田中さんファミリー

83tanaka-family-top
インタビュアー:占部
木造在来工法2階建て
竣工 2017年6月
屋根 外張り断熱工法
外張り断熱工法
敷地面積 約399㎡(約120坪)
延床面積 189㎡(約57坪)
施工床面積
2017年6月、お引渡しから5日後の、福岡県久留米市西町の田中様邸を訪ねました。田中様は、家づくりを考え始めて、住宅展示場などを数多く巡り、既に大手ハウスメーカーで検討されていたそうです。
そんな中、インターネットでたまたま見つけた福岡工務店がどうしても気になるということで、その日行く予定だった住宅展示場をキャンセルして、急遽、久留米から福岡市南区まで高速道路を使ってご来所いただいたお客様です。そんな田中様に、福岡工務店に決めた理由やスタッフの対応についてインタビューをしました。

家が完成して「一番気に入っているところ」はどこですか?

83tanaka-family-1.jpgご主人:建物の外観がとても気に入っています。それと、玄関を入ったところに水槽を設置したのも良かったです。

奥さま:私も、玄関の水槽が気に入っていますね。水槽を置くことによって、より明るさが増したと思います。それと、インテリアコーディネーターの尾田さんが提案してくれた、天井のクロス。これも気に入っています。

ご主人:このリビングに作った吹き抜けの開放感も本当に良いですね。吹き抜けをつくって大成功でした。「福岡工務店だより」に吹き抜けのことがよく書いてあったので、私もつくってみたかったんです(笑)。

奥さま:途中で設計変更していただいて玄関を広くしたのもよかったと思います。

お子さま:僕は、ガレージが好きです。晩ごはんの後にガレージでちょっとお茶を飲んだりしてます。

ご主人:私がこだわったガレージです。実は、この間ガレージで飲み会もしたんですよ(笑)。

家を購入しようと思ったきっかけはどんなことでしたか?

83tanaka-family-10ご主人:ゆくゆくは戸建ての住宅を欲しいと思っていたんです。きっかけは、年齢的にそろそろかな、と思ったことですね(笑)。

奥さま:いい土地が見つかったことも大きかったですね。

ご主人:実は、嫁はセキュリティの面でマンションがいいと言っていたんです。でも、私は絶対一戸建てがいいと思っていました。

奥さま:マンションがいいと言っていた理由は、マンションの方が安く買えて、売るときは戸建てよりも高く売れるんじゃないかなあと思っていたからです。

ご主人:でも、私は庭で子どもが遊ぶスペースやガレージのある一戸建てがいいと思ってたんです。だから、広い土地を探していました。それで気に入った土地が出たので、一戸建てを建てることにしました。

福岡工務店のことは、いつ、どのような方法で知りましたか?

83tanaka-family-9ご主人:福岡工務店さんのことは、インターネットで調べてた時に、すぐに見つけました。そして、ホームページを見てみたら、まさに知りたかった家づくりに関しての内容がたくさん載っていたので、1回話を聞きに行ってみたいとなりました。

奥さま:その日は、ちょうど休みだったので、住宅展示場に行こうとしていたんですけど、どうしても福岡工務店さんが気になって、「今から行っていいですか」って突然電話をしました(笑)。

ご主人:ちょうどその時に、占部さんが出られたんですよ。突然だったにも関わらず、すぐに対応してくれました。本当ありがたかったです。

他に比較検討されたハウスメーカーはありますか?

ご主人:春日市にあるヒット住宅展示場にも行きましたし、久留米の住宅展示場にもよく行っていました。結構見て回りましたよ。そのうち話を聞いたのは5~6社はあったと思います。

奥さま:その中で、見積もりまでいただいたのは、ヘーベルハウスさんの1社でした。

ご主人:ヘーベルハウスさんの頑丈なイメージと、展示場で見たモデルハウスがカッコイイな(笑)と思って惹かれました。そこで何回かお話ししたスタッフの方も感じがよかったです。

奥さま:さわやかな男性の方でしたね。

ご主人:私たちよりも少し年上なのも話しやすかったですし、しつこい営業もなかったです。

83tanaka-family-7

 

そんな中で福岡工務店を選んでいただいた理由を3つ教えてください。

ご主人:福岡工務店さんに行ったのは、ヘーベルハウスさんのあと、最後の最後でした。突然電話して、今から行きますという感じだったんですけど、占部さんだけじゃなくて、会社の皆さんの対応に心がこもっていたって感じられました。それがまず1つです。あと、欲しかったガレージのことをちゃんと考えてくれたところです。

奥さま:主人は、ガレージを家と同じくらい大切に考えていたんでが、ヘーベルハウスさんにはガレージが全く提案されてなかったんです。対応はとても良かったし、私は「もうへーベルハウスでいいやん」と思っていたんですけど、主人に「ちょっと待って」と言われました。

ご主人:一応考えてはくれたんですけども、私のイメージとは違いましたね。福岡工務店さんは、早い段階で色々な提案をしてくれたので「もっと具体的に話を聞いてみたい」と思いました。

奥さま:ここが一番でしょうね(笑)。

ご主人:あとは、全体の見積もり金額の差ということもありました。

奥さま:その意味でも、占部さんの対応は大きかったです。私はお金のことが心配だったんですけど、占部さんは頼りがいがあって安心できました。

ご主人:占部さんは何でも仕事が早かったですね。数字もサッサッと書いて、電卓もポポポンとはじいて教えてくれる。

奥さま:「何でも動きます、まかせてください」みたいな感じが心強かったです。

ご主人:本当に早かったよね。あとは、友達みたいに話せる阿久津社長(笑)。

奥さま:営業感のない親しみやすい社長さんでした(笑)。

ご主人:阿久津社長は、年齢も私たちと同じくらいですよね。私の友人にも福岡や東京で社長をやっている人がいるので、「この会社を応援したい!」という気持ちもありました。あと、選んだ理由としては、外断熱住宅に興味があったからです。大手ハウスメーカーもいいなとは思っていましたが、夏涼しくて冬暖かい外断熱住宅に興味ありました。

83tanaka-family-21

 

今までの家にどんなご不満がありましたか?

ご主人:結構気に入っていたんですけど、マンションっていうのもあって上の階の音が気になる時がありました。

奥さま:あとは、冬場の結露がすごかったのは嫌でしたね。

ご主人:たまに拭いたりもしていましたけど、カーテンの下の方が少しカビたりすることもあったので、それは大変でしたね。

新しい家でそのご不満点は解決できましたか?

ご主人:結露は、今のところまったくないです。

奥さま:一戸建てなので上に人はいませんしね(笑)。

83tanaka-family-8

 

建築前や建築中に不安だったこと、悩んだこと、苦労したことはありましたか?

奥さま:「ヘーベルハウスのような大手じゃなくて大丈夫かな?」という思いは、私は持っていました。

ご主人:大手は、やっぱり安心感がありますからね。

奥さま:「万が一福岡工務店さんに何かあったときは、どこかよその会社が引き継いでうちの工事を請け負うことになるんだろうな」ってことまでひそかに考えもしました(笑)。

ご主人:確かに小さな不安はいくつかありましたが、「ここを応援して、ここに任せよう!」と決めてスタートしてからは、迷いはありませんでした。

 

私たちの対応で悪いところ・残念なところを教えてください。

奥さま:質問に対しての回答が遅いのは残念でした。私も仕事の合間を見て電話しているのに、「確認して、後でかけ直します」なんて対応の時は「忙しいのかなあ」と分かってはいたけど「今、教えてほしいのにー!」って(笑)。でもインテリアコーディネーターの尾田さんは、いつも回答が早かったですね。「資料を見てみるからちょっと待ってください」と言って、いつもその場ですぐに答えてくれました。

ご主人:尾田さんは、資料をいつも持ち歩いていらっしゃるんでしょうね。

奥さま:かけ直しを待つこともあまりなくて、嬉しかったです。

ご主人:私が残念に思った点は、たびたび伝えもれがあったところですね。特にガレージの防火設備の件で、50平米あたりを超えると防火設備を付けないといけないって後から聞いてビックリしました。扉の仕様や中の広さが変わるって知った時は、もっと早い段階で教えてほしかったなと思いました。

逆に私たちの対応でよいところ・ほめられるところを教えてください。

83tanaka-family-3ご主人:設計の平山さんは、本当に丁寧に私たちの要望を聞いてくれました。

奥さま:何度も設計プランを練り直してくれたのがありがたかったですね。一生懸命考えてくれた提案に対して「それじゃなくて…」と言った時でも、全く嫌な顔も見せずに、また一生懸命考えてくださいました。

ご主人:現場監督の田之上さんは、私が現場に行ったときに話をしたんですけど、私たちの要望にもきちんと応えようとてくれました。大工の泊さんは感じのいい方で、お互いに魚釣りが好きと知ってからは、よく魚釣りの話で盛り上がりました(笑)。

奥さま:尾田さんも気さくで話しやすくて、話しやすかったです。尾田さんの子どもさんもうちの子どもも野球をしているというところで、こちらも話が合いました(笑)。

ご主人:嫁は、占部さんのことは本当に頼りにしていましたね。

奥さま:税金のこととか、「はい。私がすぐ行ってきます」とおっしゃって行ってくれたりしましたよね。ああいうのはとても嬉しかったです。

新しい家でどんなライフスタイルを歩んでいきたいですか?

ご主人:人がいっぱい来てくれて、みんなでワイワイできる楽しい家にしたいです。実は、餅まきをしたのも子ども達が喜ぶことがしたかったのと、ご近所の方へあいさつをする意味も兼ねていたんですよね。

奥さま:餅まきなんてそう何度も経験はしませんよね(笑)。だからこそ、子どもにはその経験をさせてあげたかったんです。忙しい中で大変ではありましたが、いい思い出になりましたし、友人がお祝いにきてくれるのも嬉しかったです。

ご主人:これからはバーベキューをしたり、この家がみんなの集まれる場所になればいいですね。

83tanaka-family-61

 

これから家を建てられる方にアドバイスなどありましたらお願いします。

奥さま:家を建てるなら福岡工務店で建てほうがいいよって思います。

ご主人:それいいんじゃないですか(笑)。

奥さま:一生懸命考えてもらえたところが、よい結果につながったと思います。あとは、税金や所得税など建てた後にかかるお金ですね。自分たちはもっと勉強しておけばよかったと思うので、事前に勉強しておくことは大事だと思います。

83tanaka-family

 

建築中の様子を綴った現場リポートはこちら>>

更新日時 
2018年7月3日
キッチンを家の中心に考えた二世帯住宅
uritochi新建築現場リポートLINE@はじめましたbnr_telmail1
竹之内さんファミリー施工例68施工例36施工例65大里さんファミリー清家さんファミリー施工例77施工例81瀧口さんファミリー林さんファミリー谷口さんファミリー施工例62大石さんファミリー坂田さんファミリー大田さんファミリー施工例69荒川さんファミリー山下さんファミリー市川さんファミリー月下さんファミリー