三原さんファミリー
「高性能住宅は空気がクリアな感じでホコリが少ないです。咳がなくなったし、掃除が楽になりました。

三原さんファミリー

2013年夏、福岡県春日市紅葉ヶ丘西に新居を構えた三原さんご一家。ご夫妻ともに美の追求を仕事にされているだけあってとてもスタイリッシュな住まいに仕上がりました!インタビュアーは福岡工務店社長・阿久津と、現場を担当した工事部の樋渡です。

新居に入った最初の印象、感想を教えてください。

ご主人:建築中もちょくちょく入らせていただいていましたが、完成後は「やっぱり湿気が違うな」と思いました。工事中も、梅雨時期で外はジメジメしていたのに、中は空気がクリアな感じでした。今まで住んでいたところがカビだらけだったから、湿度の低さを実感しました。それと、ちょっと無理を言って造ってもらったテレビコーナーが気に入っています。

奥さま:私がテレビのところにアクセントを付けたいと希望したんです。フラットなままで壁紙を1枚だけ変えるのも変なので、コーディネーターの尾田さんに相談して、壁をちょっと出してもらいました。ニッチの逆ですね。本当は背面に照明を付けたかったんですけど、電気配線を先に決めていたため、それは叶わなかったです。

家を建てようと思ったきっかけは何ですか?

ご主人:今は金利が安いということ。そして子供が小学校に入学した後のタイミングになると転校させるのがかわいそうだから、ちょっと無理してでも…と決めました。

奥さま:今年の4月に小学1年生になりました。入学前の入居は間に合いませんでしたが、6月が運動会だったため、微妙な時期の引っ越し・転入ではかわいそうだと考え、学校にもお願いをして頑張って送り迎えをしました。

ご主人:妻が家でエステサロンを開業したいと言っていたことも理由の1つです。

奥さま:家を新築するのなら「家でサロンをするのが一番いいよね」と話し合いました。

家を建てる前にはどんな悩みがありましたか?

ご主人:数年前からマイホームを考えてはいたのですが、勤務先の事情により私が事業主になったものですから、ずっとローンの審査が通らなかったんです。会社勤めの時はローン審査がこんなに難しいなんて、考えてもいなかったのですが…

奥さま:私は地盤改良工事にお金が掛かると聞いた時。予定外の出費に「どうしよう」と思いましたね。

最近は私も「別途かかる場合があります」とお伝えするようにしています。おしゃれなお2人ですからデザインにも色々とこだわり、悩まれたのではないでしょうか?

ご主人ベランダの位置に最も悩みました。今の場所だとベランダば長く取れることは分かっているのですが、道路側にある方が外から見た時にかっこいいと思ったんです。またこの家のアクセントになっている吹き抜けに作った大きな窓も、ベランダが今の位置にない方が素敵に見えるんです。

奥さま:私は全部主人任せでした。色はパッと見て自分達の好きな色に決めました。第一印象で「これが一番いいかな」というふうに。

ご主人:悩み出すと止まらないですからね(笑)どんどん悩み、最終的には一番最初に決めたところに戻る。そういうものなんですよ。

家を建ててよかったなと思うことは何ですか?

ご主人:快適さです。1階に関してはエアコンを付ければ快適です。ジメジメ感がありません。

奥さま:私はアレルギーを持っているので、新築の家に入ると症状が出るのですが、この家では起こりませんでした。

アレルギーを気にされるお客様に、お引き渡しをして間もないお宅にご案内し、実際にアレルギーの症状が出るかどうかを確認していただくこともあります。以前のお住まいでは、結露にも随分悩まされたのですよね。

奥さま:そうです。カビだらけで大変でした。

ご主人:咳もすごかったね。息子の煌大(こうだい)も喘息を起こしましたし。

奥さま:高性能住宅は空気がクリアな感じでホコリが少ないです。咳がなくなったし掃除が楽になりました。

ご主人:そう。咳、なくなったよね。

「1階はエアコンを付ければ快適」とおっしゃっていただきましたが、光熱費は以前の住まいと比べていかがですか?

