金子さんファミリー

63kaneko-family_top
インタビュアー:占部
木造在来工法2階建て
竣工 2015年9月
屋根 外張り断熱工法
外張り断熱工法
敷地面積 約213㎡(約64坪)
延床面積 約118㎡(約36坪)
施工床面積
2015 年11 月。お引越しから間もない、福岡市南区三宅の金子様邸を訪ねました。
金子様は、約2 年前から注文住宅を検討されはじめ、ハウスメーカーや地元の工務店など、延べ13 ~ 14 社ほど見てまわったそうです。そんな金子様に、福岡工務店を選んだ理由やきっかけ、スタッフの対応をインタビューしました。

新居で一番気に入っている所を教えてください。

ご主人:リビングの吹き抜けですね。昼間電気をつけなくてもぜんぜん明るいです。すごく開放感もあってお天気が良い日はもちろん、少々曇っていても明るいです。

奥様:私は、畳の家事室です(笑)。静かでとてもゆっくりできる空間です。今は、子どもの遊び場になってますけど(笑)。広さは畳と床で合計3 畳ですが、ちょうどいい広さで狭さを感じることもないですし、逆に落ち着きますね。私が仕事を始めたら、そこで静かに過ごす時間を持ちたいと思っています(笑)。

DSC_0438

以前、お住まいだった家の不満点や心配事はなんでしたか?

奥様:狭くて、収納が少なかったです。それと、結露もあって、本当困っていました。

ご主人:今は収納が余っているくらいですね(笑)。新居は、前の家の不満点が解消できたと思います。

奥様:以前は、ゴミやホコリが目立っていたのですが、今はホコリも減って掃除の回数が減りました。空気清浄機もつけてないのに「掃除をやらなきゃ」と感じることがほとんどないんです。

DSC_0450

では、新居での不満などはありますか?

奥様:広くなった分お掃除が大変ということぐらいでしょうか(笑)。面積が広いので、掃除機をかけるのに苦労しますが、その程度です。

ご主人:私はないですね。

新居を購入しようと具体的に考え始めたのはいつ頃でしたか?

奥様:もともと「一軒家がほしい」という希望があったので、2年ぐらい前から、展示場のモデルハウスなどを遊びに行くような感じで見に行っていました。

ご主人:そして、具体的に進みだしたのは、1年ぐらい前だったと思います。祖父が所有する土地が空いていたので、思い切って祖父に相談してみたんです。そしたら「建てていいよ」と言ってもらえました。以前は農業していたので道具を置く倉庫があったのですが、倉庫を壊してからは空き地になり駐車場として使っていた場所でした。

IMG_0500

展示場やモデルハウスは何社くらい見てまわりましたか?

DSC_0560ご主人:結構見てまわりましたよ。マリナタウンや大野城のhit 展示場で10 社くらいは見て回りました。

奥様:展示場がない地元の建築会社にも3 ~ 4 社ほど行きました。

ご主人:hit 展示場では、ダイワハウス、トヨタホーム、ヘーベルハウス、タマホー ム、ユニバーサルホーム、パナホームなど、大手のハウスメーカーはほとんど行きました。

奥様:でも、ハウスメーカーはマニュアルどおりという感じで、間取りなども決められている場合がほとんどでした。だから、自分たちが好きなように間取りや素材を決めるなら、工務店さんの方が融通が利きそうな感じがしていました。

 

福岡工務店を知った経緯を教えてください。

ご主人:インターネットで「福岡 工務店 人気」というようなキーワードで検索して福岡工務店を知り、妻に「こういうところもあるよ」と話したのが最初です。資料請求をして、それを2人で見ながら決めていった感じですね。僕は、ネットではランキングサイトや口コミなども気にしてみる方です。口コミは「良いところを選ぶ」というより、どちらかというと「悪いところはやめよう」という感じで参考にします。

奥様:私はあまり気にしない感じでした(笑)。

福岡工務店に決めた理由はなんでしょうか?

IMG_0521奥様:最終的には福岡工務店と、もう一社の2つに絞りましたが、一番気になっていた土地のことについて、設計士の平山さんや住宅コンシェルジュの占部さんがしっかり対応してくださったので、福岡工務店のほうが信頼できそうだなと感じて決めました。

ご主人:接道や祖父の庭の分け方などいろいろ課題がありましたからね。

奥様:他の業者さんに相談したら、具体的な話をしてくれたところもありましたが、福岡工務店が一番しっくりくる感じでした。わかりやすかったし、納得して「お任せできる」と思いました。

ご主人:見学させていただいた東区土井の家が、自分たちのイメージに近かったというのも大きいです。

奥様:雰囲気などが好きな家に近かったですね。それから、福岡工務店はスタッフの層が厚く、一人一人がしっかりされてて、それがとても信頼できるなと感じました。

 

建築前や建築中に、不安だったり悩んだりした点はありましたか?

奥様:あまり現場に行けなかったので、逆に申し訳なかったなと思うぐらいです。すべて任せっきりでしたが、不安は全然なかったですね。土地の問題もすんなりいけましたし、心配はしていませんでした。注文だから幅広い選択肢がありましたが、コーディネーターの尾田さんのアドバイスのおかげで困ることもありませんでした。尾田さんがいなかったら、決まってなかったでしょうね(笑)。コーディネイターの料金を別途お支払いしても、そのメリットは十分あったと思います。

IMG_0625

では、私たちの対応について、感じたことを教えてください。

IMG_0618ご主人:現場監督の小屋町さんには、僕はあまり会えなかったんですよね。

奥様:私がメインで打ち合わせをさせていただくことが多かったのですが、しっかり対応してくださり、完成後でも気になるところはすぐに直してくれました。祖父が小屋町さんに気になることを色々言っていたと思うのですが、それにもちゃんと応じてくれました。大工の田口さんは、とても寡黙な方でした。でも、「キッチンのカウンターをどうするか?」となった時に、原寸サイズの模型のようなものを作ってくださって、とてもわかりやすくて助かりました。設計の平山さんは楽しい人で、話しやすかったです。大変なことにもきちんと対応してもらいました。私たちの要望を全て取り入れてくださったので本当満足しています。家事室や洗面室の間取りもコンパクトで綺麗に収めてくれました。住宅コンシェルジェの占部さんもしっかりしていて、なんでも相談できました。土地のことや融資のことも、「任せておけば大丈夫」という感じでとても信頼できました。悪いところは全然思い浮かばないですよ(笑)。

ご主人:何度が対応していただいた住宅コンシェルジェの樋渡さんは、面白い人でしたね。なんでも簡単に「大丈夫ですよ」「できますできます」と明るい感じで答えていましたね(笑)。

奥様:ゆるキャラみたいな方でしたね(笑)。でも、最初のほうは、家づくりについて熱い話をたくさん聞かせていただきましたよ。インテリアコーディネーターの尾田さんは、主婦目線や母親目線でいろいろなことを教えてくれました。すごく相談しやすかったです。女性同士ということもあったので、相性もとても良かったです。

最後に、これから家を建てられる方にアドバイスなどお願いします。

ご主人:僕たちは、最初ゆっくりし過ぎて、後半バタバタしてしまいました。やっぱり余裕を持って行動した方がいいと思います。

奥様:決めなくてはいけないことは早めに決めていった方がいいです。自分たちの中でしっかりイメージを描いて進めていくのがいいと思います。土地の件も、心配だったら積極的に相談した方がいいです。いろいろな会社の話を聞くとそれぞれ回答が違うこともありますが、自分たちがきちんと納得できるところに決めることをお勧めします。うちの場合は、祖父が土地のことは「難しいはず」と言っていたのに、福岡工務店さんでとても早く片付いたのでびっくりしました。相談して本当によかったです。

IMG_0426

 建築中の様子を綴った現場リポートはこちら>>

更新日時 
2017年12月10日
kengakukai_banner_18010620171201-20180228_banner
uritochi新建築現場リポートLINE@はじめましたbnr_telmail1
古賀さんファミリー相原さんファミリー施工例66施工例36施工例70園田さんファミリー施工例42金子さんファミリー清家さんファミリー生田さんファミリー施工例60熊本さんファミリー井上さんファミリー花田ファミリー菊池さんファミリー山田さんファミリー施工例54永末さんファミリー菊竹さんファミリー野副さんファミリー