林さんファミリー
「とにかく福岡工務店さんの社風とか働いている方々の人格とか、とても素晴らしかったです。」

林さんファミリー

2016年4月、お引っ越しから約半月経過した、福岡県朝倉郡筑前町の林様邸を訪ねました。林様はもともと埼玉県にお住まいでしたが、転勤がきっかけで福岡に家を建てたお客様です。当初は全国展開の大手住宅メーカーで関東の営業マンを通して、福岡に建築をお考えでしたが、やはり地元の工務店に依頼したいということで福岡工務店にご依頼いただきました。そんな林様に福岡工務店を選んだ理由やきっかけやスタッフの対応などをインタビューしました。

新居に初めて入った時の印象と一番気に入っている所を教えてください。

奥さま:とにかく広いですよね。前の家と比べて広く感じるのはもちろん、建築途中に見た時よりも実際の方が広い印象でした。気に入っているところは吹き抜けです。

ご主人:私も気に入っているところはなんといっても吹き抜けです。それとガラス戸。これは夫婦一致していますね。やっぱりもう開放感が違いますね。

奥さま:子供は「お絵かきのところがいい!」と言っています。ホワイトボードを置いてお絵かきができるスペースを作ったので。まだペンは買っていないんですけどね(笑)とても楽しみにしているようです。

以前お住まいだった家の不満点や心配事はなんでしたか?

奥さま:結露です。冬になると窓がびちょびちょに濡れていました。

ご主人:私は前住んでいたマンションの時、階段など共有の場所に物が置いてあることが嫌だったんですが、そういうことが何もなくなったことがよかったですし、とにかく、広さに関して不満は解消されました。庭もいいですよね。

奥さま:子供はしょっちゅう外に出て遊んでいます。一度出たら、なかなか家の中に入ってこないんですよ(笑)

ご主人:前のマンションだとなかなか外で遊ばせるということが難しかったんですよね。子供ってやっぱり遊ぶ時ははしゃぐじゃないですか。おとなしく遊ぶことはほとんどありません。そうすると苦情が来たりするので。でも今はまったくそういうことを気にしなくてよくなりました。ご近所のお子さんとも少しずつ遊ぶようになりました。

では新居での不満などはありますか?

ご主人:ダメっていうのはないんですけど、こうすればよかったっていうのはあります。まあ最初から分かっていたんですけどコンセントの位置ですね。こればかりは実際に住んでみないと分からないのですが、生活を始めてやはり「ここにもつけとけばよかったな」と思うことがあります。

奥さま:私はコンセントについてはそんなに気にならないんですけど、玄関のタイルがすごい汚れることですね。それがちょっと不満です。

新居を購入しようと具体的に考え始めたのはいつ頃でしたか?

ご主人:私の転勤、長女の小学校入学のタイミングが同じだったので、その少し前から動き始めました。福岡工務店さんに問い合わせをしたのは5月ぐらいだった気がします。

建築前や建築中に不安だったり悩んだりした点はありましたか?

ご主人:私達は福岡工務店さんに絶対的な信頼を置いていたので、全てに関してなんの不安もなかったです。むしろ建築が進んでいく中で、裏で私達のために色々なことを調整してくれたり、動いてくれたりということがありがたくて、逆に申し訳ないという気持ちでいっぱいでしたね。わがままばかり言ってましたから。とにかく福岡工務店さんの社風とか、働いている方々の人柄とかとても素晴らしかったです。もし自分が転職するなら絶対福岡工務店さんに再就職したいと思ったほどです。本当ですよ(笑)

奥さま:私も同じです。会った時からみなさん感じがよかったです。福岡工務店さんの素晴らしさはとにかく見ていたら分かります。

では福岡工務店を知った経緯を教えてください。

奥さま:福岡工務店のホームページでした。家を建てようかと言う話しになって、最初は展示場を見て回って外断熱の話しなど説明を受けていたのですが、一度は諦めかけていたんです。

ご主人:色々なメーカーで提示された金額が私達にとっては破格の値段で。もう無理かなと思うようになりました。

奥さま:一条工務店さんに話しを聞いていたのですが、営業の人は親身になってくれたものの、実際に家を建てるのは福岡の会ったこともない人たち。1回も会えないという感じなんです。一生物の家を建てるのに、それで大丈夫かなあと感じてしまいました。

ご主人:まあ私は一条さんの素晴らしさがよく分からなかったというのもあります。

奥さま:あと建て売りも考えたのですがほとんどがグラスウールだと言われました。それは嫌だったというか、やはり外断熱をやっているところがいいなという想いがありました。

福岡工務店に決めた理由やよかった点はなんでしょうか?3つ教えてください。

ご主人:3つと言われても無理ですよ。

奥さま:ありすぎて(笑)

ご主人:(笑)

奥さま:コンシェルジュの池田さんには本当にお世話しになりました。

ご主人:もう昼夜問わず対応してくれて、正直「こんなに対応してくれるの?」とすごく驚きました。最初は私達も夜の連絡は控えてたんですけど、仕事が忙しくてどうしようもない時、ついメールを送ってしまったんです。するとすぐに電話しをださって。それ以来ちょっと甘えちゃって、何度か夜遅くに電話してしまいました(笑)それなのに池田さんは「事務所の電話じゃなくて携帯にかかってくるようになって嬉しかったです」と言ってくれました。

奥さま:本当にありがたかったです。色々と気をつかってくださっているなあと感じました。

ご主人:私達家族が入社して初めての担当だったということで色々大変だったと思いますよ。でも初めてとは思えない対応っぷりで驚きました。

奥さま:ねえ。楽しかったよね(笑)気遣いもすごい感じました。

ご主人:池田さんには、もっと成長してほしいんで何か言ってあげたいんですけど見当たらないですね(笑)すいません、本当にないです(笑)コンシェルジュの樋渡さんは、わざわざ埼玉まで来てくれました。あれも驚きましたね。

奥さま:私はコーディネーターの尾田さんがすごくよかったです。全部相談に乗ってもらいました。自分の思い描いているものが本当にいいのか分からなくて、迷うこともたくさんあったので、尾田さんにとりあえず全て相談しながら進めました。そして尾田さんのOKが出たらそれでいいんだと(笑)すっかり安心してお任せしちゃいましたね。何を決めるにもすべて尾田さん基準でした(笑)

ご主人:あとはホームページの現場リポートですね。すごく楽しみでした。そして現場リポートとは別に、池田さんや現場監督の小屋町さんや木村さんからも現場の進捗具合を写真を送ってくださいました。その時は埼玉にいたので本当にありがたかったです。

反対にあまりよくなかったと感じた点を教えてください。

ご主人:逆にこっちをたくさん言ったほうがいいかもしれないですけどなかなか思い当たらないですね。しいて言うなら住宅ローンとか福岡工務店さんから紹介してもらった違う業者さんとやり取りするときに分かりづらいことがありました。

奥さま:特に住宅ローンの件とかお金の流れについては大切ですよね。途中、色々やってくださったのは分かるのですが、最終的な清算の段階になって「あれ?どうなってるんだろう」という部分もあったりしたので、もっと細かく分かりやすく途中も説明をしてほしかったです。

ご主人:私も住宅ローンにサインしているわけですし、もっとローンに詳しい占部さんを頼ればよかったなあと思いました。

最後にこれから家を建てられる方にアドバイスなどお願いします。

ご主人:やっぱり家を建ててもらう業者さん、私達の場合は福岡工務店さんでしたが、顔を見てしっかり話せる機会が多ければ多いほど、自分達の理想の家ができると思います。今回、私達は遠くにいたので、福岡工務店の方たちとお会いすることがなかなか大変だったのですが、メールとか電話よりもやっぱり直接会って話したほうが、それぞれの考えもしっかり伝わると思います。とにかくチャンスがあればできるだけ顔を合わせて話しをする回数を増やすということが、理想の家づくりにとってはすごく重要なポイントだと思います。

奥さま:私は事前にたくさんの家の絵とか写真を見て、とにかくイメージを固めておくことが大事だと思います。私達は最初、ぼんやりとしたものはあったのですけど、いざ具体的に関わるようになると、やはり戸惑うことがありました。例えば壁紙のサンプルとか家のサンプルを見ても「どれもいい!」「どれにしよう?」って分からなくなっちゃって(笑)それで想像していた以上に時間がかかってしまいました。

ご主人:確かに事前の情報収集は必要ですね。写真とか画像とかをいっぱい見た上で「こういうのがいい」って、家づくりの軸みたいなものを作っとくってことが大事だと思います。

奥さま:そうでないと何を決めるにもぶれてしまうと思うんです。色々見てるとだんだんと選択肢が増えてきてくるので選べないという感じになってしまいます。

木造在来工法2階建て
竣工 2015年9月
屋根 外張り断熱工法
現場発泡ウレタン
敷地面積 約203㎡(約61坪)
延床面積 約118㎡(約36坪)
施工床面積 -

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください