林さんファミリー

林さんファミリー
「広告宣伝など表面的な部分ではなく家づくりという本質的な部分をしっかり伝えているホームページに惹かれました」
インタビュアー:占部
高気密・高断熱住宅<木造2階建て>
竣工 2013年3月
屋根 外張り断熱工法
現場発泡ウレタン
敷地面積 49.46坪
延床面積 33.31坪
施工床面積 --
2014年4月、福岡市南区中尾の林邸にお邪魔しました。
ちょうど1年前の完成時にはご夫妻だけだった林家には、家族が1人増えていました!
1年前はシャープな印象の室内でしたが優しさも加わった空間になっていました。
インタビューは、占部です。

お子さんがいらっしゃるのに、きれいに片付いていますね。

5okyakusamakoe_44hayashi-family02ご主人 そうですね。シンプルに、スッキリできるようにと設計をお願いしましたから。使わないものは小屋裏に片付けています。収納スペースもたくさんつくっていただいたので、助かっています。キッチンはいつも妻が頑張ってきれいに片付けてくれています。

入居から1年。四季を体験されましたが、住み心地はいかがですか?

ご主人:快適です。エアコンの効きもいいです。

電気代は以前のマンションと比べて変化しましたか?

奥様:マンションは3LDKでした。この家は部屋数が増え、面積も増え、子どもが生まれ、日中も家にいるにもかかわらず、月々の電気代はそう変わらないです。また以前はガス代がかかっていたことを考えると、今の方が電気代は安くなったといえます。

オール電化で、太陽光も設置していますね。

5okyakusamakoe_44hayashi-family03ご主人 昨日ちょうど太陽光の点検があり、売電の実績は「予測シミュレーション」より良い結果でした。売電額が3万円を超えた月もありました。売電収入と支払いを差し引くと、電気代は実質はほとんど払っていないです。設置にかけた費用は7~8年で回収できるだろうとの結果でした。

奥様:以前の住まいでの明細を残していませんが、この家での電気代はこのとおりです。  ※表1

間取りや使い勝手はいかがですか?

奥様:水周りが使いやすく、動線もいいし、収納も多いので助かります。

ご主人:1階のリビングと座敷と階段周りを一体感のある広いスペースとして使えることが、気に入っています。家自体は大きくないですが、広く使えています。廊下を作っていないのは、キッチンからでも子どもに目が届くようにしたかったからです。

奥様:窓をつけるか・つけないかでは、夫婦で意見の相違がありました。私は使い勝手や明かりとりのために、今よりもうちょっと窓を増やしてもよかったかな、と思いました。

ご主人:私は逆に窓を少なくしたい方だったので、キッチンのフィックス窓や玄関近くの窓を「なくしてください」と設計に頼んだのです。

マイホームを持とうと決めた理由は何ですか?

ご主人:妻が先に言いだしました。

奥様:家賃を払い続けるのはもったいないし、賃貸住宅は自分のものじゃない。マイホームは自分のものになるわけですからね。マンション購入も検討しましたが、維持費や管理費を払い続けなくてはいけない点をネックに感じました。

ご主人:建売住宅にも興味を持ち見て回りました。住宅展示場の家はきれいだけど、実際に販売しているモデルハウスは「いいな」と思いませんでした。 低価格がウリの建売でも、実際は追加費用がかかるようで…。「それだったら自分達ならではの住み心地のいい家がいいよね」、「それに見合ったお金を払った方が納得がいくよね」ということになったのです。

5okyakusamakoe_44hayashi-family04

福岡工務店を選んでいただいた理由を教えてください。

奥様:太陽光パネルの設置を検討しており、またエコな住宅が注目され始めていた時期だったので「断熱性能や住宅そのものの性能の高い家。それを建てている会社」という条件で探し、インターネットで検索したら出てきたのが福岡工務店でした。

ご主人:そのホームページがあまりに手作り感満載で(笑)。素朴さというか、“人の手で作られている感”に惹かれました。 お施主さんが住み心地等について、いいところも悪いところも包み隠さず話している記事が沢山載っていました。皆さんの顔が公開されており、幸せそうに語っている記事が“本当っぽい”というか、作られたものじゃない感じがして、お話を聞いてみようと思いました。

奥様:大工さんが紹介されているのを見ると、若い会社だけど素人集団ではなく、しっかりキャリアのある人たちが造っていることが分かったので、事務所に伺いました。
あのホームページの雰囲気はいいと思います。

自社で作っていますからねぇ~。外注ができなくて(笑)。

ご主人:そこがかえっていいんです。 自分が広告宣伝の仕事に携わっているのでわかるんですが、広告宣伝など表面的な部分ではなく家づくりという本質的な部分をしっかり伝えているホームページに惹かれました。しっかりとした家、本当に性能のいい家を建てているかどうかを知りたかったので、実際に建てた方の体験談は興味を持って拝見しました。

5okyakusamakoe_44hayashi-family05

ベビーマットの下は全面ホワイトのフローリング。

建築中に困ったことを教えてください。

奥様:他の方々もインタビューで同じことを言っていましたが、予定が分かりにくかったこと、作業の進捗状況が分からなかったこと、確認や決めごとの締切のタイミングが分からなかったことです。

ちょうど林さんと同じくらいの時期のお客様からたくさんご意見をいただき、やっと改善できたかなと思います。

ご主人:増税前だし、太陽光の売電価格が変更される前だったし、フラット35の金利優遇が終わるタイミングだったしで、福岡工務店の皆さんが忙しそうな時期でした。だから気になったことはこちらからどんどん質問させていただき、「自分達だけでショールームに行きますよ」と申し出たりしました。福岡工務店は大手ハウスメーカーのように営業マンが手取り足とりしてくれるわけではないと、覚悟はしていました。覚悟はしていましたが、何せ分からないことだらけ。苦労もしたし、要望もいろいろと出しました。 「こっちから聞かなかったらそのままになっていたよね」という心配があったのも確かです。それと設計士・現場監督・インテリアコーディネーターの3人のちょうど引き継ぎ時期にかかり、「誰に確認・相談したらいいのかが分からない」ということが時々ありました。 『福岡工務店だより』に掲載された他の方のインタビュー記事を見て、「ウチもそうだったね」と、毎回話しました(笑)。

和室とLDKに一体感を持たせました。

和室とLDKに一体感を持たせました。

これから福岡工務店で建築される方へのアドバイスをお願いします。

ご主人:私はやっぱり太陽光をしっかり載せられるような設計をお勧めしたいです。せっかくの高気密・高断熱住宅です。太陽光発電との相性がいいんです。今は南向きじゃなくて西向きでも結構発電するという話も聞きます。屋根を大きくして、しっかり発電できる家にされると、とってもいいですよ。

奥様:図面だけでは実際の大きさが分からないから、見学会は確認するためのチャンスです。自分の家の図面が出来上がっているなら、それを持参するといいでしょうね。

ご主人:あと個人的には、真っ白い家をお勧めしたいです。

奥様:広く見えますよ。ホコリは目立つけど(笑)。

ご主人:床には幅広の白いフローリングを使い、和室も白です。テレビ番組の◎ラスハウスみたいな雰囲気にしたかったので、とても気にいっています。外壁や壁紙は二色遣いも勧められましたが、敢えて一色にしました。自分達が好きなようにできるのも、注文住宅の醍醐味ですね。

アイボリーのベビーゲートが、まるでインテリアの一部のようにしっくりとなじんでいます。

アイボリーのベビーゲートが、まるでインテリアの一部のようにしっくりとなじんでいます。

左:キッチンはピッカピカ。 右:お二人のブライダルにちなんだ玄関の飾り。

左:キッチンはピッカピカ。 右:お二人のブライダルにちなんだ玄関の飾り。

小屋裏に通じる階段(入居前)。小屋裏と書斎はご主人の趣味の道具がギッシリ。

小屋裏に通じる階段(入居前)。小屋裏と書斎はご主人の趣味の道具がギッシリ。

この家の施工の流れを見たい方はコチラ(建築現場レポート)

更新日時 
2018年8月17日
180816_amazon20180804_tesuuryou
uritochi新建築現場リポートLINE@はじめましたbnr_telmail1
施工例43石田さんファミリー②施工例79施工例57永末さんファミリー施工例84花田さんファミリー施工例70山田さんファミリー菊竹さんファミリー石間伏さんファミリー施工例55熊本さんファミリー藤澤さんファミリー田原さんファミリー菊池さんファミリー大田さんファミリー施工例64施工例80施工例73
「無料カタログ請求」でAmazonギフトカードプレゼント!
×閉じる