福岡さんファミリー

2017年9月、お引渡し当日。佐賀県三養基郡みやき町原古賀の福岡様邸を訪ねました。福岡様は福岡工務店で家を建ててくださったオーナー様の妹様で、快適さや家の性能に感動してどうしても福岡工務店で建てたいという熱いご要望にお応えして、家づくりがスタートしたお客様です。そんな福岡様に福岡工務店に決めた理由やスタッフの対応についてインタビューをしました。

家が完成して「一番気に入っているところ」はどこですか?

ご主人:壁紙です。同じ部屋の中でも、所によって模様に強弱がついているような感じが気に入っています。角度を変えればまた違って見えるのもおもしろいですね(笑)

奥さま:私はもう全部思った通りにできてどこも満足です。でもその中から出すならパウダールームですね。洗面ボウルの蛇口や他の小物との組み合わせが一番悩んだところだったんですけど、今は頑張って組み合わせを考えてみてよかったと思います(笑)

家を購入しようと思ったきっかけはどんなことでしたか?

ご主人:直接のきっかけは子供達が自立してお金が掛からなくなったことですね。

奥さま:それと孫が生まれたこともきっかけですね。私が育った実家は割と広くてお盆やお正月にはみんなそろって楽しい時間を過ごしていました。でも実際、子供や孫たちにしたらうちが実家になるんですけど、当時はアパート暮らしだったから部屋もなくてみんなを呼べなかったんですよね。

ご主人:転勤が多かったものですから、若いころは家を持つということは考えられませんでした。ようやく落ち着いたタイミングで、妻に勧められる形から家づくりがはじまりました。

奥さま:家族みんなが自然と集まりたくなるような、帰って来たくなる場所が欲しいってお願いしました(笑)

福岡工務店を知っていただいたきっかけはどんなことだったのでしょうか?

奥さま:兄ですね。福岡工務店で家を建てたと聞いてその時に初めて知りました。兄から色々話しを聞いてみてまず光熱費の低さに驚いたんです。うちは冬場は電気とガスを合わせて3万円ぐらい掛かっていたんですけれど、兄のところはその3分の1で済むと聞きました。長い期間でみたら随分差がつくんだなと思ったのが最初の印象です。

ご主人:相談ができる相手がいるのは本当にありがたかったです。お兄さんが間に入ってくれたので、福岡工務店さんには初めから何でも相談しやすかったですね。

何社ぐらいのハウスメーカーを回られましたか。

ご主人:多分すごく少ない方だと思いますよ。

奥さま:一番初めはまず住みたい土地の見当をつけて、その範囲内で建売を見に行きました。新築も中古も見ましたね。すぐに住み替えるなら建売もいいのかなと思ったんです。その後はhitなどの住宅展示場へも行きました。

ご主人:でも予備知識なしに展示場へ行っても、金額的なことなどが分からないんですよ。皆さん「坪いくら?」などと話されているんですけれど、その基準額を知りませんでした。モデルハウスの値段を聞いたら「3,500万円です」とか言われて「ああ、建物だけでその金額するんだったら土地を入れたらとても無理だな」とも思いました。

奥さま:私は悠悠ホームの吹き抜けの家がちょっと気になって、中へ入って地下室も見せていただきながらお話しも聞きました。福岡工務店さんと同じく外断熱をうたっていらしたので同じような感じなのかな?と思い、電気代が安くなる仕組みについても伺ってきたんです。

そんな中から福岡工務店を選んでいただいた理由を教えてください。

奥さま:やっぱり何と言っても住み心地のよさが一番ということをずっと兄から聞いていましたので(笑)外断熱工法によって光熱費が安く済むのも魅力的でした。「光熱費が浮いた分、住みながらにして貯金もできる!」と嬉しかったですね。

ご主人:お兄さんの家という施工の具体例を間近で見て、納得できていたことが大きかったですね。

今までの家にどんな不満がありましたか?

ご主人:アパートでしたので苦情を言ってもすぐに対応してもらえないということがありました。例えばトイレの水を流したときにちょっと変な音がするので気になっていたということがあったんですけれども、なかなか処置してもらえずずっと気になったままでした。

奥さま:何でも応急処置なんですよね。壊れても根本的に修理するということはしないで「とりあえず埋めておきましょう」みたいなことはよくありました。

ご主人:住民がみんなで声を上げないとなかなか動いてくれないということはあるでしょうね。

奥さま:それとうちは2階でしたので、1階にお住まいの方にうちの物音が響かないかといつも気にしながら生活していました。

ご主人:あとはアパートなので当たり前なんですが狭かったです。2Lでしたから。

奥さま:リビングの窓が西向きでしたので夏は西日で暑かったです(笑)そう思うと冬場だけではなく、夏場も冷房代が結構かかっていましたね。

新居でそれらの不満は解決できそうですか?

ご主人:私は単身赴任が多く普段家にいないもので、以前はたまに帰ってきても寝る場所がなかったんです。ソファで寝たりしていました。格段に広くなった新居ではゆったりと眠れるのが嬉しいですね。

奥さま:私は設計の段階から西側に面する窓というのを極力なくしました。前のアパートで懲りていましたから(笑)光熱費が年間でどれだけ節約できるのかも楽しみです!

建築前や建築中の不安や悩み、ご苦労はありましたか?

奥さま:悩みといっても「ここはどれにしよう?」「あそこはどんな風にしよう?」「何色にしよう?」というような嬉しい悩みでした。1つ終わったら次、また次と順番に迷いながら決めていくのは楽しかったですね。後悔しないようにショールームなどへはできるだけ行って色々比較して見ておくといいと言われていたので、せっせと通っていましたし不安というものは全然なかったです(笑)

ご主人:「家の広さはどれぐらいが適正だったのか?」ということについてはいまだに答えは出ませんが。見学会で他の家を見せていただいたらもちろんとても参考にはなるんですけれども、家族構成やその他の条件は各家庭によって当然違いますので、最後は自分で考えるしかないんですよね。

奥さま:家族の数も増えたり減ったりしますから難しいですね。でも見学会へ行かせていただいことは本当によかったです。建具やクロスを決めるのにも参考になりましたし楽しかったです。遠くのおうちへも兄が連れていってくれましたので助かりました(笑)

私達の対応について、悪かったところ、残念だったことを教えてください。

奥さま:質問をしたいときに「これは誰に聞いたらいいのかな?」と迷うこともありました。でも、そういう時はとりあえず占部さんにおたずねしていましたし、占部さんからもお返事もすぐにいただいていましたので、困ったことはありませんでしたね。

ご主人:まず最初に占部さんへ電話しないと「色々な人に電話していたら情報が錯綜してしまうんじゃないか?」と考えたことはありますね。

奥さま:「ここの金額の差については占部さんに聞くべきかな?」と思って占部さんに聞いたら、占部さんからも尾田さんからも別々にお返事が来たということはありました(笑)

ご主人:そういうことはたまにありましたが、それが悪かったとか残念だったとかいうようなことはなかったですよ。

では私達の対応についてよかったことを教えてください。

奥さま:「現場レポート」がよかったです!毎回見ていました。毎回というよりも「まだかな?まだ更新されていないかな?」としょっちゅうのぞいていましたので、よそのおうちの分まで見ていました(笑)

ご主人:私は自分の目で直に見たかったので、あえて見ないようにしていました(笑)

奥さま:それぞれの担当の方についてお話しさせていただきますと、平山さんはいつも穏やかでした。安定した優しさを持った方というか悪いなあと思いながら、こちらがずっとちょこちょこ手直しを言い続けてしまっていたんですが、嫌な顔もせずにじっくりお付き合いくださいました。

ご主人:ファッションセンスも個性的でしたよね(笑)

奥さま:現場監督の田之上さんはいつも正確で、こちらが聞いたことに対してすぐに的確な答えを返してくださるので「すごいなな」と思いながら、もう安心しきって頼っていました。

ご主人:大工の泊さんは夏場の暑い中、いつも黙々とお仕事なさっていました。邪魔したらいけないなと思いながらも様子うかがいがてら現場をのぞきに行くたびに、にっこり笑顔を見せてくださいましたね。

奥さま:コーディネーターの尾田さんもほんわかした感じでよかったです。ご意見番として背中を押してくださるという感じでした。実は和室の雰囲気作りは尾田さんからの「ここだけ遊びを入れてみても面白いんじゃないでしょうか」という提案からだったんですよ。合わない組み合わせはちゃんと言ってくださいましたし話しやすかったです。そして何でも話せる占部さんは一番の頼りどころでした。そういう方が1人いらっしゃると何でもスムーズに行くんだなと改めて思いましたよ。

ご主人:さまざまな分野の個性豊かなそんなスペシャリストたちをまとめ上げていっておられる社長さんはさぞかし大変でしょうね。

奥さま:でもその大変さを表には出さなくて「おれが社長だよ」みたいな感じが全然ない社長さんなのがすごいと思います(笑)

これからどんなライフスタイルを歩んでいきたいですか?

奥さま:念願だったみんなが集まれる家、みんなが帰ってこれる家が完成しましたので、ここでこれから楽しい時間を重ねていきたいですね。

ご主人:広々としたスペースで気持ちもゆったりとした生活が送れそうです(笑)

これから家を建てられる方にアドバイスなどありましたらお願いします。

奥さま:とにかくたくさん見てください。ショールームでも見学会でも雑誌でも見ることってすごいなと思うんです。本当に勉強になりますしたくさん見ておけば、いざ1つ1つ決めていくときにも自信を持って決められると思います。

ご主人:私が外構の方に言われたのは「せっかくいい家を建てたら外をないがしろにしてはいけませんよ」ということでした。例えば外構に100万出せばいいものができるじゃなくて、自分達の家に合うものはどんな雰囲気かってイメージを計画に落とし込めるようになっておいた方がいいと思いました。

奥さま:そうですね。おうちの雰囲気を壊さない外構が必要だと言われました。

ご主人:家の設計図や外観も決まっていない初めの段階で外構も一緒に考えておくというのも無理な話ではあるんですけれども、予算的なことはある程度初めに配分しておく方が安心かもしれませんね。

木造在来工法2階建て
竣工 2017年9月
屋根 外張り断熱工法
外張り断熱工法
敷地面積 約331㎡(約100坪)
延床面積 約129㎡(約39坪)
施工床面積 -