手さんというのは選択肢の中には入っていなかったんです。

奥さま:大手さんは、下請け、孫請けばかりですものね。

ご主人:家って、外観だけを仕上げて、それを人に見せて「どうですか?」というようなものではありませんよね。あくまでも、自分たちが実際に住んで快適な生活ができるかどうかだと思うんです。それをお任せするなら、必然的に地元の堅実な工務店さんという答えになりました。

奥さま:2つ目は、「寒くない家」に惹かれました。私は寒いと動けないんです(笑)。

ご主人:他の完成見学会に行った時も、「ここに居るから見てきていいよ」って床暖房のある部屋から動かなくなったりしました(笑)。

奥さま:だから、福岡工務店に話を聞きに行こうって言われた時も「そこが作る家は寒くないの?」って真っ先に聞きました。

ご主人:妻ほどはないんですが、確かに冬場のトイレが寒いなんていうのは、私も嫌でしたからそこも重要視していました。

奥さま:3つ目は、樋渡さんと池田さんですね。

ご主人:樋渡さんは子どもたちがすごく懐いて、会えるのを楽しみにしていたぐらいでした(笑)。あとは池田さん、最初の資料請求に対してのレスポンスがめっちゃ速くて「よし、ここに行こう」ってすぐ行動に移せました。

奥さま:まさに運命の分かれ道だったよね(笑)。それにホームページも充実していたし、二人で先に予算も決めていたから、この金額にあうならもう決めちゃおうかって勢いでいけました。

87takiguchi-family-9

 

今までの家にどんなご不満がありましたか?

ご主人:外の音も、自分たちの生活音も結構響いていました。それと、あちこちに歪みがあって、部屋の入口あたりとかがボコッて開いていたんです。

奥さま:床もギシギシと音をたてるので、大家さんにお願いして何回か見に来ていただきました。でも、もういいかと諦めていました。

ご主人:あの家に住んだことも、建売を買って住むのはやめておこうと思った理由の1つです。

奥さま:賃貸としてはあの家は上等な方だったと思うのですが、家事動線にもいろいろ不満はありました。特に、洗濯物を干すために1階と2階を行ったり来たりするのが大変で、毎日疲れてばっかりでした(笑)。

新居でそれらの不満は解決できそうですか?

87takiguchi-family-7ご主人:音も歪みも、まず見当たらないですね(笑)。

奥さま:気に入っている場所がたくさんあるので、何回見て回るのって聞かれるくらい、ぐるぐるしに行ってそうです(笑)。

ご主人:住んでみないとわからない所はもちろんあると思いますが、2人でたくさん悩んだ分、大丈夫だと思います。

建築前や建築中の不安や悩み、ご苦労はありましたか?

奥さま:図面から実際の空間へのイメージがしづらくて、駐車場なんて「本当に車が入るんだろうか」って心配しました。

ご主人:オプションになるのか無料でできたのかわかりませんけれども、パソコン上でシミュレーションができたりしますよね。やっておけば良かったと思いました。頭の中だけだと、なかなかイメージが固まりにくいということはありました。外装や内装の色味なんかも、悩み出したらキリがないですものね。

奥さま:いったん決めても後から自分たちで忘れてしまって、「あれ? これだったっけ?」「こっちじゃなかった?」「いや、こっちよ」となってしまうこともありました(笑)。

ご主人:そういうことも含めて、外観を大体決めた段階で一緒に外構の話も進めておけばよかったということはありますね。

私たちの対応について、悪かったところ、残念だったことを教えてください。

ご主人:私からは、営業の方がいつも忙しそうで、これはうまく回っていないなあと感じる場面はどうしてもありましたね。

奥さま:私も「忙しいのかな」と何となく感じる部分はありました。でも、言う時はちゃんと池田さんに言っていたから、特に不満はなかったです。

ご主人:「遠慮しないで何でも言ってください」などとよくいいますけど、「ちょっと遠慮してください」と言われるぐらい、うちはズバズバ言いますからね(笑)。

奥さま:ただ、建築中の現場に子ども連れで見に行ってもいいものかって遠慮してしまう時はありました。子どもが好奇心で覗きに行くのが邪魔じゃないかなと思って、ちょっと見たら帰ろうかってすぐに引き上げてました。

では、私たちの対応についてよかったことを教えてください。

87takiguchi-family-2奥さま:日高さんには色んなアイディアを出してもらいました。1個尋ねたら10個返してくれる感じです。こういうものが欲しいって言ったらすぐに「ありましたよ」と教えてくれて、本当に分かりやすかったですね。

ご主人:日高さんに言われて、「じゃあ、そうしよう!」となったことは結構ありました。

奥さま:樋渡さんは、わが家のマスコットでした(笑)。もう、子どもたちが2人ともすっかりなついてしまいましたよ。

ご主人:何か勝手にニックネームをつけて、呼んでいましたね(笑)。

奥さま:池田さんは、主人が「美味しいお店ありませんか」って聞くぐらい、仲良くしてもらってましたよね(笑)。皆さんアットホームな感じだから、私たちから話しやすいし、意見も言いやすくって本当によかったです。

事務所の雰囲気はいかがでしたか?

奥さま:コーヒーもばっちりのタイミングで出してくださったり、とにかく居心地のいい事務所でした。気がつくと、2時間も3時間も過ぎているということもよくありましたね(笑)。

ご主人:行くと、ちゃんと立って出迎えてくれたりとか、そういうところもよかったです。私は営業職ですのでいろいろな会社を訪問するのですが、会社全体の雰囲気はそういうところにあらわれますよね。

これから、どんなライフスタイルを歩んでいきたいですか?

ご主人:妻は、家庭菜園をつくると張り切っています(笑)。

奥さま:自分の家なんだから掃除もして、バーベキューもしたいですね。賃貸ではちょっと出来なかったことが出来ると思うと嬉しいですね。

ご主人:もう家主さんがいるわけじゃないから、やりたい事があれば自分で手を加えていける点がやっぱり一番いいです。

奥さま:庭で子どもが遊んでいても、リビングから見えるからいいですね。夏場にビニールプールで遊ばせていたんですが、その日はカレー鍋で水を組み入れてしまって「ママ、何かこの水、カレーくさいよ?」と言われてしまったこともあるんです(笑)。

ご主人:賃貸じゃなくなったからそれもしなくて済むね(笑)。私たちも子どもも一緒にのびのびと暮らしていきたいです。
87takiguchi-family-8

 

これから家を建てられる方にアドバイスなどありましたらお願いします。

ご主人:見学会には、どんどん足を運ぶべきだと思います。それはもう間違いないです。自分の目でいろいろな家を見た蓄積が、自分の家のプランづくりに生きてきます。私たちもそうでした。

奥さま:家づくりが終わってもずっと付き合っていこう、って思えるぐらい信頼ができるところがあるかも知れませんからね。私たちは何かあった時は「福岡工務店の事務所に電話する」って決めてますもん(笑)。
87takiguchi-family-4

 

建築中の様子を綴った現場リポートはこちら>>

更新日時 
2018年4月14日
建物完成見学会・2018年4月21日(土)~22日(日)・福津市花見が丘
uritochi新建築現場リポートLINE@はじめましたbnr_telmail1
生田さんファミリー森山さんファミリー施工例51熊谷さんファミリー市川さんファミリー片山さんファミリー林さんファミリー永末さんファミリー山本さんファミリー施工例67園田さんファミリー相原さんファミリー三原さんファミリー施工例36畠添さんファミリー荒川さんファミリー施工例45仲西さんファミリー荻島さんファミリー施工例60