坂本さんファミリー
「無理かな?」と思う要望も、福岡工務店ならきっと良い提案をしてくれます。

坂本さんファミリー

お引渡し当日に、福岡県春日市の坂本様邸を訪ねました。坂本様は、1年ほど前から本格的に家づくりに取り組み始め、インターネットで当社を知り、ご来社いただいたお客様です。そんな坂本様に、福岡工務店を選んだ理由やスタッフの対応などをインタビューしました。

家を購入しようと思ったきっかけを教えてください

奥さま:漠然とお家が欲しいなっていう想いもあったんですけど、家賃をずっと払い続けていることがもったいないなという気持ちがありました。
ご主人:具体的に動き始めたのは、1年ちょっと前くらいからです。

福岡工務店を、いつ、どのように知りましたか?

奥さま:大手のハウスメーカーさんは広告にお金をかけていて高いというイメージがあったので、「家を建てるなら地元の工務店さんにお願いする方がいいかな」と考えていました。それで、インターネットで探して福岡工務店さんを見つけたんです。
ご主人:家内から教えてもらって、そこから二人で話をして、「相談に行ってみようか」となりました。

他に比較検討されたハウスメーカーはありますか?

ご主人:総合住宅展示場へは、3回ほど行きましたね。
奥さま:外観的にはD&Hさんのキューブ型の家が好きだったんです。おしゃれな感じがしましたから。モデルハウスでは、一条工務店さんの家も真剣に見ましたね。ただ、さっきも言いましたけど、総合住宅展示場にモデルハウスを出しているようなメーカーさんは、どうしても「その分のコストを建築費に上乗せしている」という感覚がありました。だから、実際に建てるなら地元の工務店さんなのかなとは考えていたんです。

最終的に福岡工務店を選んだ理由を教えてください。

ご主人:福岡工務店さんは、ホームページに職人さん方も含めて一人ひとりのスタッフさんのプロフィールを載せていますよね。私は、あれを全部読み尽くしたんですよ。
奥さま:マニアですよね(笑)。
ご主人:製造業に携わっていることもあり、品質を担保するのは現場に携わるスタッフの技術と誠実さが大きいと思っています。あのホームページを見ていたら、どんどん信頼感が増していきますよね(笑)。
奥さま:大工さん方の技術力あってこそ、気密のよさも実現できているんだろうなと思いました。暮らしていく上でのランニングコストというんですか、電気代なんかも気密がよければ安く抑えられるだろうとも思いましたしね。

以前お住まいだった家に、どんな不満がありましたか?

奥さま:狭いキッチンが不満でした。
ご主人:ガスコンロと反対側の壁ぎわに冷蔵庫や食器棚があったんですけど、家内がコンロを使って調理しているときは、私が冷蔵庫や食器棚の中の物を取ろうと思っても狭くて無理でした。
奥さま:トイレも狭くて、中に入って座ったら目の前がすぐに壁で、圧迫感がありました。
ご主人:脱衣所も狭かったですね。誰かが顔を洗ったり歯を磨いていたりしたら、洗濯機の中の物を取ろうにも取れないという感じでした。
奥さま:とにかく全体的に狭くて、家の中が雑然としている感じがもう嫌でしたね。
ご主人:夫婦二人で住んでいたころにはそんなに感じなかったんですけど、子どもが生まれてからは物が増えて、狭く感じることが多くなってきていました。

新しい家で、その不満は解決されそうですか?

ご主人:収納もたくさんつくれましたし、かなり解決していると思います。
奥さま:安心して物を増やし過ぎないように気をつけます(笑)。
ご主人:新しい家は、どこもゆったりしていて気持ちがいいです。動線もよく考えてつくってもらいましたから。

建築前や建築中に不安だったこと、悩んだこと、苦労したことはありますか?

奥さま:紙の図面をいくら見せてもらっても、実際に建っているところをイメージするのはやっぱり難しかったですね。
ご主人:高さ一つ、幅一つとっても正確にイメージするのは難しいながらに、一つひとつの物を自分たちで決めていかなければいけませんでしたから。
奥さま:それで決まってしまうのが怖いなという気持ちはありました。例えば造作棚の正確な寸法を言っていただいても、実物が目の前にある状態とは全然違います。既製品の中から選ぶのとは違って融通が効く反面、大量生産の商品のような見本のないところで、頭の中のイメージを中心に決めていくというのは大変でした。もちろん、そこが注文建築の醍醐味でもあるんでしょうけど。
ご主人:だから、あちこちのポイントで随分優柔不断になってしまっていたと思います。
奥さま:その場では「じゃあ、これでお願いします」と自分で言っておきながら、持ち帰って、家でまた考えていたら「もうちょっとこうした方がよくない?」「やっぱりもう少し大きい方がよくない?」と気が変わったりして、次の打ち合わせではコロッと違う要望を出してしまったりとかしていました。本当にすみませんでした。
ご主人:その都度柔軟に対応してもらえたのはありがたかったです。

逆に、福岡工務店の対応で、残念だったところを教えてください。

奥さま:インテリアコーディネーターの方と具体的な打ち合わせをしてイメージが共有できていると思っていたのに、それが現場の方にはうまく伝わっていないということがあったことです。
ご主人:それと、打ち合わせを重ねるごとに紙の書類が増えていくんですけど、管理が難しくて、どんどん書類が増えていってしまっていました。データベース上でやり取りができれば、情報が更新されていくのでもっとスムーズにできたのかなとは思いましたね。

逆に、福岡工務店の対応で、良かったところを教えてください。

ご主人:何かお願いしたら、すぐに対応してくれました。それは率直に、すごくいいなと思っていましたよ。
奥さま:「これはこの日までに決めておいてくださいね」と言われていた締め切りがあったりするじゃないですか。それで、「ああ、これはもう変えられないんだろうな」と思いながらも、「でも、安いお買い物ではないし」と思って相談してみたらすぐに対応してくださった。あれは本当にありがたかったです(笑)。
ご主人:普通の住宅メーカーだったら「もう無理」っていうことの方が多いのかもしれません。他にも、水回りの動線に悩んでいたら、私たちでは思い浮かばないような提案をしてくれたのもよかったですね。
奥さま:インテリアコーディネーターさんも、私たちが迷って決めかねているときはいつも的確なアドバイスをくれました。そのおかげで一気にイメージが固まったということは何度もありましたよ。

今までできなかったことで、新しい家でどんなことをしてみたいですか?

奥さま:たくさんの人を呼びたいです。今までのマンションは手狭だったので母ぐらいしか来てもらっていなくて、人を呼ぶことに抵抗があったんですよね。
ご主人:この新居なら、ちょっと車を前に出せばバーベキューもできるので楽しみです(笑)!
奥さま:大きいバーベキューは外ですることにして、たこ焼きパーティーとかならベランダでもできますね(笑)。

最後に、これから家を建てる方へアドバイスをお願いします。

奥さま:注文建築の場合、こちらである程度イメージを固めてから工務店さんにご相談した方がいいですね。漠然とした感じでお話ししても、なかなか伝わりません。「収納がたくさんある家が欲しい」とか「キッチンはアイランド型がいい」とか、具体的な希望をお伝えするのがいいと思います。
ご主人:福岡工務店さんで建てるなら、「無理かな?」と思うようなことでも、自分たちの希望は妥協せずにどんどん伝えるべきです。
奥さま:出した希望がもし難しい場合にも、必ず代案を出してくれますから。
ご主人:逆に、その代案の方がよかったということも多々ありましたからね(笑)。

木造在来工法2階建て
竣工 2019年7月
屋根 外張り断熱工法
外張り断熱工法
敷地面積 187.49㎡(56.71坪)
延床面積 132.48㎡(40.06坪)
施工床面積 -

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください