知花さんファミリー
「福岡工務店を選んだ理由は、気密性が高いのはもちろん、長期優良住宅が建てられること施工技術が全国1位というところに魅力を感じたからです。」

知花さんファミリー

2016年2月、お引っ越しから約3ヶ月経過した福岡市南区老司の知花様邸を訪ねました。知花様はもともと購入したマンションにお住まいでしたが、お子様が生まれたタイミングで一戸建てに住み替えをされてお客様です。そしてマンションの売却から土地探し、住宅建築まで、福岡工務店のグループ会社不動産福岡も交えて一貫して対応させていただきました。そんな知花様に福岡工務店を選んだ理由やきっかけ、スタッフの対応などをインタビューしました。

新居に初めて入った時の印象と一番気に入っている所を教えてください。

奥さま:本当に綺麗すぎて自分達の家じゃないと思いました(笑)まるでモデルルームに来ている感じでした(笑)

ご主人:自分達の家という実感がなかったですね。一番気にいっているのはセカンドリビングの和室です。あの空間全体が気に入っています。

奥さま:私はテレビ周りの壁の造りが好きです。

ご主人:あとは玄関のモザイクタイルのところも、イメージ通りにしてもらえてよかったです。もともとはエコカラットか、そういうクロスか悩んでいたんですけど、コーディネーターの尾田さんにモザイクタイルというものがあると教えていただき現物を見せてもらいました。ライトも当てる予定だったので、すごく綺麗に映えるよねという話しになり「これがいい」と即決でした。

奥さま:サンプルを尾田さんが持ってきてくれました。ちょうど天気がいい日で、太陽に照らすとすごくきれいだったんです。もうすぐに決まりました

ご主人:尾田さんの提案がすごくよかったです。あの提案は大きかったです。

奥さま:その他に気に入っているのはキッチンですね。特にIHの使いやすさ。前の家はガスコンロだったので夏場に料理しているととにかく暑かったです。でもIHだと全然暑くないから料理を長時間するのも苦じゃなくなりました。本当に気持ちよく家事がしやすいです。

ご主人:庭も気に入ってます。設計の段階から「庭を広く使いたい」「親の老後ために生かしたい」など、色々考えていましたが、こちらの思ったとおりに設計してくれました。限られた敷地を有効に使えるよう、それぞれの配置を考えてくれて素晴らしいですね。車も4台止められます。

以前お住まいだった家の不満点は何ですか?

奥さま:昔はアパートに住んでいて、2階の足音が気になっていました。友人や弟などが遊びに来た時も、周りに迷惑じゃないかと心配になったり時間が気になったりしていました。でも今のこの家では子供が泣いても騒いでも気にならなくなってのびのびとできるようになりました。

今回一度購入したマンションを売却して戸建てにされたのはなぜですか?

奥さま:実は以前から夫のお母さんと一緒に住みたいという希望があったんです。そうなるとマンションは手狭で、どこか別のところに引っ越すとなると今までの家具などもあって大変だと考えるようになりました。子供部屋をはじめ家族それぞれに部屋があるのがいいなと思うようになったんです。そこで心機一転「一戸建てにしよう」という話しになりました。

ご主人:マンションからマンションへの住み替えは検討しませんでした。将来のこと子供のことや親の介護なども考えたら、マンションより一軒家がずっとイメージしやすかったですね。子供に資産として残しやすいというのもありました。

新しい家でよかったなと思うところはどこですか?

ご主人:よかった点は冬場に感じたんですけど、もう本当に温かくて気密性のよさを感じましたね。あとはやっぱり明るさですね。以前は昼間でも電気をつけないと暗かったんですが、今は電気をつけなくても本当明るいです。プラン的に吹き抜けが北側の方向を向いているつくりですが十分明るいんです。冬なのにこれだけ感じるのですから夏はもっと明るさを実感できると思います。

奥さま:物置やクローゼットに取っ手をつけなかったことがよかったなと思っています。見た目がいいなと思って選んだのですが子供のいたずら防止にもなりました。子供が開けられないのでいたずらしないんですよ。前の家ではいたるところにいたずら防止のテープ貼って本当に見た目も悪かったです。

逆に悪かったと思うところはどこですか?

ご主人:悪かったところというか、ちょっと気になっていたのが外気を取り入れる吸気口の位置です。吸気口とリビングの換気口の間にちょうどソファがあり、空気の通り道になっているので冬場はヒヤッと感じることがありました。

奥さま:あまり目立たないように今の場所につけてくれたと思うんですけどね。でも他に「悪いところは?」と言われても探さないとないですね(笑)

住み替えを考え始めたのはいつ頃でしたか?

ご主人:母と一緒に住みたいと考えていたときに子供が産まれたのが一番の理由です。一戸建てって夢がつまっているじゃないですか。もうこの機会しかないという感じでした。でも最初はそれでも漠然としていました。

奥さま:「いつかお母さんと住みたいね」というくらいで。

ご主人:3~4年後とか、もうちょっとお金をためてからでもいいかな、という想いもありしましたし。子供が産まれる少し前から、展示場やショールームなどをなんとなく見に行き始めたという感じでした。とりあえず「見てみようか」というぐらいでした。具体的に動き出したのは福岡工務店さんと出会ってからでした。

福岡工務店を知った経緯と決め手になったことを教えてください。

ご主人:福岡工務店で気密性の話しを聞いたのが大きかったですね。今までショールームで色々な話しを聞きましたが、どこも一方的に話しをされることばかりでした。ただ気密性は一番大事だと考えていたのでネットで色々調べて、とりあえず気密性にこだわっている工務店を3社に絞って行ってみることにしました。大手だと一条工務店に行きました。その3社の中から福岡工務店を選んだ理由は、気密性が高いのはもちろん、長期優良住宅が建てれることや施工技術が全国1位というところに魅力を感じたからです。

現場レポートも参考になったし、大工さんの顔まで紹介されているのはすごく信頼できる印象でした。施主へのインタビューもいいことも悪いこともちゃんと書いてあったので、それを踏まえていいんじゃないかと感じましたね。福岡工務店の方たちの人柄もすごくよくてそれも決めての1つです。住宅コンシェルジュの占部さんは本当に親身になって聞いてもらいました。

奥さま:他のところは一方的で「ここいいですよ」「来週バスツアーに来ませんか? お弁当でますよ」「申し込み、今日書きません?」といった感じで。

ご主人:なあなあで決めるのは危ないと思って「ちょっと待て」「ちょっと冷静になろう」と話しました。とにかく何社か回りましたが、どこもあまりこっちの話しを聞こうとしなかったです。家に押しかけてきたり電話が掛かってきたりというのも嫌でしたね。仕事中にもかかってきて怖いなと感じることもありました。

奥さま:あとは福岡工務店の居心地がよかったですね。今までは展示場とか行ったら「早く帰りたい」って思っていました。ぱっと家を見て「きれいだね、さあ帰ろう」みたいな。でも福岡工務店の場合はいつの間にか2時間過ぎてたとか、そういうことが多かったです。いっぱいお話しもできてすごく居心地がよかったです。

ご主人:高気密高断熱とか長期優良住宅はちょっとコスト的には上がりますけど、最終的には値段よりもやっぱり住み心地のほうを優先して決めました。

福岡工務店のスタッフについて感じたことをお教えください。

ご主人:まず設計の平山さんですが、最初は「怖そうな人だな」と思っていました。オーラに圧倒されて、正直言うと「この人に相談できるのかな?」って思いました(笑)でも色々相談していくうちに「対応も丁寧ですごく頭の切れる方なんだな」と感じるようになりました。

奥さま:こうしたい、ああしたいって、こちらの要望をぶわーっと言うこともあったのですが、次にお会いしたときに、もうそのとおりに設計ができていたんです。すごい!って思いました。自分達の理想ばっかり言って将来的なことを考えていなかったので、「ここはこうしたほうが将来的にいいと思いますよ」と言っていただくこともありました。例えば洗濯物を干すための動線なども、まっすぐになるように「扉をつけたらいいと思いますよ」ってアドバイスしてくれて今は本当に助かっています。

ご主人:コーディネーターの尾田さんにもたくさんお世話しになりましたね。

奥さま:尾田さんには色々とご迷惑をおかけしました。尾田さんがお忙しくて打ち合わせの機会が少ないこともあったのですが、その限られた時間の中でぎゅっと詰め込んで濃い話しをさせてもらいました。的確に指示してくださったり説明してくださったり。「これ、いいですよ」「この前、施工されたお客様がこの壁紙使いましたよ」「トイレはこんなのだったらいいですよ」など色々な提案をしてくれました。

ご主人:自分達が思っているイメージをしっかり分かってもらっていたので「こんな感じがいいんじゃないですか?」って提案されたら、すべて「ああ、いいね」「合うね」という感じでした。

奥さま:イメージがよく伝わっていたしとにかく相性が合う方でした。

では私達の対応について感じたことを教えてください。

ご主人:現場監督の木村さんにはもう本当にお世話しになりました。最初に「この方、いい方だな」と思ったのは棟上げの前日の夜でした。大雨が降っていたので気になって現場を見に行ったら、木村さんが1人で何か広げて色々見ていたんですよ。

奥さま:「何されているんですか?」って尋ねたら、「いや、ちょっとイメージを膨らませようと思って」と言って。木村さん、お休みだったそうなんですがすごく熱い人だなあと思いました。

ご主人:それでもう心を持っていかれましたね(笑)工事が始まってからも対応は早いし、毎日本当に一生懸命にやってくれているのが伝わりました。

奥さま:大工の泊さんは黙々と作業されるから、最初はちょっと声掛けにくいという印象でしたが、話してみるとすごくいい人で色んなお話しをしてくださいました。

ご主人:玄関のところに、図面にはなかったニッチを急遽つけようということになったんです。それで木村さんに「このぐらいの大きさでつけたい」と相談したら難しそうな感じだったんですよ。それで念のために泊親方に聞いてもらったら「おお、できるよ!」みたいな(笑)それからも色々お願いして本当思いどおりにやってくれました。すごいいい人でした。

住宅コンシェルジュの占部さんは、納得するまでちゃんと説明してくれたり、色々と細かいことまで対応してくれたりとすごく安心できました。自分は金銭的にもそうですし、納期的にも流れ的にも不安なことがたくさんあったので、よくメールさせてもらいました。占部さんは例え休みの日でもすぐに返信してくれて、きちんと対応をしてくれました。申し訳なかったのですが、こちらにとっては本当にありがたかったです。占部さんがいないと福岡工務店にお願いしなかった、というくらいの感じでしたね。

奥さま:実際に家が建ち始めて占部さんに会うことが少なくなってからは、よく「占部さん、元気かな?」「会いたいな」と思っていました。

福岡工務店について感じたことを教えてください。

奥さま:皆さん、すごく仲良しで居心地がよかったです。

ご主人:あと工務店と不動産会社が一緒というのも大きかったです。マンションを売却して土地の購入から家の建築まで一貫してできたのは、自分達からしたらとてもよかったです。逆にちょっと残念だったのは、紹介していただいた外構の業者さんの対応がよくなかったところです。電話くださいと言っているのにかかってこなかったり、ゴミや工具を置きっぱなしにして帰ったりしてちょっと酷かったです。今後、同じような想いをする方が出ないようにするためにも、外溝工事まで福岡工務店さんでできないのかなと思いましたね。

奥さま:福岡工務店さんが本当にすごいよくしてくださって、すごいスピーディな対応だったので、逆に外溝の業者さんの対応が目立ってしまったのかもしれません。だから外溝工事まで福岡工務店さんで施工してもらえたら安心できると思います。

最後にこれから家を建てる方にアドバイスなどありましたらお願いします。

ご主人:やっぱり夫婦や家族でしっかり話し合って、ちゃんとしたイメージを持ってのぞんだ方がいいと思います。決めることがたくさんあるので本当に大変ですから、ショールームや展示場など色々行って、よかった点などメモをとったりというのもいいと思います。キッチン回りは奥さんが決めるとか、リビングは別の人が決めるとか役割分担をするのもいいと思います。喧嘩にならずにすみます。尾田さんのようなコーディネーターの存在も大きいですよね。

奥さま:コーディネーターはつけられるなら絶対につけた方がいいと思います。

ご主人:それから後になって「これが欲しい」とか「これがいる」とか必ず出てきますから、金銭的には少しでも余裕を持って計画した方がいいと思います。

木造在来工法2階建て
竣工 2015年12月
屋根 外張り断熱工法
現場発泡ウレタン
敷地面積 約256㎡(約78坪)
延床面積 約118㎡(約36坪))
施工床面積 -

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください