藤井さんファミリー

2017年12月、お引渡し当日。福岡市南区の藤井様邸を訪ねました。藤井様は、最初マンションの購入を検討されていましたが、家づくりについて調べていくうちに一戸建てのよさを知り、福岡工務店の完成見学会へ来てくださったお客様です。特に奥さまは、ファイナンシャルプランナーによるマネープランの作成や、住宅購入資金計画に共感され、福岡工務店へとても強い信頼を寄せてくださいました。そんな藤井様に福岡工務店を選んだ理由やきっかけ、スタッフの対応などをインタビューしました。

家が完成して「一番気に入っているところ」はどこですか?

ご主人:無垢の床です。ワックスがけをしていただいたら色合いが落ち着いて、完成後すぐに見たときよりもまた一段と見栄えがします。住み始めて最初のうちは傷めないかとドキドキしながらの生活になるのかもしれませんけれども(笑)とにかく今はこの新しさを楽しみます。

奥さま:私は広々とした玄関が気に入っています。賃貸の時は玄関がとても狭くていつも靴を脱ぎ履きするのが大変でしたから。玄関の壁紙は気に入ったものを選ぶことができたので、私好みでとても嬉しいですね(笑)玄関は家へ入る最初の大切な場所ですから、明るい感じにしたかったんです。この壁紙はフクロウのモチーフが可愛らしかった上に縁起もいいので、玄関にぴったりだなと思って選びました。

家を購入しようと思ったきっかけはどんなことでしたか?

奥さま:私はマンション育ちでしたので、一軒家は維持管理などが大変そうだなと思ってあまり興味はなかったんです。マンションの方が気楽でいいなと思っていましたし、はっきし言って家を買おうとは思っていませんでした。

ただ夫がローンを組める年齢的な問題や子供も成長してきたので、小学校に上がるタイミングで家のことをどうするか一度考えようということになり、それから新築の分譲マンションを見に行ったのが始まりでした。完成したばかりのそのマンションは、綺麗で設備もよくて、水回りもすっきりしていて言うことがなかったですけど、同時にただ真っ白の空間で何かおもしろくないなとも感じたんです。

その時、中古の家を買ってリノベーションするというのはどうなんだろうと思いついて、それからあちこちに話しを聞きに行き出しました。結局、詳しく調べてみたらリノベーションも結構お金が掛かるんだということが分かったんです。私の性格的に突き詰めていく性格なものですので、そこから一軒家も調べたくなってきました(笑)そこで「じゃあ、新築はどうなの?」と思って住宅展示場へも見に行き出したんです。

ご主人:私ももともと家を買うことには全く乗り気ではありませんでした。年齢的にまずローンを組めるのか組めないのかがはっきり分からなかったですし、初めは無理なんじゃないかという気持ちの方が強かったです。そしたらまだ大丈夫だということが分かったので、そこからようやく妻と一緒に具体的に考え始めるようになりました。

福岡工務店を知っていただいたきっかけはどんなことだったのでしょうか?

奥さま:ちょっとはっきりとは覚えていなんですけど、色々調べている過程で福岡工務店さんのことを知りました。それで福岡工務店さんが建てた家の完成見学会に子供を連れて行ったんです。

何社ぐらいのハウスメーカーを回られましたか。

ご主人:建築会社の方とお話ししたのは、アイ工務店さんと、よかタウンさんと、タマホームさんです。でもどの会社も話しがなかなか進みませんでした。

奥さま:特にアイ工務店さんは、予算を伝えたらしぶしぶ対応してくれた感じでしたね(笑)でも来てもらったから、何かせないかんよねっていう感じでね。意欲が全く感じられなかった(笑)

ご主人:初めはそれほど予算を高く見積もっていませんでしたからね。見積もりとか設計プランまで出してもらったところは、福岡工務店さんのほかにはないんですよ。

福岡工務店を選んでいただいた理由を教えてください。

奥さま:私は早くからもう福岡工務店さんにお願いしようと決めていました。たしか、完成見学会でスタッフの方と初めてお会いしたときに、私が色々考えてはいるんだけれど、何か煮詰まらないんですよとお話ししたら「何が一番ネックになっているんでしょうか?」と丁寧に聞いてくれてました。そのときに私達が悩んでいたのは実際に建築費用がいくらかとローンが組めるのかとうことでした。そうしたら「お金の不安を解決されたらいかがですか?」とファイナンシャルプランナーを紹介してくれたんです。一気に視界が晴れた気がしましたね。ただそうはいっても自分の家庭の内情を全部さらけ出すことになるわけですから、全くの他人に収入や家計の相談するということは勇気も必要です。でもそこは福岡工務店さんが責任を持って紹介してくださるというので安心して相談しました。

今回、福岡工務店さんにしようと思った最大のきっかけは「ローンを組んで建てて、その後、お客様のお支払いが滞ってしまって、せっかく建てた家をお客様が手放すようなことになるのは嫌なんです」と言われたときでしたね。予算オーバーの提案をしてくる建築会社が多い中、予算に合わせた提案をしてくれようとする姿勢に「ここは信用できる!」と思いました。

今までの家にどんな不満がありましたか?

奥さま:玄関が狭いのが不便でした。雨の日に家に帰ってきたときは、子供の濡れた上着や靴を脱がせたりするのにいつも苦労していました。玄関に限らず子供が大きくなってくるにつれて家全体がだんだんと手狭に感じるようになってきました。

ご主人:私は結露が嫌でしたね。最初は中古の一戸建てを買ってリノベーションしようかという案もあったんですけど、古い建物は結露対策が施された新しい窓を取り付けることができないという話しをされたのでやめました。結露は本当に嫌でしたね。

新居でそれらの不満は解決できそうですか?

奥さま:はい。解決できそうです。まだ住んではないですが、福岡工務店さんのホームページでオーナーさんのインタビューも見ましたけど大丈夫だと思います。

ご主人:私も大丈夫だと思います(笑)

建築前や建築中の不安や悩み、ご苦労はありましたか?

ご主人:床材をどうするかではかなり悩みましたね。夫婦でちょっとケンカじゃないですけど(笑)

奥さま:男の子のいる家庭ですので、どうしてもあちこち傷めてしまいやすいと思うんです。私としてはドタバタやっても自由な空間がせっかくできたのに、親の好みでわざわざ傷みの目立つ素材を選んで案の定傷めてしまったときに、どこまで「それも味」と思えるのか、寛容になれるのかと何度も夫に確認しました。物を落とさない人なんていないし「あれをしたらダメ、これをしてはいけない」と子供に言ってばかりではつまらないじゃないですか?私よりも夫の方が汚れや傷を気にするタイプですので、そこは念を押しましたね(笑)

私達の対応について、悪かったところ、残念だったことを教えてください。

奥さま:完成する家がなかなか具体的にイメージできなかったところが不安でした。初めの段階では図面やパースで見せていただき全体像をイメージできたんですが、工事が進むにつれて後から変更した部分がきちんと反映されているのか不安になりましたね。

ご主人:私は色のあるクロスを結構使っていたので何かガチャガチャした雰囲気になってしまわないか心配でした。できれば進捗に合わせて、図面やパースに反映させてもらって確認を取りながら、進めることができればなと思いましたね。正直、そこまでお願いすると贅沢かも知れないんですけれども、ちょこちょこした変更まで分かるようなものがあればありがたいなと思いました。

奥さま:出来上がってみたらとてもいい仕上がりで満足しているんですけれども、出来上がるまでは心配だったということですね。

では私達の対応についてよかったことを教えてください。

奥さま:池田さんのフットワークが軽いところがすごいなと、いつも思っていました(笑)しかもどんなタイミングで何を聞いても、いつもまったく嫌な顔1つせずに細かく調べて答えてくださるので頼もしかったですね。

ご主人:小さな子供への対応がいいところも本当にありがたかったです。事務所での打ち合わせに連れていったときは、阿久津社長をはじめ、他の社員さんが子供の相手をしてくださったおかげで私達はいつも打ち合わせに集中できました。事務所の居心地もとてもよかったです(笑)

奥さま:あとよく大工さんとかは寡黙な人が多いから、話しかけにくいみたいなのを書いてあったりしますけど、大工さんは家づくりの仕事を全うする人なので、接客的なことなんてしなくてもいいだろうと、私は思うんですけど。私達が現場に行った時に大工の好樹さんはわざわざ作業の手を止めて、一生懸命笑顔で対応してくれて、通気口の位置とかも図面ではこうなってるんですけど、こっちの場所にも作れますよとか提案をしてくれました。

これからどんなライフスタイルを歩んでいきたいですか?

ご主人:DIYとかガーデニングをやってみたいです(笑)そういうのもマンションではできないので。いざ本当に始めるとなると準備も勉強も必要だと思いますけれども、家を建てているときのように「何をいつまでにやらなければいけない」とか「いつまでに決めなければいけない」ということはありませんから(笑)のんびり楽しみながらやっていけばいいと思います。

奥さま:外断熱工法でオール電化の家になって、どれぐらい光熱費が下がるのかが楽しみです。あとはせっかく無垢の床にしたのでゴロゴロしたいです(笑)

これから家を建てられる方にアドバイスなどありましたらお願いします。

ご主人:自分達の意見をしっかり伝えることはもちろん大切ですけれども、プロに任せた方がよいことの方がたくさんあります。任せられることは信頼してお任せした方がラクですよ(笑)

奥さま:あと地鎮祭とか上棟式を省くところも今は多いと思うんですけれども私達はやってよかったです。

ご主人:上棟式のときに子供をクレーン車に乗せていただいたのには子供も喜んでいました(笑)

奥さま:せっかくの自分達の家ですので、建てている途中の経過を節目節目で自分の目で見ることができたのは、とてもいい思い出になりました。

木造在来工法2階建て
竣工 2017年12月
屋根 外張り断熱工法
外張り断熱工法
敷地面積 約140㎡(約42坪)
延床面積 約85㎡(約26坪)
施工床面積 -