小林さんファミリー
「気に入っていることは外断熱!すごく気密性が高く、断熱性能がすぐに実感できました。」

小林さんファミリー

桜が咲く中、福岡県春日市の小林さんご家族にインタビューしました。外断熱の工法を選んだ理由や完成するまでの経緯をお伺いしました。

新居に一番最初に入った時の感想をお聞かせください。

ご主人:まだ実感が湧かないという感じですかね。自分達が住む場所という実感がなくて、見に来る場所・遊びに来る場所という感じです。ここまで広いところに住む経験がないので。家具などが入ってくると感じが分かるんでしょうけどね。

奥さま:インテリア雑誌に出てくるような感じ。主人が言った通り「自分達の物なのかなあ?」という状態です。

新居の中で一番気に入っていることは何ですか?

ご主人:丸太!大黒柱!いいよねえ。それと家中に無垢材をたくさん使っているところが気に入っています。もう1つ気に入っているところは外断熱。すごく気密性が高くて断熱性能がすごく実感できました。

家を建てようと思ったきっかけは何ですか?

ご主人:今までは約2年ごとに転勤があったのですが、今回の福岡勤務は最も長いんです。ずっと集合住宅で暮らすのも悪くないですが、それよりは家を建てた方が生活の質がアップすると思います。私はこれからも転勤がありますが、子供達が大きくなってからは家族を連れて一緒に動けなくなります。それであれば福岡で家を建てた方がいいのではないかと思ったことが最初のきっかけです。そして生活の軸を福岡に置きたいとも思っていましたので「家を建てよう」という方向になりました。

奥さま:福岡という町が気に入ったというのが一番です。環境がよくて住みやすいですし、食べ物も美味しいですしね(笑)

建築中に悩みや不安はありましたか?

お2人:全然なかったです!

ご主人:打ち合わせが頻繁にありましたし、現場を見に行き職人さんとも話しをしましたしね。木工工事もクロス貼りも「施工が本当に丁寧」ということを感じました。強いて言うなら壁紙や照明はカタログから色々と選ぶのですが、素人はなかなか選びにくくて。計算や数字、性能評価などは分かるんですが、デザインが合うかどうかは見てみないと分かりにくいという点ですかね。デザイン的な物は叩き台があると分かりやすかったと思います。

奥さま:照明は梁の問題があってなかなか難しかったです。吹き抜けの家は梁や高さがあるので付ける照明が限られていたりとか、付け方によっては梁の影ができてしまったりするので考えるのが大変でした。

家を建ててよかったことはなんですか?

ご主人:何もかも(笑)という感じ。よくないことはローンが残ること(笑)でも結局家賃を払うよりなんぼもいいですね。全てが自分の物なわけですしね。

なぜ新築一戸建てに決めたのですか?

奥さま:初めから他は考えてなかったです。家を建てるという具体的な話しが出る前から、主人とは「マンションとか建売りとかはないよね」と話しをしていました。マンションは隣近所次第で環境が左右されて、条件が悪くなることもありますよね。例えば下に住んでいる人から、子供達が走り回っていてうるさいと言われたりするかも知れないですし…自分の思い通りにするという考えからは注文住宅の一戸建てしかなかったです。

この土地に決めたと思った決め手は何ですか?

ご主人:ここしかないと思いました。場所がめちゃくちゃいいです。周りに高い建物がないし、バス停がすぐ近くで職場にも近くて、土地の形もいいし広さも申し分ないです。初めはもっと安くていいと思っていましたので、大宰府とか広い範囲で探していたんです。ところがたまたまこの土地がポッと見つかったんです!トータルで考えて「ここを逃したら、これ以上の条件の揃った物件はもう他にはないぞ」と思ったんです。

奥さま:若い内は多少不便でもいいですが、年を取ったり子供達が大きくなった時は交通の便がよくないと、と思っていましたし。

福岡工務店の対応で印象的だったことを教えてください。

ご主人:見学会の対応が一番印象的でした。福岡工務店はモデルルームがない分、現場見学会を大事にしていると思います。モデルルームは非現実的なんですよね。また実際に住んでいる家に連れて行っていただきましたが本当によかったです!建てた後も施主との繋がりが切れていないということが分かりましたし、実際に住んでいるところを見るのはこちらとしても参考になる点がたくさんありますし、声を直接聞けるのが何よりもよかったです。失敗点も聞けますし(笑)

奥さま:私達が南区清水のお宅を見せていただいた時に、ちょうど不具合があったみたいで、その場で打ち合わせをされ、早速フォローの段取りを決めていたので、福岡工務店は建ててからもきちんと面倒を見てくれるんだろうなって感じました。

家を建てる前はどんなことで悩みましたか?

ご主人:大変失礼な話しで申し訳ないのですが、不動産会社とか建築会社は仕事に対する質がピンキリで、ひどい会社が本当にあると聞いていました。インターネットの情報収集ではひどい情報なども多く伝わってきました。どうすればいい土地を買っていい家がつくれるのかに悩みましたね。

奥さま:主人はかなり真剣に調べました。本も買っていたし。

設計内容で困ったことはありましたか?

ご主人:私達が悩んでいることにすぐに答えてくれ困ったことは全くありませんでした。また「こういうことがしたい!」というこちらの案を絶対に否定せず、それ以上の提案やアドバイスをくれました。

福岡工務店に決めた理由は何だったのですか?

ご主人:これはもう巡り合わせとしか言いようがないです。実は福岡工務店としかやりとりをしていないんです。普通はありえないですよね。最初は福岡工務店で話しをして見積もりを出してもらい、何か不満があったら他社へ行ってみよう…という考えでした。最初に福岡工務店に行った時に外断熱と気密性の関連について熱く語られたんですよ。帰宅後インターネットでそれに関する情報を収集したところ、非常に優れた方法だということが分かったのです。それが決め手でしょうか。

構造見学会では施工精度の高さが素人目にも分かったし、実際に生活をしている施主のお宅を見せてもらうこともできました。これらのことは工務店側に自信がなければできないと思います。また福岡工務店も土地担当の不動産福岡も、ホームページで情報をオープンにしていますよね。そういう点も信頼ができました。

奥さま:大手ハウスメーカーへのこだわりは初めからなかったんです。大手は無駄に高いし結局は孫請けがやっていますからね。

ご主人:ただ工務店は大当たり・大外れの差が激しいですよね。経営状態が上手く行っていないと倒産のリスクも高まるでしょう。ですからその点は福岡工務店にはちょっと確認をしました。

奥さま:主人は家づくりを始めてから、すっかり住宅業界の裏話しにハマってしまって(笑)ひどい話しを聞く度に福岡工務店は大丈夫だって思えました。

そこまで信頼をしていただき恐縮です。

ご主人:どんなに話しが素晴らしくても大工さんが下手だったらいい建物は建ちません。ホームページで職人さんのことを詳しく紹介していることからも、職人さんの腕も確かなのだろうと思いました。

福岡工務店や不動産福岡の対応はいかがでしたか?

奥さま:素晴らしかったです。何の問題もありませんでした。本来のお仕事だけではなくて、うちの子供の面倒も見ていただいたので、おかげさまでありがたかったです。

ご主人:両社は社長が同じということもあってか、みんなが同じ方向を向いている感じがしました。僕の仕事(医師)もそうなんですけど、病気を治せば成功というわけでもなく、患者さんが満足すれば成功なんです。家を建てるのも同じで、どんなに立派な家が建っても施主が満足しなかったら建てた側の自己満足でしかないですよね。そういうところが全然なかったので、買い主の方を向いているんだと思いました。

これから建築する方へアドバイスを!

奥さま:私は主人に任せっきりでしたが自分達も勉強することが大切だと思います。業者さんの言いなりではなく。少なくとも基礎の種類や断熱材についてなどは、勉強しておかなきゃいいのか悪いのか分らないですしね。

では最後に福岡工務店を他の人にもお勧めできますか?

ご主人:もちろんできます!というか「ここにしてください」って感じです。ただ少人数でされているので、棟数はたくさんできないですよね。だから無理して件数を増やそうとすると、質が落ちないかと心配です。あと宣伝をたくさんし過ぎてスタッフがキュウキュウになっちゃわないかも心配ですね。なので本当に大事な友人にしか勧めません!!

高気密・高断熱住宅<木造2階建て>
竣工 2012年3月
屋根 外張り断熱工法
外張り断熱工法
敷地面積 --
延床面積 40.29坪
施工床面積 -

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください