鍛冶谷さんファミリー
福岡工務店で家を建てた知人に紹介してもらい、迷わず決めました(笑)。

鍛冶谷さんファミリー

お引渡し当日、福岡市南区の鍛冶谷様邸を訪ねました。鍛冶谷様は、2人目のお子様の誕生をきっかけに住宅購入の検討を始められたお客様です。検討するにあたって、職場の知人にも相談されたそうで、そこでたまたま紹介されたのが福岡工務店だったそうです。また、家づくりにあたっては、まず土地探しからということで、なかなか希望エリアで土地が見つからず、苦労されたそうです。そんな鍛冶谷様に、福岡工務店で建てた感想やスタッフの対応などをインタビューしました。

家を購入しようと思ったきっかけを教えてください

奥さま:きっかけは、2人目の子どもを妊娠したことですね。家族4人で住むとなると、今の家では手狭になるので、もう少し広い家に住みたいなと思ったんです。
ご主人:それに、この先もずっと家賃を払い続けるのがもったいないと思って、思い切って買う方がいいかなと考えるようになりました。
奥さま:どうせ買うなら、早い方がいいと思いました。

福岡工務店を、いつ、どのように知りましたか?

奥さま:家がほしいなという話を職場でしていたら、たまたま福岡工務店さんで家を建てた人がいたんです。それで、その方に紹介してもらいました。
ご主人:福岡工務店さんの事務所の場所も、前に住んでた家の近くだったんですよね。場所もわかりやすいし「早速行ってみよう!」となりました。

他に比較検討されたハウスメーカーはありますか?

奥さま:それが、他は全くどこも見に行っていないんです(笑)。実際に福岡工務店さんで建てられた方が目の前で「良かった。満足している。」と嬉しそうに話しているのを聞いたら「もう、よそは見なくていいかな」という気分になりました(笑)。
ご主人:それに、初めて事務所に話を聞きに行った時に、自社の良いところだけでなくて、弱点やデメリットについてまでお話されていたので、福岡工務店さんは正直で信頼できるところだなと感じたんです。

最終的に、福岡工務店を選んだ理由を教えてください。


奥さま:私たちはずっと土地を探していたんですけど、全然見つからなくて。でも、その間も福岡工務店さんの方々が熱心に土地を探してくださったことが大きかったですね。頻繁に情報をいただけたのは本当に助かりました。
ご主人:南区は物件の数自体も少ないし、夫婦で検討を重ねた結果、もうこの土地しかないと決心しました。
奥さま:ちょっとは他のハウスメーカーさんも見てみようかなという気持ちもあったんですけど、やっぱりいい家に長く住みたいと思っていたので「長期優良住宅」にはこだわりました。だから、結論は自然と福岡工務店さんになったという感じです(笑)。

以前お住まいだった家に、どんな不満がありましたか?

奥さま:私は、とにかく冬の寒さが嫌でした。特にお風呂。前の家のお風呂って、玄関の近くにあったので、とくに寒くて、たぶん玄関のすき間から冷気が入ってきていたんだと思います。あと、すぐにお湯が冷めてしまうので、お風呂に入るときは、いつも湯船に熱いお湯を継ぎ足しながら入っていました。
ご主人:私は、常に生活音を気にしながら暮らさないといけなかったところです。賃貸の集合住宅では仕方がないのですが。
奥さま:子どもが、まだ赤ちゃんだった時は夜泣きを気にして、大きくなったら、今度はドタドタ走り回るので、いつも「静かにしなさい!」って怒っていました。

新しい家で、その不満は解決されましたか?

ご主人:完成した家で一番驚いたのが、外を走っている車の音がほとんど聞こえないところです。国道も高速道路もすごく近いのに。外の音が聞こえないということは、家の中の音もほとんど外へ漏れないことなので、これからは周りを気にせず安心して暮らせます。
奥さま:今も、2人であんなに走り回っています(笑)。
ご主人:あと土地の形状的に南向きのリビングが作れなかったので、思いきって北向きリビングの間取りにしたのですが、全然明るいし暖かいリビングになりました(笑)。
奥さま:最近、急に寒くなってきましたが、寒がりの私でもエアコン1台だけで過ごせるのが嬉しいです。
ご主人:この明るい吹き抜けからは昼間は青空が見えるし、夜は東側の吹き抜け窓から月も見えるんですよ(笑)。

建築前や建築中に不安だったこと、悩んだこと、苦労したことはありますか?

奥さま:一番悩んだのは間取りですね。あまり土地が広くないので、リビングの位置を悩みました。最初は、南側という思いもあったのですが、南側にこだわらず北側に持ってくると決めた時から、設計の自由度が高くなり、間取りの可能性が結構広がったと思います。
ご主人:設計の石田さんはかなり大変だったと思います。私たちが何度も迷って、そのたびにプランを描き直していただきましたからね。その繰り返しでようやく納得できる間取りが実現しました。無駄なスペースもないし、動線もとてもよく仕上がっていると思います。
奥さま:見学会では、実際の面積よりもすごく広く感じられる間取りだと、大勢の方が驚いていたと聞きました。苦労して悩んだ甲斐がありましたね(笑)。

福岡工務店の対応で、残念だったところを教えてください。

奥さま:途中で担当の方が交代されたときに、引き継ぎがされていない部分がいくつかあったのは残念でした。あとは、引き渡しの日が早まったことを早めに伝えてほしかったです。前の担当の方からは早くて年明けですねと言われていたので、引っ越しできるのは2月頃かなと思っていたんですよ。そしたら結局、年内に引っ越せてしまって。引き渡し日が早まったのは良かったんですけど、引っ越しの手配をしたり、カーテンを買いそろえたりと年の瀬にバタバタしてしまいましたね。
ご主人:悪かったところではないのですが、もうちょっとローンの組み方などのお金のことについて教えてほしかったというのはあります。

逆に、福岡工務店の対応で、良かったところを教えてください。


奥さま:設計の石田さんには大変お世話になりました。もう覚えていないんですけど、何回もプランを描いてもらって、すぐその場で変更してもらったこともありました。土地の制限があったので、難しかったと思うんですけど、おかげで理想に近い素敵な家になりました。
インテリアコーディネーターの尾田さんは、早い段階で私のイメージをくみ取ってくださったのでスイスイ進みました。「こういうイメージですよね。」と言って、私の好きな感じの家具などがたくさん載っている本をくださったこともありましたね(笑)。
ご主人:棟梁には何回か現場でお会いしましたが、物静かな方で黙々ときっちり仕事をされているという印象でした。
奥さま:急に私たちが現場に行った時も、「どうぞどうぞ。」とすごく優しく対応してくれました。現場監督の古藤さんは、何かあったらすぐ現場に駆けつけてくれて、私たちが細かい要望をあれこれ出しても、すぐに対応してくださいました。なんか笑顔がいいですよね(笑)。
ご主人:私たちが撮った写真の中に、古藤さんのすごくいい写真がありますよ(笑)。

今までできなかったことで、新しい家でどんなことをしてみたいですか?

奥さま:ベランダはまだ何もしてないから、これからちゃんと仕上げていきたいです。
ご主人:私はやっぱりバーベキューがしたいですね(笑)。
奥さま:庭で遊べるようになったので、子どもたちも喜ぶと思います。

最後に、これから家を建てる方へアドバイスをお願いします。

奥さま:収納の位置や広さを決めるに当たって、新居での生活をあらかじめよくシミュレーションしておくのが大事だと思います。
ご主人:家の中には細かい物が色々あると思うんですけど、どこに何を収納するのかというのをあらかじめ考えて決めておく方がいいということですね。
奥さま:例えば、私たちは外から帰ってきたら、すぐに部屋着に着替える習慣なんです。だから、ファミリークローゼットは2階ではなく1階にあった方が便利なのでそう配置しました。実際の生活を具体的にイメージすると、使いやすい収納の配置にできると思います(笑)。

木造在来工法2階建て
竣工 2018年11月
屋根 外張り断熱工法
外張り断熱工法
敷地面積 197.41㎡(59.71坪)
延床面積 100.60㎡(30.42坪)
施工床面積 -

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください