倉掛さんファミリー
「福岡工務店にお願いすれば、間取りも外断熱も気密性も“妥協しなくていいんだ”と思い、うれしかったです。」

倉掛さんファミリー

2014年10月下旬、倉掛邸を訪問しました。ご夫妻をインタビューする間、仲良し3兄弟は庭でガ―デンパラソルセットの組み立てに夢中(ちょうど点検に訪れていた木村現場監督の指揮の元!)笑い声が絶えない倉掛ファミリ―でした。

完成して一番最初に家に入った時の印象をお聞かせください。

ご主人:「おっきいなあ!」と思いました(笑)

奥さま:吹き抜けが大きくて気持ちよかったです。丁度腰を痛めて動けない時期と重なり、和室に布団を敷いて寝たきりだったので、いつもいつも吹き抜けから窓の外を眺めて、癒されていました。昼は雲や青空、夜は月が見えるんですよ。

ご主人:満月も見えたよね。

生活が始まって1カ月。今のお気持ちは?

ご主人:快適です。通勤は少し遠くなりましたがそんなに苦にもならないですし。帰宅してお風呂にゆったりと浸かる時に「建ててよかったな」と実感します。それと自分の部屋が持てたことがすごく嬉しいです。

奥さま:私は収納が多いことが嬉しいです。今までは転勤の連続だったため物を増やすことができず、子供が小さい時の思い出のものも結構捨ててきたんです。でもこれからはどんどん貯めることができることがうれしくて…

ご主人:夢だった吹き抜けをはじめ願いがすべて叶ったので感慨深いです。

福岡工務店に決めた一番の理由は何ですか?

ご主人:間取りです。家づくりを始めてから色々な会社を回っている時に「吹き抜けは無理だろう」と思っていたんです。必要な5部屋を確保するためには相当な広さの面積を使うし、そこに吹き抜けをつくったら、自分達の予算じゃ無理だと思ってたんですよね。他の建築会社にも設計してもらっていましたがとてもとても実現できなかったんです。しかも各部屋6畳を確保することまで考えると無理だったんです。

奥さま:もう諦めてたんですよ。自分達の希望は通らないだろうって。2階に4部屋入れて吹き抜けとか、全部入れることは無理だと思ってて…正直に言うと「福岡工務店さんも無理だろう」と思い、お断りするつもりで福岡工務店さんに行ったんです。そんな心境の中で、福岡工務店さんの事務所に行って最初に設計図を見せてもらった時、「おっ!」「おおおっ」って思ったんです(笑)「バンッ」と平山さんがプランを見せてくれた時、すべての希望が叶うんだとびっくりして衝撃を受けました。「自分達の希望は無理だろう」「すべてを入れることは無理だろう」って思ってたんで。もうびっくりでした。全部の希望を叶えることに諦めてたから…。

ご主人:あの設計、秀逸だったもんね。一瞬で惹きつけられました。

奥さま:設計図を見てしまったことで気持ちがころっと変わって「もう、ここにしよう」って。本当はもう諦めて「断ります」って言いに行ったのに「がらっ」と変わったんですよ。この設計で…図面を書いてもらうためのヒアリングの時に、吹き抜けについては「あったらいいですか?」って言われて「ああ、そうですね。あったらいいですけどね」くらいに軽く言ってたら、出てきた図面にバッチリはまっていたんですよ(笑)

ご主人:それともう1つ、外断熱と気密性にはこだわっていました。せっかく家を建てる段階で、気密性というのは非常に大事だなっていうのは勉強して分かったんですが、その全部を叶えようとすると非常に高い予算になって他のどの会社に行っても無理でした。福岡工務店さんに行く当初も、もうどこかで妥協しないといけないのかなという気持ちにはなっていたんです。最終的に福岡工務店にお願いすれば、間取りも外断熱も気密性も「妥協しなくていいんだ」と思いうれしかったですね。正直、予定していたより予算は若干ですが上がりましたけど(笑)

奥さま:最初に決めてた予算よりも後から「ちょっと予算オーバーしてます」って言われたんですが、設計を気に入ってしまったもんだから「もう、ちょっと無理しよう」っていう気になっちゃいました(笑)

ご主人:一生物の買い物だからですね。素晴らしい設計でした。惚れ込んだね。

奥さま:あの衝撃が忘れられないですね。

高性能住宅は空気が常に静かに循環しているためホコリがたまりにくい。従って掃除の回数が減るという声をしばしばいただききます。感じられますか?

奥さま:回数は減っていないんです。逆に広くなった分、大変だなと思います。ホコリのことは今までのインタビューを読んで期待していたんですけど残念ながら特に感じません。何ででしょう?子供達が走り回るからかな?

デメリットとしては音が響くこと・乾燥することがあります。

奥さま:それはどちらも実感します。音のことは「男の子だからそういうもの」と思ってきたので苦になりません。でも乾燥はすごいですね。

ご主人:10月下旬の今、もう加湿器を付けていますから。

奥さま:洗濯物は時々室内干しにしています。早く乾くという効果と室内の加湿効果を期待して。

ご主人:一石二鳥ですよね。さっきの空気の循環で言えば、こっちに来てから一度も風邪をひいていないのはそのおかげかもしれませんよ。

他によくなかったと感じることはありますか?

ご主人:エコキュートを付けましたが、水からお湯になるまでに少し時間が掛かります。お湯になるまで水を2リットルくらい使うので、それがちょっともったいないなあと思います。少し寒くなった先日は3リットルも使いました。無駄に捨ててはいませんが。

奥さま:太陽光は採算面で先物買い的なものなので、付けなかったことをそんなに後悔はしていませんが、長期的にみて本当にプラスなら導入してもよかったのかなという気持ちはあります。

ご主人:あと1つよくなかったことは携帯電話の電波が全く届かないということ。でも自分の部屋にアンテナを付けたので、もう解決はしました。

家の購入を考え始めたのはいつごろですか?

ご主人:今から3年くらい前です。職務上転勤が多く家族全員での引っ越しを繰り返しいましたが、九州への異動が決まり決心する時だと考えたからです。

奥さま:長男が中学校に上がる前にと思ったんです。福岡に来たのが小学5年生。6年生でこの地区の小学校に転校して慣れておくと、中学校が楽かなと思ったんですけど本人は辛かったようです。

ご主人:以前は官舎だったので広さは全く望みようがないんです。部屋数も足りません。しかも古いから寒さが非常に辛かったです。またマンションもそうでしょうが、子供達が遊んでいる時の音が周囲に響かないかと、常に気を使わなくてはいけないので、十分に遊ばせきれていないという思いがありました。この家では子供達が思う存分走り回っているので、とてもよかったと思います。

福岡工務店を知ったきっかけは何ですか?

奥さま:インターネットです。検索したらいつも一番上に福岡工務店が出てくるんですよ。やり方が上手ですよね(笑)

ご主人:ネットで口コミ情報を見ると評価がよかったしホームページがまたよかった。福岡工務店のホームページは色んな情報を全部出しているところがいいですね。

奥さま:建てた人のインタビューではいいことばかりじゃなくて、音が響くことなどの悪い点もキチンと出している。その生の声が読みごたえがありました。

ご主人:ほかのページも色んなことを載せていて「面白いな」って読み進めました。だから「この会社の話しを聞きに行ってみようか」という気持ちになったんです。実際に自分達が建て始めてからも、ホームページの「現場リポート」で助けられたんですよ。自分が長期の出張になった時、現場リポートで施工状況が分かるので安心しました。

私達を選んでいただいた理由を3つ教えてください。

奥さま:ナンバーワンはもちろん設計。2番は高い気密性や長く持つ家といった性能面。3番目は皆さんの人柄です。

ご主人:人柄から来る安心感と建物の性能から来る安心感がありましたね。木材は国産を使っていますとか、外張り断熱材にキューワンボードを使っていますという説明をいただきキューワンボードのことを調べ「これはいいな」って思いました。

建築中に不安だったこと苦労したことはありますか?

ご主人:最終的にどれ位オーバーになるのかがやはり不安でした。だからその都度ちょこちょこと「今おおよそいくらですか?」と聞きました。予算の個々の項目の中でカーテン代はもう少し高く見積もっておくべきでした。

奥さま:カーテンって一番最後だから楽しみたいじゃないですか。結果的に予算よりオーバーしてしまいました。

ご主人:途中で予算がどれだけ膨らんだかがやはり心配でした。

奥さま:「この設備機器だといくらになります」だけではなく、「それによってトータルで今いくらか」はリアルタイムで知りたかったですね。

ご主人:福岡工務店の作業は大変になりますが、エクセルの表計算を使うなどして項目をどんどん追加してはいかがですか?そうするとリアルタイムでの対応が可能かなと思います。

奥さま:もう1つ残念だったことを思い出しました。模型の完成時期と図面の最終決定の時期のことです。模型があることはとってもよかったんですよ。模型を見ながら「この窓の位置をずらした方がいいかな」などと考えることができるので。ただ模型を受け取った約1週間後が図面の最終決定日だったため、検討する時間が足りませんでしたね。土日にかからなかったので夫が見る時間がなかったんです。

ご主人:あと1週間の余裕がほしかったです。でも模型があること自体はとてもいいと思います。素人は立体的にイメージすることが難しいから。

福岡工務店の対応についての感想をお聞かせください。

奥さま:完成直前、現場に行った時、洗面所に汚水の臭いがこもっていることが気になり、木村現場監督に連絡をしたところ、すぐにやってきて対応してくれました。そのスピード感がよかったです。

ご主人:私の長期出張によってすべて妻に任せざるをえず彼女がとても疲れていました。それをサポートしてくれたコーディネーターの尾田さんに感謝しています。

奥さま:あれを選ぶ、これを決めるということに自信がなかったんですが、尾田さんが上手に引き出してくれました。クロス選びの時、きれいなビビッドカラーを眺めていたんです。でも「こんなに明るい色は使えないだろうなあ」と思っていたところ、私のそんな様子を見ていた尾田さんが「ニッチに使ってはどうですか?」とアドバイスをしてくれ、子供部屋は子供達の大好きな色のニッチになりました。カーテンもそれと同じ色を提案してくれました。

ご主人:私が長期出張、妻が腰を痛めて寝込んでいるということで、引き渡し日のメーカーによる取扱説明を受けることができなかったんです。そうしたら木村現場監督が設備機器の取扱説明の要所ごとに動画を撮影してくれたんです。

奥さま:本当にありがたかったです。ソファで横になってパソコンで動画を見ました。私がこんな状況だから木村さんが配慮してくださったんですね。

これから建築する人へのアドバイスをお願いします。

ご主人:日程調整、スケジュール管理は確実にやった方がいいです。施主も施工会社側もだんだん忙しくなってきますので「打ち合わせの時間は何時でしたっけ?」ということになりがちです。

奥さま:最終図面や最終決定仕様内容をきちんと見ながら、打ち合わせに臨むことをお勧めします。うちは窓を型板ガラスにしたり雨戸を付けたりと、途中でちょこちょこと仕様の変更を行いました。それが最終の図面に反映されているかどうかを確認せず、福岡工務店に任せっきりだったため、行き違いが起こったことがありました。

高気密・高断熱住宅<木造2階建て>
竣工 2014年8月
屋根 外張り断熱工法
外張り断熱工法
敷地面積 約212㎡(約64坪)
延床面積 約123㎡(約37坪)
施工床面積 -

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください