髙洲さんファミリー
家賃を払い続けるより、マイホームを建て、ローンの支払いに充てた方がいいと思いました。

髙洲さんファミリー

お引渡し当日、那珂川市の髙洲様邸を訪ねました。髙洲様は、ご結婚された時から一戸建てのマイホーム購入を考えていたそうで、ついにその夢を実現されたお客様です。また、マイホーム購入に関しては、とても現実的に考えていらっしゃったそうで、自分たちのもににならない家に家賃を払い続けるよりも、マイホームを購入してローンの支払いに充てたほうがいいとお考えだったそうです。そんな髙洲様に、福岡工務店で建てた感想やスタッフの対応などをインタビューしました。

家を購入しようと思ったきっかけを教えてください

奥さま:もともと結婚したときから、一軒家は絶対ほしいと思っていました。たしか結婚式のときに「将来の夢はマイホームを持つこと」って書いた覚えがあります。覚えてる?
ご主人:覚えてない(笑)。
奥さま:(笑)。
ご主人:マイホームの購入については、とても現実的に考えていました。もし、マイホームが無かったら、老後も毎月毎月ずっと家賃を払っていくことになるわけです。それならローンを組んで家を建てて、毎月その返済に充てる方がいいと思っていました。

福岡工務店は、いつ、どのように知りましたか?

奥さま:福岡工務店さんは、インターネットで検索して見つけました。その前に、総合住宅展示場にある大手のハウスメーカーさんを見に行っていたんですが、色々聞いているうちに、地元の工務店さんにはどんなところがあるのかなと思って調べ始めた感じです。それから工務店さんも色々行って、福岡工務店さん以外にも地元の工務店さんをいくつか回りました。

他に比較検討されたハウスメーカーはありますか?


ご主人:大手さんだと、総合住宅展示場に入っているようなところは大体回りましたね。
奥さま:セキスイさんとか一条工務店さんみたいなところですね。中でもスウェーデンハウスさんは具体的にプランや金額も出していただいて、土地探しも一緒にしてもらいました。
ご主人:地元の工務店さんでは、田辺木材さんにも行きましたね。
奥さま:田辺木材さんは、行きはしたんですけど、ちょっと何か違うなという感じで、結局最後まで残ったのはスウェーデンハウスさんでした。ただ、スウェーデンハウスさんの家って、外観の雰囲気、とくに窓の形にこだわりがあるじゃないですか。見るからにスウェーデンハウスっている感じの。私たちは実際そこまでこだわってなかくって、だったら窓にかけるコストを他の部分に回した方がいいのかなと考えはじめたんです。スウェーデンハウスさんは、担当の方の人柄がとてもよくて、だからそこまで話が進んだということもあったんですけど。

最終的に、福岡工務店を選んだ理由を教えてください。

奥さま:最終的には福岡工務店さんの方が、私たちの理想とする家づくりのイメージに近いと思ったから決めました。理想というのは、金額的なバランスの面も含めてですね。

以前お住まいだった家に、どんな不満がありましたか?

奥さま:結露がひどかったです。
ご主人:湿気によるカビにも悩まされていて、それが原因かどうかはわからないんですが、子どもがアレルギー性皮膚炎になったんです。
奥さま:やっぱりそういうのが気になりました。
ご主人:それと、今までの賃貸は玄関が狭かったからベビーカーを置くスペースなんかは取れなかったですね。
奥さま:庭もなかったですから、公園まで連れて行かないと子どもを伸び伸びと遊ばせてあげられることもできませんでした。

庭もなかったですから、公園まで連れて行かないと子どもを伸び伸びと遊ばせてあげられることもできませんでした。

ご主人:福岡工務店さんの家は結露はしないと聞いています。信用しています(笑)。
奥さま:庭ができたので、子どもをいつでも遊ばせてあげることができます。もちそん公園も連れて行ってはあげますけど(笑)。
ご主人:ベビーカー置き場もできたので、玄関もゆったりです。子どもと一緒にストレスなく出入りができます。

建築前や建築中に不安だったこと、悩んだこと、苦労したことはありますか?


奥さま:私は、間取りにかなり悩みました。悩んでは変更して、また悩んでは変更しての繰り返しで、設計の石田さんにはかなり迷惑をかけたと思います。そもそも初めから平屋で考えていたんですけど、それも迷ってしまって。やっぱり、子ども部屋は2階にしようかとか。結局、最終的には平屋にしたんですが、何度も何度も図面を描き直してもらいました。
ご主人:オプションをつけるたびに少しずつ金額が上がっていくのも、悩みではありました。
奥さま:土地の値段は初めから決まっていますが、家の方はね。「ここをこう変えようか」となるとその分金額が上がるから、「じゃあ、かわりにこっちを抑えようか」とか調整しますよね。そうやって予算内に納めるのが大変でした。ここは予算オーバーしてもいいから、ここは削って妥協するとか、取捨選択が難しいですね。それも期日があるので、そのあたりが大変でしたね。
ご主人:あとは、これから始まる住宅ローンの返済を考えると、少し気が重くなることはありましたね(笑)。

福岡工務店の対応で、残念だったところを教えてください。

ご主人:現場の都合もあると思うので、なかなか全てがうまくいかないと思うんですが、建てていくうちに生じてくる工程のズレをもう少しこちらに伝えてもらいたかったです。
奥さま:ちょこちょこ現場の様子を見に行っていたんですけど、行っても誰もいないときなんかもあって(笑)。行った時に、今、どこをやっているのか説明してくれる人がいてくれたら、家づくりにもっと一緒に進んでいく感じを味わえたのかなとは思いました。
ご主人:そこまで求めるのは難しいとは思いますが、しいて言えば、そういうところですね。

逆に、福岡工務店の対応で、良かったところを教えてください。


ご主人:いつも対応が早かったのが良かったです。とても安心できました。
奥さま:さっきも言いましたが、設計の石田さんには本当に何度も何度も図面を描き直してもらって、根気強く付き合ってもらいました。感謝しています(笑)。
ご主人:おかげで、カウンターなど造作してもらったものが、とてもいい感じに仕上がってくれました。
奥さま:住宅設備は、結構パッと決められたんですけど、壁紙はかなり悩みました。でも、コーディネーターの大久保さんのアドバイスもあり、決めることができました(笑)。
ご主人:現場監督の小屋町さんや大工の丸川さんに現場でいただいたアドバイスは、全部家づくりに生きていますよ。ロフトも、いい感じにでき上がりましたし、リビングの梁見せもロフトからリビングを見下ろせる格子も、小屋町さんの提案です。
奥さま:木のいい匂いがしますよね(笑)。寝室のコンセントなんかも、スマホの充電用にはこっちにつけた方が高さ的に使いやすいですよとか、そういう細かいことも教えていただけたのはありがたかったです。

今までできなかったことで、新しい家でどんなことをしてみたいですか?

奥さま:家に友達を積極的に呼びたいです(笑)。
ご主人:私は、庭の一角で畑というか家庭菜園でもやりたいです。

最後に、これから家を建てる方へアドバイスをお願いします。

奥さま:私は、自分たちの希望を反映したプランで、諸経費も含めて全部でいくらかかるのか契約前に事前に知っておくことが大事だと思います。概算費用が安くても、その内容って契約してからでないと実際には分からないし、結局、進めていくうちにお金がどんどんかかってしまって、安くならない場合があると思うんです。
ご主人:そういうことも想定して資金計画を立てておく方がいいと思います。福岡工務店さんではそういう細かい説明もきちんとしてくれるので、おすすめします(笑)。
奥さま:あと、建築会社はすぐに決めるのではなく、いろいろ見比べてみる方がいいと思います。
ご主人:見比べることで、違いがどんどん見えてくると思います。

木造在来工法2階建て
竣工 2018年11月
屋根 外張り断熱工法
外張り断熱工法
敷地面積 244.00㎡(73.81坪)
延床面積 101.84㎡(30.80坪)
施工床面積 -

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください