稲員さんファミリー
じっくり聞いてくれて、きちんと意見を言ってくれて、何よりも嘘がないところが、本当によかったです。

稲員さんファミリー

2017年1月、お引渡し当日、福岡市中央区の稲員様邸を訪ねました。稲員様はご主人が仕事に忙しくてなかなか家づくりに参加できない中、奥様が主導してほぼ全てを決めていかれたお客様です。ご主人は完成した家にとても満足されていて、新居での生活をとても楽しみにしているとのこと。インタビュー中にコンシェルジュの樋渡が座っているイスが重さに耐えられず壊れるというハプニングもある中、終始和やかな雰囲気で福岡工務店に決めた理由やスタッフの対応などをインタビューしました。

一番気に入っている所を教えてください。

ご主人:やはり吹き抜けが一番です。でもまだ完成したばかりなので、実際に住み始めてから「よかった」と実感することも出てくると思います。

奥さま:私はこのキッチンとリビングが程よく仕切られてる感じがいいですね。

新居を購入しようと考え始めるきっかけはどういうものでしたか?

ご主人:土地を購入したことです。もともと妻も「家を建てたい」という気持ちがあったようで具体的に話しが進みました。

奥さま:福岡工務店さんは私がインターネットで検索して探し出しました。友人が家を建てるというのを聞いたので「どこで建てるの?」と聞いた時に、工務店という選択肢があることを知ったのが最初です。それをお義母さんに伝えたところ義母もネットで色々見たようです。それで義父母と私で福岡工務店さんに行くことになったという流れでした。最初は何をきっかけに建築会社を選んだらいいのか、全然分かりませんでしたね。

複数の会社の中から福岡工務店に決めた理由はどういうことでしたか?

ご主人:1社だけありましたね。

奥さま:総合住宅展示場にも行きました。確か主人は1回、私は2回ぐらいだったと思います。でも行ってみてどこも「ああ~」という印象で、結局きちんと話しを聞いたのは、福岡工務店さんともう1 社だけでした。もう1社は福岡工務店さんと考え方とか似ていました。気密性にこだわっていたり、そこで暮らす人のことを考えて家づくりしている感じがありましたね。

福岡工務店を選んでいただいた理由を教えてください。

ご主人:やっぱりコンシェルジュの樋渡さんがすごくよかったです。お人柄がよくて親しみやすかったですし、何よりも妻のしつこさを我慢して対応し続けてくださったことですね(笑)

奥さま:(笑)

ご主人:それから設計の平山さんの対応も素晴らしかったです。何回も何回も相談に乗ってくれました。

奥さま:私達は設計にかなり時間が掛かったと思います。多分、他のお宅の何倍も時間を費やしたと思います。ここをこんな風にしてもらったら、それに対して今度はこうしてさらに変更を頼んだりして。それなのに何回も要望に沿うようにプランを作っていただきました。

ご主人:あとは会社の雰囲気と働いている皆さんの雰囲気がすごくよかったです。アットホームな会社だなと思いました。

奥さま:そうですね。みなさん、とても仲がいいですね。選んだ理由が3つ以上になりますけど、あとは気密性とか性能がいいというのはやっぱりありましたね。

ご主人:そこは基本だと思います。あとは街中に建てたので外観が街並みとかけ離れないようにはしました。

奥さま:交通量の多い道路に面しているので換気は気になりました。そこはきちんとしたものにしたかったです。

前に住んでいたところの不満はなんでしたか?それは解消されそうですか?

奥さま:狭かったです。それに性能もよくなくて換気も悪かったです。

ご主人:私の場合は今までの家自体に興味なかったという感じです。ですからこの家がゼロスタートのような気持ちです。今までの所は「別に寝られればいい」という感じでしたから。もし今から1年後とか2年後とかに、もう1回今の質問をしてもらえれば「今の家では、前と比べてとても快適に過ごせていますよ」など、すぐ答えられるかもしれないですね(笑)

奥さま:ぜひ聞きに来てほしいです。その時まで今日座っている「思い出のイス」を取っておきますね(笑)

ご主人:そこのウッドデッキのところに飾ります(笑)

奥さま:あと広さに関しては前の家での不満は解消しています。収納も増えて本当によかったです。

建築前や建築中に不安だった点はありましたか?

ご主人:私は忙しくてなかなか関われなかったので、むしろ樋渡さんや平山さんの方が大変だったかもしれません。妻とだけのやりとりでしたから、私のOKが必要なところはずいぶん気を遣われたと思います。その点はかえってご迷惑をお掛けしました。ただ書斎だけはどうしてもお願いしたかったので、それだけは樋渡さんとお会いした時に直接言いました。書斎の件は最初は妻が首を縦に振らなかったので何度かつぶれかけましたが、樋渡さんが約束通り頑張ってくれました。おかげで思っていたよりもずっと広いスペースの書斎ができました。

奥さま:洗面脱衣のスペースも広く造ってもらいました。洗濯物は外に干すと空気の汚れが気になるので、洗面脱衣のスペースを広めにとれたことで室内干しもすぐできます。

ご主人:不安だったことといえば工事中や棟上げ後のまだ壁がない状態の木だけのときに、家がとても長細く見えてこんなに狭くて大丈夫かなと思ったことです。でも実際にできあがってみると広さに驚いています。

奥さま:本当そうですね。十分なスペースが取れたので驚いています。

ご主人:建築中はむしろ逆にご苦労をかけてしまったことが多かったのではないでしょうか。

奥さま:手続きが遅れたり打ち合わせの日がとれなかったりしましたかね。

では福岡工務店の残念だったところを挙げていただけますか?

奥さま:伝達が上手くいかなかったことがありましたね。例えば樋渡さんから設計の平山さんに伝わっていないとか、設計からインテリアコーディネーターさんに伝わっていないとか。あとはインテリアコーディネーターさんに投げかけたことへの返事が少し遅いと感じたことはありましたね。

ご主人:建てる棟数が増えているのでコーディネーターさんの負担も大きくなっているというのは耳にしましたね。

奥さま:他には考える時間がちょっと短いなと思いました。

ご主人:だいぶ長かったと思うけどね(笑)

奥さま:(笑)

ご主人:妻は考える時間が短いと感じてしまったのかも知れないですけど、実際は他の会社より長く時間をかけて考えることができたと思います。それにこちらの都合で工期を短縮してもらったので大変だったと思います。そこは本当ありがたかったですね。

奥さま:本当に助かりました。

反対に福岡工務店のよかった点を教えてください。

奥さま:こちらがお話ししたことを全部受け止めてくれました。

ご主人:話しにしっかり耳を傾けてくれ、それをなんとかしてくれるという感じでした。個人的には機械的な打ち合わせの方がパッパッと終わるからいいと思っていましたが、じっくり話しを聞いてくれ、きちんと意見を言ってくれ、何よりも嘘がないところが本当によかったです。樋渡さんは私と会う前は「冗談も通じない人かもしれない」とすごく緊張したそうですが(笑)工事中は専門的なことは分からないから工務店さんや大工さんたちを信用してプロにお任せしたという感覚です。設計の平山さんや妻のセンスを信じていましたから何も口出ししないという感覚もありました。家そのものは立ち上がった今、本格的に興味が湧いてきた感じです。これから実際に住むにあたって、家具の配置とか自分だけのくつろげるスペースや定位置を見つけるとか、そういうことがとても楽しみです。

奥さま:棟梁の泊大工にはとてもよくしてもらいましたね。樋渡さんも「間違いないです」と言われていましたが、見に行った時にちょっとした変更を提案してくださったり、対応してくださったり本当にありがたかったです。

最後にこれから建築する人へのアドバイスをお願いします。

奥さま:私達の場合は部分的に進めながら決めていったので、最初に「こういう家にしたい」とかイメージを決めてたら楽かもしれないですね。私達みたいに時間が掛からなくて済むと思います。

ご主人:楽というかそれがスムーズでしょうね。全部、福岡工務店さんに任せっきりというのも、それはそれでありなんでしょうけど、やっぱり最終的に住むのは建てたご本人達になるからですね。後から、こうしておけばよかったと思うことがないように遠慮しないほうがいいと思います。

奥さま:色々とご苦労をおかけしましたが、本当にカッコよくて理想通りの家ができました。

木造在来工法2階建て
竣工 2017年1月
屋根 外張り断熱工法
外張り断熱工法
敷地面積 約121㎡(約36坪)
延床面積 約142㎡(約43坪)
施工床面積 -

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください