園田さんファミリー

2017年7月、お引渡し式当日、福岡県春日市の園田様邸を訪ねました。園田様は2度目の家づくりのチャンスに恵まれた中で、奥様がどうしても気になるということで率先して福岡工務店のことについて調べてくださり、ご縁を結ぶこととなったお客様です。そんな園田様に福岡工務店に決めた理由やスタッフの対応についてインタビューをしました。

家が完成して「一番気に入っているところ」はどこですか?

奥さま:ここの明かりがよく入るところです。あとは和室が気に入っています。

ご主人:全部閉め切ってここでゲームをするのは落ち着きます(笑)

奥さま:リビングやダイニングにいるときよりも、和室にいるときの方が主人は多くなるんじゃないでしょうか(笑)

ご主人:和室で食事をしてもいいような感じですね。

奥さま:畳の縁をえんじ色にしたのも成功でした。

ご主人:あと僕はロフトも気に入っているんですよ(笑)和室でもロフトでもいる場所がたくさんあって、どこにいても目が届くような感じがするのがいいですね。

家を購入しようと思ったきっかけはどんなことでしたか?

ご主人:最初は7~8年前で当時はマンションを買おうとしました。契約書にサインするぐらいまでいきましたね(笑)

奥さま:もう勢いで買ってしまいそうになったんですけど、みんなから「買うなら土地がちゃんとある方がいい」って大反対されました(笑)

ご主人:それ以降は賃貸に住んで気が付いたら10年ちょっと経ってました。でも去年、親から「家を買うなら融資するよ」と言われたのが2回目のきっかけでした。じゃあせっかくだし、また見に行ってみるかってぐらいの気持ちからスタートでしたね(笑)

奥さま:最初に行ったのはhit展示場でした。その時は2人とも今すぐ建てたいとは思っていなくて、どんな感じか見ようって軽い気持ちだったんです。

ご主人:いざ行ってみたらあっという間に本気で家を建てたくなってきた。 両親から声を掛けてもらうまでは全く何も考えていなかった状態から家づくりを考えだしました。

福岡工務店のことは、いつ、どのような方法で知りましたか?

奥さま:ネットからホームページを見つけて知りました。一目で飛び込んでくるインパクトもあるし、日本一って言われちゃったら気になるじゃないですか(笑)すぐに話しを進めて子供と一緒に筑前町の見学会に行きました。

ご主人:もう2年前くらいかな。展示場を見に行ったあと、その中で一条工務店が気になったんです。じゃあ次はそれ以外の方法でも調べてみようって話しの後に妻が見つけてくれました。

奥さま:あっという間に感じますね、つい最近のよう。筑前町の見学会の雰囲気もよかったですし、はじめて池田さんとお会いした時に、新人とは思えない対応力でこれなら大丈夫って何かインスピレーションが働きました(笑)

ご主人:妻の熱意に押し切られる形でしたが、私も分からないことだらけだったのでまず資料を頂きました。2回目からは一緒に事務所にお伺いしましたね。

奥さま:実は先に一条工務店さんでは工場見学のほかに、社員さんのおうちも見せていただいたりもしました。福岡工務店さんの見学会のときと同じく子供を連れていったんですけれども、そのときの対応が私には合いませんでした。それに比べると福岡工務店さんは池田さんの最初の応対にとても好感を持てたんです。

他に比較検討されたハウスメーカーはありますか?

ご主人:先ほどでた一条工務店のほかには住友林業、この2社くらいですかね。

奥さま:あとはhit展示場の中を一通り回ったくらいですね。ホームページでの第一印象も、実際に事務所へ行ったときの印象も福岡工務店さんは断然よかったですし、具体的に施工についてのお話しを伺ってもやっぱり福岡工務店さんが1番でしたね(笑)

福岡工務店を選んでいただいた理由を教えてください。

奥さま:先ほどホームページと事務所とお話ししましたが、初めて行った筑前町の見学会のときによい印象を持ったことも大きいですね。おおらかで自由な雰囲気は自分の好きな感じでした。子供も喜んでいました。

ご主人:一条工務店では決まったものしかできないという感じを受けました。

奥さま:一応注文住宅ではあるけれど、工場見学のときに「これはどうですか?」と聞いても「いや、それは」と言われることが結構多かったので「ああ、やっぱり違うのかな」という気になってしまいました。

ご主人:3つ目の理由はもう池田さんです。

奥さま:池田さんは若いのに丁寧な対応で新人とは思えないほどでしたね。「この人になら安心して何でも相談できる!」と思いました。他のところで応対していた新入社員さんは「ちょっと分かりません」というような感じの対応が多かったので「大丈夫かな?」と思ったことも多かったです(笑)

今までの家にどんなご不満がありましたか?

奥さま:冬場の結露がすごかったですね。それとメゾネットだったのですが2階にはトイレがなかったので、小さい子供を持つ家庭としては結構不便でした。

ご主人:床面積としては広いし部屋数もあるのに、使い勝手が悪いせいかあまり広さを感じられない家でした。何か閉塞感がある感じでしたね。

奥さま:それにリビングが西向きでしたから西日がキツかったですね。夏は激アツでした。エアコンもあまり効かなかったほどです。冬は冬で部屋に日が射してくるのが遅いので寒いし、結露もひどいしで、雪が降る寒い日には窓が結露で凍りついてしまったほどでした。

ご主人:あのときは窓があかなくて困りましたね(笑)

新しい家でそのご不満点は解決できましたか?

ご主人:すべて解決できました。天井が高くて間取りも開放感があっていいですね(笑)木の香りも心地よいです。

奥さま:夫婦そろって今まではずっと賃貸でした。初めての持ち家なのですごく嬉しいです。

建築前や建築中に不安だったこと、悩んだこと、苦労したことはありましたか?

ご主人:やっぱりお金のことが一番心配でした。建築費に外溝工事も合わせたらどのぐらいになるんだろうか、払えるんだろうかというところですね。35年ローンを組んだら今40歳でしょ、70歳過ぎる(笑)

奥さま:生きているかな?(笑)

ご主人:でもそこは色々アドバイスをいただいて少しずつ悩みは解決していきました。

奥さま:私は近隣の方との関係がうまく築けるか不安でした。ちょっと問題があれば解決まで時間が掛かったりしますからね。ほかの細かいことについては主人がいない間に私がどんどん進めていたような感じでした。

ご主人:目が覚めたら家ができていたという感じです(笑)

奥さま:主人はショールームが苦手で最初と最後の2回ぐらいしか行っていないかもしれません(笑)

私達の対応で悪いところ・残念なところを教えてください。

奥さま:関わる方が多くて誰に連絡をとっていいかが分からない時がありました。例えばテレビのアンテナの取り付けのことなんかがそうでしたね。

ご主人:こちらが確認すべきだった点だろうし、悪いところというのでは決してないんですが、CGの完成予想パースを見て頭の中で原寸で描いたイメージと、出来上がったときの寸法に私としては少しずれがありました。玄関の入り口の幅ですね。自分でももっと巻き尺を当てて寸法を確認すればよかったと思いますが、そちらからも要所要所で確認の声掛けをしていただければ、なおよかったかもしれません。

奥さま:あと現場に行ったときにもっと皆さんとお話しがしたかったです(笑)ホームページの「福岡工務店だより」を読んだ印象では現場の皆さんともっとお話しができるのかなと期待していたんですけど、なかなかタイミングが合わずに残念でした。

私達の対応でよいところ・ほめられるところを教えてください。

ご主人:初めて福岡工務店さんの事務所に入ったとき、皆さんが立って挨拶してくださったのに驚きました。とてもさわやかな印象を受けました。

奥さま:一瞬なのに心を洗われましたね。

ご主人:「自分もちゃんとしなきゃ」と思いましたよ(笑)明るい会社だなと強く印象づけられましたね。

奥さま:現場での打ち合わせのときも皆さんの仲のよさが伝わってきて、聞いているこちらも楽しかったです。

ご主人:小屋町さんと尾田さんの掛け合いは夫婦漫才みたいでしたよね(笑)

奥さま:現場レポートをLINEでリアルタイムで送ってくださったりしたので、なかなか現場を見に行けないときも「今、中はこんな感じになっているんだ」ということが分かってよかったです。コメントも楽しみながらつけさせていただきました。

ご主人:それを言ったら最初の設計の段階から1つ1つ確認していただいて、着々と進んでいく感じがよかったです。「ああ、家ができていっているんだな」と実感できて嬉しかったですね。

奥さま:でも何と言っても池田さんの第一印象がよかったことが大きかったと思います。よそは結構他社さんの悪口を言うところもあったんですけど、池田さんは決してよそを悪くはおっしゃらないところに好感を持ちました。

新しい家でどんなライフスタイルを歩んでいきたいですか?

ご主人:家族4人がそれぞれ個室に引きこもるんじゃなくて、リビングルームを中心に家族一緒に仲よく頑張っていけたらいいなと思います。

奥さま:家族仲よく、そして友達にも気軽に来てもらえるような雰囲気をつくっていきたいですね(笑)

これから家を建てられる方にアドバイスなどありましたらお願いします。

ご主人:土地選びは慎重にすべきだと思います。

奥さま:子供達のことを考えたら校区も大事ですね。

ご主人:考えているところでなかなか思った土地が出ないと焦ったりもするんですけど、ずっと住む土地なわけですから時間を掛けてじっくり選んだ方がいいと思います。

奥さま:それと日当たりも大事ですよね。福岡工務店さんでは家の模型に光を当てて「南がこっちだからこんな風に日が当たりますよ」というふうに説明してくださったので分かりやすかったです。

ご主人:うん、あれは分かりやすかったですね。あの模型でグッとイメージが高まりました。

奥さま:今もあの模型をリビングに置いているんですよ(笑)よい記念品です。

木造在来工法1階
竣工 2017年7月
屋根 外張り断熱工法
外張り断熱工法
敷地面積 約214㎡(約65坪)
延床面積 約94㎡(約28坪)
施工床面積 -