山田さんファミリー
「窓を開けると裏の川のザーっと流れる音がするけど、窓を閉めたら音が全くなくなり防音はバッチリです。」

山田さんファミリー

2013年4月下旬完成した山田家。マイホームには大容量の太陽光パネルが設置されています。気になる光熱費についてまずお尋ねしました。インタビュアーは山野です。

新居で気に入っているところはどこですか?

ご主人やっぱり太陽光。よく稼いでくれますからね。電気使用料金よりも売電の方が平均して上回っているので年間を通して光熱費は黒字です。

奥さま:一番よかったのが平成25年4月25日から5月23日までの分で3万円も稼いでくれました。

ご主人:ただこれがねぇ。山野さんに「日当たりがいいから太陽光を載せるといいですよ」と勧められて載せた途端に、裏にマンションが建ってしまいました(笑)

奥さま:冬の時期はそのマンションに太陽が半分くらいかかってしまうため、1月の発電量は少なかったですね。でも以前の住まいの1月は電気代12,782円、プロパンガス代17,943円、合計30,725円の支払いだったものが、今年の1月は売電収入8,526円・電気使用料21,532円で支払い額は13,004円ですから随分違います。しかも築30年くらいの古い家でしたから石油ストーブを付けないと寒い、寒い。灯油は2週間に1回、2缶か3缶買っていました。この灯油代が今はないですからね。以前のガス代・電気代・灯油代が今の電気代なので違いは一目瞭然です。

以前のお住まいも一戸建てでしたがどんな不満がありましたか?

奥さま:暗い、寒い、狭い、汚い!夏は暑い!「汚い」は我々にも原因があるんじゃない(笑)でも掃除しても汚かったもの。

それらの不満は新しい家で解決できましたか?

ご主人:白を基調にしていることもあって明るいです。

奥さま:東側に窓をつくったので、日当たりもよく明るいです。

前の家は結露はありましたか?

奥様結露という以前の問題であまりにも隙間だらけの家でした(笑)施工が相当に悪かったし風通しも悪かったですね。風通しをよくするためにしょっちゅう窓を開けないといけないし、開けたまま外出するとホコリがたまって掃除が大変でした。この家は比較的ホコリは少ないかと思います。

屋外の音は気になりませんか?

ご主人:窓を開けると裏の川のザーッと流れる音がするけど、窓を閉めたら音が全くせず防音はバッチリですね。冬の寒さ・夏の暑さの解決のためには、私は断熱よりも気密性がより重要と考えました。必ずしも外張り断熱工法である必要はないと考え、内断熱(充填断熱)を採用し空調にはお金をかけました。全室にエアコンを取り付けています。

奥さま:ただリビングのエアコンの位置には失敗したなと思います。台所と食事をするところが遠過ぎて効きが悪いんです。隣の和室のエアコンと並んで付いているんですが、これをもっと離して取り付ければよかった。

福岡工務店を選んでいただいた理由は福岡工務店で建てるという条件付きの土地だったからですか?

ご主人:そうですね。条件を外すことも考えたことはありますが、そうすると土地代がものすごく高くなるし…

なぜ条件を外したかったのか、ぜひお尋ねしたいです。

奥さま:その当時のおたくの設計士さんのことです。たとえば外断熱についてですが、お客がそれを望まないと言っているのに全く聞こうとしないんです。こちらも忙しい中、時間をやりくりしてアポイントを取って出かけているのにそうだから、しばらく連絡を取るまいと決めた時期がありましたね。

ご主人:外断熱がいいことは分かっているんですよ。でもそれは「ベンツがいいのは分かっているけどこっちは軽自動車でいい。3度の食事を減らしてまでベンツに乗る必要があるのか?普通の生活をして軽自動車にした方がいいんじゃないのか?うちは軽自動車でいいと言っているのだから軽自動車を売ってくれ!」というのと同じことです。

奥さま:そうしたことなどで着工が遅れてしまいました。

ご主人:私達が持ち家で少しくらい遅れても困らない施主だったからよかったけどね。

ご迷惑をおかけしました。福岡工務店のよかった点をお聞かせいただけるとありがたいです。

ご主人:よかったのはインテリアコーディネーターの尾田さん、田之上現場監督。泊棟梁もよかったです。

奥さま:尾田さんはよくやってくださいました。「こちらの色の方が落ち着きますよ」などとお客の目線で考えてくれました。

ご主人:尾田さんは人間性としてお客をひきつけるものを持っています。そういうスタッフがいて田之上さんが誠実に対応してくれたから、色んなトラブルも大クレームにならなかったと思いますよ。

高性能住宅の住み心地は?

奥さま:快適です。それとサクラの床材が気に入っています。柔らかい杉床にしていたら息子がものすごく傷付けていたと思います。(子供さん達に向かって)前の家に戻りたい?

お嬢様・息子様嫌だ!暑いし寒いし。前の家は床が抜けそうだった。ジャンプしただけで「ミシッ!」って。この家がいい!

福岡工務店の今後に望むことをお聞かせください。

ご主人:これから10年、20年、それ以上に付き合っていくわけですから、今後長く社業を続けていただくためには、社員と協力業者の幸せを追及してほしい。社員が一番。社員を大事にする会社であってほしいですね。

奥さま:不動産福岡と福岡工務店は今、同じ事務所で業務を行っているんでしょう?一緒に仕事をするのなら、とにかく打ち合わせを綿密にしてほしいです。お客から見たら1つの会社ですから、社内コミュニケーションはきちんと取ってください。

高気密・高断熱住宅<木造2階建て>
竣工 2013年4月
屋根 外張り断熱工法
現場発泡ウレタン
敷地面積 38.64坪
延床面積 32.55坪
施工床面積 -

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください