性能とデザイン、そして
全国1位の施工技術にこだわる
福岡の注文住宅専門店

中村さんファミリー

中村さんファミリー
「たくさんの業者を比較検討した結果“外張り断熱工法・第三者機関による監査・小明細を出す”という私たちの3条件を福岡工務店だけがクリアしました。」
インタビュアー:占部
高気密・高断熱住宅<木造2階建て>
竣工 2012年10月
屋根 外張り断熱工法
外張り断熱工法
敷地面積 63.29坪
延床面積 39.01坪
施工床面積 --
2012年10月、福岡市西区今宿町に新居を構えた中村さんご一家。
リビングにいると、木とコーヒーの香りに包まれて、カフェにいるような穏やかな気持ちになりました。
家づくりの目的と手法が明確な中村さん夫妻のお話は
マイホームを検討中の人には参考になることばかりです。インタビュアーは占部です。

新居でお二人が気に入っている所はどこですか?

4okyakusamakoe_26nakamura-family (4)ご主人 お風呂!そして寝るところ!
お風呂は、湯船に浸かった時に窓の外の坪庭が見えるよう、特に工夫しましたから。

奥様:マンション住まいだったので、2階に上がるのは“遠い”というイメージがあり、引っ越す前は多分リビング横の畳の小上がりで寝るだろうなと予測していました。しかし全然遠さを感じません。2階の部屋が寒いと行きたくなくなると思いますが、この家は外断熱なのでどの部屋も寒くなく、2階の寝室に上がるのも全く億劫じゃないです。

ご主人:杉の無垢材の床の上に布団を敷いて見上げると、天井が高くて快適です。高い位置の窓からの朝日も素晴らしい。

奥様:私はこのリビング。ソファに寝っ転がって窓から外の景色を眺めています。

家を建てようと決めた理由は何ですか?

4okyakusamakoe_26nakamura-family (5)奥様 賃貸はお金がもったいない。月に10万円払っていても、それがそっくりそのままなくなってしまい、何も残らないと思ったからです。

ご主人:前から家の購入は考えていましたが仕事柄、転勤・転職が多くてなかなか実現しませんでした。今の職場に定年までいることになり、年齢的にも、今買わないともう買えないと思いました。
最初は中古を買って手直しで済ませようと思ったんですけど、結構お金がかかることが分かって、家を建てることにしました。今は子どもは一人ですが、二人ほしいと思っていたので、マンションは狭くてダメ。管理費など維持費もかかるし。建売は見たんですが、あまりにも特徴がなさ過ぎ、しかも建築途中が分からないからやめました。一戸建てと決めて、注文住宅に移行するのは早かったです。

2012年は税制優遇や低金利などの好条件が重なりました。これらがなくても購入しましたか?

奥様:それぞれの家庭に自分たちのタイミングというものがありますので、購入していたと思います。

ご主人:ただ購入金額設定には影響するでしょうね。4500万円の借り入れの場合、低金利と税制優遇によって支払いトータルは4700万円に満たないです。そういう見通しがあったので、賃貸住宅に払い続けることがますます馬鹿らしくなってきました。どういう資金投資が一番損しないか、と考えたわけですよ(笑)。

奥様:土地も残るしね。

ご主人がこだわったのが、浴室からの坪庭の眺め。湯船に浸かった時に植栽が見づらいことが、今後の課題。/玄関ホールからリビングへは無垢の引き戸を取りつけました(写真右)

ご主人がこだわったのが、浴室からの坪庭の眺め。湯船に浸かった時に植栽が見づらいことが、今後の課題。/玄関ホールからリビングへは無垢の引き戸を取りつけました(写真右)

以前の住まいの立地条件がよくなかったそうですね。

ご主人:交通事情が悪くて…。道が狭くて混雑するし、交通マナーも悪かったんです。交通事故が多く、車を買うのを控えようかと思った位。

奥様:子どもと一緒に歩けませんでした、危なくて。

ご主人:だから土地選びは踏切がないこと・交通量がそんなに多くないこと・前面道路が6m以上が条件。校区も気にしました。さらにスーパー近し。坂道なし。日当たり良し!だからココはほぼ完ぺきでした!

お二人 しかも眺望良し!!

ご主人:昔の家って広いですよね。そういうところで育ったので、必然的に広い土地がほしくなる。

奥様:だから田舎の方の土地も結構見ました。隣の家までが遠いところとか(笑)。

ご主人:子どもがいなけりゃそれでもいいんだけど。ココのような条件に恵まれた土地は、区画整理じゃないと出てこないでしょうね。

土地情報はどうやって入手されましたか?

4okyakusamakoe_26nakamura-family (3)ご主人 自分たちでもインターネットで探したけど、業者が持ってくる情報の土地を見に行ったりもしました。

奥様:ハウスメーカーをいろいろと検討している時に、業者しか入手できないような“上級の”
情報をくださる営業マンがいたんです。

ご主人:希望する地域の、地元の不動産屋さんにも網を張りましたよ。「いい物件があったら教えてください」って、相当数回りました。

私がこの土地をご紹介した時には、福岡工務店で建築することがほぼ決定していました。決め手は何だったのでしょうか?

ご主人:私の提示する条件をクリアしたからです。

奥様:夫は建築業界に対して不信・不信・不信!だったんです。中身が見えない、ダークな世界、みたいな。

ご主人:だから見積りの小明細を出すこと・外張断熱工法であること・第三者機関の監査を入れることの3条件を、関わったすべてのハウスメーカーや工務店に提示しました。その結果、クリアしたのが福岡工務店だけだったということです。

何社位見に行かれたのですか?

奥様:見に行った会社の数はすごいですよ。展示場があるところはすべて、みたいな。
福岡工務店はその中で、私たちのとても細かい要望に対して、すべて答えてくれました。だから夫の不信感が払しょくできたんです。

2階の主寝室。冬でも暖かいため、床に直接布団を敷いて寝ます。その眺めが中央の写真。高い窓からの朝の日差しが心地よいそうです。/主寝室には小屋裏への階段が…(写真右)

2階の主寝室。冬でも暖かいため、床に直接布団を敷いて寝ます。その眺めが中央の写真。高い窓からの朝の日差しが心地よいそうです。/主寝室には小屋裏への階段が…(写真右)

その他に、福岡工務店の魅力を教えてください。

お二人 安いこと!これだけの、精度の高い家を建てているのに、この金額は安いです。同様のことを大手ハウスメーカーに頼むと、大変なことになっちゃう!お金払えない!!

ご主人:福岡工務店は余計なところにお金を使っていないことが、本当に良かったです。事務所にもお金がかかっていないし、家の価格に上乗せされることはないだろうと思いました。

奥様:お正月に住宅展示場に行ったら、トイレットペーパーとか洗剤とかいっぱいもらいました。こういう費用が家の価格に上乗せされていると思うと…。

ご主人:展示場だけじゃなく、営業担当者もいろいろと立派な資料をくれるけど、結局家の価格に乗せられてしまう。それらは営業費とか、モデルハウス維持費とかって、小明細には書かなくちゃいけない。建て主が要求すれば開示の義務があるから、それを「出せない」と言うのは、おかしな話なんです。

奥様:福岡工務店が事務所にも宣伝にもお金をかけていないことは、私たちにはプラスに映ったけど、マイホームにすごく夢を持ってる人には逆にマイナスかも(笑)。高気密高断熱の家をつくってるのに、事務所は古くて寒くて、全然そうじゃないしね(笑)。

小屋裏は収納たっぷりの、ご主人の書斎。りょうすけ君の格好の遊び場でもあります。今日はお父さんとかくれんぼ。

小屋裏は収納たっぷりの、ご主人の書斎。りょうすけ君の格好の遊び場でもあります。今日はお父さんとかくれんぼ。

この家の施工の流れを見たい方はコチラ(建築現場レポート)

更新日時 
2018年10月21日
20180804_tesuuryou最新売り土地情報 独自入手の土地情報あり
新建築現場リポートLINE@はじめましたbnr_telcatalog_btn
原口さんファミリー荻島さんファミリー施工例72施工例81石間伏さんファミリー古賀さんファミリー野副さんファミリー施工例モデルハウス酒井さんファミリー竹之内さんファミリー施工例48森山さんファミリー山上さんファミリー施工例47大田さんファミリー荒川さんファミリー山本さんファミリー下釜さんファミリー施工例46施工例65