ご主人前のマンションでは冬はガス代が1万5000円、電気代が1万5000円の計3万円位でした。夏は電気代が5000円位、ガス代が8000円位だっけ?夏と冬で極端に違っていました。

奥さま:冬はガスファンヒーターを使っていたんです。すぐに温まり便利なのですが、ガス代がものすごくかかりビックリしました。

今は電気代はどの位ですか?

奥さま:引っ越してから日が浅いので、まだ請求書が来ていません。1年点検の時にお知らせしますね。

土地を購入された時はまだ造成前で、完成後がイメージできなかったと思うのです。その点はどうやって解決されたのでしょうか。

奥さま:写真やパースがあったので、そういったものである程度は想像できました。

ご主人:でもパースはセットプラン例だったので、できれば自分の家のパースも欲しかったですね。図面だと正面と真横しか見られないから、斜めから見たときの印象がどんなものか、想像がつきません。それでベランダの位置にすごく悩んだんです。ベランダの出っ張り感が与える印象は、しろうとには図面では分かりません。

先日、模型を作ってほしいというお客様がいらっしゃいました。外注費を負担していただいて作りましたが、やはり模型はあった方がいいですか?

ご主人:断然あった方がいいです。お客様に提案してみるのはどうですか?「別途費用を頂戴できればオプションで模型を作ることができます。作りますか?作ったら分かりやすいですよ」というふうに。

奥さま:私達は模型のことを知らなかったから残念です。作ることができると知っていたら作ってもらっていたと思います。

この土地は建築条件付きだったので自ずと建築は福岡工務店になったと思いますが、ハウスメーカーやほかの工務店は回られましたか。

ご主人:他社も色々と回りました。10社位かな。

奥さま:展示場は家づくりの参考にしようと思って行きました。本当はもう福岡工務店に決めていて、デザインの参考に見に行っただけなのですが…。

三原さんの家はとてもスタイリッシュです。これから家を建てる人にアドバイスをお願いします。

ご主人:とにかく色んな家を見て本やネットでも色々見て、覚えて取り入れていく…くらいでしょうか。

覚えておく?すごいですね。気に入ったデザインをスクラップしていくとか、家づくりノートなどは作られましたか。

ご主人:雑誌の切り抜きはやってみたけど、2~3枚で終わりましたね(笑)

お2人ともデザインに関係するお仕事だから経験値が違うんでしょうね。サロンになる部屋のカーテンが特に素敵です。

奥さま:通常と逆でレースを室内側にしたんです。カタログを見て「レースはこれ、カーテンはこれにしよう」と組み合わせを決めてカーテン屋さんに行ったら、全く同じ組み合わせがディスプレーされてました。だからカーテン屋さんにも説明しやすくてすぐ決めました。

次に当社のことを伺います。率直な意見をお聞かせ下さい。この土地は福岡工務店のグループ会社「不動産福岡」が担当しました。いかがでしたか?

ご主人:担当の山野さんは相談がしやすかったです。

奥さま:お人柄がよく何でも言いやすかったです。

ご主人:家を建てる前の悩みでもお話しましたが、資金計画はもっと細やかであってほしかったです。地盤改良費のようにプラスでかかるかもしれない費用は、最初から「必要なこともある」と但し書きで入れておいた方がいいのではないでしょうか。その費用がかからなければそれでいいんですが、後から「もう100万円くらいかかります」と言われるときついですよ。それと質問なのですが、造成する業者さんはどこが発注するのですか?

売り主さんが発注するという形です。何か困ったことがありましたか?

ご主人:家はとても気に入っているんですが、造成だけがどうしても雑過ぎて…「コンクリートの面がきれいだったらなあ」といつも2人で話しているんです。造成が完成したときに(福岡工務店に)チェックしていただいていたら、もう少し造成屋さんに言えたのかなと思います。本来は僕がチェックをしないといけないんでしょうが、こんなものかなと思ってしまって。小さい気泡が入っているから埋めて、塗って、コーティングしようと思っています。

高気密・高断熱住宅<木造2階建て>
竣工 2013年6月
屋根 外張り断熱工法
現場発泡ウレタン
敷地面積 51.40坪
延床面積 31.80坪
施工床面積 -

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください