髙林さんファミリー
自由設計で、標準が長期優良住宅なこと。そして、しつこい営業が無いので信用できる会社だと思いました。

髙林さんファミリー

お引渡し日直前に、福岡市東区の髙林様邸を訪ねました。髙林様は、3年ほど前に二人目のお子様を授かった頃から家づくりに取り組み始め、総合住宅展示場などを見学された後に福岡工務店にご来社いただいたお客様です。そんな髙林様に、福岡工務店を選んだ理由やスタッフの対応などをインタビューしました。

家を購入しようと思ったきっかけを教えてください

ご主人:直接の一番のきっかけは、家族が増えたことですね。あとは、年齢的なところです。
奥さま:もし、定年後もローンの支払いが続くと、やっぱり生活が苦しくなるんじゃないかと思い、家を買うのなら、そろそろだと思いました。
ご主人:他には、夢といったら大袈裟ですけど「いつかはマイホームを持ちたい」という想いは昔からありました。それに、上の子が小学校に上がる前には家を建てたいという想いもありました。ただ、僕たちは地元が福岡ではないので、「福岡で建てちゃっていいのかな?」という悩みはありましたね。ちなみに、マンションという選択肢は、僕の中では、あんまり無かったです。せっかく家を購入するなら、庭付きの一戸建てが欲しかったので。ただ、妻の中では、マンションの選択肢はあったかもしれないですけど(笑)。
奥さま:(笑)。でも、せっかくなら、家の中でも子どもたちを伸び伸びと遊ばせてあげられる環境にしたいと思っていました。
ご主人:もし、マンションだったら周りを気にして生活しないといけませんよね。僕たちは、子育てに制限を加えたくないと思っていたので、戸建てだとそれがなくなるのが良かったです。実際、在宅ワークで僕と子ども2人だけで家にいることがあるんですが、やっぱり子どもの足音は大きいので、マンションではなく一戸建てにして良かったです。
奥さま:あとは広さ。下の子ができたってわかったくらいに、「子どもが2人いたら、このマンションじゃ狭いよね」、「やっぱり家が欲しいね」となりました。

福岡工務店を、いつ、どのように知りましたか?

奥さま:家をそろそろ欲しいかなって思った時に、総合住宅展示場へ行って色々なモデルハウスを見て回ったんですけど、色々と見聞きして思ったのが、「私たちは地元が福岡じゃないから、福岡の土地とか、福岡の気候に合った家を建てるなら地元の工務店さんに相談するのが一番良いんじゃないか」ということでした。
ご主人:それで、インターネットで「福岡」「工務店」と検索して、福岡工務店さんを知ったという感じです。地元福岡の工務店だし、福岡のことをよく知っているだろうなと思いました。

他に比較検討されたハウスメーカーはありますか?

ご主人:総合住宅展示場で見たのは全部で6社ぐらいでしょうか。
奥さま:話をちゃんと聞いたのは、ヘーベルハウスさんと一条工務店さんの2社くらいかな。ヘーベルハウスさんは、完成した家やオーナーさんが住んでいる家を見られるバスツアーにも行ってみましたね。ただ、実際に見てみて、私たちのイメージとはちょっと違うかなと感じる部分がありました。
ご主人:まあ良かったとは思うんですが・・・。
奥さま:外観が少し無機質だったりして、それはそれでカッコ良かったんですけど、私たちのイメージとはちょっと違いましたね。
ご主人:機能性は、すごく良いと思うんです。でも、ちょっと建物価格が高いのと、住まれている方には申し訳ないんですけど、家の中が少し狭いと感じてしまいました。
奥さま:拝見した家がたまたまだったのかもしれないんですが、自分たちが建てたい家とはちょっとタイプが違うのかなって。

最終的に福岡工務店を選んだ理由を教えてください。

ご主人:それはやっぱり自由設計ができるところです。
奥さま:そこが一番(笑)。
ご主人:僕たちは自由設計にこだわりたかったので、大手のハウスメーカーは自然と選択肢から外れていきました。
奥さま:大手ハウスメーカーの家は、ある程度決まった間取りがあって、その中から選ぶイメージでした。
ご主人:実際、図面なんかに結構制約が出るという話も聞いたことがあったので、それはちょっと嫌だなと…。ユニットで組み合わせる間取りなら、マンションと同じような感じなので、それなら自由設計で建てられる家にしようと思いました。それから、福岡工務店さんは、良くも悪くも大き過ぎない会社であるということも良かったです。
奥さま:ハウスメーカーだと小さな子どもを連れて行きにくいですが、福岡工務店の事務所は、小さな子どもがいても気兼ねなく連れて行ける雰囲気で、すごく良かったです。しかも、連れて行けるだけではなく、時には手の空いているスタッフの方が子守までしてくださいました。普通は、小さな子どもを連れて行くと「すみません、すみません。」ってなりがちなので、そういうのが無かったのが、私はすごく助かりました。
ご主人:あとは、営業さんがギラギラしていない(笑)。
奥さま:グイグイこない(笑)。他の建築会社は、見学に行くと後日電話がいっぱい掛かってきて、「仕事で昼間いない」って言ったら、夜ご飯作ってる忙しい時に来たりとか、結構していました。福岡工務店さんは「どうですか、どうですか」って感じが無くて、すごく良かったです。
ご主人:心の余裕みたいなものが感じられて、信用できるなと思いました。元々、しつこい営業をしてくるところが大嫌いなので(笑)。
奥さま:あと、標準仕様で長期優良住宅っていうのは凄いと思いました。年齢的に家を建てている友達も多いんですけど、結構オプションを追加してやっと長期優良住宅になったという話を聞いたこともあったので。

以前お住まいだった家に、どんな不満がありましたか?

ご主人:集合住宅だったので、やっぱり周りに気を遣う必要があったことですね。
奥さま:子どもは、2人とも男の子ですので、お分かりの通りうるさい(笑)。
ご主人:周りにも気を遣わないといけないし、逆に周りに対してちょっとしたプチイライラポイントもありました。例えば、集合ポスト。不要なチラシを回収する入れ物に、ペットボトルや空容器、最近だとマスクが捨ててあったりして、なんで自宅のゴミ箱に捨てないんだろうと…。
奥さま:あとは、私たち夫婦2人で生活していた時は良かったんですけど、子どもが2人生まれてから物がどんどん増えてしまい、収納が足りなくなってしまったことです。収納用にタンスや棚を買い足すと、今度は部屋がどんどん狭くなるし、なんとかしたいと思っていました。
ご主人:キッチンが狭いってよく言っていたよね。
奥さま:狭かったね。お料理は、得意っていうわけではないんですけど、新居のこの広くて新しいキッチンを見たら、「これからはお料理をがんばろうかな!」なんて力が入ります(笑)。
ご主人:もっと前に住んだ家のところで言えば、結露がひどい家もありましたね。

新しい家で、その不満は解決されそうですか?

ご主人:解決出来そうです。
奥さま:今度は自分たちだけのお城ですから、子どもたちが家の中で走り回っても大丈夫です(笑)。
ご主人:ご近所さんもすごく良い人そうですし、住環境も静かです。
奥さま:造作棚も大工さんにたくさん作ってもらったので、収納に悩むことからも解放されると思います。
ご主人:使わない棚もあるんじゃないかなと思うぐらい、たくさんの収納ができましたね(笑)。

建築前や建築中に不安だったこと、悩んだこと、苦労したことはありますか?

ご主人:やっぱりお金のことは不安でした。ちゃんと借りられるかな、返せるかなって。でも、一番不安だったのは、ドアやクロスなどの細かい部分を一つ一つ決めていくわけですが、それが全体としてうまくまくまるのかなということでした。インテリアコーディネーターの坂本さんは「ここのカウンターはこの黒で変じゃないと思いますよ」とか言ってくださるんですけど、「本当に大丈夫なのかな?」とか思って不安でした(笑)。
奥さま:それぞれの部分をバラバラに決めていくからですね。見本ももちろんいただけるんですけど、床材なんかにしても、小さい見本で見るのと、実際の広さでは感じが違うだろうから、大丈夫かなって。
ご主人:パソコン上で3Dで見せていただいたりして、間取りについての不安はそれで大分解消されました。ただ、建具の色味とか組み合わせや、照明などはイメージしにくいですからね。
奥さま:正直一番苦労したのは、土地探しですね(笑)。希望の条件も色々ありましたし、のんびり探していたこともあって1年ぐらいかかりました。「エリアは良いけど、この土地ってどうなんだろう?」とか思って。
ご主人:結局ここは妥協せずに済んだんですけど。家を建てること自体もそうですし、土地を買うとか、建具選びとか、決断することが多かったのは苦労と言えば苦労でしたね。

福岡工務店の対応で、残念だったところを教えてください。

ご主人:とても満足しているということを強調した上で、あえて挙げるなら、連絡・連携の部分で心配なことはありました。僕らと荒津さんの間での連携は全然不満じゃないんですが、社内の連携っていう意味で、きちんと情報を共有できているのかな?と思ったことはありましたね。

逆に、福岡工務店の対応で、良かったところを教えてください。

ご主人:こちらが何か伝えてから実際にやってくれるまでがとにかく早かったです。皆さんがそうでした。個別に言うと、設計の朴さんは初回に示してくれたプランがすばらしかったです。こちらの要望をよく汲み取ってくれて、形にしてくれる手腕は見事でした。
奥さま:思いつくままにガーッと言ったことをどんどん具体化していってくれたよね。ぼんやりしたイメージでしかなかったものがリアルになっていく。プロの方ってすごいなと感じました。
ご主人:インテリアコーディネーターの坂本さんに関しては、もう坂本様様という感じです(笑)。
奥さま:色などで迷ったら、「こちらの色の方がいいと思います」って、はっきり言ってくれるし、「どんなイメージがいいですか?」って聞かれて、ボヤっとしたイメージを伝えても「こんなのどうですか?」ってたくさんアイデアを出してくださったりして。
ご主人:こちらの要望を尊重しつつ、プロとして言うべきことはズバッと言ってくれるという姿勢が良かったです。
奥さま:大工さんの仕事はなかなか都合がつかず、あまり見られなかったのですが、現場を見に来たらスリッパを出していただいて「自由にみてください」、「何か気になることがあったら言ってくださいね」って言ってくださりました。職人さんって黙々と仕事をしているっていうイメージだったのですが、「ここってどうなっているんですか?」って聞くと答えてくれるし、聞かなくても「次は、こういう事をやります」って教えてくださったりして、すごく有難かったです。
ご主人:荒津さんは・・・子守がうまい(笑)。
奥さま:ほんとすみません(笑)。ショールームを見に行くとき、「子どもが2人いたら絶対じっくり見られないから大丈夫かな。」って不安だったんですけど、荒津さんがずっと子どもと遊んでくれたので、しっかりショールームを見ることが出来ました。それ以外にも、連絡をしたらすぐお返事をもらえましたし、何かあったら「荒津さんに聞けばいいか」みたいな(笑)。本当にありがとうございました。

今までできなかったことで、新しい家でどんなことをしてみたいですか?

ご主人:庭で子どもたちとボール遊びがしたいですね。
奥さま:夏はプールとかね。
ご主人:あと、花火ができるように人工芝を半分にして、火が使える場所を作ったんですよ。最近はなかなか花火ができるところがないですから。子どもたちが伸び伸びと過ごせれば、大人側の要望はそれほどないんです。
奥さま:走り回って遊んでいても、もう怒らなくて済むので、自由に遊ばせたいなと思っています。
ご主人:家の中には、『家族みんなで共有できる本棚』も作ったんです。これは私の実家の良いと思っていた所を真似たんです。父や兄が読んでいる本を自分も手に取って読むことができたんですよね。自分では選ばない本、自分では買わない本が家の本棚にあって自由に読めるというのは、絶対大事だと思うんです。

最後に、これから家を建てる方へアドバイスをお願いします。

ご主人:完成イメージをしっかり持ってから、家づくりに取りかかる方がいいかもしれないですね。一方で、「いい土地が出たらためらわずに飛びつけ!」とも思うんですよ(笑)。土地は迷っていたらすぐに無くなります。その土地に建つ建物の方は福岡工務店さんが上手くまとめてくれるので、土地だけはしっかり探して、建物はお任せするぐらいの気持ちがいいと思います。
奥さま:私は、見学会や展示場は、時間の許す限りたくさん見に行った方がいいと思います。たくさん見学した中で「いいとこ取り」をして、あれこれ取り入れて組み合わせて、自分たちの気に入るように家をつくっていけたら家づくりの楽しさも増すと思います。
ご主人:あと1社だけで決めるんじゃなく、もう1社くらいは見に行った方が良いと思います。
奥さま:他社で見たものは設備とかで「こういう色見がキレイだったな」っていう参考になっているので。
ご主人:見学後には、「こういうところが良かったよね」って、夫婦でよく話し合っておくと、皆がいいと思える家になると思いますよ。

木造在来工法2階建て
竣工 2020年3月
屋根 外張り断熱工法
外張り断熱工法
敷地面積 210.23㎡(63.59坪)
延床面積 116.34㎡(35.19坪)
施工床面積 -

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください