高木さんファミリー
「福岡工務店さんの皆さんは、裏表がなく一人一人の態度や雰囲気から信頼して頼むことができました。」

高木さんファミリー

2016年10月、お引っ越しから約1ヶ月が経過した、福岡市早良区次郎丸の高木様邸を訪ねました。高木様は以前マンションを購入した際にトラブルにあわれたそうで、今回の住宅購入にあたって大変慎重に建築会社を選んだそうです。そんな高木様に福岡工務店を選んだ理由やきっかけスタッフの対応などをインタビューしました。

以前お住まいだった家の不満点はどういうことでしたか?

奥さま:これまで転勤で何度か引っ越しをしてきたのですが、前の家は1年半ぐらい住んで、その前が4年、さらにその前は10年住んでいました。1つ前の家は古くてすごく寒かったのが不満でした。

ご主人:1つ前の家は最初から家を建てる予定でワンポイントで住んだ家でした。

奥さま:転勤先の東京から福岡に帰ることになってたのですが、福岡に家を見に来る時間がなくて1日で見て回って決めたという感じでした。それより前は城南区のマンションに10年ぐらい住んでいました。南西向きだったんですけど1階だったのですごく暗かったです。

ご主人:ベランダが広いというのが売りでしたが、その分、光が入らない(笑)

奥さま:ベランダは雨が降り込むこともなく、洗濯物干したり、ちょっと何かしたりというのにはすごく便利だったんですけど。日が入りにくくて朝でもちょっと暗かったのです。台所などは窓もなかったですから朝も電気をつけないといけませんでした。でも今は曇りの日でも電気をつける必要はほとんどないですね。不満は解消されました。

新居で快適だと感じるところはどういうところですか?

奥さま:もう全部です(笑)

ご主人:外の音が中まで聞こえませんね。だから雨が降っていても分からないくらいです。

奥さま:当然家の中の音も漏れないので、ご近所の方に「昼間いるの?」と聞かれたこともあります(笑)

ご主人:遮音性には自信あると聞いていましたが本当に実感しています。その他の設備も色々いいですが、まだ住んで2週間なので使いこなせていない感じです。

奥さま:お風呂のエコキュートなどもまだ説明書を見ながらです(笑)

反対に新居であまりよくないと感じるところは?

奥さま:不快なところはないですね。

ご主人:そうですね。嫌なところは今のところありませんね。

奥さま:あえて挙げるならコンセントですね。掃除用として階段のところに1個つけておけばよかったと思います。

ご主人:コンセントはたくさんつけてもらって、使おうと思ったところには取り付けたつもりだったのですが、階段だけが…という感じです。電化製品をおく場所は考えていたのですが、掃除機が届く範囲というところまでは想定していなかったですね。

奥さま:大丈夫かなと思っていたんですけど、実際に建ててみるとやっぱりあったほうがよかったなと。でもそこまで不便とは思ってないです。本当に「あればよかったかな」というぐらいです。

ご主人:まあなんとか届きますからね。

奥さま:他にはちょっと玄関が使いにくいかなというところです。最初の計画ではシューズクロークにしているはずだったのを変えたところです。そこは設計の平山さんや住宅コンシェルジュの樋渡さんにアドバイスいただいていたんですけど、あえて「私達はこうしたい」と言ってやってもらったんですが、やっぱりアドバイスをちゃんと聞くべきだったと思っています。自分達の失敗ですね。

新居を購入しようと考え始めるきっかけはどういうものでしたか?

ご主人:新居については転勤が決まるずっと前、マンションに住んでいた頃から考えていました。だからもう多分7~8年ぐらい前ですね。でもきっかけがなかなか掴めませんでした。

奥さま:土地も含めていいところがなかったんです。

ご主人:東京に転勤が決まったときにマンションは売却したんです。戻ってきたらまた買うつもりでした。

奥さま:一戸建てがいいなというのはずっとありました。マンションに住んでみて「やっぱり戸建ての方がいい」と。もともとそこのマンションを私が気に入ってなかったせいかもしれません(笑)

ご主人:そこが暗かったという部分もあったと思いますが、他にも色々とトラブルがあったんですよ。

奥さま:もちろん福岡工務店さんはトラブルなんて全くなかったです(笑)

では福岡工務店を知った経緯を教えてください。

ご主人:ホームページですね。「外断熱」で調べました。

奥さま:キーワードは外断熱にしようと決めていました。そこで福岡工務店さんが出てきてのですが、ホームページがすごく分かりやすかったんです。

ご主人:本当に素人向けに作ってあるなあと思って。

奥さま:「よく作ってあるね」と。で、とにかく話しを聞きに行こうということになり、私だけが平日に見学会に行って、最初は当時入社したばかりの池田さんが対応されて、もっとよく話しを聞くために翌日に樋渡さんとも会ったんです。

ご主人:最初から外断熱にしようと決めていて、外断熱をやっている建築会社を10社以上見に行きましたね。話しを聞いたり詳しい資料を送ってもらったり、モデルルームがあればモデルルームも見学したり、あと宿泊体験もしました。そして福岡工務店さんを含めて6~7社から検討するようにしました。ただその後もう1回他も見てみたいと思い、今度はSUUMOカウンターに行って何社か紹介してもらいました。

奥さま:SUUMO カウンターでは外断熱に限定して探してもらいました。そして最終的に東宝さんと健康住宅さん、そして福岡工務店さんの3社が残り、最終的には東宝さんと福岡工務店さんの2社で比較しました。

ご主人:だから福岡工務店さんは2回残ったんです。SUUMOカウンターに行った時は、福岡工務店以外も知りたいと思って行ったんですけどね。東宝さんは仮の設計までしてもらいましたが、少しランクが上と言う感じで価格も高かったですね。すべてが木の仕様というのは魅力的でしたが、あとで考えたら反ったりする心配もあるし、結果的に福岡工務店さんでよかったです。

複数の会社の中から福岡工務店に決めた理由はどういうことでしたか?

ご主人:福岡工務店さんを選んだのは人が信頼できるというのが第一でした。裏表がないというか。それにあんまりお金をかけたくないという思いもありましたから、枝葉よりまずは建物自体がしっかりしているというものが希望でした。質素でもいいからしっかりした家を建ててくれるところに頼みたいと思っていました。そういう意味で福岡工務店さんはちょうど合っていて一番しっくりきました。

奥さま:会社自体の雰囲気がとてもよかったです。

福岡工務店の残念だったところを挙げていただけますか?

奥さま:気密検査の時「あれ?」と思うことがありましたね。

ご主人:気密値を測定した時、計測が上手くいかなかったようで、どうしたのかと思ったら2階の窓に1か所サッシが入ってなかったみたいなんです。それでビニールとテープで養生して、再度測定されていたのですが、大丈夫かなと心配になりました。その時、数値は大丈夫だったのですが、どうしても気になったので後日サッシを入れた状態で、もう一回測り直してもらいました。結局、測り直しても数値は変わらなかったのですが、その時は大丈夫かなと思ってしまいました。

奥さま:福岡工務店さん、ちょっと大丈夫かなって思いましたね(笑)でもこちらから頼む前に「すぐに測り直しましょう」と言ってくださったからそれで安心できましたね。

ご主人:それと1階は全く問題ないんですけど、2階のコーキングが自分としては雑に見えましたね。1階と同じコーキングを使っているのですが、2階のクロスの色は1階と違うのでコーキングが目立っていました。クロス屋さんに「ちょっと気になります」「浮いて見える気がします」と言って、もう一回してもらったんですけどほとんど変わってないですね。なかなか選んだクロスの色と合うコーキングはないみたいですが。再度やり直してもらうように依頼をしています。

奥さま:他にもちょこちょこと違っていることがありましたけど、すぐに交換してくださったりやり直してくださったので大丈夫でした。

逆に福岡工務店のよかったところを挙げていただけますか?

ご主人:以前、マンションを買ったときトラブルにあったので、次に家を買うときは「失敗はできない」という思いもあってとても慎重になっていました。でも福岡工務店の皆さんは裏表がなく1人1人の態度や雰囲気から信頼して頼むことができました。家づくりに対する不安はすぐに消えましたね。

奥さま:まさに会社の顔が見えたという感じですね。まず玄関を入るとすぐにみなさんが見えますし社長さんとも直接お話しできました。普通社長さんとお話しをするなんて、なかなかないと思います。1人1人の顔が見えてその方たちがちゃんとしていらっしゃって、心・気持ちがあるというか、そういうところが伝わってきました。最初に会った平山さんや樋渡さんもよくて、この会社はいいなと安心して任せられるなと思えました。

ご主人:何回も言うようにマンションのトラブルなどもあったので、不動産という業界が好きじゃなかったんです。嘘をつかれたこともありますし、向こうのペースで仕事をされることもありました。例えばいつまでに契約とかですね。今回家づくりをするにあたって福岡工務店さん以外にも外断熱のところ2社と話しをしていたのですが、そういう理由もあって消えました。

奥さま:そこの設計の方はこちらが希望を言っても、なかなか思うようにしてくださらなかったんですよ。でも平山さんは本当によく聞いてくださいました。私達が色々な要求しても、嫌な顔1つせず根気よく書き換えてくれました。こちらも申し訳ないと思いながらも何度も何度も言ってしまいました。

ご主人:細かいところを相当言いましたね。

奥さま:隅々に渡って聞いてくれましたし、実際に福岡工務店で家を建てた方の意見を織り交ぜて説明してくれました。

ご主人:だから信頼してお任せできました。最初の設計の段階からほとんど変わってないですからね。

奥さま:平山さんをはじめ、みなさん、私達の要求に対して嫌な顔をされずに聞いてくれました。樋渡さんもそうです。平山さんと樋渡さんだったから、多分、福岡工務店さんに決めたんだと思いますし、1人ずつでなく一緒にペアでいらっしゃったのも大きいと思います。コーディネーターの尾田さんもよかったです。

ご主人:本当にみなさんよかったですね。

奥さま:現場監督の小屋町さんも細かいところまで気をつかってくださったし、大工の渡辺さんも私はしょっちゅう現場に行っていたんですけど、ちゃんと手を止めて話しを聞いてくださいました。本当に真面目にされていました。

ご主人:福岡工務店さんを知って建築会社のイメージは変わりましたよ。ちゃんとしたとこもあるんだなと(笑)

最後にこれから建築する人へのアドバイスをお願いします。

ご主人:自分達はあまりプランというのを持たずにスタートしました。作りながら進めていくというやり方でしたから、工務店さんに迷惑をかけた部分もあったと思うんですよ。例えば外壁のことなど全然決めていませんでした。どういう色にしようとか、どういう形にするとか。やっぱりイメージを持っていたほうがスムーズにいくんじゃないかと思います。

奥さま:本当に私達はそれがよくなかったですね。色々なことを家に一旦持ち帰って、すごく悩んで何度もやり変えてもらったりして。

ご主人:反面、十分悩んだ方がいいということもあります。「これでいいや」と簡単に決めないことです。妥協しないことですね。

木造在来工法2階建て
竣工 2016年9月
屋根 外張り断熱工法
外張り断熱工法
敷地面積 約136㎡(約42坪)
延床面積 約105㎡(約32坪)
施工床面積 -

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください