田村さんファミリー

77tamura-family-top
インタビュアー:樋渡
木造在来工法2階建て
竣工 2016年11月
屋根 外張り断熱工法
現場発泡ウレタン
敷地面積 約224㎡(約68坪)
延床面積 約119㎡(約36坪)
施工床面積
2016 年11月、お引渡し当日、福岡県福津市の田村様邸を訪ねました。田村様は、福岡工務店で家を建てられたオーナー様からのご紹介で、資料請求をしてくださったお客様です。ヒット住宅展示場なども回りましたが、具体的に話を進めることになったのは福岡工務店に行ってからだそうです。
そんな田村様に、福岡工務店を選んだ理由やきっかけ、スタッフの対応などをインタビューしました。

新居で一番気に入っている所を教えてください。

ご主人:これまで住んでいた家に比べ、家全体が明るくなったことですね。全体的に白い壁紙で統一し、床の色も明るい色にしました。

奥さま:もともとピアノを置く予定だったスペースを、テレビを置くスペースに変えて、下がり壁を丸くしてもらったことです。印象がすごい可愛くなってよかったです。

新居を購入しようと考え始めるきっかけは、どういうものでしたか?

ご主人:去年の秋、10月か11月ぐらいでしたね。

奥さま:急に思い立ったという感じです。ちょうどその時、私たちの知人が福岡工務店で建てたよと言われたので、資料請求をしてみることにしました。他にも何社か資料請求してみたのですが、一番最初に資料が届いて、さらに連絡も来たのが福岡工務店さんでした。たしか資料を送って下さったのが、その後もお世話になった住宅コンシェルジュの樋渡さんからでした。その後、確か翌週ぐらいに福岡工務店さんにお伺いしたと思います。

ご主人:福岡工務店さん以外には、香椎のヒット展示場にも何回か行きました。でも、何をどうしたらいいかわからないし、とりあえずぐるぐる回って見ているだけという感じで(笑)。具体的に話を進めたのは、福岡工務店さんに行くようになってからです。

77tamura-family-5

 

複数の会社の中から福岡工務店に決めた理由はどういうことでしたか?

77tamura-family-7ご主人:ホームページでも施工技術がナンバーワンと書いてあったし、福岡工務店さんに行ったら教えてもらえる会員専用のホームページも見て、色々なことをしっかりと明記されてあったので、とにかくきちんとしたところだと実感しました。だから、それが大きかったと思います。

奥さま:大手さんだとモデルハウスもあって、かなりの広告費もかかっているので結構無駄なコストがかかりそうだなあと感じました。福岡工務店さんはそういうところを削減しているというのを聞いて、なるほどと思いましたね。

ご主人:それに、営業さんや現場監督さん、そして大工さん達との繋がりがとても強いので、それも決め手としてかなり大きかったです。実は、私の実家はミサワホームで建てたんですけど、営業さんと現場で連絡がうまくいかなかったと両親が言ってたんです。だから、社内と現場が良い関係で仕事をされている福岡工務店さんなら、社内と現場の情報伝達もスムーズにいくと思ったので、そこも結構大きな理由でしたね。

以前お住まいだった家の不満点はどういうことでしたか?

ご主人:アパートだったんですけど、隣や下の階の音がすごく響くんです。

奥さま:隣の家のトイレを流している音がはっきり聞こえてくるんですよ。シャワーに入っているんだなとかもわかります。あとは、暗かったことですね。私は、日中はずっと家にいるのですが、昼間でも暗かったです。明るさは、今の家になって本当に改善しました。気密性の高い戸建住宅ということで、隣の音も気にならないので安心しています。

77tamura-family-6

 

建築前や建築中に、不安だったり悩んだりした点はありましたか?

奥さま:やっぱり資金ですね(笑)。

ご主人:そうだね。

奥さま:いろいろと計算しました。

ご主人:自己資金があまりない状態から家づくりを考え始めたので。ただ、福岡工務店さんから資金面をしっかりと説明していただき、ローンを組む時もアドバイスしていただきました。あとは、細かいことになりますが、工事が進行している時にどの時点で誰に連絡したら良いのか分かりづらいところがありました。

奥さま:内装で悩むことはなかったですね。悩んでもコーディネーターの尾田さんがいてくれたので、安心してお任せできました。「これ、変じゃないですか?」とお尋ねして、「大丈夫ですよ」とお返事もらったら「じゃあ、それて決定!」という感じでしたね(笑)。

ご主人:一番考えたのは間取りの時でしたが、それ以外で大きく悩んで、大きく迷ったというのはないですね。

奥さま:本当に、設計の平山さんが作ってくれた基本プランがよかったので、あとは細かいところで変更していくという感じでした。

ご主人:本当に良かったです。

福岡工務店の残念だったところを挙げていただけますか?

77tamura-family-8ご主人:それを言うのは大変ですね(笑)。さっき言った連絡のことぐらいですね。最終の打ち合わせの時に樋渡さんが、書類を一式忘れてきたことがありましたけど、それでこっちが大変だったということでもなかったので。強いて言うなら、棚の取り付けの件ですね。図面には書いてあったのに、最終確認で現場を見に行った時に付いていなかったんです。すぐに取り付けてもらえましたけど、本当細かいところでどうなってるのかなと疑問に感じることはありましたね。

では、福岡工務店の良いところを挙げていただけますか?

77tamura-family-1ご主人:皆さんそれぞれ良かったところがたくさんあります。やはり、コーディネーターの尾田さんの存在は大きかったですね。

奥さま:とにかく私は、尾田さん頼みでした。自分たちだけだったら、きっとうまくいかなかったと思います。クロスやキッチンをはじめ「こんなところも自分たちで決めて行かないといけないんだ」という部分がたくさんあったので、尾田さんがいなかったら、ちぐはぐな感じになってしまってたと思います。不安をたくさん抱えたまま完成を待つということになったと思いますが、尾田さんがいてくれて、「大丈夫ですよ」という言葉があったので、安心できました。そしてやっぱり、実際にできあがったのを見ると「これでよかった」と嬉しかったです。

ご主人:樋渡さんにもたくさん動いていただき、感謝しています。いろいろと気遣ってくださいました。

奥さま:毎回、高速を使って遠くから来ていただいて、子どもとも仲良くしてもらって本当にありがたかったです。あと、やっぱり設計の平山さんのプランは、ものすごく良かったです。あれこれ言った全部の要望が、全部ギュッと入っていました。

77tamura-family-2

 

これから、新居でどのようなライフスタイルを築いていきたいですか?

ご主人:のびのびした暮らしがしたいですね。あと、家族が増えたし、庭も広くとれたので、友人を呼んで庭でバーベキューとかしてみたいですね。

奥さま:庭でバーベキューするために、広くしたしね(笑)。私は、庭で子どもを遊ばせたいなって思います。もちろん公園にも行きますけど、気軽に庭で遊ばせてあげたいです。

最後に、これから建築する人へのアドバイスをお願いします。

ご主人:福岡工務店さんは、あらかじめ決まったプランがない、全くゼロからの注文住宅なので、決めることがたくさんあります。だから、話を聞いても忘れることがないように、打ち合わせの時などは、とにかくメモをしっかり取ることをお勧めします。もし忘れていても、後からなんとかなるのなら良いですが、家づくりが進むと、変更できないことも出てくると思うんです。どうしようもないことになって後悔するよりは、福岡工務店さんと一緒に家を造っていくという気持ちで臨んだ方が、納得いく家づくりができると思います。私たちは、そんな気持ち臨みました。

奥さま:私も同じですね。

77tamura-family-3

 

建築中の様子を綴った現場リポートはこちら>>

更新日時 
2017年12月10日
kengakukai_banner_18010620171201-20180228_banner
uritochi新建築現場リポートLINE@はじめましたbnr_telmail1
施工例55森山さんファミリー金子さんファミリー藤澤さんファミリー熊谷さんファミリー田中さんファミリー林さんファミリー竹之内さんファミリー施工例43坂田さんファミリー田原さんファミリー大里さんファミリー施工例モデルハウス木田さんファミリー施工例50花田さんファミリー本岡さんファミリー施工例54野副さんファミリー菊竹さんファミリー