深野さんファミリー
「私の兄には、家を建てるんだったら“絶対、福岡工務店にしたほうがいいよ”と言っています。」

深野さんファミリー

2016年12月、お引っ越し当日、福岡県春日市紅葉ヶ丘西の深野邸を訪ねました。深野様は福岡工務店を選んだ決め手の1つとして、土地探しを手伝ってくれたという理由を挙げていただいたお客様で、さらに福岡工務店のグループ会社である不動産福岡の土地の仲介手数料が半額になる【セルフ仲介】を利用していただいたお客様です。そんな深野様に福岡工務店を選んだ理由やきっかけ、スタッフの対応などをインタビューしました。

⇒土地の仲介手数料が50%OFFになるセルフ仲介についてはこちらをご覧ください。

新居の最初の印象や一番気に入っている所を教えてください。

ご主人:外観が気に入ってます。それに室内も広くて綺麗で、特に気に入っているのはアクセントウォールと中2階ですね。

奥さま:私も中2階です。あとはダイニングの広さ。最初に入った時は玄関もすごく広いなあと感じました。サンルームも気にいっています。外見がすごく小さく見えるのでどうかなと思ったのですが、実際に室内に入ってみると本当に広いと感じています。

新居を購入しようと考え始めたのはいつからで、きっかけはどういうものでしたか?

ご主人:家の購入を考え始めたきっかけは前に住んでいた家のカビですね。アパートのような集合住宅の1階だったのですが、室内の壁にカビが至るところで発生していて黒くなっていました。特に玄関はひどかったです。

奥さま:それに結露もひどくて朝になると窓がびっしょり濡れてて、カーテンもカビにやられてしまったんです。掃除が追いつかない感じでした。

ご主人:掃除の業者の人に「よくここに住んでますね」って言われたこともありましたね(笑)

奥さま:畳を裏返すと真っ黒でした。1階だから床下からもかなり湿気が上がってきていたのかもしれません。キッチンも異常に狭くて行き来が大変でした。ダイニングがない3LK という謎の間取りでした(笑)家の購入のきっかけはもともと「地元に帰ってから建てたい」と話していたので、福岡に帰ってきたというのがあります。でも早く建てることになったのはカビなどで悩まされていたというのが大きいです。

ご主人:家を買うなら一軒家と決めていて、実際に買おうと考え始めたのは去年からです。

奥さま:最初は「3年後ぐらい」と思っていたんですけど、それが1年ぐらい早まったという感じですね。

福岡工務店を知った経緯を教えてください。

奥さま:最初、友達が斉藤工務店さんのことを教えてくれてそこの完成見学会に行ったんです。友達の先輩が斉藤工務店で建てたらしく、私が「平屋がいい」と言っていたのを聞いた友達が「1階が広くてよかったよ」と斉藤工務店さんを教えてくれました。それがきっかけで工務店に目を向けるようになりました。それまではhit住宅展示場に行ったりしていましたね。ただ斉藤工務店さんの完成見学会を見に行ったら、そこの家は1階が狭かったんです。敷地が50坪ぐらいのところに、おそらくその半分ぐらいの建ぺい率で建てられたのだと思います。工夫されてて中2階とかもあったのですがちょっと残念でしたね。

ご主人:デザインなどもあると思いますが2階も狭かったです。

奥さま:でも注文住宅のよさみたいなものは感じたので、「私達には合ってるのかも知れない」と思って工務店さんを探すようになりました。

ご主人:それでインターネットで調べていたら福岡工務店さんが出てきました。福岡の工務店ランキングなども見ましたね。そうそう。そのランキングでは福岡工務店さんはたしか3位でした。そしたら妻が「1番近いからとりあえずここに」と言って福岡工務店さんに行くことになりました。

展示場に行ったあと、みなさん「お話しに来ませんか」という内容の資料がたくさん送られてきて、どこに行こうか色々迷っている時期でした。福岡工務店さんにも同じように資料請求をしていたんですが、たくさんある建築会社の中から福岡工務店さんに行こうと思ったのは、住宅コンシェルジュの占部さんの力です(笑)

複数の会社の中から福岡工務店に決めた理由はなんですか?

奥さま:福岡工務店さんに行くまでに、だいたい大手5社は見て回っていました。斉藤工務店をはじめ、悠悠ホーム、パナホーム、一条工務店、宝ホームなどです。hit展示場に行くと平屋は悠悠ホームさんだけだったので少し気持ちが傾いていました。ただどの会社もあまり参考にならなかったというのが正直なところです。

福岡工務店さんに決めた理由の1つに土地探しをしてくれたことがあります。他のハウスメーカーさんは「自分のところで建てるなら探しますよ」というスタンスでしたが、占部さんはまだ福岡工務店に決めたわけでもないのに「一緒に行きますよ」って言っていただいたのがかなり衝撃的でした。正直、暇なのかなと思ったくらいです(笑)土地が決まっていなかったので他のハウスメーカーでは何も進まず、あっても自社の建築条件付き分譲地を紹介してくる感じでした。その会社で建築すると決めてからじゃないと土地の情報は出てこないんです。だからハウスメーカーを決める前に土地を一緒に探してくださったのは決め手の1つだったと思います。あとは福岡工務店さんのグループ会社に不動産会社があったので、別の不動産会社で見つけた土地の仲介手数料が半額になるという「セルフ仲介」もよかったです。

ご主人:あとは占部さんが話しやすかったのが大きかったです。営業さんの対応力は決め手になりましたね。

奥さま:やっぱり窓口じゃないですか。同じ営業さんが担当してずっとやってくれるっていうのはとても安心できます。

ご主人:悠悠ホームさんは途中で担当が代わるって言ってたんですよね。

奥さま:「ここからは設計担当になります」「自分はずっとは付かないですけど」みたいな感じだったんです。いい方だったんですけど。

ご主人:インターネットの情報とかを見ていると、最初の担当さんにちゃんとイメージを伝えていたのに、途中で担当が代わった時に全然申し送りができてなくて、結局自分のイメージとは違う家が完成してしまったというのがありました。そういう情報をインターネットで色々見ていたので、私達は最初から最後まできちんと通して担当してくれる建築会社がいいなと思っていました。

奥さま:そういった部分で、やっぱり大手より地元の工務店の方が密な連係が取れそうな感じがします。あとはやっぱり「家づくり」ですね。高気密・高断熱の高性能住宅の説明を最初に聞いた時に、すごいなと単純にそう思いましたね。

ご主人:カビが生えないとか、長期優良住宅とかですね。

奥さま:ホームページに施工技術で全国ナンバーワンって書いてあったのも決め手になりましたね。職人さんたちの腕がすごいんだろうなって。体感はまだしていないですけどホームページに載っていることを信じました(笑)さすがに嘘は書かないだろうと思いましたし、どこでも見てくださいっていう感じで施工技術の高さに自信を感じましたね。

これから新居にお住まいになって、これまでの不満は解消されそうですか?

ご主人:解消できると思います。

奥さま:気密検査がすごかったんですよ。「隙間はこれくらいしかありません」と説明を受けてびっくりしました。

ご主人:家の基準などは正直分からないのですが桁が違っている感じがしました。たしか気密の数値が0.1を切っていたと思います。その上で大工の泊さんは「んー、もうちょっといけるかな」みたいなことを言っていましたね。

奥さま:きっと結露しないだろうなと思えましたし、レベルの高さをしっかり実感できたところです。それから前の家はダイニングがなかったのでリビングに無理やりダイニングテーブルを押し込んでいたのですが、それも解消されこれからはちゃんとダイニングで食事をとることができます(笑)

建築前や建築中に不安だったり悩んだりした点はありましたか?

ご主人:図面とか設計に対しては特にありません。ただ地盤改良が必要か不要かでずっと「どっちだろう?」という不安はありましたね。

奥さま:あと図面を見ながらインテリアコーディネーターの尾田さんが「ここから何センチですね」とか言われてもよく分かりませんでした。もちろん具体的に説明はしてくださったんですけど、全体像は見えなかったので。実際に住んだり家具が入ったりしてから「違うかな」っていうところも、出てくるかも知れないですね。

福岡工務店の残念だったところを挙げていただけますか?

ご主人:お客さんが多くて、みなさん忙しそうだなという印象ですね。

奥さま:占部さんも多分たくさんのお客さんを担当してるんだろうなっていう感じがすごくしたので、何かを忘れてても責められないというか(笑)何軒も何軒も1人が担当するっていうのは、大丈夫なのかなって正直思いましたね。できれば1家族に1人の担当者がついてくれるのが理想ですけど、やっぱそれでは会社が成り立っていかないでしょうし、対応はみなさん素晴らしかったのですが、あまりにも忙しそうだったので正直遠慮することもありました。

ご主人:でも本当に、みなさんしっかり対応してくださったので素晴らしいと思います。

奥さま:その時、聞けなかったことはあとで電話でしっかり聞きましたしね。

福岡工務店の各担当者の対応はいかがでしたか。

奥さま:設計の平山さんは面白かったです(笑)皆さん、だいたい上は作業服来ているのに1人だけスタイリッシュな感じで、最初は顧問みたいな人が出てきたなと思ったんです。パッと見はクールでとっつきにくい感じがしました。

ご主人:でも話してみるととっても面白かったです。

奥さま:すごい対応してくださるし、こちらが何を言っても否定せずに「うんうん」って聞いてくれて、大丈夫かなと思っていたらそれをきっちり図面に仕上げてくれました。私が言うことも全部きちんと書き留めていて本当に仕事ができる。仕事を淡々とこなしている感じですけど、図面にはきっと愛がいっぱいあるんだろうなと思います(笑)

ご主人:現場監督の小屋町さんはもう悪いところがないですね。本当、話しやすかったです。何もかもしっかりやってくれました。実は前に住んでいた家の補修までやってくれたんです。本当にありがたかったですね。安心してお任せできました。

奥さま:社長さんをはじめ福岡工務店でお会いした人たちはみなさん若くて、同年代の人が多かったですよね。

ご主人:大工の泊さんはいかにも職人さんというオーラで寡黙な人でした。

奥さま:ほとんど話しはされない方ですが、色々と気遣ってくれて笑顔がかわいかったです(笑)

ご主人:コーディネーターの尾田さんは、平山さんと同様に否定は絶対しないですね。こうしたいって言ったら、そのバリエーションを広げるような提案をしてくれたので、迷うことがあまりなく選びやすかったです。

奥さま:色々な提案を考えてくれてたかもしれないですけど、私達は好きなものがだいたい固まっていたので、それをベースに考えてくれてすごくよかったです。尾田さんがGOサイン出してくれると安心できました。

ご主人:私達だけで選んでいたら大変なことになってたと思います(笑)

奥さま:占部さんは土地選びの知識が衝撃的でした。1聞いたら10ぐらい返ってくるんですよね。その10の中に次聞こうと思ってたことが入ってたりして、分かってくれてるって感じました。

ご主人:こちらは何も分からない状態だったのでとてもよかったです。

奥さま:やっぱり聞いたことだけに答えられると、次の質問がなかなか出ないじゃないですか。

ご主人:そもそも土地を買う知識がないから分からないことが分からない。

奥さま:占部さんは不動産の方じゃないのに、すごい詳しくて営業として素晴らしいと思います。不動産の高橋さんが説明するところ全部説明してくれましたしね。それで高橋さんがあまり目立たなくなってしまったというのはありますけど(笑)

ご主人:あと大手のハウスメーカーさんにはない「現場リポート」もよかったですね。うちの両親など家族や友人がみんな楽しみに見ていました。

奥さま:現場を見せられるのは自信があるからだと思いました。

これから新居でどのようなライフスタイルを築いていきたいですか?

奥さま:2階は作ったものの1階だけで穏やかに暮らせたらいいなって思っています。まあ中2階は本当に気に入っていますし、子供は2階があったほうが楽しいでしょうから、ちょうどよかったと思います。

ご主人:転勤せずに長く住めたらいいなと思います。それからキャットウォーク。あそこは私のプライベートゾーンです。最初は使えないと話していたのですが、ハシゴがついていい感じになりました。いつかは娘達に取られそうな気もしますけど(笑)

最後にこれから建築する人へのアドバイスをお願いします。

ご主人:それだったら私の兄には家を建てるんだったら絶対、福岡工務店にしたほうがいいよと言ってます。

奥さま:注文住宅を考えてるなら福岡工務店がいいと思いますね。1から自分達で考えられるし建て売りではないよさがかなりあります。それに施工精度が高くて、注文した割にはコストパフォーマンスがよくお得感がありますし、1から作ってもらったので愛着もわきます。それに設計士さんと直接やりとりができるので、自分でこうしたいっていう希望があったら、まずは設計士さんに全部伝えるといいと思います。その上で福岡工務店さんは、図面を3Dで見せてくれたりと分かりやすいです。どこかのメーカーさんも福岡工務店さんは分かりやすくていいですねって言ってましたしね。

木造在来工法2階建て
竣工 2016年12月
屋根 外張り断熱工法
外張り断熱工法
敷地面積 約184㎡(約56坪)
延床面積 約115㎡(約35坪)
施工床面積 -

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください