久保さんファミリー

お引渡し当日。福岡市南区柏原の久保様邸を訪ねました。久保様は総合住宅展示場で各ハウスメーカーを見て回ったあとに、インターネットでたまたま見つけた福岡工務店に資料請求をして、ご来社いただいたお客様です。ご主人いわく、ホームページの内容は全部見たとのこと。そんな久保様に福岡工務店を選んだ理由、スタッフの対応などをインタビューしました。

家が完成して「一番気に入っているところ」はどこですか?

奥さま:私は全部です(笑)和室もいい感じにできていますし、念願だったL字型のキッチンが実現したことも嬉しいです。

ご主人:僕も全部です(笑)中でも小屋裏からの景色は最高ですね。それに小屋裏は誰にも邪魔されないので、誰も気にすることなく自由な時間を満喫しています。

家を購入しようと思ったきっかけはどんなことでしたか?

奥さま:家賃代と駐車場代を支払い続けることがもったいないと思うようになったことですね。とくに駐車場を2台分借りるようになってから本当にもったいないと思うようになりました。それからはもう、早く家がほしい、とにかく家がほしいなと思うようになりました。

ご主人:それに子供が大きくなるにつれてどんどん物も増えてきました。狭い家だったので荷物だらけでしたね。

福岡工務店を知っていただいたきっかけはどんなことだったのでしょうか?

ご主人:インターネットであちこち見ていた時に見つけました。ホームページが一番充実していたのでずっと見ていましたね。読みごたえがありましたから。結局、全部読んだかもしれません。

奥さま:主人はきっと全部見てますよ。主人から「見てる?」って言われて、私が「いや、あんまり見てない」って答えたら怒られたのを覚えています(笑)

ご主人:今でも暗唱できる部分もあるくらいですよ(笑)もう頭に残ってしまっています。

奥さま:建築レポートのページなんかはとても参考になりましたし、読んでいておもしろかったですね。

何社ぐらいのハウスメーカーを回られましたか。

ご主人:三井ホームさんと、あとは一条工務店さんとかを見に行きましたね。建築会社を探し始めた当初は、注文住宅を工務店で建てられるというのを知らなくて、hit住宅展示場などにある大きなハウスメーカーさんばかり調べていましたね。それで、実際に行ってみてお金のことを聞いたらかなりの高額で。

奥さま:ああいう総合住宅展示場は見せるための家という感じで、実際に住む家ではないと思いました。だから、全然イメージがつきませんでしたね。資料請求しただけのところは、いくつかありましたけど、でももうよく覚えていないです。

ご主人:最後、地場の会社でハウスフィールドさんも資料請求しましたね。ものすごく電話しがかかってきたのを覚えています。

福岡工務店を選んでいただいた理由を教えてください。

奥さま:私、福岡工務店さんの事務所の雰囲気が好きなんです。子供を連れて行っても自然に遊ばせてもらえるようなアットホームな感じがいいなと思いました。

ご主人:妻はね、あれこれ見て回ったりするのがあまり好きではないんです(笑)

奥さま:私は「ここ」と決めたら、それ以上、見比べたりはしたくないんですよね。福岡工務店さんの全体的な雰囲気が気に入って、実際に話しを聞いてみて、特に悪い部分が見当たらなかったので、この会社にしようと自然に思いました。迷うような要素があったら他のところも検討したと思いますけど、そんな要素は何もなかったのでスパッと決めさせてもらいました(笑)

ご主人:あとは社名。福岡で建てるならやっぱり福岡工務店かなと(笑)

奥さま:家づくりの過程をホームページで見ることもできてよかったです。見ていてほんと面白かったです。

今までの家にどんな不満がありましたか?

奥さま:何と言っても狭かったところです。子供が生まれるとどうしても物が増えるし、成長とともにまた物が増えていくんですよね。賃貸住宅の造り付けの収納だけではとても足りなくて、自分達で棚を買い足し、買い足しして、やっと物が納まっているという状態でした。それでも収納スペースがなくなってきて、もともと狭かった家がさらに狭くなってきてしまっていたんです。

ご主人:私は前の家にそれほど不満はなかったんですけど、よくよく見たら窓が結露していたりなどということはありましたね。福岡工務店さんの家は結露しないと聞いたので楽しみにしています。

新居でそれらの不満は解決できそうですか?

奥さま:もちろん解決できると思います。新しい家は広くなったのはもちろんですが、あちこちと細かい場所にも収納棚を造ってもらうことができました。

建築前や建築中の不安や悩み、ご苦労はありましたか?

奥さま:建築前でいうと土地探しですね。結構悩みました。この土地も目の前に坂があるので購入するか悩みましたね。でも、いつまでも悩んでいられないと思って、もうここにしよう!って決めました(笑)

ご主人:8、9割は妻の決断です(笑)

奥さま:実際の家づくりがスタートしてからでいうと、普通は年単位でじっくり時間をかけてプランを練る方が多いと思うんですけど、私達の場合は仕事が忙しかったりしたので、結構行き当たりばったりになってしまいました。そのせいで後が少し大変でした。

ご主人:もう少し準備をしておけばよかったな、というのはあります。

私達の対応について、悪かったところ、残念だったことを教えてください。

ご主人:工事中の進捗メールの時間帯がバラバラだったので、例えば「金曜日の夜8時には送ります」みたいな感じに統一してもらえるとよかったですね。どのくらい工事が進んだのか、それなりに楽しみにしていたので、思っていた日時にメールが届いてないと、ちょっとがっかりというか。僕は日曜しか休めないので、日曜に建築中の現場を見に行くんですけど、日曜だから作業はやっていないし中へも入れないので、外から見えるところだけを見ていました。日曜でも1回ぐらいは建てている途中の家の中をゆっくり見せてもらえる機会があれば嬉しかったですね。

奥さま:私、何回か通りかかったことがあって、1回だけ表で打ち合わせしている時があったので、行けるかなと思ったんですけど、ちょうど子供が体調を崩していたので見に行けなかったんです。もう少し現場を見たり、大工さんともお話しができればよかったですね。

では私達の対応についてよかったことを教えてください。

ご主人:建築中でいうとこちらが悩んでる時にちょうど連絡がきて、相談に乗ってもらえたことですね。次はどうしようと考えている時に先回りして提案を持ってきてくれたりしました。

奥さま:私はインテリアコーディネーターの尾田さんと近い距離感で色々決めていけたのがよかったです。女性同士なので何でも気兼ねなく話しやすかったです。

ご主人:家づくりは色々な人が関わるので色々なことがあると思いますけど、総合して嫌なことがなかったですし、その中でも僕はやっぱり池田さんの対応が一番よかったですね(笑)

これからどんなライフスタイルを歩んでいきたいですか?

奥さま:子供を庭で遊ばせたいです。公園も近いから気軽に行けるんですけどね(笑)それと広いキッチンで料理を楽しみたいです。最近は子供がお手伝いしてくれるようになってきたんですが、前の家だとキッチンが狭くて、お手伝いするのをちょっと止めたりしていたんです。でも新しい家では3人でキッチンに立っても余裕の広さなので、みんなでワイワイ言いながらお料理をしたいですね。

ご主人:僕は駐車スペースもちゃんと確保できたので、次は新しい車を買って毎週自宅で洗車するという夢を叶えたいです(笑)そのためには「車を買うお金を貯める」「車を選ぶ」「車を買う」という段階を踏んでいかなくてはならないんですけど(笑)

これから家を建てられる方にアドバイスなどありましたらお願いします。

奥さま:これから建てる家に対して、実際に暮らしたイメージを持つことが大切だと思います。私達がそういうことをあまりしてこなかったので、ちょっと行き当たりばったりになってしまった感じなので。

ご主人:皆さん考えてることなのかも知れないですけど、例えばドアを開けた時のイメージとか空間の広さとかですね。図面を見せてもらって「ドアの位置や天井の高さはこれぐらいでどうでしょうか」と言われたら「それでいいです」となるんですけど、実際にできたものを見たら「ちょっと狭かったかな」ということがあったりします。

奥さま:そういうあたりでもう少し時間をかけて、図面から完成形を頭の中で描く練習を積んでおけばよかったと思いました。

木造在来工法2階建て
竣工 2018年2月
屋根 外張り断熱工法
外張り断熱工法
敷地面積 約196㎡(約59坪)
延床面積 約196㎡(約59坪)
施工床面積 -